みぬまま さん プロフィール

  •  
みぬままさん: 糖尿病猫とアル中猫
ハンドル名みぬまま さん
ブログタイトル糖尿病猫とアル中猫
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/minouflora
サイト紹介文アメリカに暮らす糖尿病兄猫の闘病記や糖尿病蘊蓄、及びキャットニップ中毒妹猫との日常など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2010/05/01 05:30

みぬまま さんのブログ記事

  • みぬの月命日およびゾロとルナの記念日
  • 今日、7月30日は、みぬの月命日、およびゾロとルナがままの子になって6年目の記念日です。みぬは、こんな素敵な骨壺に入って帰ってきました。足形も取ってもらいました。同僚からは、こんな素敵なお花をもらいました。でも、職場だったので、泣くわけにいかず、涙をこらえるのに必死で、「Thank you」と一言言うのが精いっぱいだった…。一方、ゾロとルナは、やはり寂しかったのか、特にゾロは過剰グルーミングで少し背中の毛が抜 [続きを読む]
  • 死後の世界
  • みぬがままの子になってからの14年を、動画にしてみました。みぬの虹の橋への旅立ちに際して、多くの方からブログやSNSで温かい言葉をいただき、また私、みぬままのことまで心配していただき、感謝しております。もちろん、大切な人や動物の死が悲しいことには変わりありません。しかし、実は、私の「死」への受け止め方を変えた、一冊の本があります。William Buhlmanによる、Adventures Beyond the Body: How to Experience Out- [続きを読む]
  • 旅立ち
  • 6月30日、カリフォルニア夏時間10時55分、みぬは虹の橋へと旅立ちました。今までみぬを応援してくださった方々、どうもありがとうございました。朝起きてみると、みぬはまだ苦しそうに時折悲鳴を上げていた。もう下半身は全く動かない。苦しむ様子を見て、ついに今日こそ決断すべきだと思い、電話を取った。「みぬちゃん、長い間よく頑張ったね。これからは、全ての痛みから解放されて、フロちゃん(フローラ)とも一緒になれるよ [続きを読む]
  • 決断のとき
  • 昨日の夕方、仕事から帰ると、みぬがリビングのラグマットの上にいて、苦しそうに鳴いていた。抱き上げてみると、尿失禁していた。もう体が思い通りに動かなくなって、トイレにも行けなくなってしまったらしい。今朝は、数年前に自分で作ったベッドに吸収シートを敷いて、みぬをその中に入れて出社した。昼休みに会社から帰ってみると、みぬはまだベッドの中にいた。最早、歩くこともできなくなってしまったようだ。そのまま会社に [続きを読む]
  • 続:究極の選択
  • 現段階では、治る見込みがないことを知りつつ無理な治療をしたりもせず、かといって安楽死もさせず、自然に任せる選択を取っているが、実はこの選択もかなり辛いことがよくわかった。日を追うごとに状態が悪化し、苦しんでいるみぬを、ただ見守っている自分に罪悪感を覚えることもある。今まで安楽死など考えたこともなかったけど、今は安楽死を最善の選択として選場ざるを得ない状況もよくわかる。しかし、だからといって自分は踏 [続きを読む]
  • 猫の心を読む
  • 土曜日の明け方、ゾロがベッドに飛び乗ってきて、手や腕をペロペロ舐め始めた。このとき、六年前、フローラが虹の端へと旅立った前夜を思い出した。普段滅多に夜ベッドの上にくることがなかったフローラが、この日ばかりはベッドの上に自分から飛び乗ってきたのだ。そして、それは、「今夜が最後。明日はお別れです」というサインだった。だから、今回のゾロの行為にも、何らかの意味があると思わざるを得なかった。恐らく、「まま [続きを読む]
  • 究極の選択
  • ままに輸液してもらうみぬ。みぬにはもう体力がなく、ほとんど動かないため、輸液も簡単にできた。今日は、ホリスティック獣医のD先生に来ていただいた。実は、もう余命いくばくとわかっていて、今更鍼治療をする意味があるのかわからなかったが、せめてD先生に今のみぬの状態を見ていただいて、何かアドバイスが貰えたら…と思い、結局来ていただくことに決めた。いつも通りに、「Hi Sweety!」とみぬに声をかけるD先生。一方、す [続きを読む]
  • そろそろ覚悟が必要か
