Pearlマダム&ムシュウ さん プロフィール

  •  
Pearlマダム&ムシュウさん: 真珠の戯れ言〜福岡のヨーロッパ古着屋Pearl〜
ハンドル名Pearlマダム&ムシュウ さん
ブログタイトル真珠の戯れ言〜福岡のヨーロッパ古着屋Pearl〜
ブログURLhttp://pearlantique.blog28.fc2.com/
サイト紹介文福岡に御座います、フランス中心のヨーロッパヴィンテージ・アンティークショップ Pearl(パール)です
自由文1920〜1940年代をこよなく愛してやまない私達ですが、古くは1800年代後半より新しくは1970年代のお品まで『時代の香りや空気感を漂わせるもの』を皆様にご提供できたら、と考えてまいりました。フランスを中心に直接買付けて御座います。メンズでは20〜40年代中心の紳士スタイルからワークまで、レディースでは〜50年代のクラシカルなスタイルに力を入れております。




参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2010/04/25 18:52

Pearlマダム&ムシュウ さんのブログ記事

  • Life is ・・・?
  • 東京では、一足早く桜の開花宣言が・・・なんだかソワソワして参りますソワソワと言えば、多数の新作映画の封切も間近、、、近年、欧米のみならず我が国でも、戦前の時代を扱ったキネマが増加しております郷愁を求める風潮が、世の中の空気感に漂っているのでせふか☆  ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆”ロマンティックコメディーの帝王” ウディ・アレンも、時代ものを多数輩出したひとり・・・次回作『Cafe Society』も [続きを読む]
  • 夢想家たれ
  • 春眠暁を覚えず、と申しますが・・・春は何故に こうも布団が恋しいのか、、、こんな時節、ついと耳に残る唄がありまして、”卒業”といふ歌詞ではないけれど、幸せなのに物悲しい といった漠然たる不安が、春の気分と重なるやふです共に暮らし始めた夢想家の青年と皆の憧れの女性、二人の現実生活の先に待っているものは・・・?青年の心象風景ともとれる、パステルの背景に彩られた人生のいちペエジ昨年より入学した美容学校でも、そ [続きを読む]
  • 偏愛、上等!
  • ♪ 明かりをつけましょ、ぼんぼりに〜・・・桃の節句の今日、日本列島の各地で 唄われていることでありませふ◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆物心つくあたりか、わたくしは自分を男の子だと思っていた節があるやふです幼馴染みに男児が多かったせいか、元気よく駆けずり回り・・・マッシュルーム髪に半ズボン、時折男児に間違えられることもあったとのこと思春期になるといつの間にか、スカートも履けばリボンも好みま [続きを読む]
  • ジャクリーンの軌跡
  • 春一番が吹いた東日本、、、芽吹く季節がまた、やって参りました今春封切り、ナタリー・ポートマン主演映画『Jackie』でも話題沸騰・・・今宵は、稀代のファーストレディ:ジャクリーン・ケネディ女史になぞらえて、羽織りを主とした 春のカラーパレットをご紹介致しませふ◆ジャクリーン・ケネディ・オナシス◆1961年に米国大統領に就任したジョン・F・ケネディは若干43歳、ファーストレディとなったその妻ジャクリーンもわずか31歳で [続きを読む]
  • スモーキーな春
  • 週末の吹雪のなか 凛と咲き誇る寒梅・・・春はそう遠くはないやふですデパートメントのお化粧品売り場では、花びらのやふな新作がずらり・・・とはいへ、やはり目がいくのはダークでデカダンな好みの色合いご贔屓メーカーでは、ロンドン出身のメイクアップアーティスト:Diane Kendal監修、彼女の深層に息付く、70年代のロンドンストリート文化:BIBAへのオマージュ商品が・・・ルーツを匂わせる人やものに弱いのに加え、私的な趣味嗜好と [続きを読む]
  • Black & White
  • 前回の「戯れ言」:オスカーつながりといふ訳では御座いませんが・・・先日、シネマ狂の友人から頂いた アカデミー作品賞受賞:モノクロトーキー映画『The Broadway Melody(1928・米)』を観ました舞台なら摩天楼ニュウヨーク:ブロードウェイ、映画なら西の都:ハリウッドへ・・・スターダムへのし上がろうと、全米もとより世界各国から役者や芸人が集まった時代、華やかなりしショウビジネス界の表と裏、光と影を 男女三人の恋模様を絡め [続きを読む]
  • Dress you up !
