「こころとコトバの専門家」竹内好美 さん プロフィール

  •  
「こころとコトバの専門家」竹内好美さん: 「素敵な人に会いました」
ハンドル名「こころとコトバの専門家」竹内好美 さん
ブログタイトル「素敵な人に会いました」
ブログURLhttps://ameblo.jp/jibuncounseling/
サイト紹介文カウンセラー竹内好美が出会った素敵な人たちのこと。カウンセリングや心理学の話題。本や映画のことも。
自由文竹内好美カウンセリング事務所のオフィシャルブログです。生きづらい世の中を、どうやったらもっとラクに生きていけるかを考えてカウンセリングを行っています。ブログでは、カウンセラーが日々考えることを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2010/04/09 01:45

「こころとコトバの専門家」竹内好美 さんのブログ記事

  • これが、「情熱」! 映画「パッション・フラメンコ」
  • なにか一つのことに打ち込んで、必死に頑張っている人を、私たちは、「情熱的な人」と呼びます。「自分も情熱的でありたい」と思っている人は多いのでしょうが、実際に情熱的ではない人に、「情熱的であれ!」と求めても、どうすればいいのかわからないでしょう。身近に「情熱的な人」がいたとして、その人に、「どうすれば情熱的になることができますか?」と教えを乞うたとしても、適切な答えを与えてくれる人はなかなかいないで [続きを読む]
  • ブログ版「こころとコトバ」ニュースを始めます。
  • 以前からこのフログにご来場いただいている方はご存知でしょうが、私は昨年8月まで、【「こころとコトバ」ニュース】というメールマガジンを発行していました。1000人以上の方に読んでいただいていたメールマガジンだったのですが、昨年夏、思いがけない入院によって考えるところあり、発行の継続を断念しました。私にとって、【「こころとコトバ」ニュース】は、自分の思考をまとめる上で、大きな意味をもっていました。カウ [続きを読む]
  • 晴れたら、絶景。
  • 今日は、朝からシトシト雨が続いていましたが、なんだか外が明るいなと思い、ベランダに出てみると、すごい風景が広がっていました。ちょうど、西の空に太陽が沈むところ。なんだか幻想的な日没です。レンズを左のほうに移動してみると、そこには、雲を透かして富士山の影が。左に富士山。右に太陽。太陽がもうちょっと富士山のそばにいてくれたら、もっとすごい風景になっていたのでしょうが、うちのベランダからはこれが限界です [続きを読む]
  • 「女性は女性を支持する」という勘違い。
  • 「女性議員なら女性にウケがいいだろうから、誰でもいいから、女性を立てておけ」野党第一党の認識の皆さんは、そんな安易な認識で人事を決めてしまったのではないでしょうか。まあ、与党の人たちにも多かれ少なかれ、そのように考えているようですが。これは、大きな勘違い。女性が女性議員を支持しない、もしくは女性議員を嫌う理由は、その人が自分が女性であることを既得権のように扱うせいではないでしょうか。「女性代表とし [続きを読む]
  • 今年の夏、読まれました。8月の人気記事ランキングです。
  • 8月はすっかり更新をさぼってしまいました。そのせいか、上位に古い記事が並びました。私のブログで長く読まれている定番記事も、ぜひ読んでみてください。<My アクセスランキング BEST10>第1位 「大迫、半端ない」の原点。第2位 台湾の人、御朱印にはまる。第3位 加計学園獣医学部長「(教員は)海外から70名以上確保しました」第4位 底意地の悪い記事を見た。第5位 男子新体操 大坪政幸(故人)の美しい演技で [続きを読む]
  • 今年の夏、読まれました。8月の人気記事ランキングです。
  • 8月はすっかり更新をさぼってしまいました。そのせいか、上位に古い記事が並びました。私のブログで長く読まれている定番記事も、ぜひ読んでみてください。<My アクセスランキング BEST10>第1位 「大迫、半端ない」の原点。第2位 台湾の人、御朱印にはまる。第3位 加計学園獣医学部長「(教員は)海外から70名以上確保しました」第4位 底意地の悪い記事を見た。第5位 男子新体操 大坪政幸(故人)の美しい演技で [続きを読む]
  • 「うそッ!」と叫んだ瞬間。
  • ご無沙汰しておりました。暑さのせいでやる気がなかったこともありますが、ブログを開く気にならなかったのは、もう一つ理由があります。1か月くらい前から、私のスマホ(iPhone)のバッテリーが残量30%くらいのところでいきなりプッツンと落ちてしまうようになりました。もう2年以上使っているスマホなので買い替えどきかと思い、携帯ショップに行きました。新しいスマホを手に入れて、データはすべて、家のMacに保存してあ [続きを読む]
