新うるさん さん プロフィール

  •  
新うるさんさん: ちょっと知的にサラリーマン
ハンドル名新うるさん さん
ブログタイトルちょっと知的にサラリーマン
ブログURLhttp://chiteki100.blog92.fc2.com/
サイト紹介文ビジネスマンとしてのスキル向上を目的に、読書から学んだことを日常と照らし合わせながら書いてみました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/04/11 08:57

新うるさん さんのブログ記事

  • もっと簡単に人に好かれる法則
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">「いい質問」が人を動かす前回は「人に好かれるための6つの法則」について紹介させていただきました。本書ではもっと簡単に人に好意を持ってもらう方法が書いてあります。それは?相手に好意を持つ?という方法だそうです。心理学でこれを「好意の返報性」「返報性の法則」などといいます。相手から好意を持たれるとこちらも好意を持ってしまうということ。     『相手 [続きを読む]
  • 相手をその気にさせるための質問
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">「いい質問」が人を動かす人から言われて自分が行動する時には2つのパターンがあるというお話が紹介されていました。『人を動かすときは、相手の自尊心を満足させるような質問をするか、あるいは自尊心が傷つくのを避けたくなるような質問をするのです[p.98]。』     本書には家電量販店でテレビを買いにきたお客さんに対して店員側の事例が紹介されていました。◆相 [続きを読む]
  • 人に好かれるための6つの法則
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">「いい質問」が人を動かすウマイ質問の仕方で相手を動かす、まさにタイトル通りの内容で冒頭にも次のように書いてありました。『人を動かすには、命令してはいけません。質問をすることです。人をその気にさせるには質問をすることです。また、人を育てるには質問をすることです。そして、人生で勝利するには、やはり質問をすることなのです[p.10]。』著者は弁護士、こんな [続きを読む]
  • 目標を読み返す
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">ハードワーク 勝つためのマインド・セッティングエディー氏は自分が設定した目標を何度も読みかえし、それを強く認識することで、今何をすべきかがより的確に思い付くようになると述べています。『人間は忘れっぽい生き物です。日々の雑事にまぎれたり、直面している問題に気を取られてたりするうち、当初の目標をつい見失うこともあるのではないでしょうか。それを避けるた [続きを読む]
  • まずはマインドセットから
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング?ジャパン・ウェイ?を貫いて、日本代表は見事世界のトップ10入りを果たしました(当時)。さらに、まだまだ記憶に残る2015年のW杯では3勝をあげ、そのうちの1勝は世界トップクラスの南アフリカからの勝利。深夜に歴史的瞬間をLiveで観ることができて良かった〜。ネットやニュース番組で先に結果を知っては感動も半減してしま [続きを読む]
  • シュールなストーリーが面白い
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">床下仙人年末、友人との忘年会で東京駅へ向かい、少し時間がありましたので駅の書店へ寄りました。日頃より、飛行機、鉄道、バスに乗る際は必ず本を持参することにしておりますが、今回は持ってきておりませんでしたので、何か買うこととしました。ハードカバーの書籍は思いので文庫本が新書にしようと思います。店内で売れている本をチェックし、本書を購入。以前、紹介させ [続きを読む]
  • 幸村最後の突撃
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">城塞(下巻)改版城塞 (下巻) (新潮文庫)(2002/04)司馬 遼太郎商品詳細を見る大坂城の南側、四天王寺辺りで奮戦していた真田幸村は、和議がウソであることを当然わかっていました。自分の命もあとわずか、この期に及んでは秀頼の出馬しかないとの思いで一緒に戦っていた息子の大助に秀頼をお呼びするよう命じます。(幸村は秀頼が捕えられて処刑されたり、自害したりするより [続きを読む]
  • 大坂夏の陣、最後の戦い
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">城塞(下巻)改版城塞 (下巻) (新潮文庫)(2002/04)司馬 遼太郎商品詳細を見るNHKの「真田丸」皆さんはご覧になっていますでしょうか。私は毎週日曜日が楽しみです。ドラマもいよいよ最終章をむかえ、ちょうど大坂の陣の真っ最中です。そこで、司馬遼太郎の名作を再度読んでみました。いよいよ豊臣方と徳川方の最後の決戦大坂夏の陣の火蓋が落とされます。冬の陣では城内の [続きを読む]
