英語ハナシタイ さん プロフィール

  •  
英語ハナシタイさん: 話すための英語学習
ハンドル名英語ハナシタイ さん
ブログタイトル話すための英語学習
ブログURLhttp://english-hanasitaino.seesaa.net/
サイト紹介文「話すため」の英語を中心に勉強中!
自由文どれだけ英語勉強しても話せるようにならない。
そんな悲しい自分のためにブログを立ち上げました。
「読むため」「聞くため」の英語は、とりあえずほっといて、「話すため」の英語を中心に勉強していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2010/04/29 22:46

英語ハナシタイ さんのブログ記事

  • 「取り付ける・取り外す」を英語で
  • 「添付ファイル」を英語で何というかご存知でしょうか?「添付ファイル」は、 attached fileや attachmentなどと言います。この「attach」ですが、「貼り付ける」「取り付ける」「くっつける」などの意味があります。英語の例文です。 I attached a sticker to my mobile phone. (私は携帯にステッカーを張りつけました。)構文は「attach A to B」で「AをBに貼り付ける(取り付ける)」となります。パソコンに周辺機器を取り [続きを読む]
  • 「〜より長持ちする」を英語で
  • ここ数日野球のWBCが盛り上がっていますが、WBCのツイッター(英語版)を見ていると、なかなか役に立ちそうな表現が使われています。その中から1つ紹介します。「〜より長持ちする」という英語表現です。「outlast」という単語を使います。英語の例文です。(twitterより抜粋) Japan outlasts The Netherlands.これはオランダ戦で8-6で勝利したときのツイートです。日本が勝って生き残ったという感じです。(結果的にオランダも [続きを読む]
  • 「酔いがさめる/酔いをさます」を英語で
  • 英語で「酔っぱらう」は「get drunk」などと言いますが、その反対の「酔いがさめる」はなんと言えばいいのでしょうか?英語で「酔いがさめる」は、 sober upという表現を使います。英語の例文です。 I sobered up. (私は酔いがさめました。)この「sober」は形容詞では「しらふの」「酔っていない」という意味があります。 I'm sober. (私はしらふです。)次に「酔いをさます」ですが、こちらも「sober 〜 up」「sober up [続きを読む]
  • 「互換性がある」を英語で
  • パソコンのソフトウェアを買うとき、OS(基本ソフト)と互換性があるかどうか必ず確認するかと思います。この「互換性がある」というのを英語では、 be compatible with 〜を使って表現することができます。英語の例文です。 Is this software compatible with Windows 10? (このソフトはウィンドウズ10と互換性がありますか?)以下のようにすれば、対比するもの全てを主語にすることもできます。 They are compatible with [続きを読む]
  • 「南向き/北向き」を英語で
  • 引っ越しや家を購入する際に、日当たりのよい南向きを好む方は多いのではないでしょうか?部屋が「南向き」になっている場合、英語では以下のように表現します。 This room faces south. (この部屋は南向きです。)「face」は「顔」という意味で知られていますが、その他に「面」や「表面」という意味もあります。また動詞では「〜に面する」という意味にもなります。 face south (南に向いている) face north (北に向い [続きを読む]
  • 「(本人に会って)直に」を英語で
  • 電話やインターネットではなく、直接会ってコミュニケーションをとる場合、以下の英語表現が使えます。 in person (直に)英語の例文です。 I talked to him in person. (私は彼と直接話した。) I saw the Prime Minister in person. (私は首相本人に直接会った。)「in person」は「face to face」とほぼ同じです。「face to face」も直接会うことを意味します。「in person」は副詞ですが、形容詞では「in-person」と [続きを読む]
  • 強い拒否を表す「Nothing doing」
  • かなり前になりますが(「断る/お断りします」を英語で)という記事を書きました。前回紹介していなかった英語表現がありました。以下の表現です。 Nothing doing. (お断り!/無理!)これは「No」の強調であり、強い拒否を示します。実は「Nothing doing」はもう1つ意味があります。成果が上がらないとき、結果がだめだったときに Nothing doing. (全然だめだ)のように使います。文字通り「何もしていない」から来てるの [続きを読む]
  • 「私たちの乗る飛行機は2時間後に出発します。」を英語で
