奥井みさき さん プロフィール

  •  
奥井みさきさん: 奥井みさき、旅の記録と徒然日記
ハンドル名奥井みさき さん
ブログタイトル奥井みさき、旅の記録と徒然日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/okui-m
サイト紹介文仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。 札幌在住のフリーライタ・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供301回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2010/04/17 14:10

奥井みさき さんのブログ記事

  • 『滝上町ハッカをめぐる旅』、催行決定!
  • いつも書いていますが日本で唯一、産業ベースでハッカを生産している滝上町。1年に2日だけ、ハッカの蒸留を行っています。その蒸留を見学するツアーが行われると、先日書きました。    → http://blog.goo.ne.jp/okui-m/e/83c83de056b5f337f869d87f976737dd正直、無謀なツアーだと思ったよ。催行できるのかいな?主催の道新観光のHPを覗いてみました。そうするとそこには“出発決定”とあるではないか!最低催行人員は20名と [続きを読む]
  • “札幌信用金庫 創業の地 「山鼻」”のモニュメント
  • 札幌信用金庫山鼻中央支店の敷地に、“創業の地”のモニュメントがあります。そこには大正10年12月、中央区南18条西8丁目にて有限責任山鼻信用組合が誕生、昭和11年7月に南11条西8丁目に初の支店として山鼻支店が開設されたとあります。平成10年12月に現在地(南12西10)に移転し山鼻中央支店となっています。概略は以上です。ちなみに信組から信金に改組したのは昭和26年です。さて創業の地はこの支店所在地ではなく、南18条西8丁 [続きを読む]
  • 北海道バスフェスティバル2017
  • 17日は北海道バスフェスティバルが開催されました。私は今回で3年連続の見学となりましたが、会場は今までのアカプラではなく南1条通り。周辺一帯では“だい・どん・でん!”も行われており、いろいろと賑やかでした。会場では例年と同じく各社のバスが展示され、グッズ販売やクイズ大会などが行われました。客が増えた、ような気がする。展示車両やグッズ販売コーナーは今までのようにゆっくり見ることができない。内容はマンネリ [続きを読む]
  • 大谷選手、三角骨骨棘(こつきょく)の手術か
  • ファイターズの大谷選手が三角骨骨棘の手術の手術をすると伝えられました。本人や周囲は何も言っていませんが、そう報道されています。実は私、三角骨ではないのですが骨棘を痛めたことがあります。部位は大谷選手と似たようなところではあるのですが、踵骨棘です。そのときのことはブログに書いています。    → http://blog.goo.ne.jp/okui-m/e/e5a334d26282ef32fc658cfe61c8df95今読み返してみると消炎鎮痛剤でとりあえず痛 [続きを読む]
  • ニセコエクスプレス、ラストランへ
  • JR北海道は「ニセコエクスプレス」が引退すると発表しました。    → http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/170914-1.pdf「ニセコエクスプレス」は新千歳空港からニセコを結ぶスキー列車として1988年に営業運転を開始、以来「ANAビックスニーカー」や「ファイターズ号」などで活躍しました。車種はキハ183系で5000番台、3両固定編成で定員は152名です。私は2回、乗ったことがあります。'07年と'09年にいずれも札幌から [続きを読む]
  • 石狩沼田駅
  • 実は沼田町に立ち寄りあちこち見て回ったのは今回が初めて。そのことを敬意を表し、石狩沼田駅にやって来ました。駅舎はJRによくある地方駅の佇まい、国鉄時代から使われてきたものです。紋別駅も似たような外観だったなと思う。駅舎内は待合室とトイレ、そして出札の窓口があるのみ、その他は何もありません。深川駅の管理駅で窓口は簡易委託となっています。窓口の営業時間は7:20〜8:55、9:50〜11:25、12:35〜13:40で平日のみ [続きを読む]
  • 石狩沼田駅
  • 実は沼田町に立ち寄りあちこち見て回ったのは今回が初めて。そのことを敬意を表し、石狩沼田駅にやって来ました。駅舎はJRによくある地方駅の佇まい、国鉄時代から使われてきたものです。紋別駅も似たような外観だったなと思う。駅舎内は待合室とトイレ、そして出札の窓口があるのみ、その他は何もありません。深川駅の管理駅で窓口は簡易委託となっています。窓口の営業時間は7:20〜8:55、9:50〜11:25、12:35〜13:40で平日のみ [続きを読む]
