紫苑 さん プロフィール

  •  
紫苑さん: 風の向こうに
ハンドル名紫苑 さん
ブログタイトル風の向こうに
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/amaterasu2010
サイト紹介文一人の少女が小学校入学から卒業まで、二人の小学校校舎の精霊と、心を通わしふれあっていく物語です。
自由文この物語は、少女が大人になった現在まで続いています。少女は、精霊のうち一人とは、もうすぐ心ふれあうことができなくなります。その理由は、小学校が閉校になるからです。少女は二年後に、心からの「ありがとう」を、閉校になる精霊に言うつもりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供255回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2010/04/18 12:12

紫苑 さんのブログ記事

  • 「日本の心」とは
  • 2017.8.20 14;00「日本の心」とは、「天も地も宇宙も草木も動物も、全てが一体(一つ)のものである」と感じる心、それが日本の心・神・国の形、大地に寝ころべば大地に溶け込み一つとなり、天を仰げば天に溶け込む、天地(宇宙)と分離しないものなのです。それは、「日本の遠い古代からの教え」なのです。日本は、ムㅡの時代から繋がって来ている国なのです。 [続きを読む]
  • あるブログから 本日のmy短歌
  • 本日のMy短歌[ 今もなほ水を水をと死者の声この地に満つや耳傾けよ ] http://ameblo.jp/haiku-de-moemoe/entry-12299062413.html・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ただ静かに祈りたい・・・・・。あの暑かった夏の日に、「水、水を・・・・・。」と言って亡くなった方たちを思いながら・・・・・。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 [続きを読む]
  • 原爆忌に
  • 原爆は落とされたほうが悪いのか? 北朝鮮と中国の核に対抗する議論を【評論家・江崎道朗】【江崎道朗のネットブリーフィング 第17回】トランプ大統領の誕生をいち早く予見していた気鋭の評論家が、日本を取り巻く世界情勢の「変動」を即座に見抜き世に問う!◆「悪いのは、アメリカのトルーマン民主党政権だ」 8月になると、広島、そして長崎の原爆の日が続く。 この両日、マスコミでは「原爆を投下されたのは日本が悪かっ [続きを読む]
  • 神詞
  • 2017.7.20  15;40風吹かば飛び行(ゆ)くものよ諸共に 国の名前も消えて無くなる [続きを読む]
  • 宮内庁汚鮮度を知る一つの方法( 追記あり)
  • まず始めに、豪雨の被害に遭われました北九州地方の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。さて、明後日8日にせまりました眞子様と小室婚約内定発表ですが、北九州地方で多くの方が豪雨の被害に遭われているこのような時、何事もなかったかのように行うのでしょうか。私は、日本人なら(まして皇族なら)、このような時の婚約発表・会見は行わないと思います。なぜなら、今までの例がそうだったからです。(国民に多大なる不幸 [続きを読む]
  • 神詞
  • 2017.6.23  20;30どちらにしても、この国は大きく変わる。それも、単純に、近い目先ではなく、遠い未来、永劫に続く國の形に向かって・・・・。今は、その過度期。平穏無事に行かれるか、それとも、艱難辛苦を伴うか?全ては、人々の動き次第。天は、既に動き出している。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・本当は、もっといろいろ受け取ったけれど、今は、これしか言えない。 [続きを読む]
  • 神詞と、その意味するところ
  • 2017.6.18  3;19天の気が、大きく動いているのが感じられる。10分〜20分ぐらいその後2017.6.18  3;59この国は大きく変わる人々が眞に目覚めるためにそして、それは未来永劫続くであろう・・・・・2017.6.18  4;07決してあきらめるな!この、一連の神詞の言わんとしているところが、理解できずに悶々としていたが、今日、あるブログを読んで腑に落ちた。 [続きを読む]