ロートレー さん プロフィール

  •  
ロートレーさん: 毎日が日曜大工ステージ2
ハンドル名ロートレー さん
ブログタイトル毎日が日曜大工ステージ2
ブログURLhttp://lawtray4.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文有勾配無落雪屋根を独力で作る
自由文定年退職後のライフワーク
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 116日(平均1.3回/週) - 参加 2010/04/21 18:17

ロートレー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 隣家の電話線対策
  • 我が家の屋根改修工事を検討し始めてから気になったのが、隣のお宅の電話線が我が家の敷地内を横切っていて、しかも我が家の軒先の近くを掠めているこのままではクレーンを使って資材を屋根上に吊り上げる際の支障になりそうです。電話の引込み線(取り付け線)は、NTTの所有物なので、お隣に交渉するよりNTTに直接交渉する方が話が早いはずなのでとりあえずNTTの相談窓口に電話を架けてみた。(以前見たブログ記事で、何 [続きを読む]
  • 資材買出し
  • 朝一番で通気屋根に必要な資材を買出しに出かけた。かねて下見して、木材関係が一番安くて、2万円以上配達無料のビバホーム手稲店で纏め買いすることにしたのです。手押し運搬車に3台分も資材を積み込んでレジで支払いの段階になって「配達希望!」と伝えると配達量は9,000円ですと言われて仰天!配達無料は3mまでの資材で6mと4m以上の単管パイプは、それぞれ別料金という。しかし、自分で、運転するなら、トラックを無料貸し [続きを読む]
  • セーフティーロープのフック取り付け
  • 連日の好天で、北側屋根の残雪もようやく消え今日は、南面天窓のカバーを取り除き、3F屋根裏部屋から資材の出し入れを可能にします。作業の前に、セーフティーロープを張ります。ハーネスに取り付けたシンプルアセンダーでザイルの長さを自在に調節できます。説明不要の扱いやすさで満足です。積雪から天窓を守ってきたカバーを外す。だいぶ痛んできたのでこれは、廃棄処分です。計画では越冬カバーが必要な天窓を塞いでしまうつも [続きを読む]
  • 屋根材を運び上げる
  • 昨年暮れに40ケース購入したオークリッジ・スーパー屋根材。(1ケース27kg)加工分の10ケースを下に残して、3F屋根裏まで人力で運び上げることにした。計画では、ウインチタワーを使って吊り上げる予定でいましたが、中庭の残雪が大量で、タワーの組み立てが遅れそうなので焦ったのです。3F屋根裏に上がるのは、梯子しか無いので、ここが最大の難所になりました。働きアリのように,せっせと運び上げる。何でこんなことをと [続きを読む]
  • 活動開始
  • ここ数日の好天で、屋根の南面の雪はすっかり消えて、日当たりの悪い北面に残るだけになりました。屋根の葺き替えに伴うトップライトの改修工事は手間と時間がかかりそうなので、工事は先でも今の内に屋内から取り外しの準備をしておくことにします。内部からの固定釘は小さな釘ですがこれを抜いておかないことには、アクリドームを取り外せません。階段室の高い天井にトップライトがあるので、梯子でこわごわ登り結露対策に貼り付 [続きを読む]
  • 活動開始
  • ここ数日の好天で、屋根の南面の雪はすっかり消えて、日当たりの悪い北面に残るだけになりました。屋根の葺き替えに伴うトップライトの改修工事は手間と時間がかかりそうなので、工事は先でも今の内に屋内から取り外しの準備をしておくことにします。内部からの固定釘は小さな釘ですがこれを抜いておかないことには、アクリドームを取り外せません。階段室の高い天井にトップライトがあるので、梯子でこわごわ登りダンプラの桟を外 [続きを読む]
  • セルフビルド支援ツール(2)作業の安全対策
