ぱんぷきん ぱい さん プロフィール

  •  
ぱんぷきん ぱいさん: 風景居酒屋ごじゃ満開(goo版)
ハンドル名ぱんぷきん ぱい さん
ブログタイトル風景居酒屋ごじゃ満開(goo版)
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/say10ya60
サイト紹介文居酒屋ごじゃ満開(楽天版)の続きです。与太話に房総・南部・旅先の風景を添えてご提供しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供250回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2010/05/01 20:43

ぱんぷきん ぱい さんのブログ記事

  • 2514)下野ワンデイハイク 日光市(4景目 市役所と神橋)
  •  昨日(3月27日)は冷たい雨で1日が始まりましたが、千葉駅に着くとみぞれになっていました。3月下旬でのみぞれは珍しいのではないでしょうか?この冬(もう春でしょうが)は確か11月に初雪が降ったと記憶していますが、早い初雪で始まり遅いみぞれで冬が幕を閉じるのでしょうか。 下野ワンデイハイクの続きです。車の絶えない国道119号線を東照宮方向に向かって歩き続けますが、この道は東照宮方面に向かって上り坂となって [続きを読む]
  • 2513)開業から366日(北海道新幹線開業1周年)
  •  本日の千葉は雨の1日でしたが、我が花粉症は日ごとにきつくなっていきます。「今年は例年より楽だな」なんて思っていたら、ここ数日で一気に鼻孔が荒れてしまいました。今週は年度末で大忙しの中、ストレッサーでもあるこの症状との格闘もしなくれはなりません。 本日3月26日は、北海道新幹線の新青森〜新函館北斗間が開業して1周年となります。東北新幹線が全通時は青森県民で1年後は千葉県民、北海道新幹線開業時は再びの [続きを読む]
  • 2512)下野ワンデイハイク 日光市(3景目 国道119号線整備中)
  •  昨夕、出先から奉公先へ戻る車中で「取引先のA子さんと奉公先のB子さんに連絡しなくては」と思いながら改札口を出ようとしたら、前を歩いていた女性がカギを落としました。「鍵を落としましたよ」と声をかけたところ「ありがとうございます」と振り向いた人はA子さんでした。偶然の出会いにお互いびっくりしていたところに、B子さんが通りかかり、またびっくりしました。ドラマでよくあるような展開でしたが、実際に起こるも [続きを読む]
  • 2511)下野ワンデイハイク 日光市(2景目 日光駅工事中)
  •  次期学習指導要領で「聖徳太子→厩戸王(うまやどのおう)」「鎖国→幕府の対外政策」と表記が変わることになっていましたが、最終的に現在の表現のままとすることを検討しているそうです。歴史研究が進むことで明らかになる「史実」の結果なのでしょうが、メジャーな人物や出来事の名が変わってしまうと、世代間や親子で話がかみ合わなくなりますね。あ、既に1万円札の肖像画が聖徳太子だった事を若い子は知らないかもしれませ [続きを読む]
  • 2510)千葉三越閉店
  •  ラジオで「失恋ソング特集」を組んでいました。失恋ソングといえば、プリンセスプリンセスの「M」が浮かびますが、ひとつ後の世代にとって「M」は浜崎あゆみさんの歌となるそうです。更に後の世代にあると、それすら知らないのだという話を聞いたことがあります。プリプリのMが世に出たのは今から30年近く前ですから、そうなってしまうのでしょうね。 以前の前菜でも触れましたが、千葉三越が本日(20日)を以て閉店しました [続きを読む]
  • 2509)恋(第89回選抜高等学校野球大会)
  •  明日3月19日から、「第89回選抜高等学校野球大会」が開幕します。1月29日の前菜でも触れましたが、岩手県からは不来方高校と盛大付属高校の2校が出場します。厳密には「岩手県代表」ではなく、盛大付属は「東北代表」、不来方は「21世紀枠東日本地区代表」となるようです。 まぁ細かいことはいいでしょう。盛大付属は明後日(3月20日)に高岡商と、不来方は23日に静岡とそれぞれ対戦しますが、不来方の試合時間は、現在世の [続きを読む]
  • 2508)下野ワンデイハイク 日光市(1景目 JR日光線)
  •  拙宅の壁には「全国の風景」「岩手県の風景」の月めくりカレンダーが並んで下がっています。今の時期は全国版が3月(茨城県)、岩手版は4月なのですが、どちらも「桜」が主役となっています。細長い日本列島、季節の違いはカレンダーにも出てくるのだなぁと妙に感心しました。 再びの千葉県民になって半年以上経ち、当初目論んでいた「房総ワンデイハイク」はまったく実践できていません。そんな中、9年前まで住んでいた栃木 [続きを読む]
  • 2507)千葉彷徨 鴨川市(諏訪神社)
