soliwood さん プロフィール

  •  
soliwoodさん: 無垢にこだわる家具工房SOLIWOODのBlog
ハンドル名soliwood さん
ブログタイトル無垢にこだわる家具工房SOLIWOODのBlog
ブログURLhttp://soliwood.com/blog/
サイト紹介文無垢の木にこだわる家具工房ソリウッドのブログ。日々の様子、木や家具のことをお伝えします。
自由文無垢の木にこだわる家具工房ソリウッド・プロダクツのスタッフブログ
無垢ダイニングテーブルをはじめとする無垢材家具を販売する吉祥寺ショールームと製作する相模湖工房から日々の様子、木や家具のことをお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2010/04/23 22:35

soliwood さんのブログ記事

  • 書斎のインテリアに無垢材の家具はいかが?【No.1988】
  • 将来的に自分の書斎が欲しいと思っている方は多いと思います。書斎のことを考えると大きな机に壁一面の大きい本棚をおいて、座り心地の良い椅子をセレクトしてと夢が膨らむ一方です。せっかくのスペースですので、良いものをという意識はあると思います。そこで、こだわりの書斎こそ無垢材の家具を置いてみてはいかがでしょうか?書斎の家具に無垢材を推す理由はずばり質感です。薄い突き板を貼った家具も見た目はキレイでかっこい [続きを読む]
  • チェリー材の椅子【No.1985】
  • ここ最近の無垢材家具ではウォールナット材が一番の人気樹種といえると思いますが、ウォールナットに並ぶ人気となりつつある樹種があります。それがチェリー材です。チェリー材はブラックチェリー材という名前でラインナップされていることもありますが、ウォールナット同様、北米からの輸入材で無垢材家具ではメジャーな樹種の1つとなります。チェリー材は導管が細く散在している構造になるので、磨くとスベスベの肌触りになりま [続きを読む]
  • ウォールナット材の椅子【No.1984】
  • 最近の人気樹種といえば、ウォールナット材の名前を挙げないわけにはいきません。ただ、個人的な印象だと2〜3年前に比べると、その人気ぶりも少し落ち着いてきている気はします。ウォールナット材の人気の秘訣はやはりその色味にあると考えます。ウォールナット材は濃い茶褐色をしていますが、これは着色をしたわけではなく元から濃い茶色をしています。製材して乾燥をさせたウォールナット材は濃い色味をしていますが、少しグレ [続きを読む]
  • 無垢材テーブルの価格差はどこからくるの?【No.1982】
  • 暑い日が続いていますね。梅雨はどこへ行ってしまったのでしょうか?相模湖工房周辺はダムがいくつかあるのですが、水の量が少なくなっている気がします。ここまで雨が降らないと水不足も気になります。少しでも雨が降ってくれると涼しくも感じんですがね......テーブル選びの際に気になるのはやはり価格だと思います。無垢材テーブルは合板などの木質素材が使われているテーブルよりも価格が高いので迷われる方も多いと思います。 [続きを読む]
  • 座面から椅子を選ぶという方法。その2。【No.1980】
  • 暑い日が続いていますね。相模湖工房付近も連日30℃以上になっていてかなり暑さを感じています。ソリウッドの相模湖工房は都心から1時間ほどで来られる場所にありますが、周りは山に囲まれていて緑がとても多いです。なので、涼しい場所だと思われている方も多いのですが、実際は都心と気温的な差はそれほどありません。避暑地のように夏でも快適に過ごせるといったことはないです。本日は3連休の頭だったので道も相当混んでいたよ [続きを読む]
  • 座面から椅子を選ぶという方法。【No.1979】
  • 椅子の選び方でオーソドックスなのは、どの椅子にするかを決めてから樹種やファブリックを選ぶという方法です。樹種があらかじめ決まっている場合は、その樹種を選択できる椅子を選ぶということもあるでしょう。ソリウッドで取り扱っている椅子ではウォールナット材、チェリー材、ナラ材はどの椅子でも選択が可能です。この3樹種はテーブルにもよく使われている樹種ですし、フローリングにも使われています。ウォールナット材やチ [続きを読む]
  • 清涼感のあるメープル材のテーブル【No.1978】
  • ISU-WORKSの椅子を製作している山上木工さんの工房がある北海道の津別町では、ここ最近37度近くまで気温が上がっているそうです。東京も暑いですが、それ以上の気温が涼しいイメージのある北海道で記録されているとはびっくりです。少しでも涼しさを求めたくなる季節ですが、今日は清涼感のある樹種のテーブルを紹介したいと思います。完成した当初のメープル材の家具は白に近い淡い褐色をしています。時が経つにつれ、黄色味が [続きを読む]
  • オイル仕上げのメンテナンス講座にて【No.1977】