  • 時代小説もおもしろい
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">影法師影法師 (講談社文庫)(2012/06/15)百田 尚樹商品詳細を見る著者の代表作『永遠の0』『海賊とよばれた男』がたいへんおもしろいストーリーであったため、次に読もうと選んだのが本書です。今回は江戸時代のある藩の藩士が主人公です。幼少の頃から剣術道場や藩校で共に鍛え、学んだ主人公勘一と、親友の彦四郎。剣術にも学問に秀でて、将来を嘱望された二人でしたが、あ [続きを読む]
  • 幸せなライフスタイルの提案
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">LESS IS MORE(前回からのつづき)以下、幸せなライフスタイルについて本書の提案です。(主なもの)●大切なのは、お金だけではなく時間(「欲しい欲しい」とモノを集め続けるのは不幸、目的の方が大切)。●目の前の昇給より個人ブランドのアップ(数年後はどうなっているかわからない時代に、唯一継続を保証してくれるのは個人のスキルやブランド)。●自分にとって大事な [続きを読む]
  • 幸せなライフスタイルとは
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">LESS IS MOREタイトルの「LESS IS MORE」はドイツの建築家。ミース・ファン・デル・ローエの言葉だそうで、「より少ないことは、より豊かなことだ」という意味です。今の現代人、特に日本人の生活スタイルに疑問を投げかけています。朝から晩まで働き出世を目指して競争する。そして収入が増えれば増えるだけ、いい車を買い、大きな家具を買い、そして大きな家に住む、しか [続きを読む]
  • 遊んでますか
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">大人はもっと遊びなさい著者は元マイクロソフト日本法人の社長。これまで面白い本を書いておられ、何冊か紹介してまいりました。特に面白かったのは、というより勇気づけられたのは、「日本人の9割に英語はいらない 英語業界のカモになるな!」です。本当に英語を勉強する必要がある人は、国際畑の商社マン、最先端の医療技術を用いてオペをする医師、外国人が多数訪れる旅館 [続きを読む]
  • アメフト雑誌タッチダウン休刊
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">TOUCHDOWN (タッチダウン) 568号アメフト雑誌「タッチダウン」が本号を最後に休刊することとなりました。アメフト経験者、アメフトファンからすると残念なことです。私は社会人となった今もここ数年は毎月購入しておりました。大学、社会人、NFLなどのシーズン展望、選手名鑑、試合結果、アメフトの戦術、試合日程等々たくさんの情報がありました。アメフト雑誌としてのタッ [続きを読む]
  • 家飲みを極めよう
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">家飲みを極める著者独自の理論で家飲みをおいしくしようという内容です。●枝豆にビール、ではなく日本酒『そこで日本酒と合わせてみたところ、驚いた。枝豆が持つエグみがスッと消え、ベタつき感もなくなり、とはいえ、枝豆の存在感しっかり引き立つ。そこそこ甘みのある純米酒を合わせたにもかかわらず、クラフトビールのときとは違って、枝豆の味がしっかり感じられた。じ [続きを読む]
  • キリンの現場主義
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">キリンビール高知支店の奇跡以下、著者と社員がV字回復させた高知支店での事例です。毎月下がり続けるシェア、支店内の雰囲気も暗く、営業マンも負けグセがつき、とりあえず上から言われたことをこなす・・・という毎日。支店長として赴任したものの何からやればいいかわからず、できることは何でもチャレンジしようということで、日々聞き回ることからスタートしました。社 [続きを読む]
  • アサヒビールのV字回復
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">キリンビール高知支店の奇跡著者はキリンビールの元副社長。1995年に支店長として高知へ赴任し、そこでの苦悩と、その後のV字回復について書いた熱いサラリーマン物語。かなり売れているようで多くの書店で売れ筋ベスト10とかで紹介されている本です。        当時のキリンビールの柱は、もちろん「ラガー」「一番搾り」、そしてアサヒビールは「スーパードライ」。 [続きを読む]
  • ユーラシアを鉄道で縦断する
