soliwood さん プロフィール

  •  
soliwoodさん: 無垢にこだわる家具工房SOLIWOODのBlog
ハンドル名soliwood さん
ブログタイトル無垢にこだわる家具工房SOLIWOODのBlog
ブログURLhttp://soliwood.com/blog/
サイト紹介文無垢の木にこだわる家具工房ソリウッドのブログ。日々の様子、木や家具のことをお伝えします。
自由文無垢の木にこだわる家具工房ソリウッド・プロダクツのスタッフブログ
無垢ダイニングテーブルをはじめとする無垢材家具を販売する吉祥寺ショールームと製作する相模湖工房から日々の様子、木や家具のことをお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2010/04/23 22:35

soliwood さんのブログ記事

  • 無垢材テーブルの樹種を選ぶ際のポイント【No.2051】
  • 本日は、ソリウッド吉祥寺ショップで無垢材テーブル選び方講座を開催しました。こちらは、こじんまりとした少人数参加の無料講座になります。普段の接客では説明しきれない針葉樹と広葉樹の違い、木の構造による違いなど知っておくとテーブル選びには役に立つであろう情報をお話しています。無垢材選び方講座では、樹種、サイズ、仕上げ方法の3つの点について、選び方のポイントをお話をしています。今日のブログでは、そのポイン [続きを読む]
  • 国産材を使用した耳つきテーブルの新作を展示販売中です。【No.2050】
  • 昨日のブログでも触れましたが、国産材を使用した耳つきテーブルを吉祥寺ショップに運びました。すでに展示してありますので吉祥寺ショップにて実物を確認することができます。これらのテーブルは現品販売致します。通常のオーダー製作のテーブルの場合納期が2~3ヶ月頂いていますが、現品販売のテーブルならすぐに納品することも可能です。引越しがもうすぐでそれに間に合うようにテーブルが欲しい方にも対応することが可能なので [続きを読む]
  • 書籍「この椅子が一番!」でランクインしている椅子【No.2048】
  • 先日のブログでも紹介されていますが、椅子好きの人やこれから長く使える椅子を揃えたいと思っている人は楽しめるのではないかという本が出版されました。「この椅子が一番! 椅子に関わる専門家100人が本音で選んだシーン別ベストな椅子とは・・・」西川 栄明著 誠文堂新光社この本は椅子製作や販売にかかわる専門家にアンケートを行い、その内容をランキング形式でまとめ、それぞれの椅子を推した方の理由のコメントがまとめら [続きを読む]
  • 座面がやや硬めの木の椅子【No.2047】
  • 先日、よく質問される「木の座面ってどうですか?」というテーマについてブログを書きました。木の座面ってどうですか?【No.2044】このブログでは、木の椅子でさらに座面が木のものにスポットをあててメリット・デメリットを書きました。木の座面だと当然、クッション性のあるファブリックの座面に比べるとお尻との設置面はより硬く感じます。長時間座っていると少し苦痛になることもあるかもしれません。ですが、座面が硬い=座 [続きを読む]
  • 国産材を用いた耳つきテーブルあります。【No.2046】
  • 気がついたら9月も半分以上が過ぎてしまいました。9月になったら暑い日があるのかなと思っていましたが、大して暑い日はなく、すっかり秋の天気になっています。朝晩は涼しく、寒く感じる時もあるようになってきました。昨日も紹介しましたが、これからの時期に本格的に伐倒されます。新たに伐倒され製材された板が市場に並び始めます。仕入れにも力が入る時期に入ってきました。今年は材木市場に行った回数が少なめですが、これか [続きを読む]
  • ミズメの耳つきテーブル。【No.2045】
  • 三連休の最終日はなんとか晴れました。相模湖工房近辺はとてもよく晴れて暑い1日でした。久しぶり太陽の光を浴びた気もしました。でも、この朝晩はだいぶ涼しくなってこのまま秋になりそうな感じですね。秋から冬にかけては木の伐採が行われます。木材利用される木は基本的には秋から冬にかけての時期に伐られます。春から夏にかけては木が勢いよく成長していて水分が多く含まれています。そうした時期に伐倒して製材すると水分が [続きを読む]
