さすらい さん プロフィール

  •  
さすらいさん: 逢えるじゃないか また明日
ハンドル名さすらい さん
ブログタイトル逢えるじゃないか また明日
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/sasuraino777
サイト紹介文昭和が好き、映画は古いものが好き、お酒が好き、ヤキトリが好き、ブログを書くのが大好き
自由文最近の訪問者の数には驚かされる。日に300や400の数字を見ると、いい加減な事は書けないと思うが、自分らしく何時もの様に書くしかないな。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/04/10 08:42

さすらい さんのブログ記事

  • 睡蓮とニシン
  • 神代植物公園植物公園もこの時期は見頃の花はほとんどない。梅も終わりに近づき、広い公園を歩いても色づくものも少ない。実際にきれいなのは、園内にある売店の花々。それでも温室は花盛りだが、洋花ばかりであまり好きではない。睡蓮の池はきれいだ。日本人の自分の感覚でいうと、睡蓮の緑の葉に覆われた池から覗く睡蓮の花が可憐で美しく見える。睡蓮と言えば、我が家にも水連があり、花が咲くのを楽しみにしたものだった。戦時 [続きを読む]
  • 深大寺
  • 天気の良い日曜日。久しぶりに深大寺と神代植物公園に行ってきた。我が家の周辺には武蔵野の自然が沢山ある。小金井公園、野川公園、少し足を延ばせば井の頭公園。そして今回の神代植物公園。近いからすぐにでも行きそうなものだけれど、なかなか行かないのが現実で、ここに来たのも一年ぶり。梅が終わりになって、春を待たないと植物公園らしさは中々見つからない。比較的いつもより空いていた鬼太郎茶屋にはいって、グッズを眺め [続きを読む]
  • みんな旅人
  • 人間の命は短いけれど 人生は長い自分が没する時は 長いと思うだろうか 短いと思うだろうか肋骨が折れたそれで死ぬようなことはない全治1か月人間の体は 意外としぶといだけど 痛いのは我慢できない67歳最後の日の出来事 [続きを読む]
  • 先斗町
  • むかしむかしお座敷小唄という歌があった。京都先斗町という名前は、その歌で知った。パピプぺポが頭に付く地名など聞いた事がなかったから不思議だったし、どんな字を書くのかも知らなかった。ポントチョウ世の中にはカタカナ文字の地名もあるんだと思ったものだった。その内、チョウはまちを表す町である事を察知したが、ポントは理解できない。京都に行った。八坂神社から四条に向かって歩く。祇園があり四条南座を超えて、四条 [続きを読む]
  • 雨が好き
  • 雨の好きな人はロマンチストそう定義付ければ わたしはロマンチスト恋に恋するロマンチスト相合傘は良いけれど あれじゃきっと濡れてしまうどうせ濡れるなら一つのコートを肩にかけて わたしに寄り添う君が良い土砂降りの雨の中 店先の軒で雨宿り飛び込んできた君の姿 そっと髪に手をやるそのしぐさいつまでもそうしていたい束の間の時間水たまりにわざと入ってじゃぶじゃぶと新しい長靴が踊ってるあの日あの時のあの時間 母 [続きを読む]
  • 夢の中の君へ
  • 君はいつも夢に出てくる中央線の何処かの駅のすすきの生えた大きな広場その近くの木造の家の二階に君がいる様な気がするだけどいつも会えない君の存在がそこにあるのに高層階の非常階段を上ったところに君の家があるらせん状の階段をのぼってその階にたどり着くしかしいつも扉が見つからない君の存在がそこにあるのに酒場が何軒か続く通りいつも行く店を通り越して君を探すまた戻るが道がY字路どちらに行けば良いかわからず行った [続きを読む]
  • 白雲悠々
  • 白雲悠々雲が流れる。雲が広がる。雲が暴れる。雲は自由だ。かたちを変えて気ままに流れる。雲は大きい。地上のなにもかも飲込むように広がる。雲は野蛮だ。風をもたらし雨をもたらし雪をもたらす。白雲悠々白い雲は青い空に良く似合う。青い空は白い雲に良く似合う。赤い空に白い雲は物悲しい。白い雲に赤い空は輝かしい。灰色の空はある日の自分。真っ黒な空もある日の自分。真っ赤な空もある日の自分。真っ青な空もある日の自分 [続きを読む]
  • 旅に出たい。
  • 旅に出たい。旅に出たい。旅に出たい。カメラを担いで旅に出たい。旅に出たい。知らない街の、知らない道を歩きたい。旅は楽しい。目を見張る風景もあるし、忘れられない光景にも出会える。それを切り取ると別の世界が開ける。旅のお供は、いつものカメラ。もう古ぼけて、傷もつき、完璧ではないカメラだけど、唯一の相棒。旅に出たい。旅に出たい。旅に出たい。知らない街の酒場で酒を飲みたい。寒い中歩いてきて、熱燗の入ったコ [続きを読む]
  • 久しぶり!
