akdeniz さん プロフィール

  •  
akdenizさん: アクデニズ。
ハンドル名akdeniz さん
ブログタイトルアクデニズ。
ブログURLhttp://akdeniz.exblog.jp/
サイト紹介文地中海の家庭料理。そして、時々トルコの話題。
自由文トルコのアンタルヤに住んでいます。
アンタルヤは、地中海北東の都市。
地中海といえば、イタリア、スペイン、南フランス。
なんだか、とってもおしゃれで、恰好よいヨーロッパのイメージが強くって、
モロッコ、エジプトなどの北アフリカや、
イスラエル、トルコなどのアジアの国は忘れがちです。

トルコの食文化を中心に、生活情報などを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供201回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2010/04/12 23:17

akdeniz さんのブログ記事

  • ホタルイカと『ha leyli』。
  • 今年は、ホタルイカをかなり食べました。ホタルイカは、下処理が面倒だけど、おいしいですよねぇ〜。菜の花と合わせて和風にしたり、アフィージョっぽくたっぷりのにんにくと一緒にオイルで煮込んでみたり。。。ホタルイカが終わりに近づいたら、今度は、カタクチイワシ。・・・これまた、下処理が面倒だよね。トルコじゃ、ハムシ(イワシ)は、冬がシーズンなのに、日本だと、春なんで... [続きを読む]
  • Höşmerim
  • せっかく日本に居るのだから、桜を見に行きたいなぁ〜って思っているうちに、気が付けば、4月。桜も終わりかけ。。。って感じです。トルコ人のお友達から、『桜フェスティバルの写真を送ってくれ〜』って言われていたのにね。・・・葉桜でも良いかなぁ〜??Höşmerim(ホシュメリム)。見た目がちっとも魅力的じゃなくて、今まで、食べる気にならなかったけ... [続きを読む]
  • ほうれん草とチーズのボシュナック・ボレイ。
  • ボシュナック・ボレイ(Boşnak Böreği)は、別名ボシュナック・ピタス(Boşnak Pitası)。以前、ひき肉とたまねぎで作ったときに、書いたので、省きますが・・・薄い生地で作るパイのようなものです。トルコに住んでいるボシュナック人は、木曜日の夜にボシュナック・ボレイを食べる習慣があるそうです。というのも、木曜日は、金曜日の前夜(ムスリムでは、... [続きを読む]
  • イスケンデル・ケバブ。
  • ご無沙汰しております。ケバプといえば、あぶり焼きお料理の総称で、シシ(串)・ケバブ、ドネル・ケバブ(回転しながらローストして薄く削ぎ切りにしたもの)、アダナ・ケバブ、ウルファ・ケバブ、パトルジャン・ケバブ(茄子のケバブ)・・・。トルコ語のwikipediaで『トルコのケバブの種類』として挙げてあるだけでも、なんと、106種類!!・・・たぶん、それ以上にありそうですよね。... [続きを読む]
  • アンテップの名物といえば・・・(続きです)。
  • 前回の続き、全国物産展についてです。アンテップについての前置きが長すぎて、全く本題に入れませんでしたので、今回は、導入部分なしの本題のみ。物産展で扱っているのは、ほとんど食材。ご当地料理があれば、嬉しいのだけど・・・。まず、外せないのが唐辛子。トルコの東の方って、スパイシーな(唐辛子辛い)お料理が多いです。なので、唐辛子と一言で言っても、いろん... [続きを読む]
  • アンテップの名物といえば・・・。
  • 年末に行った全国物産展の続きです。今見たら、最後に書いたのが1月の終わりのハタイ。・・・ほんと、久しぶりですね。ハタイも今じゃ気軽に行けないトコですが、今回のアンテップもそんな感じ。アンカラ商工会議所(Ankara Ticaret Odası (ATO))が公開したトルコのおいしいもの地図の中で、いちばんご当地グルメの多い県といえば、アンテップ... [続きを読む]
  • 松江の花もちと練りきり。
  • もうすぐ、ひな祭り。松江の伝統的な、ひな菓子に「花もち」があります。・・・あります。って言いつつも、知ったのは数年前、NHKのテレビ番組でですけどね。先週の日曜日に開催された、「花もち作り」のワークショップにお友達と一緒に参加しました。ワークショップって、多くても20〜30人ぐらいかな?って思っていたけれど、参加者50人以上!!かなり... [続きを読む]
  • ひき肉とたまねぎのBoşnak Böreği。
  • ボシュナック・ボレイ=ボシュニャック人のボレキ。Bosnaklar(ボシュニャック人)とは、15世紀から19世紀にかけて、オスマン帝国支配下で、イスラム教徒に改宗した南スラブ人の末裔のコト。トルコ語wikipediaでは、さらに詳しく書いてあるけど、推定4,800,000(4.8ミリオン=ゼロあっていますよね?)のボシュニャック人の、2,150,000人ぐらいがボス... [続きを読む]
  • ハマったトルコドラマとランチのメモ。
