まめの木塾 さん プロフィール

  •  
まめの木塾さん: 小学生・中学生の学習塾 まめの木塾
ハンドル名まめの木塾 さん
ブログタイトル小学生・中学生の学習塾 まめの木塾
ブログURLhttp://ameblo.jp/mamenoki-tanasi
サイト紹介文西東京市田無のまめの木塾。わからないことを短時間で解決し楽しみながらすすんで勉強する習慣をつけます。
自由文小学生は読解力向上を意識した国語、理解して解く算数。中学生は英語・数学。そして学習習慣を指導します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 77日(平均0.5回/週) - 参加 2010/04/14 13:54

まめの木塾 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 問題文を読まずに文章題が解ける?!
  • にほんブログ村役に立ったらポチッと 問題文を読まずに解ける?!「うちの子は文章題が苦手です」多くの保護者の方から聞かれる言葉です。学年が低いうちは、文章題が解けなくても、計算問題が解ければテストの点数は80点くらいになります。学校の算数のテストの問題の多くは計算問題だからです。 そういうお子さんの解き方を見ていると、文章題の文章を読んでいなかったりします。あれれ?文章読まなくて解けるの [続きを読む]
  • 文章題を好きになるために
  • にほんブログ村役に立ったらポチッと 「文章題が苦手です」というお子さんが多いこと多いこと。 まめの木塾に通っている子たちは、だんだん文章題が好きになっていきますが、入塾前や入塾したての頃の子どもたちの「文章題が嫌いです」「文書題が苦手です」という話は、もう定番中の定番。 まめの木塾が、国語読解に力を入れているからかもしれませんが、保護者の方からも「文章題がー」という話をよく聞きま [続きを読む]
  • 算数の文章題が苦手な場合は問題文を読み込む練習をします。
  • にほんブログ村役に立ったらポチッと 増えるのか減るのか。文章題が苦手。3年生になってから算数の成績が落ちた。という場合は、問題文が読み込めていないのかもしれません。そういう場合は、まず何と何が出てきたのかまたは誰と誰が出てきたのかを聞いてみます。「わからなーい」という答えが返ってきたらもう一度読んでもらって同じ事を聞いてみます。まずはそこからです。そして、それからたし算なのかひき算なのかかけ [続きを読む]
  • 生活の中であげることのできる国語力のポイン
  • にほんブログ村役に立ったらポチッと 助詞や語尾や接続語を正しく使える子がいます。塾ではわたしにはある程度敬語で話をする子がほとんどですが、低学年だとそうでもないことがあります。中学年高学年になって、敬語は使えても、助詞や語尾がはっきりしていない子もあります。話し言葉は曖昧でも、書くときにはちゃんとできればいいと思っていると、間違った助詞を使ったときに「あれ?それオカシイね」という感覚がつかめ [続きを読む]
  • 素直は財産
  • にほんブログ村役に立ったらポチッと こうやってみようこうしてみようここを変えてみようこうするといいよという声かけに素直に頷いて、実行できる子は早くできるようになる可能性があります。素直は財産です。なぜ?どうして?という疑問を持ってその疑問に向き合うのもよいことです。強く疑問を持つということは、疑問が解決できたら、いい方向にまっすぐ向かえるからです。そういう意味では、なぜ?どうして?という疑問 [続きを読む]
  • 過去の記事 …