  • 木の座面ってどうですか?【No.2044】
  • 「木の座面ってどうですか?」吉祥寺ショップで接客をしている際によく聞かれる質問の1つです。椅子をご検討されている方からの質問ですが、おそらく木の座面の椅子は座り心地が悪そうに感じるけど、その辺どうですか?といった意味合いでご質問されている方が多いと思います。座り心地に関していえば、クッションが中に入っている布座や革(レザー)座に比べると、硬くは感じます。それを座り心地の優劣と捉えるかたは個人の感覚 [続きを読む]
  • ウォールナット材のローテーブルを納品しました。【No.2043】
  • 台風が接近していますね。被害が多くならないことを願っていますが...こちらは雨がそれなりに降っていますが、風がないので台風っぽくはないです。明日が大変そうです。先日納品したウォールナット材のローテーブルを紹介します。最近は配達業者さんを使った納品が多くなり、直接お客様の所に伺う事が少なくなりました。ですが、先日はたまたま我々が納品することになり配達してきました。ウォールナット材のローテーブルです。W15 [続きを読む]
  • 今度の日曜日はオイルメンテナンス講座!【No.2041】
  • 今度の日曜日に、オイル仕上げのテーブルのメンテナンス講座が開催します。無垢材テーブルを注文しようと思っている方、すでにオイル仕上げのテーブルを使っている方にとってもオイルメンテナンスは不安要素の1つだと思います。「オイル仕上げのテーブルは汚くなってしまうのでは?」「メンテナンスが難しそう」と不安な方もいらっしゃると思います。オイル仕上げとは、植物性のオイルをメインに自然素材を調合した家具用オイルを [続きを読む]
  • 無垢材で作るオーダー制作の棚。【No.2039】
  • オーダー製作をしたタモ材本棚を納品しました。納品業者さんで納品する予定でしたが、ちょっとした手違いがあり急遽我々スタッフで納品することになりました。あいにくの天気で雨の中の納品になってしまいましたが、なんとか無事に納品することができました。本日納品したのがこちらの本棚です。サイズはW1200×D300×H700mmで板厚は全て22mmとなっています。背板は無くて、左側が固定棚、右側が稼働棚になっています。本棚などの [続きを読む]
  • クルミのテーブルに合わせる椅子【No.2037】
  • ここのところ、いくつかのブログで国産クルミ材の耳つきテーブルを紹介させて頂きました。いずれも20万円をわる大変お買い得なテーブルとなっていますので、あまり重々しくないけれども、自然な感じが出ているテーブルが欲しいという方にはぜひご検討頂き、実際に見て触って頂きたいとおもっています。クルミは、クルミ科の落葉広葉樹で、製材しオイルで仕上げると比較的滑らかに仕上がりますが、表にでる木目と色味は素朴で自然 [続きを読む]
  • お神輿にはケヤキ材がよく使われています。【No.2036】
  • 今日と明日は吉祥寺秋祭りが開催されています。吉祥寺は商店街が多数あるので各商店街ごとにお神輿を担ぎます。ソリウッドの吉祥寺ショップがある大正通り商店会は大正祭礼委員会として吉祥寺秋祭りに参加しています。大正祭礼委員会の担ぐ大正祭礼神輿は去年から担ぐお神輿が変わりました。今まで担いでいたお神輿は本体部分に色とりどりの着色がされていましたが、新しく担ぐお神輿は本体部が塗られていない白木造りのお神輿です [続きを読む]
  • 現品販売第3弾!北海道産クルミ材の耳つきテーブル【No.2034】
  • これまでオーダーを受けてから製作をすることがほとんでしたが、仕上がったものをお店で見て頂き、そのテーブルをそのままお届けする現品販売にも少し力を入れていこうと思っています。すでにこのブログでも紹介しましたが、現在吉祥寺ショップには、C108テーブル 現品販売のチェリー材耳つきはぎテーブルD99テーブル  岐阜県飛騨市産クルミ材の耳つきはぎテーブルの2台の5枚はぎの耳つきテーブルが現品販売として展示さ [続きを読む]
