らぷらざ亭 さん プロフィール

  •  
らぷらざ亭さん: 肴町のらぷらざ亭 『今日のおすすめ』
ハンドル名らぷらざ亭 さん
ブログタイトル肴町のらぷらざ亭 『今日のおすすめ』
ブログURLhttp://osusume-rapurazatei.sblo.jp/
サイト紹介文八戸市六日町の居酒屋『肴町のらぷらざ亭』です。料理、地酒、八戸の街を美味しく紹介します。
自由文八戸市六日町「旬菜料理 肴町のらぷらざ亭」です。地元の方には「今日は何が美味しいのかな?」を知っていただくために、県外の方には「八戸という街に行ってみたい!」「八戸に行ったら”らぷらざ亭”で食べてみたい!」と思っていただけるブログを目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供330回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2010/04/05 23:46

らぷらざ亭 さんのブログ記事

  • 鯨のトロステーキ
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。昔に比べたら、今は鯨の赤肉も、そう簡単に手に入りませんが、今日は、なんと、その鯨の肉でも珍品中の珍品、トロが入荷しました!ステーキでお出ししています。ジューシーな旨味がお口の中にジュワーッと広がりまるで、今、極上の霜降りの牛ステーキを味わっているかのような錯覚を覚えるほど。そういえば、今食べているのは鯨でしたね、と改めて感動しています。な [続きを読む]
  • らぷらざ亭のお子様ランチ
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。先日、ご家族様のご予約でお子様ランチのリクエストがありました。メニューの中身は……〓大人でも「大好き!」という方の多いオムライス、そしてハマグリのスパゲティ。日本人のほとんどの人が大好きと言う海老フライ、さらにはなぜか、パン食には欠かせないイメージのあるコーンクリームスープ。あると、たちまち豪華な印象になるエビグラタン、そしてミートローフ [続きを読む]
  • 若竹の天ぷら
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。お待ちかね、若竹が出てきましたよ〓まさしく今が旬です。天ぷらにするとアクやエグミが消えてしまうのでおいしい部分が突出してくるのでしょうね。揚げたての熱々のところを前歯でシャクシャクッと噛み切り、奥歯まで運びます。すると今度はまた、先ほどとは違うカリコリッとした噛み心地に遭遇します。一口で二度おいしい、贅沢な食感と風味をたっぷり楽しみましょ [続きを読む]
  • 陸上自衛隊の桜
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。先日、八戸駐屯地創立61周年記念祝賀会に臨席させていただきました。敷地内にある桜の並木は千本桜といって、たいへん素晴らしい桜並木です。今年も見事に咲きました。お祝いの席では、オードブル、サンドウィッチ、のり巻きをはじめたくさんのお飲物をいただきました。陸上自衛隊の司会さん、隊員の皆さん、ご苦労様でした。そして、ごちそうさまでした。来年もまた [続きを読む]
  • ヤリイカの刺身
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。八戸地方ではスルメイカの方が比較的ポピュラーなのですが、このヤリイカも人気があります。コウイカがモッチリとした食感なのに対しヤリイカは甘くてやわらかいのが特徴ですね。お刺身でバッチリ!耳と足は湯通しします。優しいコリコリ感が何とも言えません。だんだん暖かくなってきたこの季節にピッタリのおいしさ。あらあ、どうしましょう。お花見でたっぷり日本 [続きを読む]
  • ロブスターのテルミドール
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。新年度になってからはや3週間が経ちました。満開の桜も、ところどころに新緑の葉がちらほらと見えてきました。心にもびしっと栄養を送り込みたいものです。ということで、今日は簡単なのに豪華な印象がたっぷりのお料理を用意しました。テルミドールです。どちらかと言うとパーティー向きの一品かもしれませんね。テルミドールというのは、本来はオマール海老や伊勢 [続きを読む]
  • イカの腑の沖漬け
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。今日も八戸地方はすごい強風が吹いています。もう、何日も続いています。どうしたんでしょうね、この春の走りは。でも、晴天ではあります。桜が見事に満開です。強風にも負けず、枝に花がへばりついています。もう少しすれば、桜吹雪になるんでしょうね。その情景も、実に見応えがありますよ。さて、今日ご紹介の珍味はイカの腑の沖漬けです。ちょっと個性的な色ぐあ [続きを読む]
  • ラムチョップのステーキ