  •  先週土曜日(11日)、東京大学の合格発表掲示板が4年ぶりに登場したと話題になっていました。私は遠隔地の大学受験でしたので、掲示板を見に行く機会はありませんでしたが、こんな受験生向けにあった商売が「合格通知代行業」。試験会場周辺に出没し、料金を払えば代わって合格発表を確認し電話で伝えてくれるというものでした。きちんと報告してくれる保証はないことは明らかなのですが、結構申し込む人がいたようですね。学内 [続きを読む]
  • 2506)栃木彷徨 宇都宮市(羽黒山2017−4景目−)
  •  昨日は東日本大震災から6年目の日でしたが、大阪の私立小学校申請取り下げやPKO撤退、韓国大統領罷免といった話題の方がメディアに大きく取り上げられていたように思います。震災絡みでは長靴を巡る舌禍で辞任した政務官の話題がありましたが、いつまで経ってもこの手の言動は続きますね。 本日の一品は、今年4回目の羽黒山です。ペアの「一関遊水地」より1回少ないのは、居眠りして撮り損ねた時があったからだと記憶して [続きを読む]
  • 2505)ラジオからこんにちは(大震災から72ヶ月)
  •  本日は東日本大震災から6年(72ヶ月)という節目になります。3月に入りメディアがこの話題に触れる機会も増えてきましたが、今年は土曜日ということもあってか、奉公先全体での訓練は行なわれません。今の奉公先である千葉県も津波や液状化で大きな被害を受けているのですが、みなさん忙しいこともあって「6年だねぇ」という話題は出てきません。当の私もそちら側の1人となっています。 ところで、岩手の地元紙に「ラジオか [続きを読む]
  • 2504)岩手彷徨 一関市(一関遊水地2017−5景目−)
  •  昨日、公務で千葉市内の某所へ出向いたのですが、利用した駅で親戚にばったり出会い、お互いびっくりしました。1年以上顔を見ていなかったのですが、お元気そうで何よりでした。そういえば2年前に長崎へ出かけた際も、デパートで10数年ぶりに親戚に会いました。期せずしての出会いというのは面白いものです。 本日は一関遊水地です。2017年に入って早くも5回目の登場です。月に2回帰盛している中で、この日が5回目の帰葉で [続きを読む]
  • 2503)盛岡彷徨 岩手山2017(山田線から−2景目−)
  •  本日公務で利用するため、久々にレンタカーを使用しましたが、カーナビの進化ぶりに驚きました。制限速度を超えてしまうと「制限速度超過です。安全運転しましょう」と言い、ナビで設定した目的地に着くと、「今の運転はエコでした」と運転ぶりを評価してくるのです。正直言って五月蠅かったですが、職場の自分もこうなのかな?と我が身を省みてしまいました。 本日は1ヶ月ぶりの「山田線から見た岩手山」でございます。この前 [続きを読む]
  • 2502)千葉彷徨 千葉市(五社神社)
  •  毎日駅売店やコンビニで経済紙を購入するのですが、週末(土日)の1面のレイアウトが大きく変わっており、まるで違う新聞のようでした。このようなリニューアルは、当たり前ですが成功する場合と失敗する場合があります。きっと様々な議論を経てこの紙面にしたのでしょうが、少なくても私は土日のレイアウトに慣れるまで時間がかかりそうです。 本日ご覧いただくのは、若葉区に建つ五社神社です。その名のとおり、5人の神様を [続きを読む]
  • 2501)千葉彷徨 勝浦ビッグひなまつり2017
  •  先日、奉公先で鯛焼きが振舞われました。そういえば「チョココロネを頭から食べるかお尻から食べるか」という歌がありますが、果たして周囲の方々はどのように食べるか、頭から食べながら見ていましたが、100%頭から食べていました。チョココロネに関しては五分五分だったようですが、鯛焼きはやはり餡を味わいたいという無意識の心理が働くのでしょうか。 昨日は3月3日はひな祭りでした。最近は地域おこしイベントのひとつ [続きを読む]
  • 2500)北総1周 8景目(JR成田線の車窓から)
  •  2500品目の前菜は、やはりムッシュかまやつ氏の訃報でしょう。大ファンではありませんでしたが、「わがよき友よ」や「どうにかなるさ」といった曲は好きでした。「どうにかなる」のは「どうにかする」人がいるからというのが持論ですが、最近は「どうにかしないと」という事も増えてきました。閑話休題、ご冥福をお祈りします。 北総1周の続きです。雲が広がり雨の気配を感じる銚子駅から、今度は利根川に沿うJR成田線に乗っ [続きを読む]
  • 2499)北総1周 7景目(切られ銚子駅)
  •  今日から3月ですが、知り合い宅のネコがこの世を去りました。享年19歳。こういう話になると「人に換算すると何歳?」という話になるのですが、あるサイトでは90歳、別のサイトでは92歳、サイトによって若干異なりますが、いずれにせよ大往生であると言えるでしょう。しかし19年も寝食を共にしてきたのですから、飼い主の心に穴が開いてしまわないか気になります。 北総1週の続きです。銚子電鉄で銚子駅に戻り、一旦改札口を出 [続きを読む]
  • 2498)北総1周 6景目(銚子電鉄〜キャベツ畑〜)
