しんた15 さん プロフィール

  •  
しんた15さん: ブログ寺子屋希望の光 by 愛の情報参謀
ハンドル名しんた15 さん
ブログタイトルブログ寺子屋希望の光 by 愛の情報参謀
ブログURLhttp://ameblo.jp/mori1523/
サイト紹介文日本を元気に、企業を元気に、人生を元気に、そのためのサポートです。!!!
自由文日頃の研究開発、生涯学問、そして、周りの人々への感謝の心が一番です。!!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供360回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2010/04/27 18:29

しんた15 さんのブログ記事

  • 今日の日も種をまく きっと芽の出る種をまく
  • にほんブログ村後藤静香 権威 その250種をまく今日の日も種をまくきっと芽の出る種をまく雑草にもじゃまされないよう小鳥にもついばまれようそれだからまくまきにまいたらすべてに打ちかつ芽が伸びる今後の世代に是非残しておきたいものです。 ある時、図書館で「後藤静香 著作「権威」」を検索してもらうと、何と古い書庫に入っているとのこと。さっそく出していただきました。21世紀にも残しておきたい名著、良いものは [続きを読む]
  • 自然体で誠実に生きる
  • にほんブログ村日本に生まれて本当に良かった、四季のある日本、 このコーナーはネット寺子屋、菜根譚、人よく菜根を咬みえば即ち百事をなすべし、このブログは経営ブログ、経営の根幹が分る菜根譚、徳は事業の基なり、事業の根底に徳を常に感じる企業、素晴らしいですね。幸福を求めるのでなく、利他の心で生きると、感じる何かがある。人の心は無限大、 自然体に生き、感謝して生きる。洪自誠の心意気、何とも素晴らしい [続きを読む]
  • 家族が大切、良きコミュニケーションでしっかり会話
  • にほんブログ村家族が大切、良きコミュニケーションでしっかり会話先日NHKの白熱授業、見ました。トランプ派と反トランプ派、大統領戦後の感謝祭、家族の中でも、支持が割れて、感謝祭を敬遠した家族が多くあったそうです。残念でなりません。それでも、トランプ派と反トランプ派、大きな違いはあるものの、メキシコ移民の強制返還、どちらの派も反対、お互いの誤解も有り、やはり、時間をかけてのコミュニケーションが大切を感じ [続きを読む]
  • 恨まず憎まず、人生を生きる
  • にほんブログ村 四季のある日本、日本に生まれて感謝です。世界中で最も多く読まれている本、そのベスト10に入る、その題名は「夜と霧」、フランクル氏との出会い、何とも素晴らしいです。強制収容所の劣悪な環境で生き延びたフランクル氏、               どんな状況でも未来を信じて、                  前向きに生きる今日の出会いは、「恨まず憎まず、人生を生きる」です。フランクルその [続きを読む]
  • 家族とは寄せ集めのメンバーでなく、育みそだててゆくものです
  • にほんブログ村日本に生まれて本当に良かった、四季のある日本、 このコーナーはネット寺子屋、日野原重明先生、日野原先生の人生、医療現場での長年の御経験、人は誰にも寿命があります。だからこそ、生きている時を大切に、そして、感謝して生きる。生かされている、何とも素晴らしいです。日野原先生、その249家族とは 家族とは寄せ集めのメンバーでなく、育みそだててゆくものです。少子高齢化の日本,個の世帯が4割ともい [続きを読む]
  • 転んでもいいと思うと 転ばなくなる 転ばぬ先の 松葉知恵
  • にほんブログ村里みちこさん、その180松葉杖転ばないようにと思うと他人とぶつかるぶつからないようにと思うと自分が転ぶ転んでもいいと思うと転ばなくなる転ばぬ先の松葉知恵関西時代に2度ほどお会いした、何とも素敵なお方です。公演で全国を飛び回っていらっしゃる。企業の社員研修にも要請があるそうです。 6人目の当ブログ寺子屋の講師です。里みちこさん、何とも素晴らしいです。 この方は、素晴らしい方で、大阪に住んで [続きを読む]
  • 眠りが健康の元
  • にほんブログ村このブログは経営ブログ、日本の経営をどうするか、幕末の時代、吉田松陰は何とも素敵な指導者でした。平成の吉田松陰はどこにいる、やっと見つけました。いろいろ経験されておられる町田先生、このブログは経営ブログ、日本ではまだまだ知られていない町田氏、大きな目で見ることが大切な時代です。町田先生の心意気、素晴らしいですね。町田先生のお話、連続で学んでみたいものですね。平成の吉田松陰、町田宗鳳( [続きを読む]
  • 美を美と感ずるは 神にふれたる心なり
