なおこ さん プロフィール

  •  
なおこさん: イタリア語・日本語教師 なおこ Fotoblog Perugia
ハンドル名なおこ さん
ブログタイトルイタリア語・日本語教師 なおこ Fotoblog Perugia
ブログURLhttp://cuoreverde.exblog.jp/
サイト紹介文イタリア語&日本語教師、通訳のイタリア暮らし・旅・語学だより。自然と山歩きが大好き。
自由文イタリアの暮らしや文化・旅行情報を、写真と共に紹介。時に日本語教師・通訳の仕事やイタリア語学習の秘訣も。フランス語を勉強中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/04/08 20:22

なおこ さんのブログ記事

  • マテーラ舞台のイタリアドラマ、町はきれい話はこわし
  •  白い石の町並みが美しいマテーラ(Matera)は、イタリアでいつか行ってみたい町の一つです。2週間前に、マテーラを舞台にしたテレビドラマが放映されると知って、すぐに見ようと思ったのは、『ドン・マッテーオ』でも、ルイーザ・スパニョーリを主人公としたドラマでも、舞台となるグッビオやスポレート、ペルージャの町がよく画面に現れ、Raiのドラマは、舞台となる町を旅した気分にさせてくれるところがあるの... [続きを読む]
  • ひらがな板書と授業計画
  •  今日の日本語の授業では、ひらがなをア行からサ行まで勉強し、『春が来た』をいっしょに歌おうという下心もあったので、「が」の習得のため、「かきくけこ」の復習にもなるからと、カ行に続いてガ行、サ行に続いて、ザ行のひらがなも学習しました。 学んだひらがなが読める勉強をしようと、プリントにあった語彙だけでは、練習が足りないので、「覚えなくてもいいですよ。読み方の練習をするだけですから。」と言... [続きを読む]
  • 春・桜の季節、わたしとインスタグラム
  •  日本やイタリア、そうして旅した国々の美しい風景やすてきなものを紹介したいし、いろんな興味深い、きれいな写真が見られたらというのが、わたしがインスタグラムを始めた動機です。わたしが桜の季節に帰国して京都・奈良を訪ね、古都の桜のみごとさに感動したのは、もう8年前のことなのですが、そのときに撮影した美しい桜を、できるだけ多くの方に見てもらえたらという思いは、常にありました。インスタグラムを始めた... [続きを読む]
  • 国境も世代も超えるドラえもん
  •  今日から教える、新しい生徒さんの息子さんが、日本のアニメはどれも知っていて大好きだという話になり、その例として、「頭の上に何か取りつけて空を飛ぶアニメも……」という説明がありました。わたしが暮らすのはイタリアで、この生徒さんも息子さんもイタリア人です。 さっと頭にひらめいて、「ひょっとしたら、このアニメではありませんか。」と、ホワイトボードにさっと描いたら、「そうそう、... [続きを読む]
  • 祝い、夕日うっかりと新たな始まり
  •  カトリック教の聖人は多いので、カレンダーを見ると、毎日たいてい、記念して祝うべき聖人が数人います。3月19日の今日は、聖母マリアの夫、聖ヨセフを記念して祝う日です。イタリアでは聖ジュゼッペ(San Giuseppe)と呼ばれる聖ヨセフが、イエスの養父であることから、イタリアでは、この3月19日を父の日(Festa del Papà)として祝います。我が家では、義母の名もこのジュゼッペの女性... [続きを読む]
  • 暗雲も夕日に映えて湖も、トラジメーノ湖
  •  夕焼けがことのほか美しいのは、雲一つない晴天の日よりも、むしろ雲が多い日の方ではないかと、この数年、夕日を見送りにトラジメーノ湖を訪ねるようになって、感じるようになりました。Lago Trasimeno al tramonto, Monte del Lago (PG) 14/3/2017 18:27 桜色に燃え上がる空と湖が、いつになく美しかった火曜日も、湖畔に着いたときは... [続きを読む]
  • 湖を愛で山下りピザ準備、ペルージャ
  •  古代の神殿跡や洞窟から、再びテッツィオ山の長い尾根に戻ります。Monte Tezio (PG) 12/3/2017 13:01 ここまで来れば、十字架はすぐ近くで、トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)も、三つ目の十字架(la terza croce)から、きれいに見えます。 ここで、他の登山者に記念写真を撮ってもらってから、ミジャーナに戻るために、... [続きを読む]
