ひら さん プロフィール

  •  
ひらさん: 国際結婚・海外起業の
ハンドル名ひら さん
ブログタイトル国際結婚・海外起業の"カオスこもごも" in 中国
ブログURLhttp://ameblo.jp/pinlintakayuki/
サイト紹介文2016年夏に北京で起業することになった某日本人の日々。起業ネタ、異文化交流、中国語、メンタルなど
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2010/04/28 19:07

ひら さんのブログ記事

  • 昨日は企業研修実施
  • <セルフコミュニケーション研修> 昨日は北京の大手日系企業メーカー様にて半日かけて  「セルフコミュニケーション研修」を実施しました。  日本人・中国人管理層から一般社員の方々まで幅広い方々にご参加いただき、みなさん真剣に取り組んで頂けたおかげで楽しい時間を過ごすことが出来ました。   私の会社では”異文化リーダーシップ研修”という研修プログラムを提供していて、それは全部で5つのステージで構成され [続きを読む]
  • バンド解散のお知らせ
  • 秋祭りやクリスマスパーティなどの北京の日本人会イベントにここ2年続けて出演させて頂いていた私が組織していたバンド、VSPR(ヴェスパー)が活動停止・解散することになりました。 2014年5月に2名で始まったバンドも、3名、4名、5名と…昨年末で最終的に8名にまでなりましたが、今年に入って3名抜けて痛手だったのと メンバーが仕事のみならず、他活動などで練習時間が取れなくなっている人も多く、今年の活動は不可能と判断し [続きを読む]
  • オフィス用品から実感する成長
  • 昨日は久しぶりにオフィス用品を幾つか購入。 それまではたまにクリアファイルを購入するくらいだったけど、今回は書類立ても購入。 で、これを組み立てているときに 「(これが必要になったってことは仕事が増えてるってことだよね...)」 などと思ったら少しテンションが上がった。組み立てているときの気分が良かった。 これまではこれが無くても引き出しに収まる程度だったので。 サラリーマンのときに文房具 [続きを読む]
  • 「泣く子に勉強させる」
  • こちらのローカルスクールは期末が近いこともあり、期末テストの試験勉強に子どもたちが忙しい。ウチの中方の人たちは英語が全く出来ないので、娘の英語は僕が担当。そんな状況なので、僕も仕事を早めに切り上げて娘に英語のレビューをしようと帰宅したものの、娘は... 「私もう英語わかるから復習しなくてもいいよ」 と言うから、「あ、そう... そりゃ、よかったね」と呑気に過ごしていたら… 「ママが英語の復習しなきゃダメだ [続きを読む]
  • 不便さが愛おしい
  • 最近の北京の公共交通もかなり冷房設置が進んでいて、以前と異なり、駅も電車もかなり涼しくなりました。  バスも冷房車がかなり増えていて快適になっています。  僕が北京に来たばかりの頃は冷房車というのがまだまだ少なく、この時期はバスは窓を全開して乗っていたものですが   気温が40度を超えているときに入ってくる風がドライヤーのような熱風で大変だったのを想い出します。  コーラを買ってバスの中で飲んでも、 [続きを読む]
  • ムラ社会プレッシャーへの対処法
  • 以前、北京にもお越しになってカウンセリングに関わる講演をされたこともあるカウンセラー近藤直杜さんのブログを読んで思うところがあったのでリブログ。 北京の日本人社会はとても狭い。領事館への登録者ベースでも8000人ほどしかいない。でも実際にはもっと少ないのではないか、と感じることも多い。 その中でも人付き合いを広く持って中心的な存在として活動されている方もごく一握りでもあるから、そうしたところにばかり足 [続きを読む]
  • 人付き合いへのブレイクスルー
  • 先日、北京に来てから人付き合いが増えて楽しくなったというエントリーを書きました。 ただし、単に北京に来たから人付き合いが増えたというわけじゃないんですよね。 僕は日本にいた頃は基本的に人付き合いが苦手な人間でした。かなり偏りのある人間で、しかも思考とか価値観がステレオタイプ的日本人とはかなり異なっていることもあり、割りと浮いた人間になりやすかったんですね。※浮いた存在っていうのは今もあんまり変わっ [続きを読む]
  • 言語交換での議論「学校教育と苦手克服」