  • にほんブログ村後藤静香 権威 その249美を感ずる心腹だたしきとき花は見えず人を恨むとき鳥の声はきこえず心澄まざれば蓮の葉の月は見えず美を美と感ずるは神にふれたる心なり今後の世代に是非残しておきたいものです。 ある時、図書館で「後藤静香 著作「権威」」を検索してもらうと、何と古い書庫に入っているとのこと。さっそく出していただきました。21世紀にも残しておきたい名著、良いものは眠らせてはなりません。 [続きを読む]
  • リスク管理を怠らずに生きる
  • にほんブログ村日本に生まれて本当に良かった、四季のある日本、 このコーナーはネット寺子屋、菜根譚、人よく菜根を咬みえば即ち百事をなすべし、このブログは経営ブログ、経営の根幹が分る菜根譚、徳は事業の基なり、事業の根底に徳を常に感じる企業、素晴らしいですね。幸福を求めるのでなく、利他の心で生きると、感じる何かがある。人の心は無限大、 自然体に生き、感謝して生きる。洪自誠の心意気、何とも素晴らしい [続きを読む]
  • シンプルに、基本に返って
  • にほんブログ村シンプルに、基本に返って東京オリンピックの問題、シンプルに、基本に返って考えてみると分かります。予算が適切に使われるのか、負担をめぐって、大きな眼で見る人がいないとなさけない結果になります。小池さんが頑張っているのに、マスコミも本質をついて欲しいものです。学園問題、教育問題、どう考えても教育者として不適切な人が経営、シンプル考えて、基本に返ってみると分かります。連日のマスコミに放送、 [続きを読む]
  • 生きる意味を疑うのは、人間だけである
  • にほんブログ村四季のある日本、日本に生まれて感謝です。世界中で最も多く読まれている本、そのベスト10に入る、その題名は「夜と霧」、フランクル氏との出会い、何とも素晴らしいです。強制収容所の劣悪な環境で生き延びたフランクル氏、               どんな状況でも未来を信じて、                  前向きに生きる今日の出会いは、「生きる意味を疑うのは、人間だけである」です。フラン [続きを読む]
  • 大人は青少年の教師たれ
  • にほんブログ村日本に生まれて本当に良かった、四季のある日本、 このコーナーはネット寺子屋、日野原重明先生、日野原先生の人生、医療現場での長年の御経験、人は誰にも寿命があります。だからこそ、生きている時を大切に、そして、感謝して生きる。生かされている、何とも素晴らしいです。日野原先生、その248大人は青少年の教師たれ 目指すべきは、「若者に敬い慕われる年寄りになる」こと。それが、明るい未来を創るために [続きを読む]
  • はきたいくつは くつろぎ
  • にほんブログ村里みちこさん、その179くつだあれもはきたくないくつ卑屈退屈偏屈窮屈はきたいくつはくつろぎいろいろと体験されている里さん、人が大きな事件に遭遇し、生きる希望が萎えた時、そっと聞いてさしあげる。そして、心に希望の光(花)の種を芽生えさせる。いのちを高らかに謳う日のために失敗をおそれずに生きることですね。 里さんの魅力、一度講演を聴いたらその人柄の虜になってしまうに違いない。詩集には『さ [続きを読む]
  • 天才の発想
  • にほんブログ村このブログは教育ブログ、日本の経営をどうするか、幕末の時代、吉田松陰は何とも素敵な指導者でした。平成の吉田松陰はどこにいる、やっと見つけました。いろいろ経験されておられる町田先生、このブログは教育ブログ、日本ではまだまだ知られていない町田氏、大きな目で見ることが大切な時代です。町田先生の心意気、素晴らしいですね。町田先生のお話、連続で学んでみたいものですね。平成の吉田松陰、町田宗鳳( [続きを読む]
  • いかるものは まず自ら罰せらる
  • にほんブログ村後藤静香 権威 その248怒るなかれ怒るをやめよいかるものはまず自ら罰せらる怒るをやめよいかるものは睡眠と食欲を奪われる怒るをやめよいかるものはついに寿命をちじめる今後の世代に是非残しておきたいものです。 ある時、図書館で「後藤静香 著作「権威」」を検索してもらうと、何と古い書庫に入っているとのこと。さっそく出していただきました。21世紀にも残しておきたい名著、良いものは眠らせてはな [続きを読む]
  • 知識に流されずに、感謝の心で生きる
  • にほんブログ村日本に生まれて本当に良かった、四季のある日本、 このコーナーはネット寺子屋、菜根譚、人よく菜根を咬みえば即ち百事をなすべし、このブログは経営ブログ、経営の根幹が分る菜根譚、徳は事業の基なり、事業の根底に徳を常に感じる企業、素晴らしいですね。幸福を求めるのでなく、利他の心で生きると、感じる何かがある。人の心は無限大、 自然体に生き、感謝して生きる。洪自誠の心意気、何とも素晴らしい [続きを読む]
  • 正道に導く、ちょっとした心がけで変わる社会に
