HIROKO さん プロフィール

  •  
HIROKOさん: リ・リ・リとMEXICO
ハンドル名HIROKO さん
ブログタイトルリ・リ・リとMEXICO
ブログURLhttp://leririmexico.blog3.fc2.com/
サイト紹介文メキシコ片田舎で子供達(9歳6歳4歳)を日本語で育児。動物や植物とふれあい、ゆったり暮らしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/04/23 06:37

HIROKO さんのブログ記事

  • 畑へ 5・14
  • 畑に十字架を立て、「おいしいトウモロコシが食べられますように・・・」なんてこともしたり、子供たちは、パパにくっついて時々畑へ行くけれど、私は種まき以来、久しぶり。1ヶ月もたつと、茶色かった畑は、全面緑色に。雨露も可愛い。「ここが、ぼくの蒔いたところ」土いじりに夢中な長女。「いえ〜い!」とふざけてばかりの次女。三人三様。いくつかの畑の育ち具合を見て回って、小一時間ほどの、畑めぐり。天才的な、手作りイ [続きを読む]
  • 忘れてしまうけれど
  • 子供たちを連れて、何度となく日本へ行き、旅行をしたり、出かけたりするけれど、小さな頃の記憶は、ほとんど残ることなく、忘れられていく。「こんなとこ行ったよね!」と話しても、「どこだっけ、それ。」なんて、せっかく連れて行ったのにな・・・、と残念に思いながらも、何も子供たちが悪いわけではなく、自分だって、小学生のころに、誰かに連れて行ってもらった場所やその時の記憶なんて、大して残っていないもの。何か記憶 [続きを読む]
  • 種まき
  • 日本へ行ったり、メキシコへ戻ったり、ブログの話題が、あちこち飛びますが、今日は、メキシコ。先週、春休み最後の週は、トウモロコシの種まき。まきまき。長男は、パパに付いて朝から夜までずっと畑でお仕事。私はといえば、10人分のご飯を準備して、後から車で乗り付ける。初日は、義母の実家から一週間泊まりに来ていた親戚親子や、うちの女子2人+いとこくんを乗せて、畑まで。私も人を乗せて、畑を案内するようになったか [続きを読む]
  • 日本の小学校の先生
  • 今回の帰省で、初めて日本の小学校へ通った次女の、担任の先生には、すっかりご迷惑をお掛けしてしまったけれど、そんな中で、日本の学校の先生方の手厚いサポートには、感心するばかり。毎日迎えにきてくれたお友達。連絡帳で、こまめに状況を知らせていただいたり、こちらからのお願いごとを伝えたり、先生から直接お電話をいただいたりは、3人ともに共通して対応していただいたこと。____________________ [続きを読む]
  • メキシコにて
  • 日本滞在があと残り10日ほど・・・という頃、嬉しい1通のメール。アメリカからメキシコの旦那さんの実家へ帰省するお友達から、誕生日会とプールに遊びに来てね!のお誘い。何もかもが快適な日本にいると、「あぁ・・何ならこのまま住んでしまいたい」と思ってしまうことも度々で、残り2週間、10日、とカウントダウンが進むにつれ、気重になってしまいがちなところへ、これで、メキシコへ戻る楽しみが1つ増え、「さぁ帰ろう [続きを読む]
  • 3学期の途中からは無理があったと反省
  • 帰省期間の都合上、子供たちが学校へ行く初日は、3学期が始まって3週目になる月曜日。中途半端な始まりだなぁと思いながらも、あまり深くは考えていなく、ただ、次の週がマラソン大会なのが、いきなり大丈夫かな・・・と心配だった程度。寒さのあまり、参加したのは長男だけ。この三学期の途中からという日程、今年1年生で、初めて日本の小学校へ行く次女には、無理をさせてしまったようで、反省。長男が初めて日本の小学校へ行 [続きを読む]
  • 祝!2度目の小学校卒業
  • 前回の帰省は11月だったので、それから1年ちょっと後になると、冬。暖かいメキシコで暮らしながら、子供たちが「雪が見たい」と言うたびに、「いつかは、冬に日本へ行こうね」と何度も話していたので、今回は、雪が見られる冬に帰省したい、ということだけは頭にあって、なんなら年末年始の、あの日本独特の雰囲気も味わえるといいなぁ・・・などと思いながら、帰省時期を練る。冬に日本へ行くなら、長男は6年生。日本の小学校 [続きを読む]
  • 時差ボケつらい・・・
  • 10日から2週間かかる時差ボケ解消。日本からメキシコへ戻ってきたときの、時差ボケは、メキシコから日本へ着いたときのそれと比べて、格段にキツイ。徹夜明けのようなボ〜っとした状態が、何日も何日も続き、夜中に究極におなかがすいたり、昼間に座ってもいられないくらい、突然の眠気に襲われ、朝でも、夕方でも、横になったが最後。熟睡。その間でも、容赦なく、家族親戚が、日本から持ち帰った古着を求めて訪れ、日本のお菓 [続きを読む]
