pari88 さん プロフィール

  •  
pari88さん: あなたの健康はお金で買えますか・・・?
ハンドル名pari88 さん
ブログタイトルあなたの健康はお金で買えますか・・・?
ブログURLhttp://gojokai377.blog.fc2.com/
サイト紹介文日本の名医・日本の病院の実力・今日のストレス明日の病気・気になる病状・1分間で病気判断など配信
自由文衣食住な話題をセレブ風に配信します。※だれにも簡単に美味しく作れるお料理は大人気です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6155回 / 365日(平均118.0回/週) - 参加 2010/04/23 13:53

pari88 さんのブログ記事

  • その習慣がNG!あなたが太りやすい原因を知る心理テスト
  • 加齢による基礎代謝の低下や運動不足など、太りやすい原因は人それぞれ。そこには、あなたのライフスタイルや食生活も関係しています。今回の心理テストでは、あなたが選んだ答えから「あなたが太りやすい原因」がわかります。早速チェックしてみましょう!■Q. おでんの具であなたがいちばん好きなのは、次のうちどれ?1.こんにゃく2.たまご3.だいこん4.ちくわ■解説1.「こんにゃく」を選んだあなたあなたが太りやすい原因は「不 [続きを読む]
  • 嘘でしょ?! 顔にできたニキビを1週間で治す5つのステップ
  • ニキビは1週間で治せる!顔にニキビや吹き出物が出てしまうと、すごくショックですよね。昔に比べて、大人になってからのニキビの方が治りにくい方も多いのではないでしょうか。ニキビができる時は、単に生理前や睡眠不足が原因なのではなく、「食生活の乱れ」が原因であることが多いです。でも具体的にどう改善していけばいいかわからないから繰り返してしまう…。私もニキビをつくっては治し、つくっては治し、の繰り返しです。 [続きを読む]
  • 満腹感もあって快便!もう試した?もち麦を混ぜるだけダイエット
  • そもそももち麦って何?どうしてダイエットに向いているの?もち麦とは大麦の一種で、穀類の中でも水溶性食物繊維が多く含まれています。水溶性食物繊維は便秘解消に効果があります。その食物繊維の保有率はなんと白米の20倍!しかも、もち麦は白米よりも血糖値の上昇率が半分程度なので、体に負担がかかりにくい食材とも言えます。糖質を制限している方にも良いですね。もち麦の最大の魅力はなんと言ってもプチプチとした食感と味 [続きを読む]
  • 美肌・若返りをサポートするおすすめの漢方薬を厳選7点ご紹介
  • 【美肌対策】若返りに効果的な漢方薬について1.加味逍遥散(かみしょうようさん)加味逍遥散には年齢とともに減少しがちな女性ホルモンの一種、エストロゲンの分泌を活発化し、潤いやハリのある美肌へ導くほか、髪の毛の艶・バストアップやくびれたウエスト作りなど女性らしい体づくりをサポートする働きがあります。2.補中益気湯(ほちゅうえっきとう)補中益気湯はもともと体力が極度に衰えた人の体力を補う代表的な体力増強剤と [続きを読む]
  • 足指の老化度をチェック!足指講師が教えるヒール靴の選び方
  • 女性には欠かすことのできないヒール。足先を詰め込んで、知らない間に外反母趾やタコになっていたり、指先が冷えたりしていませんか? 冷えは下半身のムクミや下半身太りの原因にもなります。また、ぺったんこ靴でも安心は禁物。でも仕方ないとあきらめないで! 足指講師である筆者が、足指の老化チェック法と足を痛めないヒールの選び方をご紹介します。■まずは、足指の老化度をチェック!◇足の指を丸めてチェック足でジャン [続きを読む]
  • 花粉症対策におすすめ!「レンコン」の食べ方・レシピ
  • 花粉症の季節がやってきました。季節的なこととはいえ、クシャミや目の痒みで眠れないのはストレスですよね。今、話題の花粉症対策になるといわれている「レンコン」を毎日の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?■レンコンが花粉症対策におすすめの理由2つ(1)症状の発生をブロックレンコンに含まれるフラボノイドやポリフェノールは、身近な野菜の中でもっとも、アレルギー症状を発生させる抗体を抑える働きの強いことがわ [続きを読む]
  • 知ってた?「オリーブオイル」は使い分けが大切だった
  • 近年、様々なオイルを目にしますよね。でも普段使いするにはちょっとお値段が高すぎたり、イマイチ使い道がよく分からない……ということはありませんか? そんな中、安定の存在感がある「オリーブオイル」。地中海沿岸部で古くから親しまれてきたオイルですが、日本人にとっても今や定番オイルのひとつ。細胞の老化を防ぐ抗酸化作用が高いビタミンEやポリフェノールなど、美容と健康に嬉しい栄養が豊富なのも人気の理由です。そ [続きを読む]
  • 花粉でも肌荒れしちゃう?お肌を守るために出来ることをご紹介!
