1号2号 さん プロフィール

  •  
1号2号さん: 鳥の帝国
ハンドル名1号2号 さん
ブログタイトル鳥の帝国
ブログURLhttp://torinoteikoku.a-thera.jp/
サイト紹介文ずぼらな飼い主と食い意地の張ったヨウムとの生活をメインとしたブログです! 他に烏骨鶏・インコも☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2010/04/25 12:05

1号2号 さんのブログ記事

  • 写真撮影(希少種登録)
  • いよいよ本審査に向けて写真撮影に入ります手引書によりますと写真は4枚必要となります1 個体全体の正面を撮影した写真2 個体全体の側面(真横・左向き)を撮影した写真3 頭部の側面(真横・左向き)を接写した写真4 足輪を付けている場合は、足輪がわかるように  接写した写真(以上、全て申請前1ケ月以内に撮影すること)う〜ん・・・今まで、モカの写真はたくさん撮影して参りましたがそれは全て、「結果オーライ」 [続きを読む]
  • なまじしゃべらない方が・・
  • 「知らぬが仏」という言葉があります動物の気持ちだって、そうなのかもしれません・・よく「ペットがお話出来れば良いのに」という希望を聞くことがあります(特に犬、猫さん)翻訳機(?)のようなグッズもありますねしかしながらそれはあくまで「ファンタジー」なのでありますヨウムのモカと長年接してきてそう感じるのですヤツの実態はわがままで、自己中で、嫉妬深くて、すぐにキレるし、都合が悪くなればしらばっくれますまた [続きを読む]
  • 仮審査合格の電話(希少種登録)
  • さて、希少種登録のお話の続きです3種類の書類をFAXした後のお話申請者によって多少日程にバラつきはあるようですがFAXした後に自然環境研究センター様の担当者より電話連絡が入ります(私の場合はFAX後、4〜5日後でしたが)そして、FAXした書類について合格の場合はその旨を訂正事項がある場合はその場所と訂正内容を連絡して頂けますそして、仮審査に合格したらいよいよ本審査となります仮審査と本審査の相違点は [続きを読む]
  • 10回目の冬を乗り越えました
  • ウチの最年長となった白オカメのミルキーお迎え時に「この仔は身体に障害もあるし 長くは生きられないかもしれない」と言われました実際、何度か非常に弱ってしまって落鳥も覚悟したのですが幸いなことに持ち直しました今冬も、とても具合が悪くなって「今度こそは危ないかも・・」と思ったのですが2号サンの看病とお薬の成果で無事回復いたしましたそして、何とか10度目の冬を乗り越えようとしておりますとても無口な鳥さんで [続きを読む]
  • 仮審査の書類を書く その2 (希少種登録)
  • さて、今回は「その1」の続きとなりますB 取得経緯の自己申告書のお話でありますなお、この書類はC 上記書類の裏付けとなる書類と、セットになります個人的には、この「C」の書類が用意出来るか出来ないかで、登録の可否が分かれるだろう・・・と思っております以前にも書きましたが私自身、お迎え時にショップさんから頂いた書類一式が引越しの際に紛失してしまい、ショップさんに今回の申請に合わせて販売証明書を再発行し [続きを読む]
  • 遊びが大好きな鶏
  • 「遊び」高等な動物しかしないという行為ですね生存のために必要がないのに好んでする行為のことを指すようですが野生でもカラスが遊んでいる、という報告はありますね(電線に逆さになったり、滑り台を滑ったり)飼い鳥の場合はエサもふんだんにあって暇なので、インコにしてもヨウムにしても何かしらの道具でよく遊んでおりますしかし、同じ鳥でも、おバカの代名詞である鶏もちゃんと遊んでいるのであります飼い始めの頃は「鶏は [続きを読む]
  • 仮審査の書類を書く その1(希少種登録)
  • さて、不定期でアップしている希少種登録の件自然環境研究センターさんに電話が繋がり、OKが出ましたらいよいよ仮審査のための書類作成に取り掛かることになります仮審査に必要な書類A 登録申請書B 取得経緯の自己申告書C Bを証明する書類の3種になりますまずは Aの登録申請書につきましてこれは自然環境研究センターさんのHPに記載例もありますのでそちらも参考にされると良いと思います(こちらのページです)http [続きを読む]
  • モカ8歳につき
  • 先日、モカが8歳となりましたお迎え以来、病気一つせずに元気でおりますそう言えば、以前読んだ本の中でこんなことが書いてありました犬のお話でしたが、人間がショップに出向き、「飼いたい!」という動物に出会うその日、その動物の方も朝からソワソワする、というのです動物の方も「今日が運命の日だ」と感じるのかもしれませんね以前にも書かせて頂きましたが、本来、モカはお迎えするはずのヨウムではありませんでしたショッ [続きを読む]
  • 電話をしよう(希少種登録)
  • さて、必要書類のダウンロードが終了し一通り書類に目を通したらいよいよ自然保護センターさんへ電話をかけることになりますちなみにこの電話は「必須」であります自分で書類を見て勝手に書いて、勝手に郵送しても受理してくれないと思われます電話 → 書類をFAX → 仮審査という流れを経た上で書類の正式な提出・・・という流れになりますちなみに、2017年1月2日にヨウムが希少種に登録され、お正月休みが明けてから [続きを読む]
  • メロンその後
  • 毛引きセキセイメロンのその後でありますショップさんから譲り受けてから2ケ月半が経過いたしました世話をしている2号サンの話ではまだ、ケージからは出てこようとしないですが他の鳥たちが放鳥されている様子は興味深そうに眺めている、とのこと羽毛の方はこの通りです生えたり、また抜いたりしておりますが3歩進んで2歩下がる、という感じでだんだんと羽毛に覆われている確率が高くなってきたように思えます心なしか、毛並も [続きを読む]
  • まずは書類を入手しましょう(希少種登録)
  • さて、今回から具体的に希少種登録の方法についてアップしていこうと思います前回の流れで書かせて頂きましたとおり、登録の認可を管轄する自然環境研究センターに電話をしてから、登録作業がはじまるのですがこの電話の際にある程度「予習」をしておいた方がその後の流れがスムーズになるのは間違いありません「予習」と言ってもそれほどたいしたことではありません自然環境研究センターさんのHPを見て申請の流れを確認して、実 [続きを読む]
  • 全体の流れ(希少種登録)
  • さて、本年1月2日をもってヨウムがワシントン条約付属書Ⅰ類指定を受けて日本でも国際希少野生動植物種に登録されました以後、登録されている個体以外は原則、販売・譲渡禁止となります別にショップを経営しているわけでもありませんが如何せん、ヨウムは長命の可能性があるので人間サマの側が先に召されてしまったり等、飼えなくなることが十分に想定出来るので一般飼い主であるワタクシも、モカを登録させることといたしました [続きを読む]
  • 伸縮幅が大きい
  • 本年1月2日をもっていよいよヨウムが日本でも希少種に指定されましたね目下、登録申請の途中であります全体像が見えたら、随時このブログにて登録申請のことは書いていきたいと思っております今回はそれに関する余談であります申請書類の中に、「体長」を記載する項目がありますまぁ、嘴の先から尾羽の先までの長さなのですがしかしながらヨウム飼いの方はわかると思いますがヨウムの首って結構伸縮自在なのですヨウム飼いでない [続きを読む]
  • 己のためにトークする
  • よく投稿されているヨウムさんの動画を観ますと・・・例えば、「PPAP」を上手にマネしているヨウムさんがいたりしますねきっと、そんなヨウムさんはエンターテイナーとしての資質があるのでしょう(無論、飼い主様の努力があるのも当たり前でしょうが)翻って、ウチに鎮座しているヨウム様「人間を楽しませてやろう」などという理由で口を開くことはありませんさすがに朝には「ヘロゥ」夜には「バイバイ、マタアシタネ」くらい [続きを読む]
  • 配置転換
  • 昨年の11月にメロンをお迎えしたわけでありますがそれまでは、ヨウム1羽、オカメ2羽、セキセイ1羽烏骨鶏1羽がウチの住人でありましたスペース的に余裕があったので全部鳥部屋の床に置いておりましたそこに、メロンが加わったわけです以前であれば、アクリルケースを2段にしてスペースを確保していたのですがさすがに劣化してきて重ね置きが怪しくなって参りました結果、メロンも(強引に)床に置いた状態で2ケ月過ごしまし [続きを読む]
  • 本年もよろしくお願いいたします
  • あけましておめでとうございます本年も6羽とも元気で過ごすことが出来れば・・・と思っておりますまた、本年はヨウムの希少種登録作業もあると思いますので随時アップしていきたいと思います本年もよろしくお願いいたします(元気一杯のモカであります)☆ランキングに参加しています☆ して頂けるとヤル気が出て嬉しいデス!にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村ありがとうございました [続きを読む]
  • 何故か直毛
  • 毛引きセキセイのメロンをお迎え(引き取り?)してから1ケ月半毛引きしていたお腹にも毛が生えてきたのではありますが・・・何故か直毛立派な胸毛という感じであります一度毛引きをしたら毛根(?)の向きが変わるのでしょうか?それとも、何度か生えたり抜けたりしていくうちに通常の形へ戻っていくのか今後の観察事項ですね☆ランキングに参加しています☆ して頂けるとヤル気が出て嬉しいデス!にほんブログ村にほんブ [続きを読む]
  • 楽しみなドライブ
  • ドライブが好きなモカなのでたまに車で連れ出します今回は雨の中5時間のドライブでありました”トトロ岩”をバックに・・・もちろん、走行中はアクリルキャリーの中に入れておりますがこうしてたまに出してやらないとキャリーが狭いので怒ります(もちろん、ドアのロックはしっかりと確認いたします)ハンドルを止まり木代わりにしてゴキゲンであります☆ランキングに参加しています☆ して頂けるとヤル気が出て嬉しいデス [続きを読む]
  • 何気ない日常
  • 今年もあと2週間となりましたこちらの地方でもいよいよ初積雪となりまた本格的な冬がやって参りますヨウムのモカをお迎えして7年余今まで大きな病気も怪我もせずにお医者さんに罹ったことはありません今年も無事平穏に過ごせたことを感謝であります特に賢くなったわけでもありませんが以前よりも1号について回るようになったような気がいたします放鳥時、1号が鳥部屋から出ると必ず後から追いかけて飛んで来て肩に乗ります(故 [続きを読む]
  • 干支用撮影
  • 来年は酉年でございます先日も書きましたが何故か「鳥」ではなく「鶏」なんですよねぇ空を飛ぶのは反則なのか?いや、それなら「龍」はどうなるまさか、蛇と同じように地面を這ってゴールに向かったのか?それはさておきせっかく12年に1度の機会なので今年の年賀状は「鶏」の写真で決まり!・・・であります(多分、12年後までは生きていないでしょうし)と、いうことで万里と鏡餅で撮影これをベースにして適当に加工すること [続きを読む]
  • 差がありすぎ
  • ウチにはセキセイ・オカメ・ヨウム・鶏がおります昨今巷を騒がせている「鳥インフル」何万羽もの鶏が殺処分されていますねその一方でワシントン条約サイテスⅠ類記載を受けて来年よりいよいよヨウムが日本でも希少種に認定されるようです飼っていると鶏もヨウムも同じように意志を持ってオモチャで遊んでモノマネもしておりますヨウムのモカが人間の笑い声をマネして「オッホッホ」と言ったらそれを鶏の万里がマネをして「コッコッ [続きを読む]
  • お迎えその後 その2
  • メロンをお迎えしてから約2週間が経過いたしましたお迎え直後それが今日このように変化いたしました毛引きでツルツルだったお腹にかなり羽が生えて参りましたこれも2号サンのお世話の為せる技ですねぇケージは清潔に食事とお水も新鮮に部屋は暖かくに加え、必要以上に干渉しない・・・という2号サンの方針も良かったのかもしれませんまた、部屋の中には6羽(鶏含む)おりますがケージが全てバラバラなので安全が確保されている [続きを読む]
  • お迎えその後
  • メロンをお迎えしてから一週間余りが経過いたしましたメロンの方はお迎え初日からエサも食べているし糞も綺麗なので問題なさそうです一方、お迎えする側の先住鳥さん達は・・・ミルキー、ムースのオカメ2羽はもう良いお歳(8歳と9歳)であり今まで多くの鳥さん達が後からやってきたので全く問題ナシですモカも小鳥チームの動向は自分には関係がないと思っているのか興味深そうに見てはおりますが特段変わった様子もありません万 [続きを読む]
  • 新しいお仲間は毛引きセキセイ
  • 2年半ぶりにウチに新しいお仲間が増えましたこれで6羽が鳥部屋に鎮座することになりますで、鳥サンの種類はまたしても緑のセキセイです後姿はこのように普通なのですが・・・前から撮影するとこんな感じであります数ヶ月前からショップの一番下の段の一番隅に居たセキセイなのですが毛引きをしてしまって写真のようにお腹がツルツルです昔、居たアイスのようですねただ、アイスはPBFDでしたがこの仔は毛引きのようです2号サ [続きを読む]
  • 老鶏は死なず
  • 烏骨鶏の万里をお迎えしてはや4年が経過いたしました若い頃は猛烈な勢いで産卵しておりましたが今年はほとんど産卵しておりませんもう「打ち止め」になったものと思っておりましたまぁ、元々卵は食べていなかったので産卵しようがしまいが大きな影響はなかったのですがしかしながら最近の急激な気温の低下のせいなのかどうなのかはわかりませんがまた、産卵をはじめましたもう人間で言えば「中年」だと思うのですが頑張ってますね [続きを読む]