  • 今朝の段階では、目が見えないながらも、水を飲みに行った後、一人でソファに飛び乗っていたみぬ。昼頃、知人からメールが届いた。この知人には昨日みぬの体調が悪いことを報告したのだが、その返信として、移動獣医のサイトへのリンクを紹介してくれた。しかし彼が紹介してくれたリンク先を見ると、予約を取らなければならず、少なくとも来週月曜日まで待たなければならないようだ。夕方帰宅してみると、みぬは歩くのもやっとの状 [続きを読む]
  • 体調が急変
  • ご心配おかけしております。この記事を書いている段階で、みぬは何とか生きています。以下に、土曜日に体調が急変してからの詳細をご報告いたします。17日(土曜日)朝からみぬの様子がおかしい。ソファの上にうつ伏せに横たわったまま、どんよりとした目をしている。たまに起き上がっては水を飲みに行くけど、それ以外は殆ど動かない。しかし、いつもの呼び方で、「みーぬ」と呼ぶと反応する。トリートを冷蔵庫から取り出すと、よ [続きを読む]
  • みぬ、鍼治療を受ける〜その18
  • 前回の4月鍼治療の段階では、みぬが元気そうだったので次回の鍼治療は9月に予定していたのですが、ここ最近みぬの状態があまりよくないので、急遽ホリスティック獣医のD先生に来ていただくことになりました。D先生には、まず、最近のみぬの体調を説明。先日ペットシッターのKさんからも連絡があったように、目が見えなくなってきているように思えること、痩せてきたこと、血糖値の変動が激しいこと、歩くときに後ろ足がおぼつかな [続きを読む]
  • 6月5日から11日までの血糖値
  • 6月5日から11日まで一週間の血糖値曲線。緑色が正常範囲で、黄色が高血糖でも症状が出ないとされる範囲。青い四角はインスリンを注射したことを示す。ピンクの四角はペットシッターによる血糖値測定およびインスリン注射。インスリン用量スライディングスケール6月11日〜血糖値(mg/dL)   投与量(IU)     投与間隔10時間未満   10時間以上           135-150-------2.00 -------------2.40 151-170-------2 [続きを読む]
  • 5月29日から6月4日の血糖値
  • 高齢血糖値報告が遅れて申し訳ございません。実は、先週土曜日から木曜日まで、みぬまま家から車で1時間強ほど離れたところで、ワークショップに参加していました。1時間強なら通えなくもなかったのだけど、このワークショップ、毎朝早朝に始まるので、猫たちのことはペットシッターにお任せして、ホテルに泊まることにしました。それでもみぬが糖尿病になって以来、今まで最長で5日間しか出かけたことがなく、加えてみぬも最近年 [続きを読む]
  • ゾロのトイレ問題
  • 実は、ここ数か月間ままを悩ませていたのが、ゾロのトイレ問題。小の方は問題ないのだけど、大の方を何故かトイレの外にしてしまうのです。外といっても、トイレのすぐ近く。そして、用を足した後は、砂をかけるべく床を前足で何度も擦っている。それだけトイレの近くで、しかも砂をかけたいのなら何故トイレの中でしないんだろう?と思いつつ、そのうち治るだろうと思っていました。しかし、治る様子はなく、しかも最近は便と一緒 [続きを読む]
  • 5月22日から28日までの血糖値
  • ここ最近、週末も忙しくてなかなかゆっくりできなかった、私、みぬまま。今週末は祝日で三連休なので、猫たちと一緒に久しぶりにのんびり過ごしています。みぬは、元気だけど、やはり年取ってきたかな…という感じがします。抱っこした時に、お尻の骨がごつごつするので、体重を測ってみたら、3月の健康診断時は5.3Kgあった体重が、300g減って、今は約5.0Kg。九年半前のケトアシドーシスの時に3Kg台まで減ってしまった時に比べれば [続きを読む]
  • 5月15日から21日までの血糖値
  • 三年ほど前に糖尿病予備軍(空腹時血糖は完全に正常だが、HbA1cが高かった)と診断されて以来、食事療法を実践している私、みぬまま。最近の血液検査で、またHbA1cが、ギリギリ正常ながらも「正常」と「予備軍」のボーダーラインまで上がっていて、少しショックを受けました。食後高血糖になりやすい体質で、HbA1cを正常範囲に維持するためには、相当厳しい食事制限をずっと続けなければならないことはわかったけど、実はこのHbA1c [続きを読む]
  • 5月8日から14日までの血糖値
  • コンパニオンアニマルのままの皆様、素敵な母の日を過ごされましたでしょうか?某SNSで、面白いものを見つけたのでシェアいたします。「私は犬の飼い主ではありません。私の犬たちにとって、私は母親です。」犬と猫では、人間に対する捉え方が違い、犬は「主人」として捉えるのに対し、猫は「仲間」として捉えるというけど、私も、自分は猫の「母親」だと信じています!Happy Mother's Day!------------------5月8日から14日まで一 [続きを読む]
