たかし さん プロフィール

  •  
たかしさん: 認識の木とたかしさん
ハンドル名たかし さん
ブログタイトル認識の木とたかしさん
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tksyawhbh37
サイト紹介文外見は小太りのおじさんですが、捨て身の戦法で生きてます。無責任な遊び人の後始末はしないのがモットー。
自由文このブログに掲載する記事は主に1992年から任意入院した精神科病院の一室で始めた自己認識の作業の結果生まれた文章群です。かなり自己の内面に踏み込んだ内容となっていますが、統合失調症を患う人の参考になると思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供299回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2010/04/29 13:41

たかし さんのブログ記事

  • 無神論者の母に起こった不思議なこと
  • 今月の20日、墓参りの後に母がしてくれた話なのですが。前日の夜、ベッドでうつらうつらしていたら大きな地震が起きる夢を見たそうです。実際、体が大きな揺れを感じて驚いたそうです。でも、現実にはその時間帯に大きな地震など起きてないし、僕もぐっすり眠っていました。しかし、目を丸くして話す母が嘘をついたとは思えません。また、無神論者の母は普段そういうことを言う人ではないので意外でした。だけど、僕にも過去に似 [続きを読む]
  • 花の香
  • 僕が「いい匂いだなあ」とわざわざ言葉にしなくても花たちは知っているに違いない。僕が感動させられたことを。何となくそんな気がする。にほんブログ村 [続きを読む]
  • お墓の墓誌
  • 最近読んだ梯久美子著『狂うひと 「死の棘」の妻・島尾ミホ』の影響でお墓の墓誌に彫ってある先祖の没年月日と享年をじっくり見てみたのですが。曽祖父は6月16日に亡くなったのか。僕の誕生日は6月15日の深夜だから何か因縁めいたものを感じる。妄想だろうけど。享年58才ということは父と同じか。それから祖父の享年は49才とあった。それにしても、50代で亡くなった叔父さんも含めて、父方の男たちはみな短命だなあ。 [続きを読む]
  • お墓参り
  • お墓参りに行ってきました。ええ、いつものように母と共に弟の運転する車に乗って。しかし体調不良で元気がなかった僕。頭が痛くて吐き気がするので家に戻ったら安静にしていました。そういえば昨年もこの時期に風邪をこじらせたので気をつけないとね。もう少ししたら葛根湯を飲もうと思っています。明日から仕事なのでそれまでに何とかして治したいです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • なぜ走る
  • 現代人よ、なぜ走る。もはや必死で追ったり逃げたりしなくても生きられるようになったのに。――そうしないと生の実感が持てないからさ――。ああ、面倒臭い生き物だなあ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 感謝の念を言葉に変換する癖
  • 感謝の念が生じた時、いちいちそれを頭の中で言葉に変換する癖(「○○さん、ありがとう」とか)を何とかしたい。そうすると純粋な気持ちが穢れるような気がするからだ。そんなことをせずとも(「わあ〜??」だけでもいいじゃないか)神や仏には知れていると思うし。それに気持ちは言葉より態度に現れる。誤魔化せない。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ガンダムさん
  • ガンダムさん。気づけば同じものがこんなにたくさん…。いちおうこだわりがあって…。可動戦士ガンダムという1999年頃バンダイのキャラクター事業部から発売されたおもちゃで…。最近、安彦良和が描くガンダムのイメージに最も近いという評価を知ったのが運の付き…。こらえきれずに次々と購入。そしてこのざまに…(実はこの他に箱から出していない新品がもう一つあります)。自分でも不思議なのですが、たぶん寂しいのでしょ [続きを読む]
  • 絶対的な法と立法者の素性
  • 超越的な存在を否認する現代日本において絶対的な法を打ち立てるにはあまりにも立法者の素性が知られ過ぎているのだ。それでも、脳科学の進歩により逆に、近い将来、統合失調症者が超越的な存在と無意識のうちにつながることができる預言者として復権するような気もする。妄想と言われればそれまでだけど。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 法律で地位を守ろうとすればするほど権威は弱まる
  • よかれと思ってやるのだろうけど。法律で地位を守ろうとすればするほど権威は弱まる。その臆病さを見透かされて。こいつは大将の器じゃないなと。だいたい法律なんてたかが人間の言葉じゃないか。そんな不完全なものを絶対視する奴はばか。またシステムは複雑にするほど安定するかもしれないが、結果的に人を不幸にする。効率ばかり重視し、部下を命令通りに動かすことだけに気を取られると、彼らの裁量を発揮する機会を狭め、ロボ [続きを読む]
  • どーでもいい奴には嫌われてもいい
  • どーでもいい奴には嫌われてもいい。どうせ大した人間ではないのだから。痛くも痒くもないわ。長年にわたる幻聴に鍛えられて、したたか者になった僕。なにしろ、普通の人なら鬱になって死んでもおかしくない位、苛められてきたからねえ。こちとら人気商売やっているわけじゃないので、この調子でいくよ。にほんブログ村 [続きを読む]