  • お久しぶりです。更新を休んでいたこの間、ドラマにどっぷりとハマっておりました。黒海地方で泊めてもらったご家庭では、その日の夜、母娘で『Hayat Şarkısı』っていうドラマを見ていましたのですが・・・。随分と話が進んでいたから、ちょっと解説してもらっても、何が何だかさっぱり分からず。ずっと気になったから、気軽な気持ちでネットで1話から見始めたら、かな... [続きを読む]
  • オルドーのトースト・エキメッキ。
  • たぶん、黒海の旅の記録はこれが最後。トラブゾンのご当地グルメ三昧、スルメネとブランジャックのパザル(市場)、ホームステイをして、お母さんたちから習った黒海の家庭料理の数々、とにかく、ギュッと詰め込んだ3泊4日の旅でした。で。ギレスンのお友達の実家に泊まった後、そのままギレスンの空港から、アンタルヤまでのフライトを予約した気になっていたのですが、旅に出る前にお... [続きを読む]
  • お鍋で作るイワシのピラフ(料理・お弁当部門)。
  • ギレスンのお母さん達に教えてもらった、ハムスィ・ボレイ(イワシのピラフ)。お母さんたちの会話の中で、『わたしはオーブンで作るよりも、コンロで作る方が、 早くできるし好きよ』とか、『わたしは、オーブンが良いわ〜。イワシの焼き上がり方も絶対オーブンよ』とか、レシピ談義も弾んでいました。・・・結局、人それぞれ。好みによるんだなぁ〜って思いつつ聞いていましたけど。... [続きを読む]
  • コル・ボレイとポットラック(旅行・お出かけ部門)。
  • 今まで何度も登場していますが、コル・ボレイ。バーラマのレッスンの場所が変わってから、なかなか行く機会がなかったけれど・・・トルコを離れる前にもう1度。『数あるボレキの中から、わたしの好きなモノを3つ選べ!!』と言われたら、かなり悩んでしまうけれど、それでも、ひき肉入りのコル・ボレイは、外せません。話は変わって・・・。受講していた... [続きを読む]
  • ギレスンのシミット(旅行・お出かけ部門)。
  • シミットといえば、浮き輪状(ドーナツ型)のゴマ付きパンですが、地方が違うと、シミットも違ってきます。ゴマのついていないシミットは、サーデ・シミット(素のシミット)とかチュプラック・シミット(裸のシミット)とか言われて、カスタモヌの名物シミットだと思っていましたが・・・。ギレスンでも、ゴマ付きとゴマなしのシミットが売って... [続きを読む]
  • ケールの葉っぱロール(料理・お弁当部門)。
  • 黒海地方の家庭料理から。ケールの葉っぱを使った、ヤプラック・サルマス(yaprak sarması)。ただ『ヤプラック・サルマス』っていうと、ブドウの葉っぱをイメージしてしまうから、正しくは、Pancar Yaprağı Sarması(パンジャール・ヤプラア・サルマス)もしくは、今回のように、中に牛のひき肉を入れているのなら、Etli Pancar... [続きを読む]
  • 骨董オークション(旅行・お出かけ部門)。
  • お友達に、前から気になっていたけど、行く機会がなかった、骨董オークションに連れて行ってもらいました。骨董というよりも、ガラクタ・オークションっていう方が正しいかな?古くて価値がありそうなモノもあれば、なにこれ?っていうようなモノもあったから・・・。くじで決められた順番に売るヒトが、商品をどんどんとオークションにかけていきます。安いモノでは... [続きを読む]
  • 黒海地方で家庭料理を学ぶ②(旅行・お出かけ部門)。
  • 黒海地方の旅の続きです。お友達の実家で泊めてもらった翌日。朝から出発の時間まで、お友達のお母さんと2人で、黒海地方のお料理を作りました。まずは、モロッコいんげんの塩漬けを使ったお料理、ファスリエ・トゥルシュス・ディブレスィ。ディブレは、お米(ブルグルの場合も)と野菜を炊き込んだもの。お水を使わずに米を炊くっていうのが、びっ... [続きを読む]
  • サカルジャの卵とじ(料理・お弁当部門)。
  • 黒海地方のパザルで買ってきたサカルジャを、アンタルヤの自宅で調理しました。サカルジャ?なに、それ??って感じですよね。パザルで売っているのを見たときには、てっきり、茎がついたにんにくだと思ったし・・・。トルコの地方によっては、sakarucaと言ったり、Çökülceと言ったりするみたいですね。リンク先には、 『Ornithogalum umb... [続きを読む]
  • ギレスンのパザル(旅行・お出かけ部門)。
  • 黒海地方の旅の記録の続きです。ハムシ・ボレイ(イワシのピラフ)を作った後に、お友達のお母さんと一緒に、ギレスンのパザルに行きました。この日は、パザル三昧。午前中には、スルメネのパザルに行ったしね。ギレスンのブランジャック(町の名前)のパザルも、スルメネと同じで海岸道路沿いに開かれていました。アンタルヤのパザルではあまり... [続きを読む]
  • エビのTEMPURAフリッター(料理・お弁当部門)。
  • 『ハギスはお好き?』のmelocotonさんの、シチリア旅行記で拝見した、”Tempura”エビという、天ぷらではないけれど、さくさく衣、ぷりぷりエビ、そして、バルサミコをかけたお料理。グラムフラワーで作るパネッレにもかなり惹かれたけれど、(・・・そのうち、絶対に作るんだ!)ちょうど大きめの海老もあったので、まずは、Tempuraエビのアレンジを作ってみ... [続きを読む]