なおこ さん プロフィール

  •  
なおこさん: イタリア写真草子 - Fotoblog da Perugia
ハンドル名なおこ さん
ブログタイトルイタリア写真草子 - Fotoblog da Perugia
ブログURLhttp://cuoreverde.exblog.jp/
サイト紹介文イタリア語&日本語教師、通訳のイタリア暮らし・旅・語学だより。自然と山歩きが大好き。
自由文イタリアの暮らしや文化・旅行情報を、写真と共に紹介。時に日本語教師・通訳の仕事やイタリア語学習の秘訣も。フランス語を勉強中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2010/04/08 20:22

なおこ さんのブログ記事

  • 恵みの雨、イタリア ペルージャ
  • 24/7/2017  ようやく待ちに待った雨が降りました。緑がうれしそうです。 ナデシコ(garofanino)の花もうれしそうです。わたしたちも、ほっとしました。 数度に分けて降った雨のおかげで、気温も下がり、涼しくなったため、今夜は過ごしやすいです。***************************************************F... [続きを読む]
  • 恵みの雨、イタリア ペルージャ
  • 24/7/2017  ようやく待ちに待った雨が降りました。緑がうれしそうです。 ナデシコ(garofanino)の花もうれしそうです。わたしたちも、ほっとしました。 数度に分けて降った雨のおかげで、気温も下がり、涼しくなったため、今夜は過ごしやすいです。Articolo scritto da Naoko Ishii↓ 応援 を二ついただけると、... [続きを読む]
  • 恵みの雨、イタリア ペルージャ
  • 24/7/2017  ようやく待ちに待った雨が降りました。緑がうれしそうです。 ナデシコ(garofanino)の花もうれしそうです。わたしたちも、ほっとしました。 数度に分けて降った雨のおかげで、気温も下がり、涼しくなったため、今夜は過ごしやすいです。Articolo scritto da Naoko Ishii↓ 応援 を二ついただけると、... [続きを読む]
  • 嵐前日の暗雲と湖、ペルージャ
  •  今日もひどく暑い1日で、ペルージャでは気温が36度まで上がったそうです。昨日登ったマルケの山の周囲も、帰りに寄ったミジャーナがあるテッツィオ山も、灰色の雲に覆われていました。今日も、ペルージャでは、空に雲があり、湿度が高いためもあって、いつにも増して暑く感じられました。23/7/2017 今日は義父母との昼食の後、あまりの暑さにずっと屋内で過ごしたため、せめてトラジメーノ... [続きを読む]
  • 地震の被害は美しい水の里にも、イタリア マルケ
  •  昨年のイタリア中部地震では、シビッリーニ山脈のマルケ州側のふもとの町、ヴィッソやカステルサンタンジェロ・スル・ネーラも、数度の大きな地震の震源となりました。ネーラ川は、カステルサンタンジェロに水源があり、ヴィッソでウッシタ川と合流し、ウンブリア州の南を流れ、やがてはテベレ川に注ぎ込みます。 ウッシタ川もネーラ川も、水が清らかに澄み、豊かに勢いよく流れる美しい川で、その二つが合流する... [続きを読む]
  • ペルージャ発 なおこの絵日記、わたしのブログ遍歴1
  •  以前からブログを読んでくださっている方の中には、今年に入ってから、わたしのブログの題名やデザインが何度か変わったことに、気づかれた方がいらっしゃるかと思います。 イタリアで猛暑が戻りつつある今日、久しぶりにブログのデザインを、夏らしい風鈴で飾られたものに、変更しました。 イタリア語学習メールマガジンの副教材という位置づけで、ブログを発行し、写真をふんだんに使い、イタリア... [続きを読む]
  • 畑の彩り夏野菜とアーティチョークの花
  •  畑のトマトが、ようやく赤く熟し始めました。ペルージャの我が家では、ズッキーニやナス、ピーマンは、すでに6月の間から収穫して食べることができていたのですが、トマトが赤く色づき始めたのは、ようやく7月に入ってからです。 昨夏収穫したトマト(pomodoro)で作った保存用のトマトソースは、とうにすべて使い終わってしまい、最近は市販のトマトソースを使っていたこともあり、ほっとしていま... [続きを読む]
  • 発想転換のタオル収納、四つでだめなら三つで行こう
  •  イタリアの我が家では、トイレ兼浴室に設置したこちらの棚の上部を、タオル置き場として使っています。最近は、あちこちからいただいたりしてタオルが増えたため、洗って畳んだタオルが、棚に入りきらなくなって、困っていました。近頃では行き場のないタオルは、アイロンがけを待つ衣類を入れたたらいに、そういう衣類と共に入れていたのですが、それでは解決になりません。 写真は、タオルを整理し直した後... [続きを読む]
  • 歯ぎしり・凍結肩とマウスピース、イタリア
  •  近年、健康な歯やかつて治療した歯が、何かのはずみに欠けたり割れたりするということが、相次ぎました。子供のまったく健康な歯でさえ、間違って歯のかみ合わせの一点に力が集中すると、60kgもの力がかかるので、折れてしまうことはありますが、 相次ぐのは、エナメル質が弱いから、あるいは夜歯ぎしりをすることがあるのであれば、そのためでもあるでしょうと、歯医者から昨年から聞いていました。そもそも歯並びが... [続きを読む]
  • 空燃ゆるトラジメーノ湖、イタリア ウンブリア