  • 例年ながら、アカデミー賞の行方が話題になる季節となりましたメリル・ストリープ女史による涙の抗議演説も話題をさらった 本年度・・・誰が、どんな作品がオスカー像を手にしたかはモチロンですけれど、いちモオドファンとしては、華やかなりし女優陣のドレス姿も気になるところ父親と共に出演した『ペーパー・ムーン(1973)』にて、史上最年少の10歳でアカデミー助演女優賞を得たテイタム・オニール凛々しい男装るっくも、彼女のあど [続きを読む]
  • 毛糸の想ひ出
  • 先週に続き、今週末も列島を覆う大寒波・・・まだまだ、春一番は先のやふです寒がりなわたくしにとって、この時期手放せないのがセーター昨今よりもっと寒く、ましてや防寒用の特殊化繊肌着などなかった昔、、、何度もほどいては編み直し、たとえお下がりでも新しい命を吹き込める毛糸は、物資乏しき時代、暖をとるのにもってこいの身近な万能選手だったのでせふ高度成長期に入ってもなお、編み棒と毛糸のみで好みを形に出来ることか [続きを読む]
  • 壁を越えて
  • 新年明け、アレヨアレヨと半月近く経過しております・・・さて、私事ながら昨年より ひょんな事から美容学校とご縁がありまして月に数回 二十歳に満たない若者から 働き子育てしながらの先輩に混じり四十路を前に、ピカピカの新入生となったワケで御座いますモードは勿論、美容界には性を超えて活躍するトランスジェンダーの方々も多く、彼ら彼女らに眠る爆発的な潜在力には、目を見張るばかり!小耳にはさんだ所によると、男性ホル [続きを読む]
  • 年始のご挨拶
  • 新年あけましてお目出度ふ御座います・・・本年も 皆様のご健康とご多幸を、お祈り申し上げますお客様各位におきましては 変わらぬご愛顧を賜れましたならば 誠に幸いに存じます麗らかな陽気の年明けを迎えた日本列島・・・ 弊店は5日より、商い始めであります日頃ご贔屓を賜っている皆様、またこれから出逢う方々とのご縁に感謝し 酉(とり)の如く 自由に羽ばたける年となりますことを願いつつ・・・ 本年も、どうぞ宜しくお願 [続きを読む]
  • Bonne Annee!
  • 聖夜もあと数時間で、終わろうとしておりますもういくつ寝ると、、、  皆様にとって、本年は如何なる年でありましたかさて、ここで皆様に 年末年始の営業についてのご案内で御座います・・・12/28(水)〜1/4(水) お休み1/5(木)より、通常営業となります本年は昨年同様、通年より少しだけ長いお休みを頂くことと相成りました駆け足で過ぎ行くご多忙の折かと存じますが、帰省の際など どうぞお立ち寄り下さいマセ パールHPへよ [続きを読む]
  • 無邪気な大人たち
  • ★真珠夜會 番外編: 〜年忘れSWING〜 ★2016年12月11日(日)會場 : DIXIE・・・演奏・・・Pan-Q大石みつのん・・・DJ ・・・ホリCALLOWAY時々 KANTADJ:ホリCALLOWAY、まだお酒が入っておらず平常心を保ってオリマス・・・こたびも受付を切り盛りしてくれたY嬢と、博多の若大将オヤ、、、 扉の向こうからキャメラを抱えた人物が早速・・・ マタマタ出ました! 今宵は何度も振舞われた、DIXIE名物 「オイスターロックフェラー!!」花や蝶やと、皆 [続きを読む]
  • Goody Goody!