  •  あっという間に2月が終わりました。この2月28日は当店が暖簾を上げてから一度も休まずに営業しているのですが、その前菜で2月の短さに触れた時はありませんでした。しかし今年は他の月より2〜3日少ないということを実感しています。日数は少ないけれどやらねばない事(やりたい事ではありません)がどんどんたまって3月を迎えます。「来月になれば落ち着くだろう」と思い続けて3年近く経つ気がします。 今回も銚子電鉄で [続きを読む]
  • 2497)北総1周 5景目(銚子電鉄〜外川駅〜)
  •  今年はJリーグ発足25年目のシーズンだそうで、例年よりメディアでの開幕戦の扱いが大きかったように思います。25年前と言えば私はまだ奉公に就いて年数も浅い若造でしたが、最近は「何周年」という言葉を聞くと、その時の自分はどうだったのかと振り返ることしばし、です。それだけ齢を重ねてきたということですが、中味も積み重ねてきたか・・といえばどうなのでしょうか。周囲の評価に任せるしかないですが。 「北総1周」を [続きを読む]
  • 2496)盛岡彷徨 岩手山2017(夕顔脇瀬橋脇から)
  •  先週金曜日(24日)はプレミアムフライデーでした。私はたまたま会社のイベントの後の懇親会で色々なお話を聞くことができ、その意味では「プレミアム」だったかな・・・と思ったのですが、プレミアムを国語辞書で引くと「1.債券などの額面を超えた金額。2.割増金」としか載っていませんでした。「おまけ」「高級」という意味もあるようですが、どうも語感が先走っている気もします。果たして定着するのでしょうか? 本日ご [続きを読む]
  • 2495)岩手彷徨 一関市(一関遊水地2017−4景目−)
  •  今朝の情報番組でJR西日本に登場する豪華列車を紹介していました。JR九州の「ななつ星」以降、各JRでこのような豪華列車が登場しています。それだけそういう需要があるのでしょうが、あまりに豪華過ぎて食指は動きません。同じ風景なら普通列車でのんびり観たいです・・というのは負け惜しみ? 「北総1周」はひと休み、本日ご覧いただくのは2月半ばの一関遊水地です。この日は毎度おなじみ朝の「帰葉」、盛岡出発時は晴 [続きを読む]
  • 2494)北総1周 4景目(外川漁港)
  •  宅配業者の再大手が人手不足による荷受量の抑制について労使で交渉しているという記事が、昨朝の経済紙のトップに載っていました。ネット通販の拡大が荷受量増の背景の大きな一つだそうで、私も頻繁に利用していますがそのほとんどが再配達となっていますから、今回の背景を作ってしまったひとりなのかもしれません。しかし再大手が荷受量を抑制する分、シェア拡大を狙う他社はどのように動くのでしょうか?追従?商機? 北総1 [続きを読む]
  • 2493)北総1周 3景目(銚子電鉄〜命名権〜)
  •  分冊百科で「鉄腕アトム」を作るというシリーズが発刊されるそうです。全70巻を揃えると19万円でアトムが完成するそうです。原作のスタートは1952(昭和27)年、それから約半世紀後の2003年4月7日がアトムの誕生日でした。残念ながら史実はその通りになりませんでしたが、現実の2003年にまだ存在しなかったロボット的な物は日々進歩していますね。あと50年もすれば現実世界が原作に追いつくのでしょうか。 北総1周の続きです [続きを読む]
  • 2492)北総1周 2景目(銚子電鉄〜銚子駅〜)
  •  ちょっと過去の当店の品々を見返していたら、「ど根性ガエル」の実写版について記していました(コチラ)。期せずしてそれから3年後に実写版が放送されたのですが、当時思案したピョン吉はそのまま吹き替えで演じられていましたし、他のキャラクターもあまり違和感無く観る事ができました。こういう発想でなら実写版はアリなんでしょうね。次はお化けのQ太郎でしょうか? 北総1周の続きです。特急「しおさい1号」で着いたの [続きを読む]
  • 2491)北総1周 1景目(とんかつ弁当)
  •  近隣の事業場へ行った帰り道、強風により列車が動かなくなりました。「運転再開までしばらくお待ち下さい」は仕方ないのですが、それまでの間、ホーム側のドアは全て開いたままで、車内はホームと同じように寒風が行き交っていました。列車の交換待ちや出発駅では車内保温のため一部のドアを除いて閉めてくれるのですが、イレギュラーな場合は閉めてはいけないのでしょうか?そういう部分は押しボタンで開閉する北国の列車の方が [続きを読む]
  • 2490)栃木彷徨 宇都宮市(羽黒山2017−3景目−)
  •  経済紙に花粉症の特集記事が載っていました。根本的治療法として、花粉のエキスを1日1回舌の下に垂らすことで少しずつ体を花粉に慣らすという「舌下免疫療法」が期待されているそうです。症状が軽くなるようですが、3年間欠かさず続けなければならないとのこと。日々の薬すら飲み忘れてしまう我が身には難しそうです。 本日も栃木県の風景。こちらはおなじみ羽黒山ですが、前回八溝山地を御覧いただいた時に乗っていた「なす [続きを読む]