pari88 さん プロフィール

  •  
pari88さん: あなたの健康はお金で買えますか・・・?
ハンドル名pari88 さん
ブログタイトルあなたの健康はお金で買えますか・・・?
ブログURLhttp://gojokai377.blog.fc2.com/
サイト紹介文日本の名医・日本の病院の実力・今日のストレス明日の病気・気になる病状・1分間で病気判断など配信
自由文衣食住な話題をセレブ風に配信します。※だれにも簡単に美味しく作れるお料理は大人気です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5941回 / 365日(平均113.9回/週) - 参加 2010/04/23 13:53

pari88 さんのブログ記事

  • 性欲減退・セックスレスは心の病気が関係している?
  • 性生活は多くの人にとって、日々の生活に潤いを与える大切な要素。なので、パートナーが適宜お互いに欲求を満たしていかないと仲が険悪化しやすい傾向にあることは、みなさん、よくご承知の通りです。いわゆるセックスレスの原因は多々あるものですが、実は、心の病気が関係していることもあります。  セックスレスになってしまった場合の見逃しやすい原因の一つ、心の病気について、詳しく解説いたします。■セックスに興味がな [続きを読む]
  • 【中折れ】に効果的なサプリメントってある?
  • ●サプリメントって効果ある?男性が性的刺激を受けると、その興奮が脳からペニスの神経に届き「一酸化窒素」が放出されます。すると、ペニスの陰茎海綿体の血管が拡がって大量の血液が流れ込み、海綿体に血液が充満します。これが、勃起のメカニズムです。しかし、「中折れ」をしてしまう人は、「勃たなかったらどうしよう」という不安や緊張のために脳が興奮しきれなかったり、身体の不調により血管や血流に問題が起こり、ペニス [続きを読む]
  • 死ぬまで現役 下半身のツボ 安くて勃起効果バツグンのドジョウ料理
  •  「強精食材として有名なのはウナギですが、ドジョウのほうも負けてはいませんよ」こう語るのは、理学博士で精力剤専門店『ごりっぱや』の社長・秋好憲一氏だ。意外に知られていないが、ドジョウ一匹分の栄養価は、あのウナギ一匹分の栄養価に匹敵するそうだ。 「かつては『うなぎ一匹、どじょう一匹』と言われたほど、ドジョウはウナギの代用品としても扱われていたんです。年配の方ならご存知のとおり、昔はどこの川や田んぼに [続きを読む]
  • 死ぬまで現役 下半身のツボ 安くて勃起効果バツグンのドジョウ料理
  • 「強精食材として有名なのはウナギですが、ドジョウのほうも負けてはいませんよ」こう語るのは、理学博士で精力剤専門店『ごりっぱや』の社長・秋好憲一氏だ。 意外に知られていないが、ドジョウ一匹分の栄養価は、あのウナギ一匹分の栄養価に匹敵するそうだ。 「かつては『うなぎ一匹、どじょう一匹』と言われたほど、ドジョウはウナギの代用品としても扱われていたんです。年配の方ならご存知のとおり、昔はどこの川や田んぼに [続きを読む]
  • 死ぬまで現役 下半身のツボ ネバネバ食材と筋トレで“現役度”アップ!