  • 屋根の改修工事は、足場の設置費用を節約したいので、足場を必要とする破風,ケラバの改修は行わず、既存屋根(アルミ製)の破風,ケラバをそのまま流用する方針です。(当時がんばって屋根をアルミ葺にしたおかげで、屋根全体が全然錆ていないのです。)そのためには、金属屋根を切断して、既存屋根(アルミ製)の破風,ケラバを残す必要がある。アルミ屋根の切断作業中には、金属の切子を大量に浴びることになりそうなので、必要に [続きを読む]
  • 雪割り
  • 日ごとに日差しが強くなり、今日は抜けるような青空に雪解けを待ちわびて屋根の雪割をする。融雪を進めるため、まだ硬い積雪を突き崩したり、溝を掘ることを雪割というのですが、我が家の場合、今一番日当たりが良い場所が屋根の上なので、雪降ろしせずに雪割と言うわけです。春の日差しと温もりを身体いっぱいに受け止めて、汗ばみながら、作業する。春霞で今日はよく見えませんが、街の彼方は石狩湾です。もうすぐイベントの春が [続きを読む]
  • 春を待ちわび雪割り
  • 日ごとに日差しが強くなり、今日は抜けるような青空に雪解けを待ちわびて屋根の雪割をする。融雪を進めるため、まだ硬い積雪を突き崩したり、溝を掘ることを雪割というのですが、我が家の場合、今一番日当たりが良い場所が屋根の上なので、雪下ろせずに雪割と言うわけです。春の日差しと温もりを身体いっぱいに受け止めて、汗ばみながら、作業する。春霞で今日はよく見えませんが、町の彼方は石狩湾です。もうすぐイベントの春がそ [続きを読む]
  • セルフビルド支援ツール(1)金属屋根電動カッター
  • 屋根の改修工事は、足場の設置費用を節約したいので、足場を必要とする破風,ケラバの改修は行わず、既存屋根(アルミ製)の破風,ケラバをそのまま流用する方針です。(当時がんばって屋根をアルミ葺にしたおかげで、屋根全体が全然錆ていないのです。)そのためには、金属屋根を正確で綺麗に切断して、既存屋根(アルミ製)の破風,ケラバだけを残す必要があります。金属屋根面の切断工事のためのカッターとして、真っ先に脳裏に浮 [続きを読む]
  • AC100Vウインチを無線化する(3)配線、組み立て、駆動テスト
  •   12V 4CH ch 315Mhz ワイヤレス リモートコントロール スイッチ トランシーバー レシーバー   ¥ 2,081 中華製 amazon格安の中華製無線スイッチモジュールを使用してAC100V 980W電動ホイスト(ウインチ)をワイヤレス化します。前前回、無線リレースイッチモジュールの作動テスト、と後付20Aリレーの接続テストを終了そして前回、リレーの割り込み先を詳細に調査して「割り込み配線図」を下記のとおり作製しました。 [続きを読む]
  • AC100Vウインチを無線化する(2)割り込み配線図作成
  • < 割り込み回路の探索 >無線モジュールと外付けリレーの通電テストを終えたので、次は、リレーの割り込み先を確かめるため、ウインチのスイッチの動作と接続回線を調べることにします。ウインチには中華製の超安価な電動ホイスト(HGS-B400、AC100V)を使用します。(1)有線操作スイッチウインチ操作ボタンを確認すると、UP,DOWNは四角のシーソースイッチを使う。シーソースイッチの上端を押しているときUP,下端を押している [続きを読む]
  • ウインチをワイヤレス化する(1)情報収集・モジュールのテスト
  • 独力で屋根の張替え工事をするのに当たって一番困ったことは、屋根材(オークリッジ・シングル材、4’×8’合板)が非常に重いことです。1箱28Kgの屋根材が39箱で1トン以上、4’×8’合板(1枚26Kg)が31枚で800Kgもあり合計で1.8トンを屋根まで荷揚げをしなければなりません。それを解決するため保有の100V電動ウインチ(ホイスト)を使用することにしますが、それでも一人で作業するのは大変です。HGS-B400 [続きを読む]
  • 資材搬入作業
  • 札幌は50年ぶりの大雪で、我が家のパラボラアンテも埋もれる寸前です。作業場の出入り口も完全に埋没してしまいました。そんな中、構造用実付き合板31枚が到着。早速荷役作業開始!外階段を担ぎ上げて、中庭の雪山に運び上げる。雪山上の合板を引き上げてアーバー内に滑り下ろす。4’×8’合板はとにかく、でかくて重い! 一枚26kgもあります。デッキの上に積み上げていく。二日がかりで搬入完了!直後、離れの屋根からの落 [続きを読む]
