マダム建築家 さん プロフィール

  •  
マダム建築家さん: 女性建築家の視点
ハンドル名マダム建築家 さん
ブログタイトル女性建築家の視点
ブログURLhttp://ameblo.jp/aaistyle/
サイト紹介文人の暮らしを大切にデザインする女性建築家青木恵美子の建築、インテリア&暮らしを綴ったブログ
自由文人は何を大切に生きているの?人は何をしている時が 幸せなの??
その人の歩んできた人生、幸せな瞬間、大切にしていること、そしてこれから目指すこと。 
そんな人の織りなす生き様を インテリアという究極の自己表現をとおして建築という箱をつくる作業。
これが、私が目指す 建築&インテリア です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2010/04/23 11:49

マダム建築家 さんのブログ記事

  • バリAYANAホテル
  • 3日目はウブドから南のリゾート地AYANAへ移動。AYANAリゾートは山の中のウブドとは対照的なオーシャンビューこのAYANAリゾートホテルは4つのエリアにわかれている広大なホテル、というか町のようなリゾート地です。 入口はまるで空港のセキュリティチェックのようセキュリティチェックを受けてからエントランスまでが長〜い??海、インド洋に面したAYANAホテルは、バリらしく、これまた素晴らしい??エントランス↓エントラ [続きを読む]
  • テガラランの棚田
  • 昨日18日の後半は、テガラランへ。車の中から見えるバリらしい光景。バリというと“海”を想像しますが、一方島の内陸は緑豊かな景色でも有名。両脇に田んぼが広がる中を車を走らせ…シューダルマさん曰く、バリは三毛作だとか 主食はナシゴレンなどのお米だと。だから日本人の口に合うんですね。さて、その緑豊かな光景と言えば、急斜面にできた「棚田」いわゆる段々畑。この段々はお米、稲が植えてあります。これはやはり水 [続きを読む]
  • ウブドの聖なる寺院とデビ夫人⁉?
  • デンパサール空港まで迎えに来てくれてホテルまで送ってくださったガイドさんのシューダルマさんに今日は午後ずーっとウブド周辺、島の中央部を車でガイドして頂きました!まずはインドネシアコーヒー園へ。麝香猫がコーヒー豆を食べて、その猫の糞になってでてきた豆を挽いたコーヒー。何だか汚い気がするけど、東京飲むと1杯8000円ですってこれが麝香猫の糞 ↓しかし1杯500円で試飲を。割合焦げたような香りかな…コレステロール [続きを読む]
  • ウブドの朝
  • サマヤ ホテルの朝は鳥のさえずりと共に目覚め快適ですプライベートプールで一泳ぎし、寛ぐ主人は王様気分早速お散歩がてら朝食へ。 先ず たっぷりのフルーツ盛り合わせ。バリは、フルーツが豊富で美味しい??スイカジュースは初体験(笑)主人はミーゴレン。私は朝なので、おかゆ。鶏肉とダックがはいっていて、お腹に優しいお味??食後はカプチーノ。こんな景色もご馳走の一つ。 [続きを読む]
  • バリ島ウブドのホテル
  • ウブドのホテルは、娘が選んでくれたプライベートプール付きの超〜豪華なVilla サマヤ ウブド‼?さすがに、旅行オタクのアレンジ上手な娘チャンです??厳しいセキュリティを敷地入口で受け、ジャングルのような道を通り ホテルフロントに到着!こんなところをバギーで通り、プライベートヴィラに入ります!私達のヴィラの入口バリだね〜〜ヴィラの中もス・テ・キ?? [続きを読む]
  • バリ島へ
  • 今日から1週間バリ島へ。というのは、娘の海外挙式です!普段の旅行と違い、結婚式の衣装があり、あら、大変でも折角のバリ島を楽しむべく本人達より一足早く現地入り??折角なのでビジネスクラスで。さあ〜てビジネスラウンジで、まずはちよいと搭乗しフライト前にウエルカムドリンクを頂きながらフライトを待ちます。これから1週間、初バリ島を楽しみまーす?? [続きを読む]
  • 被災地をたずねて
  • 先週3.11 日本建築家協会の会議で東日本大震災被災地である仙台を訪ねました。翌日 東北の建築家の案内で、東松原から石巻周辺の被災地視察をしました。あれから6年 随分と復興はされたものの、未だ未だという感じもありました。東松原にある野蒜駅の被災伝承館で当時の映像見ながらの解説には、やはり涙が自然と流れてしまいました。津波で何もなくなった町、言葉を失う光景です。そして再建されていく駅。人影なく新しい建物だけ [続きを読む]
  • あれから6年
