pari88 さん プロフィール

  •  
pari88さん: あなたの健康はお金で買えますか・・・?
ハンドル名pari88 さん
ブログタイトルあなたの健康はお金で買えますか・・・?
ブログURLhttp://gojokai377.blog.fc2.com/
サイト紹介文日本の名医・日本の病院の実力・今日のストレス明日の病気・気になる病状・1分間で病気判断など配信
自由文衣食住な話題をセレブ風に配信します。※だれにも簡単に美味しく作れるお料理は大人気です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6063回 / 365日(平均116.3回/週) - 参加 2010/04/23 13:53

pari88 さんのブログ記事

  • 「性で悩む一般人は頭が悪い」カップルに性技を伝授する女性
  • エッチやエロに対し、男性が引くくらいの熱意をもって追究、発信する女たちがいる。彼女たちがそこまでする理由は何か? 実態を恐る恐る覗いてみた。◆“意識高い系”に目覚めたきっかけは橋下徹氏「風俗業で得た知識を周りにも伝えたい」と話す、風俗嬢の武内やよいさん(仮名・27歳)。高校を卒業後、キャバクラ、ガールズバー、セクキャバなど夜の世界をひと通り経験した。 “エロ意識高い系”として目覚めたきっかけは、’13 [続きを読む]
  • どれが有効? 各避妊方法のメリットとデメリット
  • ■妊娠を希望しない場合は避妊を避妊は、妊娠を目的としないセックスには不可欠。たとえ結婚していても、妊娠を望む時以外は避妊する必要があります。■避妊方法の種類避妊方法はいくつかあり、避妊の確実性や費用などが異なります。それぞれのメリット、デメリットについて解説します。●避妊手術の費用・副作用・避妊失敗率……約0.1〜0.5%・費用……約30万円前後手術によって女性の卵管や男性の精管を縛り、卵子や精子が通れな [続きを読む]
  • 死ぬまで現役 下半身のツボ PC筋を意識して勃起力を高める
  • 「実行するのは難しいが、かなりの確率で勃起力を高める方法もあるんです」 こう語るのは性感研究の第一人者で、医学博士の志賀貢氏だ。 これまでも勃起不全を改善するための裏技をいくつか紹介していただいているが、「実行するのは難しい」とはどういうことか。 「できなくはないのですが、それぞれ様々な意味で勇気が必要なんです」 はて? その意味を探るよりも、まずは今回の技の中身から教えてもらおう。 「ポイントと [続きを読む]
  • 女の「したい…」理想の時間帯は22時以降。実態は?
  • セックスする時間帯について考えたことはありますか? カップルや個々の事情によって、その時間帯は様々なハズですが、現実と理想の時間帯にギャップはあるのでしょうか。そこで今回は、女性はいつが「理想のセックスの時間帯」と考えているのか知るべく、恋人がいたことのある20〜30代の独身社会人女性200人にアンケート調査を行いました(調査協力:アイリサーチ)。■理想だと思うセックスの時間帯(全6項目から当てはまるもの [続きを読む]
  • 死ぬまで現役 下半身のツボ アルコールとセックスの関係
  • 「酒はセックスにとって、まさに諸刃の刃なんです」 こう語るのは、性感研究の第一人者で医学博士の志賀貢氏だ。 新年度に入れば飲み会も増えるだけに、いま一度、“酒とED”の関係を知っておきたいところだ。 まず、酒によってEDが解消されることもある。 「よく誤解されるのですが、勃起とは副交感神経が優位(つまりリラックス時)なときに起こりやすいのです」 闘争本能むき出しの交感神経が優位な時に勃起すると思いがちだ [続きを読む]
  • セックス依存症女性の多くは恋愛のトラウマや虐待経験あり