  • 宿題も終わったし
  • ただ黒く塗りつぶしているかのようですが、うらには、お金。メキシコの国旗の絵を描くときは、紙の裏にコインを置いて、写し絵すると簡単。結構難しい絵なのに、幼稚園のころから国旗の絵を描く宿題はよく出る。いつもは描かせるところですが、急いでいるので、簡易方式です。2月24日の国旗の日の宿題を、前もってやっているところ。日本へ滞在する間、宿題を出す先生と出さない先生と、いろいろ。今回の次女の担任は、去年の長 [続きを読む]
  • 節約しない
  • 長男と同じ中学校へ越境通学している村の子供たちは、各学年に3〜5人。全部で10人強のうち、バスが出ているふもとの町まで、自転車で通っているのは、長男だけ。朝は、6時45分に1本だけ乗合バンが出ていて、村からふもとの町まで6ペソ。ふもとの町から学校までバンかバスに乗って、さらに6ペソ。そこ、半額になったら、大きいと思うんだけどなぁ・・・。毎日、床に全部ノートと教科書を広げて、時間割。公共の自転車置き [続きを読む]
  • ひと鍋でポソレを作りたい
  • 前置きが長くなりますが、ポソレというスープ料理について。Maiz Pozolero(マイスポソレロ:ポソレもろこし)とも、Cacahuazitle(カカウアシントレ)とも呼ばれる、大粒(ふつうのコーンの4〜5倍の大きさの粒)のトウモロコシを使った料理。このトウモロコシは、なにもこの料理だけでなく、トルティーヤにもなるし、焼きモロコシにもなる、単なるトウモロコシの種類の1つ。こちらが、商品化されている下ごしらえの済みのポソ [続きを読む]
  • 新年あけましておめでとうございます
  • 明日(1月2日)から学校。新年らしさが全くないメキシコ。ネットニュースの、紅白歌合戦の話題なんかで、あぁ大晦日だなぁ、日本からのあけましておめでとうのメールで、新年なんだなぁと感じる程度。昨日は、夜中の3時ごろまで大音量のダンス大会が催されていたので、そういうのが、ここでは新年らしさなんだろうな。子供たちと一緒に11時ごろ寝たので、’らしさ’には参加せず、’騒音’と感じるだけ。昨晩は、12月に入っ [続きを読む]
  • イブはしょうが焼き
  • クリスマスイブは、またまたお抱えシェフ。15人分の肉。ドン!しょうが焼きとおにぎりのリクエスト。イブにおにぎり・・・。いらんわぁ。ビールに合うおつまみとかがいいよなー。サラダも大盛りで。ドレッシングは、煎りゴマドレッシングの指定が入りました。はいはい。おまかせあれ。わけあって、年末、お米を買い足さないでおこうと思っていたので、おにぎりのご飯が足りないから、メキシカン・ピザも3台用意。プレゼント交換 [続きを読む]
  • 義母の誕生日
  • 今年は日曜だからか、義母の誕生日会がいつもより騒がしい。飾り付け1つで、こんなに手が出る。口が出る。ちょうどこの日に開催されるはずだった、いつも参加するアニメのイベントの日程が、先週、急に変更になり、私たちも誕生会に参加。参加というより、調理係りに任命され、結局、ケーキもシャンパンも、パパが用意するのね。息子3人と。先週は、玄関先のお店で、月曜にハンバーガー150個、火曜にピザ5台、水曜にハムパン [続きを読む]
  • 2人乗り+1匹
  • 野性動物に続いて、動物ネタをもう1つ。動物市場のある町では、こんな景色は日常茶飯事。2人と一匹乗り。上手だねー。と感心しながらも、突然暴れ出したらどうするのーとも思う。そして、急に日本語のお勉強。動物の数え方は、人間より大きければ、「頭」、小さければ「匹」。かかえられるか、どうかが分かれ目だとか。これは、一目瞭然。「一匹」だね。 [続きを読む]
  • 野性動物
  • 一昨日、夜中にCacomistle(カコミストゥレ:カコミスル)に鳥がやられたので、お義父さんがしかけたわなにかかったのは、Tlacuache(トラクアチェ:オポッサム)。こうやって見ると、少し可愛げがあるかな。でも、メキシコの田舎では、大の嫌われもの。夜暗くなるとやって来て、家畜のニワトリを食べてしまう。死んだふりが得意っていうのが、有名だけど、こうなったら、死んだふりをして抵抗しても無駄ってわかるのか、かわいい [続きを読む]
  • 泥ケーキ
