Pearlマダム&ムシュウ さん プロフィール

  •  
Pearlマダム&ムシュウさん: 真珠の戯れ言〜福岡のヨーロッパ古着屋Pearl〜
ハンドル名Pearlマダム&ムシュウ さん
ブログタイトル真珠の戯れ言〜福岡のヨーロッパ古着屋Pearl〜
ブログURLhttp://pearlantique.blog28.fc2.com/
サイト紹介文福岡に御座います、フランス中心のヨーロッパヴィンテージ・アンティークショップ Pearl(パール)です
自由文1920〜1940年代をこよなく愛してやまない私達ですが、古くは1800年代後半より新しくは1970年代のお品まで『時代の香りや空気感を漂わせるもの』を皆様にご提供できたら、と考えてまいりました。フランスを中心に直接買付けて御座います。メンズでは20〜40年代中心の紳士スタイルからワークまで、レディースでは〜50年代のクラシカルなスタイルに力を入れております。




参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2010/04/25 18:52

Pearlマダム&ムシュウ さんのブログ記事

  • 晩夏のお洒落始め
  • ★8月14日(月)のみ、お休みとさせて頂きます★皆様、お盆を如何お過ごしでしょうか・・・職業柄、中々実家で過ごすお盆とは縁遠く 心のうちでご供養する近年でありますここ数日、明らかに八月はじめとは異なる空気に変わりつつあり、時折吹く晩夏を思わせる風に、ホッと胸をなでおろすこの頃サアサア、紳士の皆様・・・お洒落を愉しめる季節も そう遠くはございませんヨ高温多湿の亜細亜の現代紳士にとって、夏のお洒落はある意味命賭 [続きを読む]
  • ハッとさせられるひと
  • 嗚呼、暑い、、、ことに、本年の西日本はまるで蒸し風呂のやふな日々海辺ではしゃぐ、夏休みの子供たちの歓声が聴こえてきさふでありますとはいへ、時節は確実に過ぎ行きつつあり・・・涼を求め入ったデパアトメント等では、そろそろ秋物も一部お出まし軽装になりがちな夏の装いに比べ、重厚味の増す秋冬はお洒落のしがいがあるものされど、夏が長くなりつつある昨今・・・ せめて装飾品で盛夏から晩夏に華やぎを加えたいそんな乙女の欲 [続きを読む]
  • 半透明の宇宙
  • 夏本番、蝉の音がこだまする季節と相成りました私事ではありますが、先日お陰さまで開店12周年を無事に迎えましたまだまだ巻きの浅い真珠ではありますが、今後ともご贔屓の程、お願い申しあげます◇    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆   ◇外にジッとしているだけでもとろけそうなこの時節ではありますが、まるで水饅頭やわらびもちのやふに半透明で見るからにぷるんと涼しげな・・・そんな装飾品をご紹介することに致し [続きを読む]
  • チェリーを召しませ
  • のらりくらりとしていた梅雨も、ようやく明日明ける模様、、、いよいよ、灼熱の季節がやって参ります☆   ★   ☆   ★   ☆   ★灼熱の、、、と申せば、忘れちゃならぬのが南国や赤道直下の国々1920年代のエジプト発掘から突如おきたオリエンタリズムの大流行、併合されたハワイやお隣メキシコにキューバ、そして南米へと・・・多民族国家:アメリカの人々の興味の対象は次々と移り変わりましたことに1920〜50年代は [続きを読む]
  • 初夏のスペシャリテ
  • あっという間に過ぎ去った台風なれど・・・居座る前線が北部九州に局地的豪雨をもたらし、一部甚大な被害を及ぼしております一日も早い復旧を願いつつ、被災された方々に心よりお悔やみ申し上げます◇    ◆    ◇    ◆    ◇梅雨も明けぬ前からこの暑さ、、、どうやら、今年のハイパー酷暑予報は的中の予感でアリマスそんな最中、汗を拭き拭き 買付けた品々を求め足を運んで下さる皆々様方・・・誠に有難く、心より御 [続きを読む]
  • パリジャン気取り、帰国す
  • 梅雨明け間近、台風も駆け足で過ぎ去ってゆくようです全国の皆様は 如何お過ごしでせふか☆    ★    ☆   ★    ☆    ★六月半ばより半月ほどかけ 紳士がフランスへ洋行・・・その際に買い付けて参りました品々の第一弾が  7月5日(水)より 店頭を飾って御座います雨の止み間や夕涼みに ふらりとのぞいて下さいませ・・・この度は、六月にしては記録的な酷暑の巴里・・・冷房設備のない家も多く、本場のパ [続きを読む]
  • グラムールよ、永遠なれ
  • いよいよ、今週より本格的な梅雨景色、、、お天道様とも暫しのお別れ、といった日本列島であります街角には、アラフォー世代には懐かしの・・・オフショルダーの乙女たちがあふれ、あの娘もこの娘も80年代アイドルのやふ、時代は繰り返すものだ、としみじみ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆繰り返すと申せば、昨年天に召されたデヴィッド・ボウイから着想を得た、綺羅星の如く弾けたカウンターカルチャーが先のラ [続きを読む]
  • 紫陽花色の季節