  • 単に「性的に放縦な人間」と見られることも少なくない「セックス依存症」だが、ギャンブルやアルコール、薬物など他の依存症と同じく、自らの空虚感を強迫観念に基づく性的行為でしか埋められないという非常に厄介な精神疾患なのである。精神科医で国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学専攻)の和田秀樹氏がいう。 「セックス依存症に悩む女性たちの多くは、過去の恋愛がトラウマになっていたり、幼い頃に肉親からの愛情に恵ま [続きを読む]
  • 細川茂樹、山本裕典も解雇 次の“クビ芸能人”は誰なのか?
  • 日本にはセックス依存症で悩んでいる男女が数多く存在する。本誌は、国内で行われているあるセックス依存症自助グループの女性限定ミーティングについて、複数の関係者から話を聞いた。セックス依存症と言う病が、いかに深刻なものであるかを理解して頂くために、以下に再現する。29歳の派遣社員・麻央さんは、まさにストレスに起因するセックス依存症だった。 「就職活動がうまくいかなかった頃から、相手構わずセックスするよう [続きを読む]
  • 【知りたくもない!?カラダの不思議】加齢で顔が四角になる!? その原因は…
  • 昔の自分の写真を見て、ほとんどの人は驚いたことが、あるのではないだろうか。 「昔は痩せてたな〜」「いつの間に太ったんだろう?」「昔はシワもなく、ツルツルだったのに」というのもあるが、意外とあるのが「あれ? 昔は丸顔だったんだ」と思うこと。 若い頃は丸顔だったのに、いつの間にか加齢とともに輪郭が縦長になったり、四角くなってきたりする気がするのだ。 年齢とともに顔の皮膚がたるんで、下がってくるというこ [続きを読む]
  • 高血圧の薬は一生飲み続けなくていいって本当?
  • 日本人間ドック学会などが発表した「新たな健診の基本検査の基準範囲」。血圧については、基準範囲の上の値が147mmHgとされた。「高血圧治療ガイドライン2014」では、140 mmHg以上が高血圧の診断基準なのだが、今回の発表で7mmHg高くても問題ないと勘違いした患者が治療をやめるという事態になった。この騒動でわかったのは、治療中の患者を含め、われわれの多くが高血圧を理解していない、ということ。専門家に高血圧の「常識」に [続きを読む]
  • 認知症になるかどうか 60歳までの生活習慣重要と専門家指摘
  • 日本で認知症高齢者とその予備軍は合わせて862万人、高齢者の4人に1人は認知症になるという。 では、効果的な認知症予防にはどのような方法があるのか。巷間、様々な食品や行動が「ボケ予防」に効く、と謳われてきた。だが、果たしてそれらは本当なのか。松川フレディ・湘南シルバーサポート湘南長寿園病院院長はこう指摘する。「巷に流布するボケ予防のなかで、本当に科学的に効果があると立証されているものがどれなのかを見極 [続きを読む]
  • 治療も薬もやめたい…「血圧147正常」で混乱する医療現場
  • 日本人間ドック学会などが発表した「血圧147」が波紋を呼んでいる。この騒動の内容から疑問の解決まで、現役の高血圧治療医らへ取材した。*  *  *「『自分は上が147以下だから治療をやめたい』と言う高血圧の患者さんが今日も診察に来ました。高血圧に伴う脳梗塞もある方です。あなたは治療しないと危ないと言ってどうにか納得してもらいましたが、数値が独り歩きしていて、非常に危ない状況です」 高血圧治療を専門にする [続きを読む]
  • 認知症初期の診断 「10時10分」の時計を絵に描けぬこと多い
  • テレビを見ていて「あの女優の名前なんだっけ?」、夕飯の話をしていて「朝飯なに食べたっけ?」……最近、とみに激しくなる物忘れに、「もしかして認知症になってしまうのかも?」と不安になってしまう人は少なくないだろう。「認知症の場合、単なる物忘れにとどまらず、日常生活に支障を来す。場所や道に迷う、財布や通帳などしまったものが見つからない、ものの名前がいえなくなり、会話も理解できなくなる。そのような兆候が少 [続きを読む]