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">ディープすぎるユーラシア縦断鉄道旅行シンガポールのウッドランド駅からロシアのユーラシア大陸最北端のムルマンスク駅まで、62歳のバックパッカーが鉄道を乗り継いでいく旅行記。列車に乗った距離17,745?、乗車していた時間308時間21分。時間通りに来ないのはフツーのこと。汚く、そしてボロい車輌、ダニがいるシート、キレイなニッポンのな新幹線に慣れている私にはちょ [続きを読む]
  • 安くなった日本を逆手にとればチャンスになる
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">君はどこにでも行ける堀江氏の考え方は合理的で、興味深い考え方を示してもらえることが多々あります。そして、年間何十回と海外へ行かれるそうで、その経験をもとに本書を書いています。内容は、世界は急速に、そしてあらゆることがグローバル化してきています。昔は発展途上国であった東南アジア諸国も製造業、金融業などで大きく成長しました。残念ながら?強いNIPPON?と [続きを読む]
  • ガンバレ東大野球部
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">東大と野球部と私東大野球部は東京六大学リーグに所属し、2010年10月に勝利を挙げて以来、長い間連敗が続いていました。ちなみに、この勝利は早大戦、ピッチャーは現日本ハムの斎藤佑樹投手でした。その後、46連敗したあと2012年春に桑田氏に特別コーチ就任の要請が届き、2年間という期間限定で引き受けます。残念ながらこの2年間ではリーグ戦で勝利することはできませんでし [続きを読む]
  • 無駄なものは持たない
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">必要十分生活著者の肩書はリサーチャー、何をしている人なのかよくわかりませんが、本の内容は面白く一気に読めました。最低限必要なモノだけで、快適に生活するコツが書かれていまして、興味深いポイントをいくつかご紹介してみたいと思います。●机の上を運ぶ 仕事の机の上にあるものをすべてリュックにつめて移動。ケータイ、充電ケーブル、筆記具、メガネ、名刺入れなど [続きを読む]
  • 伝える技術?選択の自由?編
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">伝え方が9割同じく昨日からの続きで、相手の反応を「イエス」に変える7つの切り口として?相手の好きなこと??嫌いなこと回避?という2つの技術について紹介してまいりました。本日は3つ目の?選択の自由?という切り口から紹介します。「デートしてください」これはであなたのメリットでしかなく、断られる可能性が高い、というのは前回のお話。そこで、コトバを変えて「驚 [続きを読む]
  • 伝える技術?嫌いなこと回避?編
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">伝え方が9割昨日からの続きです。前回は相手の反応を「イエス」に変える7つの切り口として?相手の好きなこと?という点から紹介させていただきました。 ◆ステップ1 自分の頭の中をそのままコトバにしない ◆ステップ2 相手の頭の中を想像する ◆ステップ3 相手のメリットと一致するお願いをつくるこれがポイントでした。本日は?嫌いなこと回避?という切り口から紹 [続きを読む]
  • 伝える技術?相手の好きなこと?編
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">伝え方が9割少し前のベストセラーですが、現在も売れ続けているので(本書の帯に85万部突破とあります)買ってみました。著者は一流広告代理店、博報堂の元コピーライター。本書は正しい日本語を学ぶための本ではなく、心に届く文章の作り方について?公式(法則)?を示した内容となっています。多くの人が知りたかった伝え方の暗黙知を、形式知である?公式?として示した [続きを読む]
  • 「仮面病棟」読みました
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">5階建てのそれほど大きくない病院に、怪我をした女を連れた突然強盗犯が押し入り籠城します。要求は自分が拳銃で撃ったとする女の治療。たまたま、その日の当直医として勤務していた外科医の速水先生が本書の主人公となります。急いで傷を処置し、警察に連絡しようとするも携帯は取り上げられ、病院内の電話回線も元から切られています。何とかして女性と共に脱出を試みるも [続きを読む]
  • 少年野球のあるべき指導方法
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">本書は桑田氏の野球理論、特に教える側としての理論を紹介した本です。対象は少年野球で、指導方法を写真入りで紹介されています。「誤解された野球道」として以下のように述べています。【誤解】■精神の鍛錬→武士道精神→絶対服従・練習量重視一方で桑田氏の野球道の再定義として、心の調和をあげています。【桑田氏の考え】■心の調和→スポーツマンシップ→練習の質の重 [続きを読む]