  • 入梅の北部九州・・・雨で霞がかる、しっとりした季節がやって参りました各地の寺社で見頃を迎えつつある紫陽花、徐々に色が移ろってゆき、見るものを愉しませてくれたのち、フレンチポストカードのやふに、古びたパステル色に褪せていく・・・朽ちた姿にも趣を覚えるのは、儚げな佇まいのせいかもしれませんさて、今宵はそんな梅雨の頃にお似合いな、スモーキー色のレエスたちのご案内雨がしとしと、案外肌寒い日にもお誂え向け、レイヨ [続きを読む]
  • アメリカン・ムウド
  • グンと上がっております、外界の湿度・・・こないだまでの、巴里の木陰のやふなカラリとした気候はいずこへ?とはいへ、当の巴里も現在、季節外れの熱波に見舞われているとのこと、一瞬で夏が終わった かつての花の都は遠くになりにけり、でアリマス☆    ★    ☆    ★    ☆    ★世界の四大コレクションといえば、巴里・ミラノ・ロンドン・ニュウヨーク・・・実は、モオドの発信地:巴里に続きコレクション [続きを読む]
  • 男はツライヨ
  • 本年は、スーパー猛暑の予報とか、、、もはや、並みの夏といふものがわからなくなって参ります◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆ 一部の間ではお馴染み:NHKの『ダウントン・アビー 〜華麗なる英国貴族の館〜』いよいよ最終シーズンの6章が始まりました時はアール・デコ期、貴族の一部にも没落や変革の足音が迫りつつある頃・・・対照的に描かれるのが、、、「変化」を嫌い、頑なに過去の栄光や現状を守ろうとする殿方を尻 [続きを読む]
  • パーマネント娘
  • 自営といふ名の自由業の職業柄か、、、、?朝がやや苦手なわたくしですが、近頃は7時過ぎに目が覚めてNHKテレビ小説『ひよっこ』の主題歌「若者の広場」を聴きつつ 身支度をしておりますご覧になっている方はお馴染み:主人公が集団就職であっせんされたラヂオ工場、その女工さんの中に、わたくしが学ぶ美容学校の教科書に登場する美人さんが居り、毎日チラとお見かけする姿が 何故か他人とは思えないこの頃☆   ★   ☆  [続きを読む]
  • 若者の瞳に映る景色
  • フランスに韓国に・・・世界が注視する大統領選の結果が 続々と明らかになってきておりますネ注目したいのは、「白票」と「若者の政治関心の高さ」、、、どちらの国も、大統領を自ら選べる直接民主制ゆえといった要因もありませふが(選挙に行ってもきっと変わらないから・・・) ではなく、敢えて白票を投じに投票所へ足を運ぶ、デモに参加して声を上げる、コレって 正統で自由な意思表示だと思うのでアリマス☆   ★   ☆   ★  [続きを読む]
  • プリントの別天地
  • 鳥のさえずりと早々に日の差す気配に、自然と早く目覚めるこの頃・・・つつじも見頃を迎えておりますこの季節になると、がぜん恋しくなるのが 目も覚めるプリントもの、、、何故って、さんさんと照り注ぐお日様に映えるから、とは言うまでも御座いませんネ大胆不敵なプリントの発信源と言えば、スウィンギン’ロンドンなくしては語れません1960〜70年代にかけて、マリー・クワントやビバと並び一世風靡したのが、オジー・クラーク&セ [続きを読む]
  • 愛しき哉、一期一会
  • 初夏の夕暮れ、草いきれのにおい、、、何故だか妙に 懐かしく思ったり先ごろ、ふたつの出逢いがありまして・・・ひとつは かれこれ十年近く切望していた『Les Femmes Aux Cigarettes(女と煙草)』、”最も偉大なアマチュア写真家”と称されたラルティーグによる撮りおろしは、 1920年代末、煙草を吸うマドモアゼルやマダムのみ写された写真集第一次大戦後、社会進出し 自立した女性の象徴:シガレット・・・被写体となった有名無名の [続きを読む]
  • ドラスティックな世界
  • ジリジリと照りつける日差し、、、嗚呼、手の届くそこまで夏はやってきております◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆年明けの春夏コレクシヨンで、興味深いニュースが目をひきました「ウェディングドレスの女王」との異名を持ち、ターバン帽がトレードマーク・・・と申せば 皆様お馴染みのデザイナー:桂由美さん でありますが、「現代ファッションに友禅の美を」をテーマにパリコレを始めて6度目の今年、テーマは な、な [続きを読む]
  • チャーミングなひと
  • 満開に咲いたと思えば刹那に散る、そんな桜を儚いと感じるか、潔いと感じるか・・・皆様もご存知、浅田真央さんの引退が報じられましたネ懐かしい言い回しでたとえるなら、「一億総国民の妹」といったところでせふかスケートファンならずともつい応援したくなる、彼女のひたむきさに心打たれました予断ですが・・・ そんな彼女、人相学から見て最高のお顔立ちだと聞きました大きな福耳は名声、丸く豊かな額や頬は聡明さや明朗さ、広いまぶ [続きを読む]
  • 東と西の出逢った頃
  • 暫しご無沙汰しているうちに、すっかり桜列島と相成りましたこの調子では、一気に初夏の気配がして参りさふです・・・駆け足気味ではありますが、先日まで故郷へ里帰りしておりました際、偶然にも東洋西洋のアートに触れる機会が御座いましたそのひとつがこちら、名古屋三越で催されていた巡回展・・・『池田重子コレクション 〜日本のおしゃれ展〜 』 であります1925年、我が国が大正浪漫に染まった頃に生を受けた重子さん・・・裕福な [続きを読む]
  • Life is ・・・?