  • 3.11 あれから6年である。私は当時はお台場の高層マンションにアトリエがあり、あの時はスタッフと一緒にアトリエにいた。突然激しい揺れで、何事かと 2度目の揺れで、玄関にあった大きなガラスの花器が割れ、これはただ事でない。すぐにスタッフを送り返さなければ!ととっさに思い、ガラスの破片を片付け「送っていくから帰ろう!」と震えおののく彼女を促して、車に飛び乗った。窓からは千葉沖のコンビナート [続きを読む]
  • 悩んだあと
  • この2年悩んできたことを昨日一つ進めてみた。母の介護問題です。とても明るく上品な母であるが、突然3年前歩くことが不自由になった。私が子育ても大切にしながらもずーっと仕事ができたのも、母の援助があってのことである。何となく母と寄り添いながら最後まで一緒に住むんだろうなぁ〜と漠然と考えていた。しかし私の仕事をしていく上での母の援助はとても大きかったことを同時に感じた。勿論夫の協力もだが…昨年2度の転倒、 [続きを読む]
  • エノテカで大人買い
  • エノテカで大人買いしました‼?少し前ですが、前に紹介したJIA神奈川の建築祭のパーティー用に??赤10本、白10本!本当はスパークリングワインも10本にしたかったけど冷やして置けないので、それは当日に?普通はパーティーだともっと安いワインでしょうが、そこは私の毎年のこだわりワインのわかる方がいて、モンペラが美味しかった‼?と言ってくださって、うれしかったぁ〜私は口にできなかったんですがね [続きを読む]
  • 馬車道茶会
  • 日本建築家協会神奈川地域会JIA神奈川の一年に一度の建築祭が、先週終わりました。建築祭は30年弱歴史があるのですが、私が代表時代から始めた 馬車道駅コンコースを借り切っての建築祭。今年は素晴らしい内容で、盛り上がりました??作品展シンポジウムまた私の趣味から、これまた私の時代から始めた茶室こんぺ「一番小さな交流のかたち 茶室」2畳の茶室。どれも素晴らしい作品でした‼?その作品の一つの中で、私達神奈川官休会 [続きを読む]
  • 日本で一番高い茶会
  • 今日は日本で一番高い茶会へ行きました 高い!と言っても金額でなく、高さです。場所は、横浜ランドマークタワーのロイヤルパークホテル65階にある茶室です。 今日は昨日の雪模様のお天気と変わって、春のようなポカポカした陽気でした。空も晴れわたり、富士山もくっきり遠くには、房総半島も。そして眼下には みなとみらいの高層マンションMMタワーズが・・・ 気持ちの良い景色をご馳走に、3席楽しませていただ [続きを読む]
  • うれしいお届けモノ
  • うれしいお届けモノが届きました 数ヶ月前になりますが、銀座で金沢の漆器展示会にお邪魔した時に、一目惚れして購入しました 金沢の漆器 能作さんの 小どんぶりのようなちょっとした漆の器です。丁寧に塗られた漆。高台部分に金沢の『金』があしらわれています。 能作さんのご主人は、「高台の『金』がない方が楚々として上品でいいですよね。息子のデザインなのです。」と仰られたのですが、、、「私は『 [続きを読む]
  • リフォームのコツ@恵美子の部屋
  • 昨日横浜高島屋で行われた「恵美子の部屋」無事に終了しました‼?正式タイトルは・・・「リフォームするときの注意点と実例紹介」という硬いタイトルで、リフォームセミナーなのです。ワタクシ恵美子が、15分ほど リフォームする時の注意点やコツをさらっとお話して、30分ほど建築家から実例紹介をしていただき、ワタクシがいろいろと聞き出すという構成です。前半はマンションリフォームを。後半は一戸建てリフォームを紹介。リ [続きを読む]
  • 恵美子の部屋
  • 明日はいよいよ横浜高島屋で「恵美子の部屋」「徹子の部屋」をパクって(爆笑)今週開催されている横浜高島屋のインテリアフェスティバルでのインテリアセミナーです。恵美子ことワタクシが、AA STUDIOの建築家にいろいろ聞きだすコーナーです(*^^*)一度やりたかったんだ〜〜 「恵美子の部屋」 13:00 山田慎一郎 × 恵美子 15:00 古川達也 × 恵美子まあ、どんなことになるかしら??写真は、昨年夏の横浜高 [続きを読む]
  • 横浜高島屋インテリアフェスティバル2017出展
  • 本日から横浜高島屋インテリアフェスティバルが開催され、横濱元町AA STUDIOも出展します!インテリアフェスティバルは年2回、1月と7月に開催されています。私達 AA STUDIO が横浜高島屋インテリアフェスティバルに出展して3年目になります。今回も模型とパネル展示が20作品ほど並び、期間中毎日交代で、メンバーが「建築相談」を承ります。はじめは家具バーゲンに埋もれてしまいましたが、前回から「建築相談」目当てでいらっしゃ [続きを読む]
  • 茶室コンペ