  •  おとといは、 目的地だったモンテ・デル・ラーゴに向かう途中、雲間から夕日が放つ光が、あまりにもきれいなので、車から降りました。Lago Trasimeno al tramonto, Magione (PG) 11/7/2017 20:39 そして、木に遮られず、電線や電柱なしに、湖と夕日が眺められる場所を求めて、路傍を歩き、この美しい風景に出会いました。 岸辺で... [続きを読む]
  • 久しぶりの美容院、ぶしつけ質問・ふしぎ割引・納得の仕上がり
  •  ペルージャでは相変わらず、雨の降らない酷暑が続き、あまりの暑さに、髪を切ってしまいたいと、おととい台所で料理をしていて、切実に感じました。ペルージャでいくつか美容院を試したものの、髪の扱いなどがどうも乱暴に思えて、行く気が失せ、この1、2年はどうしてもというときには、自分で切っていました。けれども、今は自分で髪を切るつもりになれません。かと言って、新しい美容院探しをするのもおっくうです。... [続きを読む]
  • レタスの中からスズメバチ2017
  •  今朝は学校で会があったので、朝早く起きて、まだ涼しいうちに、庭とテラスの花に水をやり、畑にサニーレタスを取りに行って、持ち帰ったレタスをすぐに洗おうとしました。経験的に、すぐに1枚1枚葉をはがし、洗って水を切った状態で冷蔵庫に入れた方が長持ちすることを知っているからです。 ところが、台所で大きめの鍋に水を入れ、レタスの葉をはがしていたら、中に数匹スズメバチ(vespa)がいるではあ... [続きを読む]
  • ノルチャ2017、イタリア中部地震の被害と復興の兆し
  •  土曜日は、歴史ある美しい町、ノルチャを訪ねてから、カステッルッチョに行きました。以前よく通っていた、マルケ州のヴィッソ経由でカステッルッチョに行く道が、まだ復旧されていないからでもありますが、ヨーロッパの守護聖人であり、西洋修道院制度の基盤を築いた聖ベネデットの生地であるノルチャが、今どういう状況にあるかを自分の目で見て確かめたいという思いもありました。Norcia (PG) 8... [続きを読む]
  • 雲間より出づる日と月美しき、トラジメーノ湖
  •  今日はいつもの義父母宅での日曜日の大家族での昼食に、夫の従兄夫婦も加わり、マルケに住み、登山や音楽が好きで詳しい従兄と、食後もおしゃべりが遅くまではずみました。来客とトーディの義弟たちが帰途に着いたのは午後6時半頃だったのですが、今日もひどく暑い日で、ペルージャの最高気温は35度だったらしく、皆を見送るために外に出ると、ひどく蒸し暑い風が吹いています。 涼しくなってから、夕日と満月... [続きを読む]
  • カステッルッチョ2017、イタリア中部地震の爪痕
  • 今日は昨夏のイタリア中部地震以来初めて、久しぶりにカステッルッチョ・ディ・ノルチャの裾野に広がる美しい高原を訪ね、野の花やシビッリーニ山脈の眺めを、愛でながら歩きました。Castelluccio di Norcia & Pian Grande, Norcia (PG) 8/7/2017 先週末までに、観光客などが美しい野の花が咲く高原を訪ねられるようにと、被災地の道路の修復や... [続きを読む]
  • 月美しき夜の湖畔の町、パッシンニャーノ
  •  疲れていても、いえ、疲れているときこそ、夜8時にうちを出て、車で約30分かかるトラジメーの湖(Lago Trasimeno)まで夕日を見に行こうと、しばしば誘ってくれる、夫がそういう人であることがありがたい今日この頃です。今日はうちで夕食を済ませたあと、まずは西の湖畔で夕日を見送り、それから、久しぶりに北の湖畔にあるパッシンニャーノを訪ねました。Passignano sul Tra... [続きを読む]
  • 煮えぬ小豆、重曹・停電騒ぎと湖畔の夕焼け
  •  昨日小豆を煮る前に、インターネットの日伊の記事や本棚の料理の本で確認したとき、数時間・一晩水に漬けておくという点は共通しているにも関わらず、日本のレシピに30〜1時間煮たらよいと書くものが多い中、一つだけイタリアのレシピに、3時間かかるというものがありました。  そこで、沸騰した際に湯を二、三度切るにしても、沸騰した状態で煮る時間が合計1時間にもなれば、煮えるのではないかと判断し、... [続きを読む]
  • 和伊折衷あずきごはんローズマリー風味
  •  夫がどこかで買ってきてくれた小豆が、非常に優れた健康食品であると知り、さっそく料理してみることにしました。夫の朝食は純イタリア風で、朝はウンブリア伝統のリングケーキ、トルコロを食べ、最近は外出先でもうちでもすぐにジェラートに手が伸びるので、これ以上甘いものを作るのはどうかと思われ、イタリア人の夫でもおいしく食べられそうな小豆料理を探してみました。豆腐も、夫と食べるときは、ローズマリーやセイ... [続きを読む]
  • 友と夕景・ジェラート楽しむトラジメーノ湖
  •  先日、夫とお気に入りのトラジメーノ湖畔のレストランで、夕食を終えようとしていたら、夫の同僚でもある友人たちが、たまたまわたしたちが座っていた窓辺の席に、食事をしようとやって来ました。以前に夫が、ピザがおいしく、きれいな夕焼けが見られると、話したことがあるそうです。せっかくなので、いっしょにおしゃべりと夕焼けを楽しみ、それから、Lago Trasimeno & Isola Polve... [続きを読む]
  • ああ古城困る隣人、ペルージャ
  •  ペルージャの北方にそびえるテッツィオ山には、つい数年前まで、屋根が崩れ落ちた古城がありました。義父母がテッツィオ山中腹の村、ミジャーナに暮らしていた数十年前には、村人が暮らしていた城も、過疎のために住人がいなくなって荒廃し、長い間、廃墟となっていたのですが、数年前に、その古城、プロコーピオ城が改築され、豪華な宿泊施設に生まれ変わりました。Castello di Procopio &... [続きを読む]