  • グンと冷え込んできた週末、如何お過ごしでせふか・・・《真珠夜會 番外編: 〜年忘れSWING〜 》が明日と迫りました!ご予約済みのお客様、以下より開始時間や場所などをご確認のうえ、暖かくしておいで下さいませ♪このお三人方をご覧下さい!画面からはみ出んばかりの、全身から溢れ出るスウィング感に思わず頬が緩みマスネ明日は、思う存分 愉しみませふ・・・ Goody♪◆明日の催しの詳細はコチラをどうぞ◆パールHPへようこそPear [続きを読む]
  • お洒落は魔法
  • 師走に入りまして、北の方では早すぎる大雪の知らせが・・・そろそろ 本格的に暖かい羽織に袖を通す方も増える頃先日、母が故郷より来たり・・・ 五年ぶりの博多を満喫してゆきました似た者どうしの女二人、限りある時間にて それぞれお気に入りと出逢い、、お洒落って、重ねた年を忘れさせる 恋に似た魔法のようなものだと実感大戦で永く忘れ去らざるを得なかったお洒落心を 大きく花開かせた戦後・・・豊かなアーチ状の眉に、白粉を [続きを読む]
  • ようこそ、ニュオールリンズへ!
  • 《真珠夜會 番外編: 〜年忘れSWING〜 》まであと約二十日、、、有難いことに、ここ数日でお電話等によるご予約も増えて参りました告知をシェアして下さったり、ご友人にお声かけ下さったり頂いた方々・・・この場を借りて、厚くお礼申し上げますこたびの催しは、視覚・聴覚のみならず 「味覚」のお愉しみも御座いまして會場となります「DIXIE」さんのご好意もあり、ご好評のプチビュッフェ形式にてお愉しみ頂けます(ドリンク類は別オ [続きを読む]
  • 晴れの日に
  • 師走にもならぬうちに来年のお話をしますと、寧ろ鬼は怒ったりして・・・今宵は 新春を彩る和・洋装や 晴れの日:成人式におあつらえ向きの、総ビーズバッグとヘッドドレスのご紹介と参りませふ初詣や新年のご挨拶など、着物をお召しになる機会の増える初春、、、ことに、古着物のとろみある絹の肌触りや なんとも言えぬ朧な色合いに、思わずしとやかになってしまいさふなのは、和洋問わぬ古物の妖力か・・・近年では、お婆さまの遺品 [続きを読む]
  • 電飾瞬く頃
  • トランプ候補勝利の衝撃冷めやらぬ世界、、、トランプだけに、彼は米国を救ふエースとなるのか ジョーカーに転じるのか・・・そんな椿事もありつつ、本年も街を電飾が飾る季節がやって参りましたハロウィンの喧騒去れば、次はジングルベルのクリスマス・・・一体全体、わが国はいつの間にこんなに忙しい国になったのかと思いつつ、着飾ってお出掛けになることも多いであらふこの時節ですから、心の小悪魔を引き出してくれさふな、 [続きを読む]
  • 蓄音機の紡ぐ夢
  • 木枯らし吹き始めた日本列島、、、 本年もあと二月となりましたさて、今宵は 先日告知した12/11(日)開催の「真珠夜會〜年忘れSWING〜」 ・・・ご出演頂く 大石みつのん&Pan-Qさんのお得意とする”蓄音機の時代”について、春に行われた「真珠夜會」第五夜のご案内等を再度振り返り、ご紹介致しませふ既に全国のスウィングシーンでお馴染みの大石みつのんさんは、当夜會の常連!じわじわとファン急増中のPan-Qさんは、今春に続く二 [続きを読む]
  • 年忘れSWING
  • 今宵は、皆様にお知らせ、、、本年3月の第五夜から半年あまり・・・ 真珠夜會の番外編: 〜年忘れSWING〜 がやって参ります!前回に続き、アメリカ南部はニュオールリンズの世界を味わえる老舗の銘店:DIXIEにて、聖夜近き夕べ、本年の愉しき想い出を浮かべ、日頃の憂さを忘れて古きジャズにお酒、ダンスステップやお喋りが弾むひととき・・・毎度ご参加下さっている方々はモチロン、(踊れないけれど、古き文化やファッションに興 [続きを読む]
