マリオ03 さん プロフィール

  •  
マリオ03さん: TRICOLOR STANDARD
ハンドル名マリオ03 さん
ブログタイトルTRICOLOR STANDARD
ブログURLhttp://artdesign007.blog33.fc2.com/
サイト紹介文No Tricolor, No Life.
自由文Jリーグ・横浜Fマリノスを全力で応援するブログ。試合を見た感想などを綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/04/15 22:56

マリオ03 さんのブログ記事

  • 内容を伴わないと、上位は厳しい。
  • アウェイで完敗とでも言いましょうか。圧倒的に崩されて負けたわけでもないんですが、こちらの攻撃が何も出来なかったので、スコア以上に「負けた感」があるような気がしてます。今日の試合も、広島戦の延長を見ているような気分だった。柏の走る攻撃に惑わされて、こちらはとにかくボールを最後尾から掻き出すのがやっと。繋ぎの部分でのミス、ズレから柏にカウンターを食らうばかり。右のマルティノスの不在、学のドリブルも完全 [続きを読む]
  • 虎の子一点を守り切る・・・。
  • 内容としては、正直納得がいきませんでしたが、それでも、虎の子一点を守り切っての勝ち点3奪取。下位に沈むチームとは言え、広島の攻撃の方が、見応えあったかな。マリノスは試合開始早々にボンバーの今季初得点で先制するも、なかなかなかなか追加点が生まれない。せめて、後半にも追加点を奪えていれば楽になっていたかも。昨日も、少々不安だったのが、ウーゴ、バブンスキーのところがあまり目立っていなかったところ。ボラン [続きを読む]
  • 私はジュビロの10番にブーイング出来ない
  • ブーイングには色んな意思、想いがあるだろうしブーイングするもしないもサポーター、ファンの自由だろうけど、私は出来なかった。どういう経緯でトリコロールを脱いで去ったのか、俊輔本人しか知りえない。それまで、横浜Fマリノスを愛してくれていたことは事実。他クラブの好条件に靡かれて、二つ返事で移籍が決まったわけでもない。それはそれは、苦渋の決断があった事も移籍決定時に本人も口にしていた事だし。私は、この後数 [続きを読む]
  • マルティノスのCF起用を。
  • 先発のFW伊藤にボールが収まらない、運動量もケイマンほどでもない、そんな状態で前半45分折り返し。。。去年に戻ったかのような、シュート数も片手で余裕で足りてしまう、物足りない寂しい前半。相手もやっぱり研究してくるのは当然ですよね。左の学、右のマルティノスと徹底的して張り付き、持ち味のドリブルを完全に封じ込める戦略。両ワイドが使えない時に、マリノスはどうするか?真ん中と言いたいところだけど、バブンスキー [続きを読む]
  • 十分に勝ち点3を奪えた試合・・・。
  • マルちゃんの豪快な一発で先制したものの、なかなか早い段階での追加点まで結びつきません。チャンスは学から、マルから、天純からと数多くやってきます。天野が左サイドを抜けからの、ウーゴへのラストパスは素晴らしく、あとはウーゴが合わせるだけという場面でした。たらればになりますが、あの場面も含めて数多く生まれた得点チャンスをモノに出来ていれば、不用意なバックパスを狙われた失点もダメージ少なかったでしょう。そ [続きを読む]
  • 小野裕二!!!!!!