  • 水切り金物
  • 屋根改修工事で、通気屋根にする関係で、屋根下地は現在より 45mm 嵩上げされます。そのギャップを、取り繕うための板金金具を考えることにした。屋根の板金金物の呼び名は素人には分かりづらく、希望の商品を検索するのが大変!家の妻側に巡らす板材を破風と呼び、その部分の水切り板金をケラバというらしい。また、軒先に巡らせた板材を鼻隠しと呼び、その部分の水切り板金を唐草と言うことがようやく分かった。我が家の屋根 [続きを読む]
  • 通気屋根・排気塔のデザイン
  • 有勾配無落雪屋根は通気屋根にする予定ですが、我が家の屋根は、変形寄棟なので、排気塔の設計が難しい。(屋根に雪を載せたままにするので排気塔の設置位置が限られてしまうからです)机上ではイメージが湧かないので、屋根先端部の縮尺模型を作ってみた。最初、角型の排気塔を考えてみたが、積雪量を考えるとかなりの高さが必要になるので没。試行錯誤の末、棟包みをダクトにして、屋根面の通気を棟の最高部まで導いてダクトの先 [続きを読む]
  • シングル屋根材の強風対策
  • オークリッジ屋根材の施工方法を確かめていたら、恐ろしい記事に出くわした。記事の主旨は、シングル屋根材の問題ではなく施工法に問題ありというものです。国内産のアスファルトシングル材の施工方法では、たっぷりとシングルセメントを塗りつけて施工するように指導されているのに、輸入シングル屋根材の施工マニュアルではそこまでのべた塗りは指示していない。転ばぬ先の知恵?、もう一度オークリッジ屋根材の施工マニュアルを [続きを読む]
  • 無落雪工法の考察(2)無落雪屋根材
  • 考察(1)で有勾配無落雪屋根の工法をスノーストッパールーフ工法と定めたので、札幌地区代理店のエスエス販売に見積もりを頼んだ。数日して傘下の認定業者から電話が来たので、当方の希望を伝えたところ思わぬ反応で驚いてしまった。お客様が希望するのであれば、最善を尽くすが、施工者から見てスノーストップ工法は工事業者泣かせの難儀な仕事だという。その話ぶりから、スノーストップ工法を積極的には薦める気にはなれないの [続きを読む]
  • 無落雪工法の考察(1) スノーストッパールーフ
  • 我が家の屋根は当時農材工業が売り出しのオールアルミ屋根の推進キャンペーンに応募したもので、今も錆一つない完璧な形状を保っているのですが、屋根に溜まった落雪が、予想以上に遠くまで飛んで隣地に入るため後から角材の雪止めを載せました。しかし変形寄棟屋根のために、雪止めのアンカーが1方向に捻じ曲げられて屋根のアルミを損傷して雨漏り源となってしまいました。我が家を自作してから37年、最近は雪止めの補修に終われ [続きを読む]
  • 新年のご挨拶
  • 明けましておめでとうございます。札幌は、50年ぶりの大雪で新年を迎えました。気温が上がり、屋根の雪が落ちるとこのとおり!ウッドデッキの日差しを遮るために作ったアーバーもこのとおり企まずとも、まるで雪国の雁木のような生活です。夜にはマキストーブに点火して雪に降り込められた正月はぬくぬくとマキスートーブの温もりを楽しんでおります!本年もどうぞ宜しくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 2017年度のプロジェクト
  • 退職してから、かれこれ10数年、気の向くまま、思いつくまま、、気まぐれにあれこれと好きなことに没頭してきました。そう、いつも忙しそうに花から花を飛び回るミツバチのようにそれで、自分は生まれつき身体頑健で今のような状態がコンスタントに永遠に続くように錯覚していましたが、ここ最近、訳も無くひざが痛くなって一週間近くもまともに歩けなかったり、今まで、無意識に使いこなせていた道具が、急に重く感じ始めたり、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …