1号2号 さん プロフィール

  •  
1号2号さん: 鳥の帝国
ハンドル名1号2号 さん
ブログタイトル鳥の帝国
ブログURLhttp://torinoteikoku.a-thera.jp/
サイト紹介文ずぼらな飼い主と食い意地の張ったヨウムとの生活をメインとしたブログです! 他に烏骨鶏・インコも☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2010/04/25 12:05

1号2号 さんのブログ記事

  • 切ない顔
  • あの大きな鈴の玩具初めは怖がっていたモカですが大のお気に入りとなったようですしかしながらいつものクラッシャーぶりを早速発揮いたしましてケージと鈴とを繋いでいる部品を破壊してしまいました1回目は何故かモカ、逆ギレさしずめ「モカが悪いんじゃない!」と、言いたかったのかもしれませんで、壊れた部品を家にあった代替品で修理しましたですが・・2日と経たずにまた、破壊この時のお話ですがモカはケージから落ちてしま [続きを読む]
  • 見栄を張る
  • 暑い日が続きますねそんな中、皆で揃ってテラスで日光浴(病弱なミルキーと暑さに弱い万里は除く)モカ、普段ならすぐに「アツイ、アツイ」と弱音を吐くのですが小鳥チームが一緒だと見栄を張るようで小鳥チームが暑くて騒いでいるとそれを「ウルサイ!!」と一喝そして、自分は「これくらい、なんてことないサ」という感じで涼しい表情その後、暑そうにしていた小鳥チームを先に冷房の効いた室内に撤収すると、その途端に「アツイ [続きを読む]
  • 通販で買うと・・
  • 私は地方在住ですのでヨウム用のペレットが近くのショップさんでは取り扱っておらず、いつも通販のお世話になっておりますで、今回ペレットのついでにモカ用のオモチャも買ってやることにモカは音が出るオモチャが好きそうなので中に鈴が入っているベル型のプラスチック製のオモチャを購入いたしました数日後自宅にペレットと一緒に届いたオモチャを見てビックリ「で・・・でかっ!!」自分の想像より優に二回りはデカいただ、デカ [続きを読む]
  • 喧嘩からの仲直りの過程
  • 先日、モカと喧嘩しましたモカが噛み付いてきたので反撃で、鍋掴みを装着してモカの身体をギューっと抑え付けました(この辺りは賛否別れるところでしょうが、 ワタクシはやられたらやり返す主義であります)それが余程気に食わなかったらしく翌朝、モカはケージから出て来ませんでした嫌〜な目をして、こちらを睨んでます「お〜、珍しく根に持っとるなぁ」で、こちらも必要以上には構わず、エサと水だけ交換いたします翌日、まだ [続きを読む]
  • 一歩下がって悪口を言う
  • モカの放鳥中に、2号サンより電話がかかってきましたガラケーから2号サンの声が聞こえてくるのをじっとガラケーの横で聞いていたモカ「今、モカが放鳥中」と伝えると2号サンが「モカちゃ〜ん」と話しかけましたモカ、沈黙その後も2号サンが何度も話しかけますがモカ、相変らず沈黙そして、一歩後ずさりしてから「アホカ!」と捨て台詞文句があるなら電話の傍で言えば良いのに何故か一歩下がったモカもしかしたら、ガラケから2 [続きを読む]
  • 黄昏の時期
  • ウチで鳥サンを飼うようになってから11年が経過いたしましたその間、延べ9羽をお迎えし、3羽をお見送りいたしました幸いなことにここ4年ほどは皆、元気に過ごしてくれておりますただ、年数が経過した結果白オカメ ミルキー 10歳オカメ  ムース   9歳ヨウム  モカ    8歳セキセイ マーチ   4歳セキセイ メロン   4歳烏骨鶏  万里    5歳となり、皆さんお年を召して参りましたまぁ、モカはま [続きを読む]
  • 手続き完了
  • 先日、自然環境センター様より「国際希少野生動植物種登録票」が郵送されて参りましたようやく手続き完了でありますそれが、コチラまぁ、紙切れ一枚と言えばそれまでですがとりあえずこれで私に何かあった時にモカを第三者の方に譲渡するという選択肢が出来ました如何せん、ヨウムは長命な生き物ですのでその間に飼い主側に何があるかわかりませんその時に、選択肢は一つでも多い方が良いと思います手続き自体はそれ程難しいもので [続きを読む]
  • 写真です
  • 以前のブログで「審査にパスしたら、審査に使用した写真を 公開する」と書かせて頂きましたおかげさまで無事審査にパスいたしましたのでオープンにしたいと思いますさて、審査に必要な写真は4枚・個体全体の正面を撮影した写真・個体全体の側面(真横・左向き)を撮影した写真・頭部の側面(真横・左向き)を接写した写真・足輪がわかるように接写した写真以前にも書きましたが「ポーズ指定」はなかなかハードルが高かったですし [続きを読む]