  • 日本に戻ってきて、行きたいクラブ選ぶのは自由、好条件になびくのも自然だと思うけど、やっぱり、ベルギー移籍前の「漢」小野裕二であるならば、まずはマリノスへ戻ってきて欲しい!!やっぱり、オフの一連のゴタゴタはおのゆの耳にも入っていたのだろうか。あの中村俊輔も出て行ったし、不信感も少しはあるのかな。ユニ買うなら、学か小野裕二の二択だったんだけど、これで、学一本になりそう。学頼む、残留しておくれよ。。。戦 [続きを読む]
  • 「懊悩煩悶」がすべて。
  • 「懊悩煩悶の末、マリノスを離れる決断に至りました」この「懊悩煩悶」という言葉に、移籍の苦渋の決断が表れているんだと思います。悶え苦しむぐらいに悩む。それは、俊輔のプロ人生が「マリノス」で始って、「マリノス」に育てられたから。サポーター・ファンの熱い思いも十分承知で、そんなマリノスに背を向けて離れる事は出来ない。でも、現状のままでは素直にサッカーだけに取り組む事が出来ない。それは、環境面もフロントの [続きを読む]
  • 内情が良く分かりませんが。。。
  • やっぱり、俊輔と優勝したいのが一番。もちろん、ボンバーや学も、そして全ての選手たちと。モンバエルツ監督契約終了か続投か?で言えば、自分は新しい監督でも良かったんじゃないかと思います。また一からだよって意見もあるけど、成績で見ると、やっぱりモヤモヤしたものがありました。若手も主力を食うぐらいの勢いあったかというと、そうでもないし、ケガ人や選手層の関係で起用せざるおえなかった印象でしたし。そして、能力 [続きを読む]
  • 何だかな。。。
  • 成績や出場数などで、年俸が増減する事はわかります。それにしても、やりすぎじゃないですかね|ω・`)言っても、ボンバーや俊輔は「クラブの顔」なんですよ?ボンバーに至っては、フル出場で最後尾で守りきってくれた。失点は決して少なくなかったとしても、それはボンバー一人に責任を押し付けるべきなのでしょうか???ボンバーがいなかったら、今の順位で済んでいたのでしょうか???不可解にバッサリいく、クラブのやり方に怒り [続きを読む]
  • レッズ戦と来季へ向けて。
  • リーグ最終戦となったアウェーでのレッズ戦。この試合も、予想通りの前半は完全に押し込まれる展開でした。マリノスは、中盤をほぼ支配されて最後尾で何とかボールを掻き出す様相。そのクリアボールを学、前田、ケイマンへと繋ごうと試みるがレッズの高い守備意識に前半はシュートすら打たせてもらえず。試合は、レッズに先制されるも、交代のマルティノスの欧州で見られるような素晴らしいゴールでドローに追いつきましたが、やっ [続きを読む]
  • リーグも終わりに近づき、移籍の噂もチラホラ。
  • 昨日のホーム最終戦、何としてでも勝利を収めて欲しかった!ケイマンの先制で始まり、学の値千金の勝ち越し点で終わればよかったのに、井手口選手のスーパーな2ゴールにやられちゃいました。2−1で後半終盤、比較的若い選手を前に投入されて動き回られると、マリノスの守備としてはやばい事になりますね。ガンバの2点目も、中へ入ってきたのを振り切られてシュートまで持っていかれた感じだったし。それにしても、井手口は良い選手 [続きを読む]
  • 神様仏様榎本様。。。
  • 前半はどうも見ごたえに欠ける、微妙な試合だったなぁ。学のいないマリノスは、マルティノスの個人突破に重心を置く。片方の翼を欠いたカモメではあったけど、マルティノスのガンバGKまで追いまわしたあの場面が決まっていれば。。。後半20分過ぎからのマリノスの攻撃のターンの時も然り。あの攻勢の時間帯に1点奪えていればなあ。もう少し、効果的なサイドチェンジが見られればなぁ。がら空きのサイドのマルや前田からの攻撃も活 [続きを読む]
  • 学の代表追加招集は実に悩ましい。
  • 我らが齋藤学が代表に追加召集へ。嬉しいことだけど、実に悩ましい。。。マリノスの攻撃の核でもある学を欠いてのルヴァンになるし、その穴は大きな大きな穴になる可能性もある。それでも、昨日の甲府戦のように天野純、前田、ケイマン、和田、遠藤、ジョンス、マル、復帰の喜田らが躍動して勝利をもぎ取れれば何の問題も無いのだが!!彼らの活躍・成長こそが、マリノスの未来でもある。ずっとずっと支えられ続けてきた「中村俊輔 [続きを読む]
  • 上位常連と歴然の差。
  • 後半ATに、2−2に持ち込んだのも奇跡ですが、その後に3−2にやってのけた川崎を褒めるべきですね、昨日の試合は。試合前は勝ち点2差でしたが、正直試合を見ると、勝ち点差以上の力の差があることは、火を見るよりも明らかでした。上位以外では力発揮出来るものの、上位常連の強い相手とやると、力を発揮出来ない選手が何人かいました。マリノスは、中盤の兵藤、中町、パクジョンスがどうも機能していないというか、川崎のパス回し [続きを読む]
  • 天皇杯マリノスVSヴェルディ
  • 明日、ヴェルディと天皇杯で対戦するマリノス。ヴェルディには早くJ1に戻ってきてもらって、J1の舞台で対戦するのが夢でした。それが、天皇杯という舞台で対戦することに。。。J1とJ2と戦いの場は違えども、やっぱり感慨深いものはあります。高知には行けず、テレビ放送もないようですがヴェルディさんには勝たせてもらいます!!!(=゚ω゚)ノ [続きを読む]
  • 無失点での連勝!!!!!!!