  • 巨木・岩壁・クロッカス、眺めも美しテッツィオ山
  •  イタリアの山では、かつて放牧が行われていた、あるいは現在も放牧が行われているために、一定以上の高さまで登ると、高木が生えず、草原が広がり、ビャクシン(ginepro)の低木だけが、まばらに生えているということが、よくあります。おととし通った薬草学講座では、過放牧で草原と化した山が、再び森となるとき、そうした厳しい状況でも育つことができる最初の木は、ビャクシンなのだと教わりました。 ... [続きを読む]
  • 桃色のトラジメーノ湖
  •  昨日は久しぶりに、トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)に沈む夕日を見に出かけました。ひどく雲の多い日で、太陽は雲の中にやや隠れたまま、沈んでいったのですが、その後、灰色の空がオレンジに、そして、ピンクにと色を変えていく様子がそれはきれいで、その美しい眺めを、夫と二人で楽しみました。Lago Trasimeno al tramonto, Monte del LagoMa... [続きを読む]
  • ピザと登山の日曜日、ペルージャ
  •  5時間の長い山歩きを終えて、うちに戻り、ようやくテーブルに落ち着いて、ピザ釜で焼きたてのピザを食べることができたのは、午後3時半頃のことでした。12/3/2017 15:35 義母宅で昼食を終えたトーディの義弟と姪が遊びに(と言うよりは偵察に?)来てくれたので、義弟に食事の記念写真を撮ってもらいました。15:15 夫は一足先に山を下って、ピザ釜を温めるべくさらに薪... [続きを読む]
  • テッツィオ山大周遊
  •  昨晩は、ウンブリアに来たロマーニャの友人たちと共に、ミジャーナの改築中の家に泊まり、今朝は、テッツィオ山を登り、美しい眺めや野の花を楽しみました。Sul Monte Tezio, in fondo i Monti Sibillini con neve 12/3/2017 今日はいつにもなく快晴で、遠くの山々がそれはきれいに見えました。写真では、右手奥に雪を頂くシビッリーニ山脈... [続きを読む]
  • イタリアの地震、日本の地震
  •  昨年のイタリア中部地震に際する一連の報道では、地震発生以来、「自然が人間の営みや文化を破壊しているわけではない。アッペンニーニ山脈のこの周辺では、昔から繰り返し大きな地震が何度も起こっているのだから、そういう自然の営みを考慮し、そうした地震が起こっても崩れることのない、脅かされることのない町づくり、家づくりが大切なのだ」という言葉が、しばしば繰り返されています。Fiori & Mo... [続きを読む]
  • さらば行列イタリア郵便局、スマホアプリで時間予約
  •  スマートフォンがあれば、イタリア郵便局、Poste Italianeで、郵便局に足を運ぶ前に、窓口での受付の時間予約ができることを、水曜日に発見しました。郵便局のアプリケーションで、行くつもりだったペルージャ駅前郵便局を選び、郵便が送りたかったので、Pを選びます。 初めての予約を試みたのは、午前11時半頃で、うちからペルージャ駅前郵便局までは、車と徒歩で約20分かかるため、正午、1... [続きを読む]
  • ヒヤシンス咲きました
  •  庭のヒヤシンスが、今それはきれいに咲いています。 どの花もきれいですが、お気に入りはピンクの花です。 4年前の春、季節が過ぎようとしているヒヤシンスの球根を、花市で安く購入し、すぐに植えました。春になってから植えても咲くものだろうか、球根が傷んでいたのではないだろうか。そんな心配もしていたのですが、球根はその年の春から今まで、毎年春になると、こうしてきれいな花を咲か... [続きを読む]
  • ミモザパスタと女性の日
  •  今日は女性の日、以前にミモザケーキを作ったこともあり、イチゴも生クリームも買ってきて、材料は準備したのですが、天気がよく、風が強いためか、花粉症の症状がひどいので、こういう状況で、乳製品である生クリームと白砂糖で、さらに症状を悪化させてはいけないと、ケーキを作るのは断念しました。 代わりに、我が家の鶏たちが産んだ新鮮な卵と、畑で元気に育っているルーコラを使って、昼食にミモザパス... [続きを読む]
  • 一件落着、うっかりと夕焼け