  • ステップの熟度がすごすぎる。ピカチュウダンス。
  • いま横浜では、ピカチュウ大量発生チュウ。行きたいのはやまやまですが、別件のスケジュールが立て込んでいて、今回は行けません。そんなわけで、ネットで見つけた、ピカチュウがものすごいダンスをする映像を見て、我慢。10頭のピカチュウの入場シーンが「かわええわぁ〜〜〜!」と、油断していると、この10頭が、とんでもないステップを踏み始めます。10頭のダンスの揃い方が、半端じゃありません。そして、キレッキレ。「 [続きを読む]
  • イルカを見ていれば、ご機嫌。
  • 先週末は、酷暑の名古屋におりました。日曜日は、母と一緒に、名古屋港水族館へ行ってきました。毎年、夏休みになると訪れる馴染みの水族館です、(昨年は、私が入院していて来れなかったので、久しぶりの海の匂いです)名古屋港水族館は規模といい、展示のバリエーションといい、素晴らしい水族館なのですが、私たちの興味は、ほぼ海獣エリアにありまして、到着するやイルカのメインプールに直行です。13時からはじまるイルカシ [続きを読む]
  • ベビーカーで、永田町は無理でしょう。
  • 7月のアクセスランキングを書いていて、アップしたかったのに書き残してしまっていた(アップするタイミングを逸してしまた)記事を思い出しました。金子恵美議員の公用車使用に関しての続報です。もともとの問題の経緯については、こちらを参照してくださいね。底意地の悪い記事を見た。こんな経緯があり、金子議員は自分が公用車の使用を続けることが、間近にせまった都議会選で自民党への逆風となるかもしれないと思ったのでし [続きを読む]
  • 2017年7月の人気記事ランキング
  • もう1年以上やっていなかったアクセスランキング(理由は、私が記事を書かなかったから)。ようやく、軽く再始動という感じで、記事も集まり、アクセス数も出るようになりました。完全復活に向けて、1年以上ぶりに、ランキングを発表します。<My アクセスランキング BEST10>第1位 底意地の悪い記事を見た。第2位 それは、本当の貧困女性じゃない。第3位 朝日新聞は、「紙」でしかない。第4位 前川事務次官(前)に思 [続きを読む]
  • 「ゲスな人」を理解できない、安倍夫妻。
  • 森友学園の補助金不正受給事件で、籠池夫妻は逮捕となるようです。当然といえば当然の結果ですね。森友、加計の一連の問題を見ていると、詰まるところここまでこじれてしまった原因の一端には、晋三、昭恵両人ともが、「ゲスな人」というものを理解できていなかったことにあるんじゃないかと思えてきました。晋三氏は、これまでの政治家として生きてきた中で、「ゲスな人」にたくさん会っているはずですが、彼の中では、「ゲスな人 [続きを読む]
  • 加計学園獣医学部長「(教員は)海外から70名以上確保しました」
  • 「報道しない自由」を行使し続けるマスメディアにイライラしていることと思いますが、「報道する自由」を行使するネットメディアに、小気味好い記事をみつけました。今治に新設される加計学園獣医学部の部長に就任される予定の吉川泰弘氏のインタビューです。前川喜平氏や獣医師会の北村直人氏が、学生が集まったとしても、重要なのは教員だ。「加計学園が臨床経験が豊富な教員を集めることは無理だ」とおっしゃっています。(獣医 [続きを読む]
  • 加戸守行氏、NHKにぶった切られる。
  • いま、ネット上で人気ナンバー1の男性といえば、元愛媛県知事 加戸守行氏でしょう。ご高齢にもかかわらず、たいへんクリアな頭脳と明確な言動。質問者の質問について、意図をしっかり把握して、わかりやすくお答えになる様子に、長時間の審議中もいっときも集中を途切らせることなく審議を見守っていることが伺えます。対する前川氏は、質問の内容をきちんと理解していないのか、それともわざと意図を誤り、見る人を煙に巻こうと [続きを読む]
  • 台湾の人、御朱印にはまる。
  • 毎月、原宿界隈に行く用事があり、先月6月15日は盛りの花菖蒲を見ようと、明治神宮の菖蒲苑へ行きました。何回か行ったことがあるのですが、微妙に早かったり、もうしぼんだ後だったり、ドンピシャだったのは今回がはじめてでした。こんなにきれいな花菖蒲でした。で、そんな記事は先月書けよ、って、そのとおりです。ゴメンなさい。先月明治神宮で御朱印をいただいたので、今日は東郷元帥と乃木将軍の御朱印もいただこうと思い [続きを読む]
  • ドイツの人〜。聞こえますかあ〜???