  • 東京では、一足早く桜の開花宣言が・・・なんだかソワソワして参りますソワソワと言えば、多数の新作映画の封切も間近、、、近年、欧米のみならず我が国でも、戦前の時代を扱ったキネマが増加しております郷愁を求める風潮が、世の中の空気感に漂っているのでせふか☆  ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆”ロマンティックコメディーの帝王” ウディ・アレンも、時代ものを多数輩出したひとり・・・次回作『Cafe Society』も [続きを読む]
  • 夢想家たれ
  • 春眠暁を覚えず、と申しますが・・・春は何故に こうも布団が恋しいのか、、、こんな時節、ついと耳に残る唄がありまして、”卒業”といふ歌詞ではないけれど、幸せなのに物悲しい といった漠然たる不安が、春の気分と重なるやふです共に暮らし始めた夢想家の青年と皆の憧れの女性、二人の現実生活の先に待っているものは・・・?青年の心象風景ともとれる、パステルの背景に彩られた人生のいちペエジ昨年より入学した美容学校でも、そ [続きを読む]
  • 偏愛、上等!
  • ♪ 明かりをつけましょ、ぼんぼりに〜・・・桃の節句の今日、日本列島の各地で 唄われていることでありませふ◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆物心つくあたりか、わたくしは自分を男の子だと思っていた節があるやふです幼馴染みに男児が多かったせいか、元気よく駆けずり回り・・・マッシュルーム髪に半ズボン、時折男児に間違えられることもあったとのこと思春期になるといつの間にか、スカートも履けばリボンも好みま [続きを読む]
  • ジャクリーンの軌跡
  • 春一番が吹いた東日本、、、芽吹く季節がまた、やって参りました今春封切り、ナタリー・ポートマン主演映画『Jackie』でも話題沸騰・・・今宵は、稀代のファーストレディ:ジャクリーン・ケネディ女史になぞらえて、羽織りを主とした 春のカラーパレットをご紹介致しませふ◆ジャクリーン・ケネディ・オナシス◆1961年に米国大統領に就任したジョン・F・ケネディは若干43歳、ファーストレディとなったその妻ジャクリーンもわずか31歳で [続きを読む]
  • スモーキーな春
  • 週末の吹雪のなか 凛と咲き誇る寒梅・・・春はそう遠くはないやふですデパートメントのお化粧品売り場では、花びらのやふな新作がずらり・・・とはいへ、やはり目がいくのはダークでデカダンな好みの色合いご贔屓メーカーでは、ロンドン出身のメイクアップアーティスト:Diane Kendal監修、彼女の深層に息付く、70年代のロンドンストリート文化:BIBAへのオマージュ商品が・・・ルーツを匂わせる人やものに弱いのに加え、私的な趣味嗜好と [続きを読む]
  • Black & White
  • 前回の「戯れ言」:オスカーつながりといふ訳では御座いませんが・・・先日、シネマ狂の友人から頂いた アカデミー作品賞受賞:モノクロトーキー映画『The Broadway Melody(1928・米)』を観ました舞台なら摩天楼ニュウヨーク:ブロードウェイ、映画なら西の都:ハリウッドへ・・・スターダムへのし上がろうと、全米もとより世界各国から役者や芸人が集まった時代、華やかなりしショウビジネス界の表と裏、光と影を 男女三人の恋模様を絡め [続きを読む]