  • 旧本願寺駅逓(沼田町)
  • 場所は国道275号線沿い、沼田町字北竜第1に建っています。札幌から向かうと道路の右側になります。建てられたのは1894年で、1900年に官設の駅逓となりました。外観は目立った傷みなどは見当たらず、保存状態は良好のようです。町のHPでは5月〜11月に公開となっていますが管理は付近の方が行っているようで、見学する場合にはそこに申し出るとのこと。時間もないことですし、見学は断念。道指定の文化財となっており、道教委の解 [続きを読む]
  • クラウス15号(沼田町)
  • 沼田町のほろしん温泉ほたる館には小型蒸気機関車が保存されています。そのクラウス15号は1889年、ドイツのクラウス社で製造され九州鉄道に投入され、4形4号としてその歩みを始めました。1907年、鉄道国有法により九州鉄道が国有化され10型15号となり、1925年、東京横浜鉄道(現・東急東横線)に譲渡され鉄道建設に従事します。工事完成後の1931年に留萠鉄道(沼田町)に譲渡され石炭輸送などで活躍後、明治鉱業昭和炭鉱(沼田町) [続きを読む]
  • 恵比島駅(明日萌驛)
  • 先日、留萌本線に乗ってきましたがその時の様子はブログに書きました。。沿線にある恵比島駅は朝ドラ『すずらん』の舞台になり『明日萌驛』となり、今でもドラマのセットが残っているという。また線路脇に石炭の貯炭場があったりとなかなか興味深い駅でした。ですが当日は列車に乗ったままでそれを車窓から眺めるだけ。先日、沼田町に行く機会があったのでついでに寄ってきました。駅舎は『明日萌驛』を名乗っており駅舎内もロケの [続きを読む]
  • 上徳富駅跡(新十津川町)
  • 新十津川と雨竜、両市街地の中間あたりにこじんまりと佇む大和地区。信号機のある交差点付近には廃校になった大和小学校跡と石狩大和郵便局があります。国道275号線を新十津川から向い大和の信号を左折、その先を右折してすぐ。とそこに農業倉庫が2棟並んでいます。1棟は近代的な倉庫なのですがもう1棟はレンガ造り、妻側には「上徳富」の文字が見えます。ということで、駅跡はこの辺りに間違いない。駅舎は2008年まで残っていたと [続きを読む]
  • 石狩追分駅跡(雨竜町)
  • 深川から始まり妹背牛を通って雨竜至る道道47号線、国道275号線との交点が終点です。突き当たった275号線を右に行くと沼田方面、左に行くと札幌方面です。が、どちらにも曲がらずにまっすぐ狭い道に入りすぐ左へ曲がると農業倉庫があります。その倉庫には大きく「石狩追分」の文字が見えます。これはここに駅があったという傍証になります。では付近を探索してみましょう。雨竜町は主な駅跡に石碑を建てている場合が多いのでどこか [続きを読む]
  • 旭川市のマンホールカード
  • さて私は、普段ではまず行くことがないであろうバナナ館に行きました。なぜそこに行ったのかというと、旭川市のマンホールカード配布先だったから。その配布条件が“バナナ館の見学をした方”ということなので見学いたしました。その結果めでたくゲットしたのがこのマンホールカードです。デザインは「バーサーロペット・ジャパン」のシンボルマークです。で、「バーサーロペット・ジャパン」とは何ぞや。私はこの大会を知っていま [続きを読む]
  • バナナ館(下水資源多目的活用センター・旭川市)
  • 旭川市の下水処理センターは神居町忠和というかなり“アレ”な場所にあります。大都市・旭川なのでその規模はかなり大きく、その全貌は現地に行ってもよくわからない。下水処理はその過程でかなりのガスを発生させます。そのガスはタンクに貯蔵し、ボイラーの熱源などに利用します。そのガスの一部を利用し、熱帯植物などを育てているのが「バナナ館」です。それは“超小規模な熱帯植物園”ですし“大き目な温室”です。何とも半端 [続きを読む]
  • 小樽散歩
  • 私は小樽が好きで、年に何回かは出かけてきます。仕事ではなく、全くのプライベートでどこかに行くというのは楽しい。そのときはJR北海道バスの“1日乗りほーだいきっぷ”を使います。車内では本を読んだりウトウトしたり、至福の時間ですな。ということで先の土曜日に行って参りました。小樽駅に着いたらまずは手宮線跡地まで、廃線跡を歩きながら鉄路写真展を拝見。タウシュベツ川橋梁の写真もありました。運河に出て手宮まで [続きを読む]
  • アジアンプロレス in 滝上
  • 滝上町でプロレスの試合が行われます。過去にはお祭りのイベントの一つとして北都プロレスの試合を行ったことがあったな。今回はお祭りなどとは関係ないようだ。ということで、告知です。※アジアンプロレス in 滝上日 時:9月9日(土) 開場18:00 試合開始18:30場 所:滝上町スポーツセンター(幸町 スポーツ公園内)入場料:1,000円(小中高生無料)出場選手は畠中浩旭、維新力、将軍KYワカマツなど。私はアジアンプロレス [続きを読む]
  • 『滝上町ハッカをめぐる旅』、実施へ … 下