  •  「精のつく食材として、古くから有名なのが、納豆やオクラ、山芋といった“ネバネバ系”です。これらの食材にはムチンという成分が含まれているんですね」と語るのは、理学博士で、精力剤専門店『ごりっぱや』の社長・秋好憲一氏だ。 「ムチンには胃の粘膜を保護する働きがあるんです。胃腸は栄養を吸収する健康維持の根本となる臓器なので、体の元気に繋がります。疲労回復効果はもちろん、精力アップ、さらに体の若返りにも役 [続きを読む]
  • EDの最新治療、6つ
  • ●投薬治療勃起不全の治療方法として、現在もっとも一般的なのは、「PDE5阻害薬」という薬の服用です。勃起は、ペニスの血管が緩んで拡張し、血液が充満することで起こりますが、このときに血管を拡張させる働きをするのは、「サイ GMP」という物質です。しかしサイ GMPは、「PDE5」という酵素に分解されやすく、消えやすい性質を持っています。PDE5阻害剤は、このPDE5の働きを阻止することで、サイ GMPを長 [続きを読む]
  • 【テストステロン増】がED(勃起不全)を防ぐ
  • ●テストステロンとは?男性ホルモンとは、男性を男性特有の体つきや思考回路に発育させる各種ステロイドホルモンの総称です。中でも、もっとも分泌量が多く強い作用を持っているのが「テストステロン」です。いざというとき大丈夫!? 勃起不全の原因診断テストステロンには、筋肉の増強、体毛の増加、冒険心・縄張り意識・競争心を活発にするなどの作用がありますが、もう1つの重要な作用が、「一酸化窒素」を供給し血管の健康を保 [続きを読む]
  • 男性の更年期対策 肥満は男性ホルモンの敵なので適正体重に
  • 女性が不調に悩む更年期。実は、女性特有のものではなく、50代で不調になる男性が急増しているという。夫が更年期の不調に悩まされているせいで、そのイライラや落ち込みの影響を近くにいる妻が受けて、夫婦で負のスパイラルにはまりこんでしまうことは多い。家庭内不和に陥る前に、しっかりと治療をすることが肝心だ。「男性更年期の治療には、女性の更年期同様、ホルモン補充療法が効果的です」 と神田医新クリニックの医師・横 [続きを読む]
  • 老化を感じる変化ランキング
  • 歳をとるほど身体が衰えていくのは自然の理。「最近歳をとったなぁ」と感じる瞬間は人それぞれあると思いますが、みなさんはどんな時に老化の変化を感じるのでしょうか? 1 白髪が増えた 2 徹夜がムリになった 3 シワが増えた 4 太りやすくなった 5 頻繁な物忘れ  1位には《白髪が増えた》がランク・イン。ふと鏡を見た時に白髪を発見して、「若い時にはなかったのに…」と老化を感じる人が多いようですね。髪の毛はタンパク質で [続きを読む]
  • もしや?「更年期」を感じたときに飲みたいハーブティ3つ
  • 「いつから更年期?」男女ともに、更年期障害の原因はホルモン量の減少で、40代後半あたりから減少しはじめ、さまざまな体調不調の症状が出てきます。これは避けて通ることのできない身体的な変化で、とくに女性は大きな変化で症状も男性より重いのが特徴です。たとえば、疲れやすい、ほてり、発汗、怒りっぽい、息切れや動悸、気分の浮き沈み、足腰がこりやすい、身体が冷えるなどの症状が出てきます。さらに、更年期には親の介護 [続きを読む]
  • 自己流ホワイトニングはダメ/照山裕子お口の悩み
  • <歯科医照山裕子が答えるお口の悩み(11)>  元モデルの照山裕子クリア歯科新宿院院長が、口臭が気になる、歯周病が進んできた…歯と口の悩みなど、皆さんの悩みに回答します。 Q ホワイトニングに興味がありますが、男がすることに抵抗感もあります。ホワイトニングの現状はどうなのでしょうか。  A 歯は加齢によって黄ばんできます。歯の表面のエナメル質は半透明ですが、中の象牙質は黄ばんでいます。年を取ると、外 [続きを読む]
  • 「糖質制限は痩せすぎる」にはこう対処せよ!
  • 著しいダイエット効果がある糖質制限を、夏に向け始めたいという方も多いことだろう。だが、糖質制限食を日本で初めて紹介した江部康二医師によると、糖質制限を行うにあたっては「落とし穴」があるので注意が必要であるという。「正しい知識」が欠如したまま自己流で実践すると、前々回(「糖質制限で痩せない!」にはこう対処せよ)解説したように、期待したダイエット効果が得られないこともあるというのだ。また逆に、多くの人 [続きを読む]
  • 中性的男子の人気が原因? 男性のムダ毛処理若い年代で増加中
  • ムダ毛処理は女性がするものというのが、今までの常識であった。しかし近年では男性の中でも、ムダ毛処理の意識が高まっているのだ。しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男性671名に「ムダ毛処理について」の調査を実施。「ムダ毛の処理をしている」と答えた男性は、全体で17.9%と少ない割合であった。■すね毛カットに胸毛剃り年代別では、やはり年代が低くなるほどにムダ毛の処理をしていることが判明。©sirabee.com少しずつで [続きを読む]
  • 脳梗塞は夏に多い、1日で消える「しびれ・マヒ」を侮るな!