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。今朝のテレビで、「お花見の時期はもう終わりましたが……」と話していました。え? は?こちら北国、八戸地方の人たちはそれを聞いてみんな、そう思ったことでしょう。今、当地方は、桜が満開。ハンパじゃありません。桜前線と言う言葉がありますが今日ほど、日本にはそういう現象があるんだってことを実感したことはありませんね。さて、本日ご紹介のメニューはラ [続きを読む]
  • 海鮮焼きそば
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。海の町、八戸のエキスを凝縮したかのようなフレンドリーな一品、海鮮焼きそばです。もちろん、おいしさはお墨付き!今日は、ご予約のお客様にお出ししました。体にいいいろんな野菜、そして焼いていっそうおいしさが増す、海の幸がたっぷり。混沌としたおいしさのカオスをひとまとめにしてあんぐ!と口にほうばりましょう。ほうら、何とも言えぬ醍醐味が口中に広がっ [続きを読む]
  • 特大キンキンの塩焼き
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。毎日、一生懸命働いているんですものこのぐらいのゼイタクは……と、たのんじゃう酒の肴、それが、特大キンキンの塩焼きかもしれませんね。黄金色に焼けて、いかにも香ばしくおいしそうな特大キンキン。脂がノリノリで、身はパサパサではなく、まさにジューシーな肉質。さっくり割れて、お箸でムンズとつまめます。透き通るような上品な白。お味は?お上品な風味だろ [続きを読む]
  • 三八のつくねのカリカリ南部ボール
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。三八(=「サバ」と読んでください)のつくねに郷土の民間おやつ、南部ごませんべいをくっつけて、カラリと揚げたオリジナル料理です。揚げたごませんべいは、香ばしさをいっそう増してカリッカリッとおいしく響きます。つくねの身は、フワッ、しっとり。ごませんべいのごまがプチプチっと口の中ではじける音も楽しく、おいしいですね。材料のおせんべいは、人気漫画 [続きを読む]
  • 穴子の天ぷら
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。山菜など、独特の風味のあるものはだいたい天ぷらにするとおいしくなりますね。また、どんな天ぷらでも、揚げたてが一番!特に魚介類はそれが味に顕著に現われます。この穴子などは、「揚げたて」の旨さに遭遇した人がハートを根こそぎさらわれてしまうみたいです。おいしいんですよね〜、確かに〓衣がパリッ、身はしっとり。甘みがあって、噛むと優しい味が舌を占領 [続きを読む]
  • ホタルイカとメカブ
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。昆布の根っこ部分にある、ウネウネとウェーブのかかった肉太のところがメカブです。そのままでは食べにくいので、昔から細かく千切り的にカットしていろいろなお料理に活用しています。みそ汁の具にしても、磯のかおりが立ちこめてたいへんおいしい「昆布」ですが、かるく熱湯をくぐらせて、ポン酢とか三杯酢などをかけてチュルチュルと味わうのも人気がありますね。 [続きを読む]
  • 菜花のおひたし
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。暖かい日が、春の訪れを確信させる今日この頃、カラフルな光が舞う、まばゆい情景を思い出させます。薄桃色の梅や桜に始まり、黄色のレンギョウや菜の花畑が心を弾ませてくれます。待ち遠しい気持ちでいっぱいです。今日は、季節感あふれる菜の花のツボミをおひたしにしました。きちっととった出し汁に浸けておいてからいただきます。山菜特有のちょっとほろ苦い風味 [続きを読む]
  • ホッケ焼き
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。ホッケにはいろいろな種類があります。今日ご紹介のこのホッケは、焼いて一番おいしいと評判のホッケで、アカポッケと呼ばれています。身はたっぷり、サックリサックリと割れて見るからに食欲をそそる魚の一つですね。脂の乗りぐあいもバッチリ、骨部分にへばりついている薄皮状態の身もペリペリと剥がして味わいましょう。ここは、知る人ぞ知る、実においしい部分な [続きを読む]
  • モツ煮
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。幸か不幸か、当地方ではゴールデンウィークに桜が満開の時期を迎えます。南の地方ではお花見も終了し、すっかり葉桜になる頃です。ですから、この黄金週間に北国地方を旅行される方はもう一度、ゆっくりとお花見をすることが可能なんですね。でも、やっぱり北国。あったかいお昼〓と喜んでお花見を楽しんでいるうち、お日様が山の後ろに隠れはじめると次第にブルブル [続きを読む]
  • 春らんまん梅が咲く