  • あと1週間も経つと、また歳をとる。1年間の速さは、歳と共にその速さが増して、超高速になっている。早いと言えば、情報の速さは飛びぬけていて、それまではテレビのニュースや新聞などの媒体で知る事だったが、今ではインターネットによるものが多い。またインターネットを見てなくても、それを見ていた他人からも情報が入るから、子供の頃から考えたら、数千倍の速さで情報が伝わっているだろう。残念な事に、余分な情報まで入っ [続きを読む]
  • 母の遺品整理
  • 昨日は手付かずだった母の遺品整理。旧桜堤小学校のお別れ会に使える資料はないかと探していて、結果母のものばかりある押入れの中を引っ張り出す。一間の押入れの上下殆どが母のもので、その中の大部分が写真。小学校の教員を定年まで勤め、その後は自分の好きな事に費やした。それが子供の頃から好きだった野草の研究と写真撮影。スライドにした写真が1000枚以上あり、プリントしたものはそれ以上ありそう。野山を歩いて写真を撮 [続きを読む]
  • みんなで満月を見上げよう 2016
  • 期日:2016年9月15日(木) 中秋の名月時間:19:00〜20:00場所:全国各地 それぞれの場所で*同じ時間に見るのがポイントです今年で10周年を迎える「みんなで満月を見上げよう」全国各地それぞれの場所で、同じ日の同じ時間にお月様を見上げようという企画です。遠くに住んでいる家族や友人、ブログやSNSだけで繋がっている方も、同じ時間に同じお月様を見上げる事で、何か不思議な気分になる企画です。「あの人も見上げて [続きを読む]
  • 東京ドーム 久しぶりの野球観戦
  • 昨夜は、久しぶりの野球観戦。東京ドームでの野球観戦は10数年ぶり。ドームへ行ったのは2013年のザ・タイガースのコンサート以来になる。知り合いの俳優さんから頂いたチケットでの観戦だが、日ハムVS楽天は、頂かなかったら見に行くこともないだろう。女性3人と私の四人。どちらを応援するでもなく、飲む喋る、飲む喋るの連続。興味の焦点は大谷翔平選手のバッティングだが不発に終わり、最終回を見ずに退散。いやぁ〜良く飲ん [続きを読む]
  • 今日一日
  • 今日は以前から息子が決めていたウナギを食べに行く日。息子は娘の誕生日のプレゼントを買いに池袋。我々は吉祥寺でプレゼントを買って、待ち合わせは吉祥寺のうな鐡。7月の土用の丑の日とは違って空いているし、うな重も安くなっている。本当は入谷鬼子母神の「のだや」に良く予定だったが休みとあって、いつものうな鐡。私は八海山を飲んでから食べる。夜は嫁いだ娘が訪ねてきて、一日遅い誕生日祝い。久しぶりに家族全員での食 [続きを読む]
  • [転載]ゾウのはな子66歳
  •    東京・武蔵野市の動物園で飼育されているゾウの「はな子」が国内で飼育されたゾウの長寿記録を更新したことを祝い、20日、好物のサツマイモなどが入った特製のケーキがプレゼントされました。 東京・武蔵野市の井の頭自然文化園で飼育されているメスのアジアゾウ「はな子」は、昭和24年に戦後初めて日本に来たゾウで、ことしで66歳になり、国内で飼育されたゾウの長寿記録を更新しました。 20日は長寿を [続きを読む]
  • つくばい
  • 5月先月の末から連休に入り、出掛ける事もなく我が家の庭の手入れ。とは言うものの、ほったらかしで冬から春を迎え、梅が咲き、ボケの花が咲き、藤が咲き、今はシャクナゲが綺麗に咲いているが、それと同時に草が伸び放題だし、特にドクダミが庭を覆い尽くす。花梨の木は昨年思いきり切って、二階まで届いていた枝を短く切り落としたが、それも又二階まで届きそうなほど伸びている。庭とは言えない家の周りの裏庭も、1年に一回ぐら [続きを読む]
  • さすらいの狼
  • いよいよ今日から時代劇チャンネルで「さすらいの狼」が始まった。1972年制作で全26話2クール放送された時代劇番組。制作年度から振り返ると、私が23歳の時という事になる。44年前の事だ。主演は中村錦之助、後の萬屋錦之介さん。中村錦之助と言っても、ピンと来る人も少なくなったと思うが、やはり私世代の人間には萬屋ではなく中村の方が気持ちの良い響きである。当時三船プロで、ぺいぺいの下っ端スタッフだった私は、運良くこ [続きを読む]