  • やっと連絡がきました
  • 本審査の書類を提出してから5ケ月弱・・急ぐ話でもなかったので気長に待ってはおりましたが流石に、「書類は本当にセンターに届いているのか?」と思いはじめていたのですがようやくセンターより電話連絡が入りました訂正事項もなく、審査OKとのことでした合わせて、審査料金3240円の振込先を教えて頂きました(口頭で説明するか、FAXにするかと言われて 聞き間違いリスクがあるのでFAXを 頂く方を選択いたしました [続きを読む]
  • 食い意地が張っている
  • ウチのモカは大抵飢えてますまぁ、理由がありましていつもエサ入れにたっぷりとエサをやると、好物のナッツとシードしか食べないもので嫌いなペレットも全部食べないと補充しない・・・というルールにしておりますそんなワケでしてたまに、大好物の枝豆を用意したらそれはそれは喜びます目の色が変わりますねさらに、それだけではなく「ゴクリ」と人間が生唾を飲み込むような音をたてます人間も動物も好物を目の前にすると同じよう [続きを読む]
  • DNA VS 生活習慣
  • ウチの万里もそろそろ5歳最近では以前よりも身体が弱ってきている感じもいたします・・・それはさておきウチは完全に「夜型」の生活です必然的に鳥たちも夜型の生活となりますしかしながら、鶏と言えば「朝型」の生き物の代名詞さすがに万里は雌鶏なので早朝に「コケコッコー」とは鳴きませんがそれでも、ウチに来てしばらくは他の鳥たちが朝寝坊していても一人で朝からケージ内を歩き回っておりましたまた、夜になって他の鳥たち [続きを読む]
  • 呉越同舟
  • 5月の晴天の下あまり仲の良くないモカとセキセイズですが一緒に日光浴でありますモカは「何で自分だけじゃなくて コイツ達がおるんや!?」とちょいと不満そう向こうのメロンは既に暑さで少しバテ気味真中のマーチは最早暑い寒いもよくわからないのか5月の強烈な日差しの中、至って普通でありますたまには呉越同舟的なこんな日光浴も良いでしょう☆ランキングに参加しています☆ して頂けるとヤル気が出て嬉しいデス!に [続きを読む]
  • よくぞ10年
  • 若かりし日のミルキーの写真でありますこのミルキーも先日めでたく10歳の誕生日を迎えることが出来ました以前にも書かせて頂きましたが元々身体が弱く、足も短くて握力もなく「長くは生きられないかも」も言われていたのですが今ではさらに身体が弱ってしまい、止まり木を登ったり下ったりするのも必死な様子ですが鳥の本能なのか、やはり高い所に行こうとしますねこうして10年生きることが出来たのも2号サンの献身的な世話に [続きを読む]
  • 気まぐれ
  • 他のヨウムさんのことはよくわからないのですが・・・兎に角、ウチのモカは気まぐれヨウムであります甘えモードから攻撃モードへの切り替えが早いこと早いこと何が原因なのかいまだによくわかりませんが、いきなり嘴で噛み付いてこようとしますしかも、あの胡桃を噛み砕く破壊力でありますまともに噛まれたら出血どころの騒ぎではありませんそのくせ、モカはボディタッチされるのが好きなのです仕方ないので片手で上嘴を抑えながら [続きを読む]
  • 一石二鳥
  • 余談ですが、鳥飼いが使ってはいけない諺ですねそれはさておき穏やかな天気だったので洗車をしようと思い立ちましたその折に、モカが水浴びが大好きだったことを思い出したので一緒に水浴びもさせてやろうとさすがに洗剤がついたらマズイので最終工程での放水の折にモカも一緒に水浴びモカ、さすがに嫌がるかと思いきや大興奮して「フォ〜〜〜ッ!」と雄叫び(?)をあげておりますそして、結局こんなシャワーでは生ぬるいとばかり [続きを読む]
  • 細工ナシです
  • 久しぶりの動画です最近、モカは殻付胡桃が大好きですあのカタイ胡桃の殻をいとも容易く破壊して中の実を食べておりますその様子を撮影いたしました(もちろん、胡桃には何の細工もしておりません)また、最後にちょっとしたドジ映像が入っております時たまカメラ目線になって小首を傾げて愛想を振りまいておりますが、あの破壊力の前にはドン引きでありますあのパワーでマジ噛みされたら100%病院送り間違いナシですね☆ランキ [続きを読む]
  • 美食家