  • ルヴァン第2戦、天皇杯、そして昨日の仙台戦と無失点での連勝!!!!これは素直にうれしい!!ファビオ、喜田のケガの離脱も、勇蔵、パクジョンスがしっかりと穴を埋め守備のポジションに安定をもたらし、攻撃では、カイケがブラジル人らしい豪快なゴールを決め(ルヴァン)、兵藤がボランチ、トップ下としっかりと役割を果たしているのも、下降気味な雰囲気を蹴散らした要因なんだろう。昨日の仙台戦は、前田の躍動も良かったよう [続きを読む]
  • はりるじゃぱん
  • ハリルジャパンを見て思った。攻撃を司る選手はほとんど同じようなタイプだという事。海外組を取り揃えれば、W杯出場も近くなるとお思いなんだろうか。昨日の試合を見ても、香川、清武もどちらかというと同タイプ、そして、投入される宇佐美、浅野、原口、武藤も同じようなスペックでプレースタイルも似たような感じ。2-1で、リードしたUAEはセオリー通り、1点を守り抜くべくPAの内外に選手を集結させていた。そんな場面でも、日本 [続きを読む]
  • 何を変えるべきか、浮き出てきた。
  • やっぱり、マリノスは前半から運動量で前から前から圧をかけてくる戦いにはめっぽう弱いようです。前半は、過去に何度も何度も見たことのある一方的な、サンドバック状態。マリノスは、最後尾でかき出すのがやっとで、セカンドボールも拾えず、守備のリスクが増えるのみ。左サイドバックを狙われてえぐられて、ピンチを迎えるもこれといった対策も無かった印象。それでも、マリノスは前半の明白な劣勢を何とか抜け出し、後半の盛り [続きを読む]
  • 学のチーム。
  • この言葉、過去に何度も発しているようだけど、「勝てたなー」。学が絡んだ2得点だけで良かったのに、2失点目が痛かった。。。。マリノスの先制は、学が左から中へ切り込んでのシュートのようなクロスのようなシュートのようなクロスを翔さんが中でドンピシャで合わせる形。2点目は、鹿島の守備をまさに翻弄するような圧巻ドリブルから。俊輔不在の今、マリノスは"齋藤学"のチームになりつつあります。彼が海外に誘われた場合、マ [続きを読む]
  • フロントが動く時では???
  • 結果という結果も、可能性も見えないのにスタメンは相変わらず同じ面々。。。変更は、前節レッド貰った喜田の所にジョンスが入ったのみ。注目の攻撃は、学&マルティノスの個人技にかかってるんです、現状のマリノスでは。カイケもトップ下で覚醒待たれる天野も、ボール受けてはゴールに背を向けて戻すのみ。。。10回のうち、2〜3回ならまだしも、カイケにいたっては前を向く方が、片手でも指が余るぐらい。ブラジル人がそれ程、脅 [続きを読む]
  • 内容が伴った勝ちが無ければ、優勝は無い。
  • 最下位に沈み、1得点10失点の降格圏内の名古屋にホームで無得点引き分け。これは、正直0-3ぐらいでの「負け」にも等しいダメージ。。。前節の延長線かと思うぐらい、とにかく点が入らない。それなりにシュートは打てるし、チャンスも作るが最後の一歩が重い。。。勝ち星見放されて、負けもしないが勝てない現状を打開するような思い切った「手」を持っているとは思えない監督さん。。カイケでもいい、翔さんでも、ケイマンでもいい [続きを読む]
  • 正直、強いという実感が沸かない。
  • 本当に強いチームはミスが少なく、攻撃にかける手数も少なくどこからでもシュートが打っていける。マリノスの前半は、「うーん。」と首をかしげたくなるゲーム内容。今は首位という位置なんだけど、正直、確実に強いなという実感は沸いてこない。もちろん、学やマルティノスの個人技は脅威になり得ているし、チャンスメイクもそれなりにしてくれる。でも、ここぞという時の決定機には圧倒的に繋がっていない。そんな中でも、マリノ [続きを読む]
  • 単独首位。
  • 惜しくも引き分けに終わりましたが、単独首位。2位以下、差という差はありませんが、それでも嬉しいです!昨日の試合も、決定機を確実に決めて、2-0、3-0にしていれば、後半の広島の怒涛の攻勢から追いつかれても、焦る事は無かったでしょう。マルティノス、学などの数えるほどの決定機が決まっていれば。後半の広島に、波状攻撃を受け、わずかながらのカウンターを繰り出す時間帯、あそこは、もっと早く監督動けなかったのかなぁ [続きを読む]
  • 2ndステージ上位をゆくためには。
  • 昨日の試合もモヤモヤモヤモヤ・・・。ゴール前への意識高めても、ネット揺らさなきゃ始まらない。マルティノスがボランチまで下がったりとか、トップ下や逆サイドに顔を出すのは、ある程度自由なのかな??ボール持たせたら、期待は高まるんだけど、いざ、カウンターという時に、いるべき所にいないんだよなぁ。だから、遅攻になり、早々にボールカットされる。兵藤がトップ下なら、遠藤先発のほうが良かったかも。あと、途中出場 [続きを読む]