  • 花粉で肌荒れになる原因はこれ!花粉症と言えば、目の痒みや鼻水、くしゃみなどの症状と思われますが、実は花粉は肌にも影響を及ぼします。花粉症でないのに、春頃になると肌荒れや乾燥、痒みに悩まされる方もいるのではないでしょうか。通常肌は角質層に守られているので、花粉がついただけでは何も起こりませんが、季節の変わり目など体調を崩しやすかったり、寝不足やストレスが原因で免疫力が下がっていると、肌荒れを引き起こ [続きを読む]
  • 「体調が悪いのに、熱を測ったら普段より低い」とき
  • 「頭痛や寒気がして、熱があるかと思って体温を測ってみたら、35度台だった」「だるくて風邪かと思い、体温を測ったら、平熱よりも低かった」なんて経験、ないだろうか。熱があるように感じて、体温を測ってみると、なぜかいつもより低いことがある。風邪の症状なのに体温が低いときって、どういう状態なのだろうか。何かの病気だったりしないだろうか。『ここ10年で、これだけ変わった! 最新医学常識99』(祥伝社黄金文庫)等の [続きを読む]
  • 「勝手に完治」もあり得る? 花粉症のウソ・ホント
  • ◆ごく稀に「勝手に治る」!? 花粉症自然治癒のウソ・ホント気管支喘息やアトピー性皮膚炎などのその他のアレルギーと比べても、花粉症やアレルギー性鼻炎は、自然に治ることが非常に少ないです。 「去年、突然花粉症が治ったと思っていたのに、今年はまた目がかゆい」「出産したら花粉症が治ったみたい!」「宣伝されていたお茶を飲んだら治った!」など、個人の体験談として「花粉症が治った話」はたまに耳にします。しかし実際に [続きを読む]
  • マラソン前に飲むと危険な3つの薬…知らないと怖いランナー注意事項
  • 今回はマラソン前に服用すると危険な薬や、マラソンで起こりやすいケガや症状、ケガを防ぐケア方法などを医師に解説してもらいました。 目次 マラソン前に服用すると危険な3つの薬1. 非ステロイド性抗炎症薬 ■ 薬の概要 頭痛や生理痛の薬として薬局に置かれている薬で、痛み止めが主な作用です。 ■ 危険な理由 マラソン中に痛みがわかりにくくなることから、どこかをケガしても気づかずに走り続けてしまい、症状を悪化させてしま [続きを読む]
  • 意外に症状の行方を左右する 医者との上手な会話方法(1)
  •  心配性の人は特に、ちょっとした異変にも敏感に反応し、悪い方へ悪い方へと考え、結果として身体のあちこちに“重大病”を抱え込んでしまう。こうした要因の裏に、受診した医者の言葉によって「落胆と不信に追いやられる」場合がある。患者が優しい言葉を求めているのに、それに応えきれない医者のコミュニケーション力のなさも指摘されているのだ。 「患者さんや家族にとって、医者とコミュニケーションが上手く取れるかどうか [続きを読む]
  • あなたの脳は、右利き? 左利き? 「利き脳」の見分け方
  •  手や足に右利き、左利きがあるように、脳にも右利き、左利きがあります。いわば「利き脳」です。『脳を強化する読書術』(朝日新聞出版)の著者で、「脳の学校」代表でもある加藤俊徳医師に、「利き脳の見分け方」を紹介してもらいました。 *  *  *   左利きだったのを右利きに矯正された人は、左手で消しゴムを使います。私もその一人で、右利きの人に「左手で消せるんだ!」と驚かれたことがあります。人は使いやすい [続きを読む]
  • 足のサイズと比例するってホント!? 知られざる男根の真実3つ
  • 男女の恋愛において、セックスは欠かせない重要な要素。ですが、男の体について女が知らないことって、結構あります。男性って意外とセンシティブなので、セックスや男根のサイズについて不満を言われると、立ち直れないぐらい傷ついてしまうことも。そんな事態を避け、男の体への理解を深めるためにも、海外恋愛情報サイト『Lovepanky』で取り上げられたトピックをもとに、“足のサイズと比例するってホント!?知られざる男根の真 [続きを読む]
  • 亜鉛のサプリは精子にいいのか? チャレンジしてみた
  • こんな話を聞いたことがありませんか? 「亜鉛のサプリを使うと、精子が増えて、精液も増える」私が日本で男性不妊の患者さんを診察していた時も、「亜鉛のサプリを使ったほうが、精子が良くなるのですか?」とよく聞かれました。.  亜鉛は、ヒトの健康と栄養維持に重要な必須微量元素のひとつです。多くの酵素に含まれ、遺伝子発現、たんぱく質合成など、細胞の成長と分化に中心的役割を果たしています。亜鉛は、すべての細胞に [続きを読む]
  • 死ぬまで現役 下半身のツボ 勃起力に違いの出る冬場のED対策
  •  「寒さはEDの大敵です。体が冷えると血液の循環も悪くなるので、当然、勃起もしにくくなります」こう話すのは医学博士の志賀貢氏だ。一段と寒さが増してきたこの時期、セックスでも寒々しい思いをしてしまう可能性が高いのだ。 そこで今週は、冬場のED対策をいくつか紹介しよう。まず、女性とベッドインした際は、室温に注意を払うべきだ。 「服を着ている状態で、『暑い』と感じるほどの温度に設定するべきですね。というのも [続きを読む]