  •  年末から取りかかっていた、MacBookを要する大きな仕事が、ようやく終わりました。よくよく見直しをして、訂正を加えてから、今日の午後、学校に提出しに行きました。締め切りは今週末、金曜日ですが、提出をしない限り、いつまでも校正を続けてしまいそうな気もしたので、提出してしまうことにしました。 提出して、はい終わりのつもりが、担当の方が一つひとつかなりていねいに、わたしといっしょに内容... [続きを読む]
  • 紫キャベツにご用心
  •  紫キャベツはおいしいし体にもいいのですが、いっしょに料理するものに気をつけないと、「あらまあ」と、驚きとまどう結果になることが、たまにあります。先週、義父が育てた畑の紫キャベツを収穫し、その日の晩に、卵といっしょに料理したのですが、そのときも、フライパンの中を見て、「しまった!」と思いました。 紫キャベツは卵といっしょに料理すると、食品の色にはどうしても見えないような濃い青色になっ... [続きを読む]
  • スミレ美し行きずりの町、マルケ
  •  昨日土曜日は、夫の車で遠出をしました。出発前に行き方を調べ、地図にもしるしをつけていたのですが、無料高速道路から下りる予定だった出口が工事中で、進入禁止になっています。そのため、グーグルマップのカーナビ機能を利用したのですが、要所に道案内の標示がなかったこともあり、道に迷い、遠回りをして、目的地から少し離れたサッソフェッラートというマルケの町に通りかかりました。4/3/2017... [続きを読む]
  • 絶壁の里にも春、トスカーナ アルノ渓谷
  •  まだ2月も半ば、2月19日に、断崖の眺めを楽しみながら小道を歩いていたら、夫がCastelfranco di Sopra (AR) 19/2/2017ひそやかに咲くかわいらしい花を見つけて、教えてくれました。 麦畑やブドウ畑の間に伸びるトレッキング・コースを歩いていくと、小川に出会い、それからは道が小川に沿って進んで行きます。 小川のそばでは、つぼみが... [続きを読む]
  • ヒヤシンスとミミ
  •  今日は庭の片隅で、ヒヤシンスの小さな花が、一つ咲いているのを発見しました。 4年前、2013年3月に植えた球根は、すっかり放任しているというのに、毎年冬の間から少しずつ準備を整え、春にはきれいな花を咲かせてくれます。これから次々に花が咲くのだろうと思うと、今からとても楽しみです。 日ざしが暖かくなって、ミミもうれしそうです。その変な黒いものを、わたしに向けるのは... [続きを読む]
  • 美しい月と花粉症その後
  • 1/3/2017 昨夕は、うちの窓から、夕焼け色がまだほんのり残るたそがれの空にかかる、それは美しい月が見えました。 よろい窓を閉めた頃には、さらに西に傾いた月の近くに、金星が輝いていて、それはきれいでした。紺碧の空にきらめく月と金星があまりにも美しいので、写真に撮ろうとしたのですが、わたしの腕とカメラでは、ほっそりとした月が太ってしまい、金星のきらめきも、その放つ細... [続きを読む]
  • 花粉症、ミモザ、四旬節と身体の浄化
  •  今のところ、例年に比べるとかなり症状が穏やかなのですが、先月から、花粉症の症状が、目や鼻に現れてきています。ペルージャの我が家の近所には、庭木のある家が多いのですが、イタリアでこの時期飛散して、花粉症の症状を引き起こすのは、ハシバミ(nocciolo)やイトスギ(cipresso)で、近所に木があり、今日は天気がよく風が強いため、花粉も大気中にたくさんあったようです。(詳しくはこちら)... [続きを読む]
  • 美しい記念切手に救われる
  •  急に日本から自分の戸籍謄本を取り寄せる必要があり、本籍地のある松山市役所に、イタリアから郵便で請求することにしました。市のホームページに郵便請求の仕方が詳しく書いてあって助かります。結婚したときに、親から独立した戸籍を作ったために、家族と同じ戸籍ではないので、わたしの父や弟でさえ、わたしからの委任状がなければ請求ができません。わたしが委任状を送り、それを持って市役所に行ってもらい、さらにま... [続きを読む]
  • 新しいプリンター到着、HP ENVY 5540
  •  先週金曜日にアマゾンイタリアに注文していた新しいプリンターが、今日予定どおり、無事我が家に到着しました。 インターネットで情報を調べて、わたしが購入を決めたのはこちら、HPのENVY 5540です。選ぶ際には、写真を印刷するつもりはなく、主な用途は文書の作成や授業の教材づくり、コピーであることも、念頭に置きました。 カメラやマックブックの場合は、日本とイタリアで販売され... [続きを読む]