千年一途 さん プロフィール

  •  
千年一途さん: 千年一途
ハンドル名千年一途 さん
ブログタイトル千年一途
ブログURLhttp://naniwa1001.blog108.fc2.com/
サイト紹介文面白い本を探しています。面白いことを紹介します。好き嫌いはあまりありませんが、たまに熱くなります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供332回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2010/04/08 00:50

千年一途 さんのブログ記事

  • 08/14のツイートまとめ
  • karaagenankotsu 自分の外の世界を所有しようとすると、我欲となり生きる苦しみが生じる。自分の内の世界を所有しようとすれば、自分のあり方が一番の生きがいとなり、自分のありさまを観察することを通して(メタ認知・離見の見)、他者を思いやることが出来る。 08-14 20:32 [続きを読む]
  • 08/06のツイートまとめ
  • karaagenankotsu 無意識は神、意識は人。人が無意識で行動すると、その言動・行動で罪を重ねてしまう。功徳は意識的に積まなくてはいけない(榎本硬一さんのお話しより)。ただ、全ての重荷を下ろし、0になる瞑想は今日私に必要だった。 08-06 20:46 分かったら嬉しい。分からなかったら悲しい。こんなの自分じゃないって思うのは、分かってあげられないからかな。 08-06 19:50 [続きを読む]
  • 08/05のツイートまとめ
  • karaagenankotsu 大事に思う特別な人がいると、自分を対象化しやすい。 08-05 17:18 信じたものがダメだったわけじゃない。ただ俺がダメなだけだったな。10年間の謎が解けるの巻。 08-05 07:06 [続きを読む]
  • 07/29のツイートまとめ
  • karaagenankotsu 「カリスマ講師の授業を完全分析。個別で指導します」。塾のコピー考えましたが、生々しいコピーのような? 07-29 04:33 誰かに管理されるために勉強をする。自由になるために学問する。 07-29 04:15 上手く行っている時は「私は最高」と優越感(孤独)に浸る。苦しい時は「みんなと同じ」ことで救われる。それなら苦しい時の方が人間とし正しい。 07-29 03:52 [続きを読む]
  • 07/27のツイートまとめ
  • karaagenankotsu やっぱ、冒険の目撃者にしよっと。 07-27 16:48 自分の二つ名考えてます。案1.冒険の観察者 案2.いくら食べても太らない食事アドバイザー。 07-27 16:35 無益なことはやる前はワクワクするが、やった後はげんなりする。有益なことはやる前は億劫になるが、やった後はすっきりする。 07-27 14:25 日々新しい出発のために、変わらない港がどうしても必要。Steady "port" like the thing is so [続きを読む]
  • 07/26のツイートまとめ
  • karaagenankotsu There are any persons who clash neighbors, but a small number of person nurture their neighbors. So I want to nur
    ture my friends. 07-26 05:22 踏みつける人はいるけど、育てていく人は少ない。それなら少しずつ育て
    ていこうと思います。 07-26 05:18 [続きを読む]
  • 07/23のツイートまとめ
  • karaagenankotsu 心を重ねた時に生じる鏡に見えたものが人類にとって意味があるもの。 07-23 21:33 勇気づけとは礼と慈悲の力を知ること。そしてまさにそれを伝えることが教育。 07-23 20:46 なぜ思いを重ねてもらうと離見の見を得られるのかといえば、その人に自分と同じものを見る、すなわち鏡を見出すから。離見とはそもそも観客の目から自らを見ること。鏡を得なければ習得できないはず。 07-23 20:43 [続きを読む]
  • エレベーターのクレーム。
  • エレベーターが来るのが遅いという凄まじいクレームが来た。増設するか、新型にするか、しかしお金がない。ある人が提案をした。エレベーターの横に鏡を設置する。それで治まった。釈尊は言った。問題があったら問題から離れて自分の心を見つめるようにする。そこから見えるのが内面の知恵。その知恵を得てこそ一番いいものを見つけることが出来る。フェイスブック「仏教を現代に活かす」コミュニティー、ロンピー・ソムキャット師 [続きを読む]
  • 07/22のツイートまとめ
  • karaagenankotsu 慈悲を掛けられた時、恩を感じる。順転はそこから始まるのか? 07-22 16:40 恩を感じるようになるのはどういう時なのか? 07-22 16:37 人間の動機の中で最大のものは、命を吹き込もうとする意志。 07-22 06:59 松陰は「いかに生きるかという志さえ立たせることができれば、人生そのものが学問に変わり、あとは生徒が勝手に学んでくれる」と信じていた。 07-22 05:06 [続きを読む]
  • 07/21のツイートまとめ
  • karaagenankotsu 打算で人の上に立てることはあるが、苦しみの向こう側に行けない。 07-21 09:12 人の上に立てそうな気がするから〇〇が好き。      ?人と繋がれる気がするから〇〇が好き。 07-21 09:09 打算では苦しみの向こう側にたどり着けない。 07-21 07:21 [続きを読む]
  • 07/18のツイートまとめ
  • karaagenankotsu 全ての争いは「許せない」ために起こる。 07-18 21:10 自らを誰よりも愛してくれた親を許すことが出来ないという弱さこそ、人の抱える究極の弱さ。その究極の弱さに頭を下げ、学ぶことが出来た時、仁を実践することが出来る。 07-18 14:58 [続きを読む]
  • 07/16のツイートまとめ
  • karaagenankotsu 自分から離れるためには、人の弱さに頭を下げることが必要。 07-16 23:11 社会性を得るとは自らを離れること。世阿弥の言う我見では無くて離見に近い。 07-16 03:30 自分から離れるためには、誰かに自分を見てもらっているという意識が必要。 07-16 01:45 自分から離れるためには人に思いを寄せればいい。 07-16 01:15 一度そこから遠く離れると、そこが美しいものであってほしいという感覚を強く抱くよう [続きを読む]
  • カリスマ講師が言う英語上達の最終兵器!
  • 安河内哲也(2010)『英語は音読で伸ばせ』桐原書店東進ゼミナールのカリスマ英語講師、安河内哲也氏は最初の授業をこんな風に行う。まず最初の10分はもうこれ以上ないというわかりやすい授業を行う。生徒からも好反応が返ってくる。しかし次の瞬間、目つきを変えてこんな風に語りだす。「こんな丁寧な授業に感動して、『分かりました』って目をキラキラさせても、英語が出来るようにならない!」かねてから私も授業の理解度がテス [続きを読む]
  • 『孟子 尽心編』より。「天命の得かた」
  • 書き下し文。「孟子いわく、その心をつくすものは、その性を知るなり。その性を知れば、すなわち天を知る。その心を存し、その性を養うは、天に使うるゆえんなり。えんじゅうたがはず、身を修めてもってこれを待は、命を立つるゆえんなり、と。」(現代語訳)孟子はおっしゃられた。「心をつくす人は、人の本性が善であると知ることになる。人間の本性を知れば、その本性を与えた天の心を知ることになる。おもいやりの心を失わない [続きを読む]