  • 日本建築家協会JIA神奈川では毎年建築祭で茶室コンペが開催されていますが、先日第一次審査が行われました。テーマは、初めから変えずに、『一番小さな交流のかたち〜2畳台目〜』建築祭テーマが『交流』なので、日本人が培ってきた茶道という文化は、総合芸術であるとともに、刀を置いて小さな躙り口から入り同じ茶碗でお茶を酌み交わすのは、まさに『交流』きっと、千利休時代は、秀吉が武将と密談した場でもあったのでは…私が茶 [続きを読む]
  • 初釜@金田中 大広間
  • 金田中さん@セルリアンでのお初釜後のお食事。今年はどんな?とワクワクしながら大広間に入ります。全体写真、今年は取り損なったので、こちらは昨年の大広間正面の床の間、ガラスの違棚と床柱?が凛とした数奇屋広間に緊張感を齎し、客人の心を奪う落ち着いた空間を醸し出します。透明感あるガラスが現代的な空間を演出し、光の効果でより一層空間を印象づけます。今年の床の間。さすが!金田中さん。飾りすぎず引き算の和の美学 [続きを読む]
  • 初釜@金田中 お茶席
  • 今年のお初釜の茶席を紹介します。お床のお花は恒例の 枝垂れ柳と紅白椿。柳は長く持たせる為に水を入れないそうです。水を入れると育って芽吹いてしまうそうです。柳越しに掛け軸を見ると景色になります。この掛け軸の書は、500年位前のものだそうです。昔は短冊だったそうで、それを掛け軸に。雲竜?紙を使用していることで時代がわかるそうで…それにしても500年もよく墨の色があせずに綺麗な状態を保たれているものです。深い [続きを読む]
  • 初釜@金田中
  • 今日は、所属する鎌倉の会のお初釜です!毎年第一土曜日に、渋谷セルリアンにある金田中さんで行われます。こちらの金田中さんは建築家で友人である堀越英嗣氏デザインで、アクリルの透明感ある蹲、床の間が茶室という日本古来の空間に刺激を与えてカッコイイ‼?私の大好きな空間です。そこに一年に一度お初釜でお邪魔できることは、最高に幸せです。今年はどんな設え、どんなお菓子、どんなお料理かしら?楽しみです詳細はまた… [続きを読む]
  • 2017年は・・・
  • みなさま 明けましておめでとうございます 本年もよろしくお願い申し上げます。 今日から仕事始めの方も多いのではないでしょうか。AA プランニングも今日から一応スタートいたしますので、よろしくお願いいたします。 昨年大学の講師を後輩に譲り、講演会など公の前で話すことを控えてまいりました。「マイクをおきます!」宣言しましたが・・・1年経ち、これからはこのブログで暮らしデザイナー建築家として発 [続きを読む]
  • 言葉の力
  • 「ふと発した言葉が知らず知らずに人を傷つけているかもしれない。しかしそれに気づいた時、人は優しくなれる。」 これも「べっぴんさん」で言っていた言葉ですが、、、本当に何気なく発した言葉が人を傷つけていることがあると思う。私などものすごく人を傷つけていること多いと反省しきりである。それは仕事、客先でもスタッフや仲間内でも。そして家族でも、、、 「言葉」とは、言の葉。その一言の葉っぱが口から出た [続きを読む]
  • 小さな決心
  • 前のブログの続きですが、、、私にとっての大きな転機になる小さな決心とは・・・ 今から約30年前、バブル期です。その頃勤めていた設計事務所から突然電話があり仕事復帰しました。それは、今年4月残念ながら急死した新国立競技場設計者のザハ・ハディッドの麻布十番と富ヶ谷の物件をやるためでした。ザハの日本のバックアップ事務所として以前勤めていた事務所がプロジェクトを受注したため、呼ばれました。 当時の私 [続きを読む]
  • 人生の転機は小さな決心
  • 本当にお久しぶりです。気がついたら1年以上が経過。これってブログでないよね。。。少しづつ再開します。 「人生の転機は突然大きなことが起こるというより、小さな決心からはじまるのかもしれない」 朝ドラ「べっぴんさん」を楽しみにみています。この話は子供服メーカーファミリアの創業者の話です。私たち年代には子供服と言ったらファミリアは絶対的なものでした。しかしファミリアが世にでるまでにこのよう [続きを読む]
  • 秋の設えで一服・・・
  • 今日から9月ですね。。。 防災の日ですね。残暑はどうしたのかしら???すっかり秋の気配です。ということで、自宅茶室 未無庵 の床の間の設えを変えました。実はこの鬼灯(ほおずき)は昨年のモノです。今年もお庭にほおずきはたくさんできたのですが、気温のせいか?一つも赤くなりませんでした今朝は、すこし心を落ち着けて、一服 点ててみました。やはり落ち着きますね本当は、今週末 建築学会の全国大会が神奈川で開催 [続きを読む]