  • テキスタイル三番勝負
  • ハルキストはがっかりしたであらふ先週末・・・若者が闘争に明け暮れた60年代、、、SNSなど何もない頃、  それでも「詩」の持つ力は メロディといふ風にのって 世界中へと瞬く間に拡散しましたあれから半世紀、事態は益々複雑化し 混迷の時代を迎えておりますそれでも彼は飄々と、「答えは風に・・・」と遠い眼差しで訴え続けるのでせふ◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆昼間は汗ばむ陽気でも、夕風は確実に冬の到来を告 [続きを読む]
  • モオドのB面
  • 郷里へ暫し里帰り、戻りましたら一転して博多は秋本番、、、「国境の長いトンネルを抜けると、雪国だった」、川端康成の『雪国』冒頭のやふに、何処か非現実的な季節の移ろいですそういったワケで、当方の店内も随分と暖かい洋服たちが増えて参りましたこの季節同様 今では非現実的に思えるモノをそれを産んだ流行・背景とともに、今宵は 皆様をチョイト不思議世界へとご招待致しませふ◇   ◆   ◇   ◆   ◇    [続きを読む]
  • 奇跡の人形たち
  • 季節外れの30度超えに、すれ違う人々もため息まじりの九月末…とはいへ朝晩の涼風は心地よく、何処か郷愁を誘う季節となりつつあります郷愁といへば、当方がおよそ百年以上前の品々等も扱っている故か否か、中には博物館にでも踏み入るやふに、恐る恐る扉を開ける方もいらっしゃいますこの度は、縁あって当方へ参った品々より、こんなものもありますよといったものを…さふ、まさに胸がキュウとなるやふな ノスタルジックに満ちた [続きを読む]
  • ラヴ クレイジー! 〜その弐〜
  • パラリンピックも終わり、そろそろ暖かい珈琲に手が伸びる季節となりました・・・数多くのパラリンピアンの中でも、わたくしの眼を釘付けにしたのは卓球界の「バタフライマダム」こと 御年68歳の別所キミヱさん・・・髪を沢山の輝く蝶々で飾り、自称「いやらしい卓球」で相手を翻弄する姿、メダルに手は届かずとも、艶やかな闘いぶりは記憶に深く刻み込まれたことでせふ先日、久方ぶりにパアマネントをあて、雰囲気を変えて頂きました所謂ア [続きを読む]
  • ラヴ クレイジー! 〜その壱〜
  • 先日、少し早めに店を閉めさせて頂き、中洲ジャズ二日目の夜を堪能しました真珠夜會でもお馴染みの貴賓館前ステージでは、オールド上海ジャズバンドを・・・李香蘭の持ち歌など、まるで戦前の上海の熱気を偲ばせるやふな情緒ステージを移動し、同夜會にも出て頂いたSweet Hollywaiiansを・・・凄腕の演奏技術での古いハワイアンナンバー、心は上海からハワイへ最後は、暖かいお人柄伝わるバンバンバザールによるスウィングジャズ定番曲、 [続きを読む]
  • 嗚呼、職業婦人 〜その弐〜
  • ひとつ消えてはまた、、、 列島を秋台風が次々に襲っておりますさて、前回 「職業婦人」の歩んだ道を振り返りましたが、今宵・・・第二次大戦前 フランスの職業婦人が着用したであらふ、労働着をご紹介1920年代頃、タブリエのベルトをきりりと締めて 紡績業に精を出すご婦人たち・・・ 時にキャメラが気になるご様子フランスの女性用労働着と言えば、通称「タブリエ(tablier)」・・・元来は、ドレスやスカートの汚れを防ぐために着る、エプ [続きを読む]