  • 飛行機の予定を英語で伝えるには、以下のような表現を使います。 Our flight leaves in two hours. 私たちの乗る飛行機は2時間後に出発します。日本語では「飛行機」となっていますが、ここでは「plane」とはせず「flight」を使っています。日本語でも「フライト」と呼びますね。次に「出発する」ですが、こちらは「leave」を使います。未来の話ですが「will leave」や「be going to leave」などではなく、「leaves」のように現 [続きを読む]
  • 「save」と「rescue」の違い
  • 「救う」という意味の英語に「save」と「rescue」があります。両者の違いを調べてみました。まずジーニアス英和辞典の「rescue」には以下の説明があります。 「rescueは救出行為に、saveは救出の結果の安全に重点がある」これを読んでもピンときません。なかなか情報がありませんでしたが、だいたい以下ではないかと思います。①緊急性があるかないか「rescue」は緊急性がある場合に使われる。(救助隊が出動する場合など)「save [続きを読む]
  • 「ぴたりとついて運転する」を英語で
  • 車を運転していると、後ろにぴたりとついてくる車があります。英語でそのような様子を、 tailgateと言います。「tailgate」は動詞で「前の車にぷたりと運転する」という意味があります。英語の例文です。 Don't tailgate. (ぴたりとついて運転しないように)「tailgate」は名詞では「車の後ろのドア」のことを表します。後ろのドアとは、後部座席のドア(rear door)のことではなく、ハッチバックのように後ろの荷物を置く部分 [続きを読む]
  • 「〜に囲まれている」を英語で
  • 海や山あるいは仲間に囲まれている状況を英語では、 be surrounded by 〜という表現を使います。英語の例文です。 My hometown is surrounded by a lot of mountains. (私の故郷はたくさんの山に囲まれています。)モノではなく人に囲まれているときにも使うことができます。Quietdriveというバンドの曲「Every Day」には以下の歌詞があります。 Even though I’m surrounded by people I love and know.直訳だと、 愛して、 [続きを読む]
  • 「今日は何日ですか?」「今日は何曜日ですか?」を英語で
  • 海外旅行をしていると曜日や日にちの感覚がなくなることがあります。そんなとき英語で質問するには以下の表現を使います。■日にちをたずねる場合 What's the date today? (今日は何日ですか?)■曜日をたずねる場合 What day is it today? (今日は何曜日ですか?) What day is today? (同上) What day is it? (同上)上記英文のように、日にちをたずねる場合は「date」曜日をたずねる場合は「day」を使います。以 [続きを読む]
  • 「一掃する」「総なめにする」を英語で
  • 「sweep」という英語がありますが、これは掃除などで「(ほうきなどで)掃く」という意味で知られています。この英語ですが、スポーツやゲームなどで「圧倒的な強さで勝つ」「一掃する」という意味もあります。野球で「スウィープ」という言葉を聞いたことがありませんか?3連戦で全て勝つことを言います。この「スウィープ」は「sweep」のことです。「sweep」にはもう一つ「総なめにする」という意味もあります。賞やタイトルを「 [続きを読む]
  • 「通行止め」「運転見合わせ」を英語で
  • 成人式やセンター試験のこの時期、大雪が降って道路が通行止めになったり、電車が運転見合わせになったりします。今回「通行止め」と「運転見合わせ」の英語です。まず「通行止め」ですが、英語では、 be closed to trafficと言います。英語の例文です。 The road is closed to traffic because of heavy snow. (その道路は大雪のため通行止めです。)次に「運転見合わせ」です。以前にも紹介していますが、おさらいです。以下 [続きを読む]
  • 「有望な」を英語で
  • 将来を約束されたような有望な人のことを英語では、 promising 〜と表現します。「promising」は「有望な」「期待できる」という意味です。英語の例文です。 He is a promising baseball player. (彼は有望な野球選手です)この他「up-and-coming」という単語もあります。 She is an up-and-coming singer. (彼女は有望な歌手です。)小さな辞書には載ってないこともあります。あまり一般的な単語ではないのかもしれません [続きを読む]
  • premiere、premium、premierの違い
  • 演劇や映画の初日公演をプレミア、価値の高いものをプレミア付き、イングランドのサッカーリーグをプレミアリーグと言ったりしますが、これらは以下の英語からきたものです。 premiere premium premierこれらの英語は似ていますが意味が異なります。まず「premiere」ですが、これは「初日」「初演」という意味です。冒頭で触れたように演劇や映画の初演などに使われます。次に「premium」ですが、これは日本語で言うと「プレミ [続きを読む]