  • にほんブログ村正道に導く、ちょっとした心がけで変わる社会に国会議員の不適切発言、東北発言、確かに発言は許されませんが、その後に、東北の良い所が沢山紹介されました。世の中捨てたものではありません。正道に戻す、正道に導く行動、すっきりしました。不安・不信がいっぱいの世の中、権利主張をして、義務はどこかに忘れて、首都圏の行政にも、毎日電話がかかってくる。クレーム、苦情、高学歴の高齢者が多いんだそうです。 [続きを読む]
  • 愛は、人間の実存が高く登りうる最高のものである
  • にほんブログ村四季のある日本、日本に生まれて感謝です。世界中で最も多く読まれている本、そのベスト10に入る、その題名は「夜と霧」、フランクル氏との出会い、何とも素晴らしいです。強制収容所の劣悪な環境で生き延びたフランクル氏、               どんな状況でも未来を信じて、                  前向きに生きる今日の出会いは、「愛は、人間の実存が高く登りうる最高のものである」で [続きを読む]
  • 寝たきり長寿よりも健康長寿
  • にほんブログ村日本に生まれて本当に良かった、四季のある日本、 このコーナーはネット寺子屋、日野原重明先生、日野原先生の人生、医療現場での長年の御経験、人は誰にも寿命があります。だからこそ、生きている時を大切に、そして、感謝して生きる。生かされている、何とも素晴らしいです。日野原先生、その247寝たきり長寿よりも健康長寿 戦中、戦後の極秘生活、こと健康に関しては、粗食に耐えるつらい食生活が幸いした。そ [続きを読む]
  • かけがえのないひととき なんともいえない ない しあわせ
  • にほんブログ村里みちこさん、その178ない しあわせさりげない一言なにげないふれあいとりとめない会話かけがえのないひとときなんともいえないない しあわせいろいろと体験されている里さん、人が大きな事件に遭遇し、生きる希望が萎えた時、そっと聞いてさしあげる。そして、心に希望の光(花)の種を芽生えさせる。いのちを高らかに謳う日のために失敗をおそれずに生きることですね。 里さんの魅力、一度講演を聴いたらその人 [続きを読む]
  • 涙は深い感情の結晶
  • にほんブログ村このブログは教育ブログ、日本の経営をどうするか、幕末の時代、吉田松陰は何とも素敵な指導者でした。平成の吉田松陰はどこにいる、やっと見つけました。いろいろ経験されておられる町田先生、このブログは教育ブログ、日本ではまだまだ知られていない町田氏、大きな目で見ることが大切な時代です。町田先生の心意気、素晴らしいですね。町田先生のお話、連続で学んでみたいものですね。平成の吉田松陰、町田宗鳳( [続きを読む]
  • 欲はほどほどに、感謝の心で生きる
  • にほんブログ村日本に生まれて本当に良かった、四季のある日本、 このコーナーはネット寺子屋、菜根譚、人よく菜根を咬みえば即ち百事をなすべし、このブログは経営ブログ、経営の根幹が分る菜根譚、徳は事業の基なり、事業の根底に徳を常に感じる企業、素晴らしいですね。幸福を求めるのでなく、利他の心で生きると、感じる何かがある。人の心は無限大、 自然体に生き、感謝して生きる。洪自誠の心意気、何とも素晴らしい [続きを読む]
  • 人生の新法則、SOFTARD(ソフタード)の法則
  • にほんブログ村    人生の新法則    SOFTARD(ソフタード)の法則経営者、経営参謀の方々、経営の悩み解決しますSOFTARD(ソフタード)の法則を気軽に使って、自分で考え、自分で実行、本物の経営をつかんで下さい。情報に流されるな、良質な情報をゲットせよ中小企業の経営参謀が作った法則、やはり、良質な情報に触れて、皆で元気な日本にしたいものです。ここ数週間、日本ブログ村、経営ランキング、参加者が8千 [続きを読む]
  • どんな時も前向きに生きる
  • にほんブログ村四季のある日本、日本に生まれて感謝です。世界中で最も多く読まれている本、そのベスト10に入る、その題名は「夜と霧」、フランクル氏との出会い、何とも素晴らしいです。強制収容所の劣悪な環境で生き延びたフランクル氏、               どんな状況でも未来を信じて、                  前向きに生きる今日の出会いは、「自分の人生に感謝して生きる」です。フランクルその3 [続きを読む]
  • 困った時の発想法
  • にほんブログ村日本に生まれて本当に良かった、四季のある日本、 このコーナーはネット寺子屋、日野原重明先生、日野原先生の人生、医療現場での長年の御経験、人は誰にも寿命があります。だからこそ、生きている時を大切に、そして、感謝して生きる。生かされている、何とも素晴らしいです。日野原先生、その246困った時の発想法 誰かが困っていたら、手を差し伸べる。それは人として当たり前の行為です。では自分が困ったら? [続きを読む]