ピュア さん プロフィール

  •  
ピュアさん: 地球を愛の星へ
ハンドル名ピュア さん
ブログタイトル地球を愛の星へ
ブログURLhttp://nagoyasc.exblog.jp/
サイト紹介文愛の星地球を見届けて 地球テーマパークを卒業だ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2010/04/19 22:00

ピュア さんのブログ記事

  • アミからのメッセージ
  • 皆さんが僕のことをアミと呼んでくれて興味を持っていただいていることを僕は知っています。このレムリアを通して、地球の進化の時代が新しい時代を生んでいくんだと思うと僕はワクワク、ドキドキしながら、皆さんのことを見ていました。僕が最初に出してもらった本は、今や世界のいろいろな国に出版されて僕の名前を呼んでくれたり、僕が伝えたいと思う気持ちをやさしい言葉で理解してくれる、そういう人た... [続きを読む]
  • エリヤからのメッセージ
  • 今、地球系団の中におけるシフトアップという、この地球の大転換期において我々のように地球規模で霊的な成長を指導しようとしている者たちと古来より我々の友として他の惑星連合より助け合ってきたそういう宇宙の友人たちからのメッセージというものを織り交ぜ地球の人びとの目を開き新たな価値観が地球の精神文明へ流れ込んでいくために今、このようなメッセージを我々は彼らにお願いし許可をしているのが現... [続きを読む]
  • 高橋信次からのメッセージ(34)
  • 僕たちが伝えたかった愛の理念。いいですか。宇宙の法につながっていく根本法として欠けていたのは、縦の法だけではなく愛の法と呼ばれている、横の、人類全体を包み込むような愛の教えだよね。それが、その愛の教えが、宇宙界まで、大宇宙まで貫いてそれを通して、宇宙の友と手を取り合う時代がきている。そのことを僕たちは伝えたかった。だからまあ、九次元全員が、均等に出す必要もなくて山場になると... [続きを読む]
  • アモールからのメッセージ(10)
  • あなた方の姿を見て、真の神の子とはどういうものか。神のお姿というのはどういうものかということをー地上に降りた光の天使の姿から、人びとが神の臨在を、実在を知るのです。わたくしが、あの時代に神の言葉を伝えたその生き様を見て、人びとが神というものを感じたようにー近年なら、マザー・テレサという方がただただ与えきった貧民の中にわたし(キリスト)の姿を見ると言った。その姿をもって、神の愛... [続きを読む]
  • モーゼ/モーリャからのメッセージ(37)
  • やっと魂の過去世の蓄積や今回の計画によりみんなが抱えている宗教的な足かせ、呪縛を解き放つ時がやってきた。そのための指導として、我々は計画を起こし九次元がたて続けに出ながら地球的正法というものを確立しようとそのような計画を立てたのが今回の計画なのです。確かにいくつかの失敗はありました。でもまだまだ可能性はあるのです。可能性を追求しながら、今回の計画を完成させましょう。そのた... [続きを読む]
  • 天照大神からのメッセージ(7)
  • 今、この時、多くの者たちが傷つき、魔が跳梁しずたずたになった光の天使たちの屍が、あちこちに転がっているのです。そして、また新たに地獄に引き込まれようとしているのです。ですから、どうか、わかっていただきたいのです。傷ついた者たちを癒し、抱きとめるのは、母の愛なのです。それゆえに、この女性が立っているのです。彼女が体現するのは、理屈に満ちた難しい理論ではないのです。その母性による... [続きを読む]
  • マヌからのメッセージ(35)
  • 我々の星(オリオン)ではね別に「ユートピアにしよう」とか、「仏国土にしよう」っていうそういう発想はないわけですよ。調和度に応じたユートピアっていうのが、それぞれの星にあるわけですね。この世、地球のように傷つけ合って、戦争をしたりとかそういう状況はけっしてユートピアではない。でもそれは、この地上に現象として表れている殺戮とか争いとかいうよりは一人ひとりの心の中がまず調和されてい... [続きを読む]
  • エル・ランティからのメッセージ(13)
  • 今、あなた方の肉体は粗い波動で、粗雑なひじょうに我々から見ると粒子の重い重い、重い肉体を持つようになっているのはあなた方の心の中に地位とか権力とか様々な名声とか支配欲とか様々な欲が心の大半を占めているからです。金銭や異性に対する執着とかそういう欲が心を占めている。そのように抱え込むものが多いから我々から見ると、物質的な低レベルなものに対する執着心が強いから肉体においても... [続きを読む]