  • war,battle,fight,combatの違い
  • 「戦争」「戦い」を意味する英語はたくさんあります。例えば、 war battle combat fightなどです。これらの違いを調べてみました。■war戦争。戦略的、計画的なもの。複数の戦いを含むこともある。⇒battle例えば第二次世界大戦が「war」だとすれば、その中のミッドウェー海戦やガダルカナル島の戦いが「battle」。■battle前述のように個々の戦いを意味する。「battle」は「war」の構成要素。戦略的なものというより、実際の [続きを読む]
  • 「優柔不断」を英語で
  • 決断力がないという意味の「優柔不断」は英語で以下の単語を使います。 indecisive日本語で「優柔不断」とすると難しそうですが、「decisive」の反対にすればよいだけです。「decisive」は「決断力のある」という意味です。ちなみに「indecisive」は形容詞ですので、正確な日本語訳は「優柔不断な」となります。あまり使わないかもしれませんが、名詞の場合は「indecisiveness」となります。「indecisive」の他に以下の英語もあり [続きを読む]
  • 「例をあげてもらえますか?」を英語で
  • 「例えば」は英語で、 for exampleですが、具体的な例を挙げてもらいたいときは、以下のような英語表現を使います。 Can you give me an example? (例をあげてもらえますか?)「example」は「give」とともに使います。冒頭の「for example」も、 to give an example (一例をあげれば)のように使うこともできます。「give」は「example」のように説明や意見を聞く場合によく使われます。例えば「explanation」や「opinion [続きを読む]
  • 「ex-」と「former」の違い
  • 「前の」を意味する英語表現に、 ex- formerの2つがあります。例えば以下のように使います。 ex-wife (元妻) ex-girlfriend (元彼女) former president (元大統領)この2つの英語表現の違いですが、もともとは、 「ex-」は直前 「former」は直前に限らず以前すべてという違いがあったそうです。よって、 ex-girlfriend (別れた直前の彼女) former girlfriends (今まで付き合った全ての彼女)という風に使い [続きを読む]
  • 「邪魔」を英語で
  • 仕事をしたいのに邪魔されたとき、道を歩いていて誰かが邪魔になったときなど、「邪魔」という言葉には、迷惑をかけるという意味と物理的な障害の意味があります。では「邪魔」を英語ではどのように表現するのでしょうか?まず、自分の歩いている道に人が立っていて邪魔になったときなど、物理的に邪魔な場合は、以下の英語を使います。 be in the way英語の例文です。 You are in the way. (あなたは邪魔です。) That car i [続きを読む]
  • 「こんな気持ちになったのは初めてです」を英語で
  • 何か初めて経験したときなどに、「こんな気持ちになったのは初めて」と言いたい場合、英語では以下のように表現します。 I've never felt this before. (こんな気持ちになったのは初めてです。)「I've」は「I have」の略で、この「have」は「経験」を意味します。「never」で否定しているので、「〜したことがない」という意味です。なお「this」は「this way」とする場合もあります。 I've never felt this way before. ( [続きを読む]
  • 「私は何歳に見えますか?」を英語で
  • 年齢を聞かれたとき、年齢を当てさせる逆質問をすることがよくあります。他人の年齢を聞くときは通常、 How old are you? (あなたはいくつですか?)とか How old is he? (彼はいくつですか?)などとなりますが、自分が何歳に見えるかを聞くときは以下のような英語表現を使います。 How old do I look? (何歳に見えますか?)後ろに「like」を付けるときもあります。 How old do I look like? (同上)また以下のよう [続きを読む]
  • 動詞を「do + 名詞」の組み合わせで表現するもの
  • 英語で動詞の表現に「do」と名詞を組み合わて使うものがあります。例えば、 do one's homework (宿題をする)がそうです。他にもたくさんありますので、少しまとめてみました。家事系が多いです。■do the dishesこれで「皿を洗う」という意味になります。結構有名な英語表現ですね。普通に、 wash the dishes clean the dishesとしても通じます。■do the cleaning「掃除をする」という意味です。■do the room「部屋を掃除 [続きを読む]