  • 普通、「鶏」と言えば残飯処理の代名詞ですよね基本的に雑食ですししかし、ウチの万里は食にはこだわりがあるようで・・・オカメのムースのエサがエサ箱の中に大量に残っていたので2号サンが勿体ないと思い、万里のエサ箱にそれをザザザーッと流し込みましたすると・・・万里、首を捻ってから少しムースのエサを咥えてみて味見をして・・・ポイッと捨てました後は一切エサに手をつけずどうも、お口に合わなかったようでありますま [続きを読む]
  • 意外と別嬪さんだった
  • ショップさんから毛引きセキセイだったメロンを引き取ってから半年弱がたちましたまだ毛並は完全に綺麗にはなっておりませんがすっかり羽毛に覆われておりますすると・・・意外とメロンは別嬪さんであることが判明いたしました引き取り時は羽毛もまだらでお顔周辺の模様も見る影もなかったのですがきちんと生え揃ってきたらなかなか綺麗になりました目が全て黒目、というのも良い感じでありますお世話をしている2号サンの話ではマ [続きを読む]
  • ゴキゲン
  • 先日、1泊2日の旅行で1号が珍しく家を空けました結果、初日の夕方辺りからモカの機嫌がどんどん悪くなっていったとのこと(2号サン談)お世話の方は2号サンが出来る範囲でしてくれていたので問題はないはずなのですがで、二日目の深夜1号が帰宅して、モカを放鳥してやるとそれはそれはゴキゲンになりましたいつもは黙って1号の肩の上に留まっているだけなのですがこの日は非常にゴキゲンだったのかず〜っと肩の上で何かをし [続きを読む]
  • ちょっとイラっとする
  • 2月、3月は仕事が繁忙期であります結果、人間サマの口癖も「あ〜、疲れた〜」となりますモカ、「これは使える」と思ったのでしょう最近、事ある毎にそれを連発します放鳥中、少し飛んでは「ア〜、ツカレタ」1号の腕から肩に登っては「ア〜、ツカレタ」それのドコが疲れるんや!!という、時にその台詞を使います本当に、つまらん口癖はすぐに覚える困った鳥であります(少し飛んでは・・・)☆ランキングに参加しています☆クリ [続きを読む]
  • 鶏は可愛い
  • ウチの鳥部屋の中央で一番大きな面積を占めている烏骨鶏の万里のケージまぁ、本来は犬用だったものを改造したものですがその万里もウチにお迎え(?)して早4年半が経過いたしました最近ではいよいよ「打ち止め」になったのか卵も産まなくなりましたもっとも、「卵」は食べていなかったので(ミルワームを食べて出来た卵だと思うと・・)そのこと自体はまったく問題はありませんむしろ、産卵期特有のペースト状の糞の強烈な臭いか [続きを読む]
  • 写真撮影(希少種登録)
  • いよいよ本審査に向けて写真撮影に入ります手引書によりますと写真は4枚必要となります1 個体全体の正面を撮影した写真2 個体全体の側面(真横・左向き)を撮影した写真3 頭部の側面(真横・左向き)を接写した写真4 足輪を付けている場合は、足輪がわかるように  接写した写真(以上、全て申請前1ケ月以内に撮影すること)う〜ん・・・今まで、モカの写真はたくさん撮影して参りましたがそれは全て、「結果オーライ」 [続きを読む]
  • なまじしゃべらない方が・・
  • 「知らぬが仏」という言葉があります動物の気持ちだって、そうなのかもしれません・・よく「ペットがお話出来れば良いのに」という希望を聞くことがあります(特に犬、猫さん)翻訳機(?)のようなグッズもありますねしかしながらそれはあくまで「ファンタジー」なのでありますヨウムのモカと長年接してきてそう感じるのですヤツの実態はわがままで、自己中で、嫉妬深くて、すぐにキレるし、都合が悪くなればしらばっくれますまた [続きを読む]
  • 仮審査合格の電話(希少種登録)
  • さて、希少種登録のお話の続きです3種類の書類をFAXした後のお話申請者によって多少日程にバラつきはあるようですがFAXした後に自然環境研究センター様の担当者より電話連絡が入ります(私の場合はFAX後、4〜5日後でしたが)そして、FAXした書類について合格の場合はその旨を訂正事項がある場合はその場所と訂正内容を連絡して頂けますそして、仮審査に合格したらいよいよ本審査となります仮審査と本審査の相違点は [続きを読む]
  • 10回目の冬を乗り越えました
  • ウチの最年長となった白オカメのミルキーお迎え時に「この仔は身体に障害もあるし 長くは生きられないかもしれない」と言われました実際、何度か非常に弱ってしまって落鳥も覚悟したのですが幸いなことに持ち直しました今冬も、とても具合が悪くなって「今度こそは危ないかも・・」と思ったのですが2号サンの看病とお薬の成果で無事回復いたしましたそして、何とか10度目の冬を乗り越えようとしておりますとても無口な鳥さんで [続きを読む]