  • アモールからのメッセージ(9)
  • あなた方が、失うことを怖れているものは何ですか。地位ですか、名誉ですか、権威ですか、お金ですか、または家族ですか。家族であったとしても、あなた方が神の子として神性を開き天命を全うして帰られたのならば、あとで家族が天上界に帰ってきたとき「わたくしの父は、母は、このような神命の中においてよくやってくれた」「わたしの娘は、すばらしい思いでがんばってくれた」と誇りに思われることでしょう。... [続きを読む]
  • モーゼ/モーリャからのメッセージ(36)
  • 九次元は、四次元から八次元の気持ちがわからないという修行の仕方はしてないのです。十次元とか、もっと上のほうで惑星意識としてつくられている場合はあるのだけど九次元があくまで人格霊であるっていうことは基本的には、四次元からの修行を一緒に地上でこなしながら悟りの階梯、はしごというのを上がるようにできているからやっぱり、四次元、五次元、六次元の者の気持ちがわかってこなければその悟りの... [続きを読む]
  • 天照大神からのメッセージ(6)
  • 今の時がどれだけ重要であるか。この認識を持った者たちが、今、ここにこれだけの数、集まったということがどれだけ奇跡に近いことであるのか。そして、今、この場所で、わたくしの言葉を、法を縦横無尽に聞けて神々が降臨しているということが、どれだけ稀有なことであるかということをあなた方は少しもわかっていないのです。この時は永遠に続くのではないのですよ。天上界の扉が開き、法が生の言葉で降り... [続きを読む]
  • ヴィーナス(金星)の法〜アマーリエ〜(27)
  • Q.お子さんを育てているとき、すでに今のように悟られていたんですか?みんな最初からわかるわけではないし私も霊言を取るまでは普通の母親でした。ですから、私だって、悩んだり、苦しんだり子どもに対して無理なことを言ったりしてお互いに傷ついたり、言い合いをしたりしました。家の中で子育てばっかりしてお化粧ひとつできないでいた時代もあります。でも、あの時代があったからこそ子どもを授... [続きを読む]
  • エル・ランティからのメッセージ(12)
  • あなた方のもとに、これから九次元の者たちが毎週降りてくることでしょう。そしてそれぞれの宇宙の法を九次元の法というものを伝えていくことでしょう。これから本格的に法が降りてくるようになります。目新しい情報だけではなく、愛の根源である教えを繰り返しいろいろな方がおっしゃられることでしょう。九次元の法をストレートに降ろせるときなどはほんのわずかなときなのです。この通信塔たるものの命... [続きを読む]
  • アモールからのメッセージ(8)
  • 愛とは何か。それは、古今東西数々の議論の中で聞かれてきました。ひじょうに幼い段階では、自らの家族、恋人、という身内のことだけで凝り固まってきたかもしれません。しかし、本来わたくしたちはみんな、神の子です。それを、はっきりと、高橋信次、エル・ランティという方を通して言い渡されたのが、今回の大救世運動の口火でありました。「神の子」です。「罪の子」とキリスト教では言われてきました... [続きを読む]
  • モーゼ/モーリャからのメッセージ(35)
  • わたくしたちにとってもたいへん大きな学びであり大きな試練の時であるということなのです。わたしたちの中にあるのは、我々がどう評価されようとかどのような神で拝まれようということではない。この愛する地上の者たち一人ひとりをいかにしたら愛することができるか。どのようにしたらこの地球神霊十次元の意識というものをお救いすることができるであろうか。このように苦しまれている地球神霊をどの... [続きを読む]
  • ヴィーナス(金星)の法〜アマーリエ〜(26)
  • 女性の皆さま方、どうか、これからは女性の時代です。女性が女性である以上子どもを産むことができるのは女性だけです。その摂理は決まっているものです。だからといって、男性に従属する時代ではなくて女性が本来の女性の力に気づいてそしてもっと積極的な意志でほんとうの意味で自分たちがどういう存在であるかをわかったうえで子どもたちを育てていく。受け身の思いで「私たちは人類の歴史なん... [続きを読む]
  • 天照大神からのメッセージ(5)
