草こーち さん プロフィール

  •  
草こーちさん: 『庭球四十八手』
ハンドル名草こーち さん
ブログタイトル『庭球四十八手』
ブログURLhttp://ameblo.jp/viteni/
サイト紹介文庭球を恋人にみたて、四十八手をお伝えしたく候。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2010/04/06 08:22

草こーち さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 弱き四十八手 その十六
  •  歴史を眺めていると、國家などの分母が衰退するときに文化や藝術が洗練されているという事実にふと眼がとまるときがある。分母の数が少なくなれば、それだけ分子も割られることが多くなるけれども、なおそれでも割りきれない余りの数が藝の肥やしになっているのかもしれない。人類史上はじめての熟れ過ぎた老衰國家、Japon。 間違いなく文化人や藝術家として外遊したらおもしろい時期にこの國はきている。 無論、海外進出にはリ [続きを読む]
  • 面影四十八手 その二十九
  •  過日、或る神宮で朱色の袴がならんで、右から左へと横ぎった。左の袴はいかにも巫女的な歩行とともにあったが、右の袴にいたっては幽玄という言の葉が社交辞令として適しているであろうか。ひどく生氣を感じさせなかった。しかし境内のほうから天の鈴がちゃりちゃりちゃりと訊こえると、たちまちふたつの袴は入れ替わり、左のそれは幽霊的に、右のそれはOL>的な動法となった。昔であったなら、ひどく靈的と畏敬の念を込められた [続きを読む]
  • 世界図書街 二十六
  • 今しかできないプロジェクト、ご一緒しませんか。プノンペン世界図書街プロジェクト本のソムリエ高草カズと申します。え〜、人生すべて運でのりきっているチーム橋姫の皆さまは、今朝もおつきあいいただき、ありがとうございます。今日もたまたまを必然に変えてまいりましょう。******************************************【なぜか、つながる】当初、私は(株)橋姫をプノンペンで起業 [続きを読む]
  • 世界図書街 二十五
  • 今しかできないプロジェクト、ご一緒しませんか。プノンペン世界図書街プロジェクト本のソムリエ高草カズと申します。イメージしてみてください。書物という概念でつながった広大な街を。本をめくると、目次があるように、本棚にも、目次が必要であり、そして、図書街にも目次が必要となります。では、図書街の目次がどのように作られるかと申しあげますと、これは図書街の住民であろうとおもうのです。はじめに書物ありきで人が集 [続きを読む]
  • 世界図書街 二十四
  • 今しかできないプロジェクト、ご一緒しませんか。プノンペン世界図書街プロジェクト司書高草カズと申します。イメージしてみてください。書物という概念でつながった広大な街を、否、広大無辺な国家を。こう言ってみたものの、私はここ半世紀で、国家という枠組みはいらなくなるだろうと私は考えております。逆に、私は国家なる単位というのはなくなっても大丈夫だろうけれども、書物なる知はなくしてはまずいとおもうのです。日本 [続きを読む]
  • 世界図書街 二十三
  • 今しかできないプロジェクト、ご一緒しませんか。プノンペン世界図書街プロジェクト仕掛け人の高草カズです(^-^)/。私、異様にモテるんですおじいちゃんに。。。今の時代、七十歳以上をおじいちゃんと呼んでしまうと怒られそうですけれども、私自身、筋の通ったおじいちゃんに惚れてしまうクセがあり、もともとほとんど年上との交友関係あるいは人脈であったのですが、最近はより高齢化し、ほとんどおじいちゃんとお話させていただ [続きを読む]
  • 世界図書街 二十二
  • 今しかできないプロジェクト、ご一緒しませんか。プノンペン世界図書街プロジェクト仕掛け人の高草カズです(^-^)/。ふたつの原爆で日本にも相当な数の孤児が増えてしまいましたが、カンボジアも孤児が少なくありませんでした。無論、「でした」という表現は正確ではなく、今も孤児はおいでるのですが、それと同時に支援の名のもと孤児院過多になり、孤児でないのに、親のもとから孤児院に通い、親のもとに帰るという問題もよく聞き [続きを読む]
  • 過去の記事 …