  • ■もうすぐ始まる脳卒中週間早期受診を心掛けよう 来る5月25日からの一週間は「脳卒中週間」である。公益社団法人日本脳卒中協会の呼びかけで制定されたもので、毎年標語を募集するなどして脳卒中予防の啓蒙を行っている。本年の標語のテーマは「早期受診の重要性」で、「すぐ消えた まひやしびれも すぐ受診」(埼玉県・室英代さん作)が選定された。 一般に脳卒中は冬に多いというイメージがある。だが年間を通してみると、 [続きを読む]
  • 一人でできる快眠マッサージ「腸つぶし」とは何か?
  • 全米で話題沸騰中の21の睡眠メソッドを集約した、『SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術』。本連載では同書の中心的なメソッドを紹介していきます。食事、ベッド、寝る姿勢、パジャマ――。どんな疲れも超回復し、脳のパフォーマンスを最大化する「睡眠の技術」に注目です!■マッサージのメリットは驚くほど多い『インターナショナル・ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス』誌に、慢性的な痛みに関する研究報告が載っていた [続きを読む]
  • 老後難民予備軍は会社員の4割!どうなる老後
  • ■サラリーマンの老後に対する考え方は?フィデリティ投信が昨年実施した「サラリーマン1万人アンケート 2016」で非常に興味深い結果が出ていました。このアンケートは2010年から毎年実施されているもので、今回も老後の生活や退職金の準備状況などに関する調査で、1万2,389人の主に会社員や公務員を対象に実施されました。アンケート実施時期が昨年の2月だったので、世界経済は原油安や中国やブラジルなどの新興国経済不安などで [続きを読む]
  • 「うつ病」と間違えやすい、べつの病気
  • うつ病の基本症状である「抑うつ症状」。いわゆる気分が落ち込んでしまう状態が続くことですが、この抑うつ状態はうつ病だけでなく、ほかの病気の症状として現れることもあります。ですから、専門医は診断を慎重に見極める必要があると考えています。なぜならば治療法が違ってくるからです。うつ病と間違えられやすいのは、どのような病気なのでしょうか。詳しく見ていきましょう。うつ病と間違えやすい病気:不安障害かつては神経 [続きを読む]
  • 海老蔵、1日8個のゆで卵ダイエット 20kg減の実績も
  • 《卵8個たべて車乗ったらうぅ 正直、うぅ》。5月8日、自身のブログにこんなコメントを載せたのは、市川海老蔵(39才)。 「ゆで卵ダイエットです。海老蔵さんは映像の仕事の時も、歌舞伎の時も、役に合わせて体重を絞ったり増やしたりしなければなりませんが、その強い味方が卵なんです。最初は2007年の舞台『ドラクル』で吸血鬼の役を演じた時だったと思います。白身だけを密閉容器に入れて持ち歩いて食べ続け、短期間で20?も体 [続きを読む]
  • 健診で「不整脈」との指摘 経過観察がほとんどだが…
  •  【Q】健康診断の心電図で不整脈を指摘されました。判定欄に「要経過観察」と書かれていましたが、どうしたらいいでしょう?(50代男性)  【A】健康診断の際の心電図では、動悸や胸痛などの症状がないにも限らず不整脈を指摘されることがあります。不整脈と一言で言っても生命に危険が及ぶような不整脈から、生活する上で全く問題のない不整脈までさまざまなため、どのような指摘をされたかによって、その後の対応が変わっ [続きを読む]
  • 子どもの虫歯二極化、口腔崩壊も 経済格差背景か
  •  兵庫県内の小中高・特別支援学校で2016年度に行われた歯科検診で、虫歯などが見つかり「要受診」とされた約3万5千人のうち、歯科の受診が確認できない児童・生徒が約2万3千人、65%に上ることが県保険医協会の調査で分かった。未治療の虫歯が10本以上あるなど「口腔(こうくう)崩壊」の子どもがいる学校の割合も35%に上った。同協会は「全体的に子どもの虫歯は減少傾向なのに二極化が進んでいる。背景に貧困など [続きを読む]