  • ※日本でここだけの体験「和ハッカ蒸留見学」と香りの里ハーブガーデン 滝上町 ハッカをめぐる旅 2日間◆出 発 日:9月29日(金)◆旅行代金:札幌発着お一人さま 27,800円◆添乗員同行 ◆朝食:1回、昼食:2回、夕食:1回 ◆募集人員31名(最少催行人員20名)◆企画、実施:道新観光1日目は札幌を出発後ハーブガーデンでハーブ体験をしたあと郷土館を見学、2日目にハッカ蒸留を見学後、ネイチャーガイドの案内で錦仙峡を散策な [続きを読む]
  • 『滝上町ハッカをめぐる旅』、実施へ … 上
  • ハッカの蒸留はその昔、滝上町の風物詩でした。秋になれば刈り取られ乾燥されたハッカを蒸留、蒸留釜周辺はハッカの香りに包まれていました。そして蒸留し終わったハッカ稈(ハッカの搾りかす)を運ぶトラックが道を行き交い、まだ暖かいハッカ稈は盛大な湯気を上げハッカの香りを街中に巻き散らかしていたのです。トラックの荷台に満載されたハッカ稈から濛々と湯気を上げ走り去る、あの風情は他のどこにもなかった、滝上町だけの [続きを読む]
  • 『生産者と専門家による和ハッカトーク』
  • 8月21日(月)、道新本社1Fにある道新プラザDo-Boxで、滝上産和ハッカを紹介するイベントがありました。その中で和ハッカ生産者と専門家によるトークイベントがありました。パネラーは兵庫県出身で滝上町でトンタン農園を営む佐々木さん、滝上町出身でハーブ製品を生産・販売する「風工房」の田中さん、コーディネーターはラジオパーソナリティでヨガインストラクターの奥かおるさん。佐々木さんはトンタン農園創立のころからの知 [続きを読む]
  • 伊納駅(函館本線)
  • 函館本線の小樽ー旭川間は普通列車は通勤・通学客を運び特急列車は観光やビジネスに使われ、沿線は札幌と旭川を中心に岩見沢や滝川など道央の都市部を貫く大動脈です。その大動脈の中に、私が以前から気になっていた駅があります。普通列車にに乗ってこの駅に停まると異世界に来たような気がする。ここが函館本線であるのが不思議、それが無人駅の伊納駅。現地を確かめようと先日、旭川に行った折に訪問してみました。旭川と深川、 [続きを読む]
  • 流鉄が気になる
  • 先日、知人と雑談をしている中で流鉄の話になりました。流鉄(りゅうてつ)は常磐線という、幹線ながら地味な路線の、これまた馬橋(松戸市)という各駅停車しか止まらない地味な駅を基点としています。終点は輪をかけて地味だった流山ですが、最近は子育て世代に人気になりました。総延長はわずか5.7?、どこの系列にも属さない独立系の鉄道会社です。私は一度だけ乗ったことがあります。昭和55年1月5日、その時に買った入場券と [続きを読む]
  • 「えきねっとトクだ値」、各方面へ拡大
  • JR北海道はネット限定商品「えきねっとトクだ値」の発売範囲を拡大すると発表しました。それによると割引率は函館方面は最大30%、「ライラック」が45%、「サロベツ」が最大55%となっています。オホーツク方面だと直通の「オホーツク」が最大35%引きとなっています。乗り継ぎが必要な「ライラック」は45%引き、「大雪」は最大55%引きで直通の「オホーツク」より割引率が大きい。稚内方面では乗り継ぎの「サロベツ」が割引に [続きを読む]
  • 北海道新幹線(新函館北斗ー札幌間)建設概要説明会
  • 各報道(道内だけ?)でご承知の通り、北海道新幹線の札幌市内ルートが決まりました。当初は西宮の沢から地上に出て高架のまま札幌まで通る予定でした。この時の説明会は2012年11月に行われました。    → http://blog.goo.ne.jp/okui-m/e/bd278d7b1df154eb46b35e3ec3bcdb4fその後、市街地をトンネルのまま進み石山通辺りで地上に出るルートが検討されました。これは今年2月26日に市主催の説明会がありました。    → http [続きを読む]
  • JR貨物グループ 鉄道貨物フェスティバルIN室蘭 2017、開催
  • 秋が近づいてきました。9月20日は『バスの日』で10月14日は『鉄道の日』、各バス会社や鉄道会社ではこの日の前後に様々なイベントを行います。今年、道内で一番規模の大きいイベントは多分これ。『JR貨物グループ 鉄道貨物フェスティバルIN室蘭 2017』、開催日は9月16日(土)で場所はJR貨物苗穂車両所輪西派出。これは去年、行って参りました。    → http://blog.goo.ne.jp/okui-m/e/2930420412daaa9f40f3a6338af22eb9 [続きを読む]
  • 乗り鉄をして、思ったこと
  • 先月は青春18きっぷを使って仙台から東京へ、そして東京から御殿場線と身延線を通って東京へ帰ってきました。今月は札幌から日帰りで乗り鉄をしてきた。当たり前のことなのですが、どの列車も時刻表通りにやってきました。鉄道とは、特に日本では事故や災害でもない限り列車は時刻表通りにやってくる。世間の常識ではそういうことになっています。なので乗りつぶしや首都圏の一筆書きなどが計画され実行されているのです。ところが [続きを読む]