  • 卒業試験と申しましたけれども、完璧な卒業ではないかもしれない。しかし、法の意味では、総集編にあたるのです。できること、できないことがあるでしょう。幾多の挫折と苦難がやって来ることでしょう。しかし、わたくしたちが本来の女性として、いえ、女性だけではなく神の子として、今一度、神のもとに還っていくという、回帰するという信仰を取り戻すという、それを確立するべきこの大事な大事な修正期に当... [続きを読む]
  • マヌからのメッセージ(34)
  • 敵なんかいないんです。自分の心の恐怖心がつくりだしているだけなんです。今回もそうでしょう。最初から悪くなんか誰も言っていないのに、自分が責められたと思うと神の言葉ですら信じられない。そのように人びとの恐怖心がつくりだしたのがサタンそのものであると私は思うのです。ルシフェルといえど、みんな神の子なんです。最初は神の子しかいないんです。神しかいないんです。人びとの恐怖心の投... [続きを読む]
  • ヴィーナス(金星)の法〜アマーリエ〜(25)
  • 女性たちがみずからの女性性を認識し変わっていく中においてやはり男性たちにも目覚めていただきたいと思うのです。やはりこれまでは、優秀な女性たちを男性たちが敬遠し自分の個性を表現して仕事をしようとする才能豊かな女性に限って孤独になっていたということもまた事実なのです。女性が幸せになるには、男性の理解が必要ですしそしてまた、男性が幸せになるにはやはり女性の理解が必要です。... [続きを読む]
  • アモールからのメッセージ(7)
  • アモールです。今日は、みなさま方の前で、再び霊言を送ることができますことを心より神に感謝申し上げます。いくつか質問がおありのようでしたのでわたくしがお伝えしたいこととまた別に最初にお答えしておこうかと思います。聖書にあった言葉についてですがそのことは、これから話す内容ともひじょうに深く関連していることのように思います。これからわたくしが話すことは、わたくしたちはみんな神の... [続きを読む]
  • アモールからのメッセージ(7)
  • 今日現在、さまざまな新興宗教がありますが私の時代にもたくさんあったのです。そのような宗教というものは、私や、モーゼが、仏陀が法を説いたときと同じようにひとつの人類が全く何もない原始農耕社会から始まったときに私たちなりに、その時代の環境の中において、さまざまな法というものを民族宗教的な、ひとつの限定の中で私たちは法というものを説いて参りました。その地域に、その時代に、その民族... [続きを読む]
  • モーゼ/モーリャからのメッセージ(34)
  • この地上における将来というものは、あと数十年をもって決定されるのです。あと数十年をもって決定されてしまうのです。神が支えておられるこの両手が支えきれているエナジーというものがもつかどうかということ。あと数十年なのです。それをミカエルが言っていた。あなた方の寿命だけではない。地上における今回の文明が、あと数十年であるということ。そのことを今、わたくしは明かすのです。数十年... [続きを読む]
  • 天照大神からのメッセージ(4)
  • 日本神道の女性の中には、穢れというものを極端に忌み嫌いわたくしたちのこの女神の世界に隠れこむという者たちが多かったから生まれていく回数も減り日本女性に対する指導というものが立ち遅れたかもしれないのです。しかし、今、このように女性の指導者がこのわたくしたちの用意した大和の地に降り立ったということ。どうか、このことの意味を深く留めわたくしたち日本神道の女神たちの期待も一身に受けて... [続きを読む]
  • マヌからのメッセージ(33)
  • 今のあなた方が聞きたいことは芸術とは何かという、方法論的なことなんでしょうけれども僕が九次元の立場として、根本的に、芸術のどこに本来の使命があるのか一人ひとりが、私たちが言っている宗教と呼ばれているこの法ですねこれを学ばずして、芸術家として普遍的な作品を残す道はないと究極は、「神こそGreat・Artistである」というその真髄まで神の子と呼ばれている一個人がどこまで達することが... [続きを読む]
  • ヴィーナス(金星)の法〜アマーリエ〜(24)
  • そのためにも、まず私たち女性たち一人ひとりが母性の力に気づきほんとうの意味で女性本来の誇りを取り戻すことです。母性というものは、母親だけが持っているものではありません。すべての女性に神が与えてくださったものです。これまで、その女性本来の力というものがずっと見失われてきていました。今まで女性たちは抑圧され過ぎていたのです。かつては教育も受けられず、選挙権もありませんでした。... [続きを読む]