  • 先日のテーブルメンテナンス講座では、テーブルではなく展示中のウォールナット材リビングラックの天板上に出来てしまった輪染みをキレイにするのと、少し凹んだ箇所をスチームアイロンをつかって補修することの2点の実践をしました。オイル仕上げのテーブルなどの家具は自然な質感が魅力的ではありますが、水などによる染みがつきやすいというデメリットもあります。ですが、少し手をかけてあげれば染みやちょっとした凹みは目立 [続きを読む]
  • 腰に優しい木の回転椅子。【No.1976】
  • "腰に優しい"がデザインコンセプトになっているとAwazaチェアの受注が好調です。ソリウッドでは3モデルを展示していますが、中でも一番評判が良いのがAwaza LDRチェア(回転椅子)です。回転機構が付けられているので座面がクルクルと回ります。これがなかなか使い勝手が良いのです。椅子を動かさなくても立ったり座ったりすることが可能になります。腰に不安を感じている方にとっては有難い機能だと思います。また、回転することで [続きを読む]
  • 樹種と張り地の組み合わせを選ぶのも椅子選びの楽しみのひとつ【No.1971】
  • 無垢材専門の家具屋であるソリウッドの吉祥寺ショップでは扱う椅子も無垢材をふんだんに使った木の椅子です。木の椅子ではありますが、全てが座面まで無垢の板座のみというわけではなく、座面や一部背の部分にはウレタンクッションが中に入っていてその表面を布もしくはレザー(本革・人工皮革)で覆っているものもあります。ソリウッドで扱う椅子も受注生産によるもので、気にいったデザインの椅子を選んで頂き、その上で木の種類 [続きを読む]
  • ストレートカットテーブルと相性の良い椅子【No.1970】
  • ソリウッドの吉祥寺ショップでは、オーダーで製作する家具の見本となる展示品の無垢材テーブルや棚を展示しています。また、ご注文を受けてから製作する耳つきテーブル用の板を壁に立て掛けています。ウェブサイトに掲載している耳つきテーブル用の板の大半は吉祥寺ショップに展示していますので、ご興味のある方はそちらをご覧頂き、気にいった板や実物を見てみたいという天板があった場合は吉祥寺ショップにいらしてみてください [続きを読む]
  • 天然仕上げ砥石の代わりに人造砥石を使うことが増えてきました。【No.1969】
  • 木で何かを作る上で欠かせないものは刃物です。木を切ったり、削ったりするのには刃物が必要です。今は機械化が進んでいますが、それでも刃物は必要です。昔は鉋や鑿しかなかったのでそれらを使用していましたが、現在は便利が機械や電動道具がありますので鉋や鑿、鋸といった手道具を使う機会は少なくなってきました。それでも、必要な時があります。木端を削ったりするのには鉋は便利です。早くて綺麗に削れますからね。刃物は使 [続きを読む]
  • 広葉樹、針葉樹には違いがあります。木材利用は適材適所に。【No.1968】
  • ソリウッドで取り扱っている樹種はいろいろとありますが、すべて広葉樹です。木には広葉樹と針葉樹があります。日本の林業は針葉樹を中心に行われています。特に杉(スギ)と檜(ヒノキ)は日本人なら誰でも知っている木だと思います。山を見渡せば必ず植えられている杉を見ることができます。相模湖工房の周りも杉がたくさん植えられています。花粉が多い年は山が黄色に見えることもあります。杉や檜は主に木造の家の構造材に使われて [続きを読む]
  • 椅子の座面高について【No.1967】
  • 椅子はどのように選べばいいですか?と尋ねられることがあります。椅子を選ぶ際は、とにかく座り比べてみることだと私は考えています。そうするうちに、どういったものが座り心地よく感じるかの感覚を掴んでくると思います。椅子はデザイン性の高い家具でもあるので、家具屋さんにいくと沢山の種類のものがあります。ですが、家具屋さんに置かれている数十の椅子を座り比べ、全部の椅子が座り心地よく感じるということはあまりない [続きを読む]
  • 座面高が低めでゆったりと寛ぐための椅子。【No.1965】
  • あっという間に6月も終わりですね。梅雨っぽくない日が続いていましたが、このところは雨も多く梅雨らしい天気ですね。水不足のことも考えると雨が降ってくれる方が有難いです。でも、仕事の効率を考えると雨降りはちっと迷惑です。乾燥庫から板を取り出したり、乾燥庫に板を入れたりするのは完全に外での作業になります。乾燥後の板を雨に濡らしたくないので、晴れた日限定の作業になります。一番困るのが板を拡げて作業している [続きを読む]
  • 座面高が低めでゆったりと寛ぐための椅子。【No.1965】
  • あっという間に6月も終わりですね。梅雨っぽくない日が続いていましたが、このところは雨も多く梅雨らしい天気ですね。水不足のことも考えると雨が降ってくれる方が有難いです。でも、仕事の効率を考えると雨降りはちっと迷惑です。乾燥庫から板を取り出したり、乾燥庫に板を入れたりするのは完全に外での作業になります。乾燥後の板を雨に濡らしたくないので、晴れた日限定の作業になります。一番困るのが板を拡げて作業している [続きを読む]