  • 昨日の午前中は、週に1回の言語交換の日。 交換相手は、ニュージーランド育ちの中国人で、今は北京で語学学校の運営をしている中国語の先生。彼女の生徒さんはドイツ人を中心とした欧米人。 毎回一応取り上げるトピックはあるものの、基本的には毎回議論に近い。こうした議論って、お互いの価値観の差を確認できるので非常に良い機会です。日常的にこうした機会を設けていると、相互理解も深まります。 今回の話の中で、彼女は息 [続きを読む]
  • 中国人からの恋愛相談
  • 理由はよくわからないのですが中国人の女の子の友だちから恋愛に関する相談をされることがあります。 残念なのは…僕が対象ではないということなのですが… 理由はホントに不明 今年はそうでもないけど昨年は結構ひどかった。 人によっては僕のことを勝手に”男?蜜”(※1)と呼ぶ人までいる始末。※1. 友だち以上彼氏未満の親友 そんな風になった覚えは無いんだけどどこでどうそうなったんだろうねぇ、、、一体。。。 積極的に [続きを読む]
  • 海外で増える人付き合い
  • 今のようにこうして中国へ、海外で出て来てみて良かったなぁと改めて感じていることのひとつは 人付き合いが増えた! ということです。 日本にいた頃はかなり狭い人付き合いしかしていませんでしたが、北京に来てからはやたらと友だち・知り合いが増えています。 ここ数年は北京在住の日本人の友だちや知り合いが増えていましたが、その前からも中国人やその他の国々の友だちが増えていて、今でも月に数人ずつ外国人の友だちが出 [続きを読む]
  • 中国の領収書(発票)システムの手間
  • 今日の午前中は中国の国税局に行ってました。理由は領収書発行に必要なソフトでエラーメッセージが出ていたため、それを治すため。 これが治らない限り、『発票(ファーピャオ)』(日本で言うところの領収書)の発行が自社で出来なかったからです。 こちらの発票は、徹底的に性悪説を元に仕組みが出来上がっているのが特徴。 そして、ただの領収書ではなく、これを発行すると同時に増値税(日本でいう消費税)が会社の銀行口座か [続きを読む]
  • チキン南蛮定食@こたろう
  • 今日のお昼はコタロウでチキン南蛮定食 想定外に立派で得した気分です。 ただ...11:30までにはこんな暑い天気だと事前に冷房つけてもらえてたらもっと嬉しかったかも。 今日はお客としては僕が一番乗りだったせいか、お店に入っても暑かった... 省エネは構わないけど、それならそれでわかりやすいように張り紙でもしておいて欲しい。 でないとただ単に気が利かないお店と勘違いされてしまうから。ブログをまとめてみる > [続きを読む]
  • 人をほめても角が立つ
  • 昨日は中国での”ほめて育てる”ことによる弊害の可能性について触れました。 そして、今回は褒めることの弊害というより、褒め方によっては逆に摩擦が生じることについて触れたいと思います。 先日、娘のために日本で買ってきた小学生向けの365日誕生日占いの本を、娘のために中国語で伝えてあげていたときのくだり、、、 僕が娘に「◯◯みは運が良いんだって〜。よかったねー」と言ったら 娘が「そんなことないよー。私はすご [続きを読む]
  • 中国での”ほめて育てる”の弊害
  • 今の日本の社員教育でも 「ほめて育てる」 という考え方が少しずつ広まりつつあるように感じます。 実際に出来ている出来ていないは別として、考え方としては認知がかなり広まりつつありますね。 で、こちら中国で同じようにほめて社員やスタッフを育てるってどうなんでしょう??? ほめて育てられるに越したことはないのでしょうが、そのやり方をそのままこちらに持ってくるのは少し危険です。 というのも、この国のかつての共 [続きを読む]
  • 暴風雨警報@北京
  • 昨日の午後7時頃の図。この頃、北京全域に対して暴風雨警報が発令されました。 で、慌てて帰ったのですが見事に空振り… 日本でも天気予報が外すことがあって基本的にはデカイものに関しては外さない。 こちらの天気予報は普通によく外れる。それはわかる。 でもデカイのまで外すって一体どういうことなのだろう? 昨年のこの時期も大雨があった。南五環路の一部が完全に水没するほど強烈な雨。 その後、もう一回集中豪雨がある [続きを読む]
  • 結婚はそもそもうまく行きづらい
  • 最近の離婚率の数字は、日本も中国も割りと近い。 ただネットで確認できる数字というのはあくまで 年内に発生した結婚数と離婚数の割合 という切り口が多いため、正確な割合ではない。 ちなみに2015年での日中両国の比較は 中国 1225万組の結婚に対し、384万組の離婚で、離婚率は2.8組に1組の割合で離婚したのに対し 日本 1000人当たり 5.2組の結婚に対し、1.77組の割合で離婚したので、離婚率は2.9組に1組の割合で離婚した、 [続きを読む]