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。関東地方ではお花見もたけなわとのこと。こちら北国では、ようやく日ごとに春めいてきたばかりです。里山で愛らしい春を見つけました。梅です。こちらでは梅も桜もほぼ同時に開花します。桜も間もなくでしょうね。見つけた梅は、薄いピンク色の花びらを付けています。キュートで、とてもかわいいですねぇ。らぷらざ亭にもキュートな春を呼びましょう。凛とした銀サバ [続きを読む]
  • おいらんガレイ
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。昔から「おいらん」がれいと呼ばれていますが名前の由来は未だに分かりません。いろいろな書物にあたっているんですけどね。見た目は、ぜったいに京都の舞子さんなどのそれではありませんね。しかも、それを連想させるような風情も見当たりませんし。ま、そんなことはともかくふっくらとした優雅な姿は、確かにおいらんかもしれません。しっとりとして、カレイにして [続きを読む]
  • 小イカの煮付けカンショ添え
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。今が走りの小イカをだし汁、ショウガ、お酒等で煮付けました。やわらかい小イカは旨味たっぷりのだし汁と相性ピッタリです。そこへ「春」を添えました。カンショです。春、他の山菜にさきがけて、まだ湿っている土から顔を出し始めます。カンゾウなどとも呼ばれていますが、秋口、大きくなると月見草(だと思います)の花をつけます。いいですね、また、春を一つ見つ [続きを読む]
  • 銀サバの姿盛り
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。魚体のサイズや身の品質など通常出回っているサバに比べると数段上にランクされる、厳選されて認定されるのがこの「銀サバ」です。もちろん風味だって太鼓判もの。その銀サバを今日は姿盛りにしました。アブラメ、ヤリイカ、カンパチ、タコ白子、エビなどこれでもか、というくらいに盛りだくさん。旬の刺身が、お祭りワッショイ的な豪華な賑わいを醸し出しています。 [続きを読む]
  • タコの白子と生ウニの盛り合わせ
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。北国、八戸地方もようやく「春」っていう感じの日々が続くようになってきました。海の幸たちはいっそうその醍醐味を濃くしてきています。今日ご紹介の「タコの白子と生ウニの盛り合わせ」はそんな季節の移ろいを謳歌するかのような一品。ご覧ください、タコの白子の白く無垢な輝き、そして生ウニから放たれるオレンジ色の艶やかな光。この組み合わせの旨さをすでにご [続きを読む]
  • アブラメの唐揚げ
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。もう、何十年も昔のことです。アブラメの塩焼きを漁師さんから浜辺でごちそうになったことがあります。てっきり、ホッケを焼いたものだとばかり思っていたのですが聞けば、アブラメとのこと。ホックりしたおいしさは、まるでホッケのようでした。今日はアブラメが入荷しました。だんだんおいしくなってきましたね。身を骨切りにして、カラリと揚げました。塩焼き同様 [続きを読む]
  • ニシンの刺身
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。ニシン来たかとカモメに問えば……♪とソーラン節に歌われているニシン。北原ミレイさんなんかもニシンのことを歌ってましたね、歌謡曲で。ずっと昔、それほどポピュラーな魚だったニシン。それでも、当時、やはり高級な部類の魚だったと記憶しています。今日、生きの良いニシンが入荷してきたのを見てそんなことを思い出しました。キラキラ光るお姿が、鮮度抜群のエ [続きを読む]
  • トーフの串焼き
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。あっという間に新年度を迎えますね。体調のほうは、まだ冬のバージョンのままで移り行く季節の変化に追いつけないでいるみたいな今日この頃です。あったかい日が続いているかと思えば今日みたいに、急にまた寒さが戻ったり、その上、花粉も遠慮なく飛び散って花粉症の方々は本当にお気の毒な季節でもありますね。さて、今日ご紹介のメニューはそんな体調を改善させて [続きを読む]
  • 新玉ねぎ、冷や奴とホタルイカ
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。「お通し」にはその店の心意気が出るってなんかの本で読んだことがあります。だからというわけではありませんが当・肴町のらぷらざ亭では、いつでもお客様に対する歓迎の気持ちを込めてお出ししています。今日のお通しは、季節感を演出したくて「こんなんでました」。(笑)季節をリードする新玉ねぎは、シャキシャキしていて、歯触りも新鮮。火照った心をクールダウ [続きを読む]