  • 死者の日のお墓詣りも無事済みました。お墓を囲んで、みんなで一服。今年亡くなった、長男の同級生くんのお墓にも、オレンジのマリーゴールド、紫のケイトウ、そしてお線香を供えて、手を合わせました。玄関先のお店にもほんとによくアイスやパンを買いに来てくれた子。もう会えなくて、さみしいよ。お店を始めて、毎日、玄関先を訪ねて来てくれる子供たちの成長が楽しいばかり、かと思いきや、こんな別れもあるのかと、つらい思い [続きを読む]
  • 任務完了
  • 10月中旬、ブログ経由で日本からお仕事の依頼を受けました。今までにも、メキシコならではの写真を撮ったり、旅行サイトに現地在住ならではの記事を書いたり、テレビ番組の取材だったり、日本からのお仕事の依頼を受けたことはあったけれど、今回は、異色。メキシコのローカル店舗を回ってご依頼のものを探してまわる。ただ、探しているものが、はっきり指定されているわけではなく、こんなようなもの・・・というぼんやりな感じ [続きを読む]
  • すっかり秋
  • 夏時間が終って、今週から時計を1時間戻しての生活。夏の間も、涼しい日が多いなぁと思っていたけれど、10月に入って少しすると、空気がグンと冷たくなって、やっぱり秋はまた、違った涼しさ。いや、これはもう寒さだな。メキシコは、日本のお盆にあたる「死者の日」が近いので、近くの町へ出かける途中、花畑では収穫の真っ最中。祭壇に飾るマリーゴールド。花畑の前で買うと新鮮でいい香り。私も10月中旬からは、毎日、毎日 [続きを読む]
  • ユーチューバ―に・・・
  • 最近のうちの3人兄妹は、まったくテレビを見なくなった。勉強ばかりしている・・・わけではなく、YOUTUBEに首ったけ。まさに、どっぷり浸かっております。仲良しなのはいいなー。去年の冬、長男がWii Uのゲームソフトで「マインクラフト」をクリスマスプレゼントに買って以来、マインクラフトつながりから、ヒカキンさんの動画を見始め、ヒカキンといえば、小中学生に人気のユーチューバ―ということで、どんどんはまり、学校から [続きを読む]
  • 朝型生活
  • 長男が、朝6時半に家を出かける生活が始まって1か月半。毎日お弁当を持って行くので、私は6時起き。の予定だけど、だいたい5時半すぎには、起き出す毎日。3人ともが小学生の時は、7時15分〜30分の間にのそのそ起きてくる生活だったので、最初のうちは、「起きねば!」の緊張のあまり、2〜3時間おきに、目が覚めて、「わっ!今何時だろ・・・」と、時計を確認する始末。ドラえもんがしゃべって時刻を教えてくれる時計を [続きを読む]
  • 初めてのチャンベラン
  • 法的には、18歳で成人とみなされるメキシコ。ですが、15歳の誕生日を迎える女の子が、子供から大人の女性になることを祝う慣習があります。昨日、Quinceañera(キンセアニェラ:15歳の女性)になった、子供たちのハトコちゃん。2軒どなりの親戚で、義父(パパの父)のお兄さん一家の女の子。このハトコちゃんのお母さんと、パパが、イトコな関係です。いやぁ・・・私、おばさんまる出しでしで、感慨にふけっていますがね、 [続きを読む]
  • 英語の授業が心配
  • メキシコの公立小学校では、英語は必須科目ではないので、村の小さな小学校では、英語をまったく勉強しないまま卒業した長男。今週から中学校に入学して、1週間過ごし、一番心配なのが、英語の授業。他の科目も、教科書が分厚い!!ABCも、単語も何も、挨拶の1つも知らないのに、教科書を開くと、Lesson1は、いきなり「Can you fix my computer?」。どうすんの。家から45分ほどかけて、他の地域まで越境通学している長男。(境 [続きを読む]
  • 明日から学校
  • 長かった夏休みも、今日で終了。こどもたち3人全員が小学生になって、本当にラクになったなぁ・・・。夏休みが、ずっと楽しかったもんなぁ。こんなこと、初めて。長い休みになると、毎日、毎日、どこへ行くでもなく子供たち3人が家にいるのが、大変だった時期もあったけど、この夏休みは、終わってしまうのが残念に感じるほど。手伝いもよくしたし、皿洗い中。毎日、落ち着いて勉強できたのが、よかった。休み中でもテコンドーの [続きを読む]
  • 鮭を刺身で食べるには
  • メキシコに住んで、一番恋しい食べもの。刺身。「生の魚が食べたい〜!!」と叫んでも、内陸のプエブラ州では、魚自体がほとんど売っていない。いつだったか、どこかだったで読んだ(不明すぎてすみません)メキシコ在住の方のブログで、COSTCO(コストコ)のサーモンは、刺身で食べられると読んで、試してみたのが、今年の初め。その数か月後、もう一度。泣きそうになるほど、うまうまだった!!先日、友達が泊まりに来てくれた時 [続きを読む]