  • 起業に必要な社会貢献感
  • ネットやSNSで見る限り、今の日本は起業ブームっぽい。 僕も起業願望は結構以前から、北京に来る前から漠然と持ってはいたものの、何を武器に起業すればいいのかアイデアがなかったので触手を伸ばせずにいた。 そして実際に北京で最初のIT企業在籍時から何かしらの起業を模索していたものの、何か足りない気もしていたので結局また違う会社のお世話になることにした。 会社に在籍している間は、基本的に会社の商品を会社を代表し [続きを読む]
  • ひとり起業での会話相手という問題
  • 僕は今のところ、会社はひとりで運営をしている。 法定代表人という立場は中国人の友だちに手伝ってもらっているものの、時折研修や商談の通訳を手伝ってもらっているくらいで、そのときは別途ギャラを支払っているものの、実質は僕ひとりで日々を運営している。 個人事業主は自宅兼事務所になっている場合も多いだろうし、自宅とは別に事務所を構えている法人社長は、恐らく会話相手をみつけるのに苦労しているかもしれない。 僕 [続きを読む]
  • 中国人社員のリテンション
  • 人事労務をしていれば必ず考えるのが社員のリテンション にもかかわらず僕がこっちに来てからかなり面食らったのが人材流動性の凄さ やはり自分にとって有用な人材には離れて欲しくない。 人であれば誰でもそう思う。 でもあるとき、ふと諦めてみた。 自分もかれこれ10回ほど転職をしてきた人間として正直な話、 もう辞めようと思っている会社に「残ってくれ」と頼まれるのはハッキリ言って迷惑だったことを思い出す。 それに、条 [続きを読む]
  • 心の健康維持に最も必要なこと
  • 今回はヒーラーとしての僕の角度からのお話しです。 今どきはうつなどの精神疾患で精神科医へ、精神科医とは言わずとも心療内科に通院されている方がどんどん増えていてっていることと思われます。 うつに限らず、今どきは何かにつけて「病名」をつけて状態を定義してラベルを貼ってしまいがちなので、さらに増えていることでしょう。 今は自分の強めのネガティブな状態を「病気」というレッテルを貼ってしまう機会がとても増えて [続きを読む]
  • 語学学校に通い続けても伸びない人の特徴
  • 多くの在中国の日本人が語学学校に通っている。 でも、結構な期間を通い続けても、あまり上達していない人というのもこれまた多い。 理由は大きく分けると二通りかな・・・と思っている。 ひとつ目は、言わずと知れた 「自分で勉強していない人」 語学の勉強は楽器の練習や部活と同じようなモノなので、学校に通っている時だけしか触れていない人というのはなかなか伸びない。ずっと初級者レベルをウロウロしている。 これはもう [続きを読む]
  • ウーロンラテのお店@北京
  • 先日、マルコカフェという新しく出来たカフェに行った。北京ジャピオンにも掲載されていた 「ニトロコーヒー」(氮气咖啡)を飲むために 僕が飲ませて頂いたのは、サーバーの中の最後の一杯ということで、本来はもっと泡は多めらしい。 下の写真は店内の様子 でも、今、ここで一番の売れ行きを見せているのは下の写真の「ウーロンラテ」とのこと。 このウーロンラテの茶葉は武夷山の水仙岩茶を使用し、さらにエスプレッソマ [続きを読む]
  • 【中国語学習コーチング】のご案内
  • ゼロレベルから多忙な状況下でビジネスレベルの中国語が身につくノウハウをお伝えします!高校・大学共に英語学科卒業にもかかわらず、あまり英会話が出来ないという強い語学コンプレックスを抱えていた私が、北京に来てから留学経験もなく、仕事が多忙すぎて語学学校にも通うこと無く、ほぼ独学でビジネスレベルの中国語を身につけるに至った方法・多くの日本人学習者の語学学習における勘違いなどを説明します。確実に身につく方 [続きを読む]
  • 動画講座「中国語学習 四声の練習方法」
  • 独学で中国語をビジネスレベルまで持っていった人間として、ビジネスコーチングや国際結婚向けのカウンセリングの他に、中国語学習コーチングというのもやっていますが、今回は基礎中の基礎でもある 『四声の練習』の方法に関するお話を動画セミナーという形で作ってみました。 YouTubeとYoukuの両方の動画サイトで見ることが出来るので、中国国外の方も中国国内の方も見ることが出来ます。 先行してフェイスブックの動画でアップ [続きを読む]