  • 5月1日から7日までの血糖値
  • 今回もまた忙しい週末だったため、一日遅れの血糖値報告です。みぬは元気ですので、どうかご心配なく。------------------5月1日から7日まで一週間の血糖値曲線。緑色が正常範囲で、黄色が高血糖でも症状が出ないとされる範囲。青い四角はインスリンを注射したことを示す。インスリン用量スライディングスケール5月1日〜血糖値(mg/dL)   投与量(IU)     投与間隔10時間未満   10時間以上           135-15 [続きを読む]
  • 4月24日から30日までの血糖値
  • 週末は忙しかったので、血糖値報告が一日遅れになってしまいました。今回はこれのみにて失礼いたします。------------------4月24日から30日まで一週間の血糖値曲線。緑色が正常範囲で、黄色が高血糖でも症状が出ないとされる範囲。青い四角はインスリンを注射したことを示す。インスリン用量スライディングスケール4月24日〜血糖値(mg/dL)   投与量(IU)     投与間隔10時間未満   10時間以上           1 [続きを読む]
  • 4月17日から23日までの血糖値
  • 先日、ままの車の前で鳴いている猫がいました。口元にちょび髭の生えたような顔。去年の11月に見かけた猫と同じかな?ままが近づくと、隣の車の下に隠れてしまいました。この猫が、その後みぬまま家のパティオに現れました。猫用サンルーム越しにゾロとしばらく見つめあっていたけど、ままが近づくとこの猫はフェンスの上に逃げてしまいました。(フェンスに飛び乗ったところを網戸越しに撮影)幸い今のところは問題ないようだけど [続きを読む]
  • 4月10日から16日までの血糖値、および14年目の記念日
  • 今日4月16日は、みぬがままの子になって14年目の記念日。今年も無事この日を迎えることができました。今日は、アメリカではイースター(復活祭)です。イースターといえばウサギ…ということで、大好きなウサギご飯を食べるみぬ。キャットニップの匂いに酔い痴れるみぬ。ままのお膝の上で。おじいちゃんになっても、甘えん坊なのは相変わらず。これからも、みぬまま家の猫として、幸せな猫生を送ってくれればと思います。--------- [続きを読む]
  • 4月3日から9日までの血糖値
  • 毎週恒例の血糖値測定結果ですが、昨日は時間がなくてアップができませんでした。みぬは無事ですので、ご心配なく。早朝、ままの布団に潜り込んできたみぬ。ままの寝起き顔がお見苦しくて失礼します。でも、みぬが可愛くて(親ばか!)つい自撮りしてしまいました。------------------4月3日から10日まで一週間の血糖値曲線。緑色が正常範囲で、黄色が高血糖でも症状が出ないとされる範囲。青い四角はインスリンを注射したことを示 [続きを読む]
  • みぬ、鍼治療を受ける〜その17
  • 今日は、ホリスティック獣医D先生によるみぬの17回目の鍼治療でした。まず、D先生から最近のみぬの状態を尋ねられたので、「元気ですよ。実は最近健康診断を受けました。」と言って、血液検査の結果のコピーをD先生に渡しました。まま:腎臓の値が高くなってますよね。D先生:そうですね。まま:主治医は、高齢猫では普通だから問題ないというんですけど。D先生:何歳でしたっけ?まま:推定16です。D先生:確かに、その歳にしては [続きを読む]
  • 3月27日から4月2日までの血糖値
  • 今週は、眠くて眠くてたまらなかった私、みぬまま。午前中は平気でも、午後になると睡魔が襲ってくる。以前は、ランチ後の血糖値の乱降下が原因かと思っていたけど、糖質をほとんど食べなくてもやっぱり眠いものは眠い。この時期、やはり「春眠暁を覚えず」なのでしょうか?流石にあまりに眠いと仕事に支障を来すので、どうにかならないものか?と調べていたら、こんな記事を見つけました。Have A Food Coma? Blame Salt And Prote [続きを読む]
  • 3月20日から26日までの血糖値
  • 今週末は金曜の夜から日曜の夕方まで外出していたため、ペットシッターのKさんとSさんに来ていただきました。Kさんによると、久しぶりの外出だったため、いつも人懐こいみぬも最初は少しシャイだった様子。でも、みぬもゾロもすぐに心を開いて、可愛がってもらっていたようです。因みにルナは相変わらずKさんやSさんの前には姿は現さないけど、窓辺で日光浴をしていたところを二回ほど確認できたとのこと。まあ、人見知りで臆病な [続きを読む]