  • 東京の田舎っぺ はとバスに乗るの巻
  • 「おのぼりさん」という言葉がある。江戸時代に京や江戸に行くことを「上る」と言ったことから、田舎から東京へ来る観光客で、慣れない土地でキョロキョロしながら歩いている人を嘲笑うようにいう言葉で、余り良い意味の言葉ではない。最近ではほとんど使う事のなくなった言葉ではあるが、東京生まれのさすらいにとっても、都内でも知らない場所が多く「おのぼりさん」状態で過ごすことも多い。カミサンと二人、「おのぼりさん」に [続きを読む]
  • 路面注意
  • カメムシが多いと大雪が降る。そんな話を良くするが、昨年夏からカメムシが多くて大雪が降るぞ」と思っていたら、本当に大雪が降った。日曜の夜中、電車が無くなり仕事の車で帰って来ようとした息子が美女木の辺でスリップして中央分離帯にぶつかる事故。結局帰ってきたのが月曜の午後4時。太ももに怪我をしてる。今朝は凍結した道路。仕事に向かう途中、50m位の間に自転車が4台こけた。交差点では軽自動車が路肩に突っ込んで [続きを読む]
  • 年末ジャンボ宝くじ
  • 「年末ジャンボ宝くじ」を最終日に駆け込みで買った。当然当らないだろうとは思っていても、一瞬「10億円当たったら何に使おうか」などと夢を見る事だけは出来た。昨日早めに取り替えようと、末等の当たり300円の券2枚だけを持って出掛けようとしたが、何か急に閃いて、外れ券も持って出る事にした。ジャンボ10枚ミニジャンボ10枚どちらも当選結果はネットで調べていたから、6000円の投資で1割の600円が戻ってくるとだけ思っていた [続きを読む]
  • 働かざる者飲むべからず
  • 派遣法が変わって、同じ仕事場に3年しかいられない。折角条件の良い仕事に着いたのに、残すところ1年半ぐらいと思っていた。今の職場以上に条件の良い仕事場は絶対にない。何と言っても自転車で5分の距離。歩いても15分とかからない。仕事もバリバリ出来る環境だし、5時半には飲み屋に行ける。(笑)だから、あと1年半しか働けなくて、職が見つかっても通勤時間はかかるし、今更混んだ電車で通勤などしたくない。と思っていたら、 [続きを読む]
  • 酒は飲むべし(支離滅裂編)
  • 数年前までは焼酎ブームと言われ、やれ『森伊蔵』やれ『佐藤』だと、高級焼酎がもてはやされた。『いいちこ』が席巻していた時代から、あっと言う間に『黒霧島』が牙城を崩した。そんな中、日本酒に惚れ込んで一年半、すっかり日本酒党になってしまった。勿論昔から日本酒は飲んではいたが、今の自分の飲み方に比べれば、たいした事はない。5,6年前に誘われるまま日本酒のイベント「日本酒天国」に行くようになり、日本酒を好むよ [続きを読む]
  • 初詣は深大寺へ
  • 今年の正月休みは例年より短い。いつも行く初詣も、3日のカミサンの仕事が終了してからで、いつも行く大国魂神社ではなく、深大寺へ。流石に3日に夜8時頃ともなると、人の数はほとんどなく、社務所近くのお守りや破魔矢を売っている場所しか明るくない。深大寺は、武蔵野生まれの私には身近な所で、年に何度も訪れるが、ビックリしたのは息子が初めてだという事。昨年は深大寺そばだけ食べに来たが、境内には入らなかった。鬼太郎 [続きを読む]
  • ラグビー好きになりました
  • ラグビーワールドカップを見てから、ご多分に漏れずミーハーな私はラグビーファンになりました。(笑)この歳になるまで、まったく興味のなかったラグビーですが、ワールドカップの感動から、ラグビーの面白さを知り、にわかラグビーファンになった訳です。五郎丸選手の人気も凄いのですが、私が好きなのはキャプテンを務めたリーチ・マイケル選手です。リーチ・マイケル選手は地元に近い東芝府中の選手で、昔からのラグビーファン [続きを読む]