  • 日本で、2件の死刑が執行されたことについて、ドイツをはじめとするヨーロッパの国で非難の声が挙がっています。日本で死刑執行が行われるたびに、この議論が起きます。ドイツの人たちには理解できないかもしれませんが、非難のまえに、まず日本の犯罪事情を知ってほしいなあと思います。何年か前のことですが、「1年間に日本の警察が発砲した回数」という数字が出ていた記事を読みました。「5回」というその数字に驚愕しました [続きを読む]
  • 劉暁波 「私に敵はいない」と言える人。
  • 習近平中国国家主席は、いったいなにを恐れているのだろう?末期ガンの状態にあり、いまや中国人民になんのメッセージも伝えることができない人を、治療することなく見殺しにした。でも、彼がこの世から消えてしまっても、その恐れは終わりを迎えることなく、ますます大きな不安となって、習近平を苦しめることになるでしょう。2009年、劉暁波氏がノーベル平和賞を受賞された時、中国で拘禁状態にあり授賞式には出席できない彼が送 [続きを読む]
  • 朝日新聞は、「紙」でしかない。
  • 三十数年、取っていた朝日新聞を止めたのは、2014年の2月末でした。なぜ、日付を鮮明に覚えているかというと、そのときの新聞紙がまだ残っているからです。新聞を止めたきっかけは、ちょっと考えてみたとき、「なんだ、私って番組欄しか読んでないじゃん」と気が付いたこと。その数年前から、朝日新聞の見出しを読むと、「なんか上から目線で気分悪い」「自分だけが大正義みたいな書き方がいやらしい」「他の意見もあるだろうに、 [続きを読む]
  • 加戸守行参考人に見る、志が高い人の強さ。
  • いつまでも、本質と懸け離れた議論が続くのかと、なんの期待もしていなかった衆参両院の加計問題参考人招致。午後の参議院の審議に登場した加戸守行さんがなんとも清々しく、言葉の一つ一つに胸が熱くなりました。加計問題では、元愛媛県知事が「マスコミが喧伝することは正しくない」とおっしゃっているとのことを聞き及んではいたのですが、その発言内容についてはどこも報道することがないので、よく知ることはできませんでした [続きを読む]
  • 白村江の戦いって、なんだったのか。
  • NHKBSプレミアムで毎週木曜日にオンエアされている「英雄たちの選択」、この番組、結構好きで見ています。今週から、「秀吉vs家康」というシリーズが始まって、どんな展開になるのか楽しみです。先週のオンエアでもう済んでしまったものなのですが、「敗北!白村江の戦い なぜ巨大帝国に挑んだのか?」というのを見て、う〜んと考え込んでしまいました。番組しょっぱなから、「はくそんこう、はくそんこう」と言っているんですけど [続きを読む]
  • どうしたバッハ。大丈夫か?
  • 本日のあきれたニュース。平昌五輪の北朝鮮参加、韓国大統領がIOC会長に要請「いかなる種類のデモンストレーションも、いかなる種類の政治的、宗教的もしくは人種的な宣伝活動も認められない。」オリンピック憲章の大原則は、どこにいっちゃったわけ?これ、あきらかに、文在寅韓国大統領のオリンピックの政治利用でしょう。北朝鮮にすり寄っていきたい韓国が、トランプ大統領には、「北朝鮮制裁をしっかりやれよ」と詰め寄られ [続きを読む]
  • 今日は静か。(都議選終わる)
  • なぜだか、ブログのテキストのフォーマットが壊れてしまっています。直し方がわからないので、読みにくくてごめんなさい。=================================暑さの中、連日続いていた選挙カーの訴えも終わり、我が家ものどかな昼下がりになっています。駅前に出ると、切羽詰まった候補者の悲鳴が飛び交っていて、外出するのも億劫だなあと思っていた数日間がやっと終わりました。今回の都議選で [続きを読む]