  • 9月も行います無垢材テーブルに関するミニセミナー【No.2033】
  • 毎月ソリウッドの吉祥寺ショップで行っているミニセミナーについて書きます。今月は奇数月なので、オイル仕上げのメンテナンス講座と無垢材テーブル選び方講座を1回づつ開催する予定です。通常は第2週の日曜に開催することにしていますが、今月は吉祥寺秋まつりが開催されるため、第2週でなくて第3週の開催とさせて頂きます。ですので、オイル仕上げのメンテナンス講座は9月17日(日)14:00〜@ソリウッド吉祥寺ショッ [続きを読む]
  • ケヤキ材の椅子もあります。【No.2032】
  • まずはお知らせを。ソリウッドとは直接関係ありませんが、私たちもアンケートに参加した本が発売になりました。まだ私の手元にはないのでどんな内容になっているかは分かりませんが椅子好きの方なら読んで間違いなしの内容になっていると思います。著者は木工関係の著作が多数ある西川 栄明さんです。本のタイトルは『この椅子が一番!: 椅子に関わる専門家100人が本音で選んだシーン別ベストな椅子とは...』です。アマゾンさんなど [続きを読む]
  • 国産クルミ材と北米産ウォールナット材。【No.2031】
  • 一昨日のブログエントリーで国産のヤマザクラ材と北米産のチェリー材について書きました。国産ヤマザクラ材は今となっては流通量が少なく、良質な板を入手するのが困難になってきています。北米産のチェリー材は今のところまだ安定して高品質な木材を日本で入手することができています。同じサクラの仲間であっても木目の様子や性質に少し違いがあります。ヤマザクラ材の方が木目がワイルドに感じます。チェリー材は割と大人しめの [続きを読む]
  • ひじ掛けがなくても掛け心地の良い椅子ありますよ【No.2030】
  • 肘掛けのある椅子とない椅子どちらがお好みでしょうか?椅子を選ぶ際に、肘掛けのあるなしは悩むポイントでもあるかと思います。イメージ的には肘かけのある椅子のほうが、座っていると楽だし、掛け心地も良いというところでしょう。ですが、普段肘掛けのない椅子をメインに使っている私としては、肘掛けなしでも掛け心地は良いし、メリットもあるよと言いたい気持ちもあります。そこで、今日は肘掛けのない椅子にスポットをあてて [続きを読む]
  • 北米産チェリー材と国産ヤマザクラ材。【No.2029】
  • 無垢材家具の世界でもブーム的なものがあります。人気樹種も緩やかではありますが、変化していきます。これは時代の流れや住宅事情などが影響していて、木材自体の良い悪いではないのですが... 最近は北米産のウォールナット材の人気が高いです。かれこれ数十年人気樹種である事は間違いありませんが、その人気は衰えることがなくずっと続いています。最近では世界的需要の高まりによって価格がさらに高騰して、我々を悩ます種にな [続きを読む]
  • 人気のPePeチェア。色々な樹種を選択することができます。【No.2028】
  • 9月になりましたね。なんとなく秋の雰囲気が漂い始めています。今年の夏はなんだかスッキリしない夏でした。暑くないのは良かったですが、夏らしい日がとても少なくちょっぴり寂しく感じます。今日は宮崎椅子製作所の椅子を紹介します。こちらの写真はPePeチェアです。PePeチェアは宮崎椅子製作所の椅子の中でも販売数が多いロングセラーの椅子です。すでに2万脚以上が製作販売されています。PePeチェアは肘掛けが前方まで伸びてい [続きを読む]
  • 岐阜県飛騨市産のクルミ材を使った耳つきテーブル【No.2027】
  • 吉祥寺ショールームにこれまでとは少し違った特徴を持つ耳つきテーブルが入荷しました。D99 岐阜県飛騨市産クルミ材を使用した耳つきはぎテーブル産地がはっきりとした板を使っていますソリウッドが普段使っている木材は輸入材のものが多いです。木材流通の全体に言えることですが、それぞれの木の産地がはっきりと明確になっているものはあまりありません。輸入材だとウォールナット材やチェリー材は北米、タモやナラなどはロ [続きを読む]