ネイチャーToshi さん プロフィール

  •  
ネイチャーToshiさん: 健康生活『自然農・自然流野菜作り』
ハンドル名ネイチャーToshi さん
ブログタイトル健康生活『自然農・自然流野菜作り』
ブログURLhttp://sizennouyamatabi.blog41.fc2.com/
サイト紹介文無農薬・無化学肥料はもちろん,自然流の野菜作りをめざしています。花・紅葉の時期には山歩きも。
自由文 健康は,「食と運動」から。住んでいる土地に自然にできたものを食することが一番という「身土不二」の考えの元,野菜の自然栽培をめざしている。時には,大自然を求めて,山登りにも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2010/05/01 23:16

ネイチャーToshi さんのブログ記事

  • カボチャの収穫もそろそろ最後かな
  •  天候の加減で野菜の生育が不調だった今年,カボチャも例に漏れずといった具合。 そして,間もなく最終収穫へ… 日本カボチャと西洋カボチャ 今日収穫したのは,日本カボチャ2個と西洋カボチャ2個。 スーパーですっかり姿を消したかと見えていた日本カボチャ。 でも,最近はやや復活のきざしもあるような。 日本カボチャは2種類作り続けている。 これは,その内の1つ「菊」。名前の由来は,見た目ですぐ分かる。 日本 [続きを読む]
  • 台風が連れてきた雨で 野菜達は復活できるか?
  •  先日の台風5号のおかげで,やっと野菜畑に潤いがやって来た。 被害の大きかった地域には申し訳ないが,当地の野菜作りにとっては,1ヶ月以上続いたカラカラ天気の後の「”超”恵みの雨」となった。  野菜たちの復活はなるか? それにしても,今年は,野菜苗の定植時期から始まり,梅雨に入っても,もちろん梅雨明けしてからも雨らしい雨が降らなかった。 農園での野菜作りを始めてから7年目になるが,”これまで経験して [続きを読む]
  • 中心はそれた台風だったのにリンゴの木が倒れた
  •  正確には,リンゴの木は50度くらい傾いた。 それにしても,他はピーマン類の支柱が傾いた程度の被害だったのに意外だった。 木が傾いた訳は 写真ではわかりにくいが,南の方(手前)に倒れてきている。 「大きなリンゴがたくさんなっていて,重くて耐えきれなかった」というなら,ちょっとうれしい部分もあるのだが,それ程でもない。 では,なぜ? 根元を見てみた。 北側の根が裂けて切れている。 「去年,カミキリムシ [続きを読む]
  • パプリカ露地栽培3年目
  •  今年はオレンジパプリカも育ててみることにした。 場所も農園に加えて,自宅近くでも栽培することに… 自宅横のオレンジパプリカが好調 農園は雨が降らず,青息吐息。 それに対し,自宅横は水を掛けられるので,8月に入って初収穫を迎えた。 大きく育った!  〔近づけ過ぎて,ピントずれ〕  も一度,他のパプリカで,  初回の収穫。  緑色っぽい2個は,虫にかじられたもの オレンジパプリカは,何とか順調だが,   [続きを読む]
  • 保険を掛けたつもりだったのに〜大豆の場合〜
  •  大豆は,毎年カメムシに吸われることが多く,去年などは,まともな大豆が2割程度しか採れなかった。 今年は,新しい土地が借りられたので,その畑で大豆を作ることにした。 保険のつもりで… 保険にならない模様 木々に囲まれたロケーションのいい畑。 広々と使わせてもらい,風通しもよく,ここなら大豆も立派に育つかなと思っていたのだが, 「あれれっ」葉っぱがちぎれている。 丸坊主に。 こちらは、新たに。 犯人 [続きを読む]
  • 畑が干上がって 水運びの毎日に
  •  一向に降らない雨。 毎日照りつける太陽。 写真では、緑多い畑に見えるのだが、  限界がやって来た 水をやり始めると,水を求めて伸びていく根の生長が止まってしまうという。 根性ある野菜にしたいと我慢させ,見守ってきたが、とうとう限界に。 サツマイモさえ枯れそうになってきた。 ヤーコンも大きくなれず,その上、下の葉から枯れ始めてきた。 ピーマンにつづいて水やりの第2号に。 ハヤトウリは全く伸びていな [続きを読む]
  • ”リンゴ”今年も青りんごまで来ました
  •  実をつけ始めて2年目のりんご「つがる」。 「青リンゴ」としてだけれども,今年最初の収穫の時を迎えることができた! 何とか初めての収穫へこぎ着けた 最初の収穫はこれだけ。 しかし,『無農薬で,青リンゴ採れました!』 同時に採った不良品(朝市の商品にならないので自家消費へ)がこれだけ。 虫に吸われたものもあるが,多いのは鳥(カラス?)につつかれたもの?  網を掛ければ防げたのかな…。 来週の朝市へも [続きを読む]
  • オクラにハマキムシ 今年は早い!
  •  雨が少ないせいか,水分を求めてオクラにハマキムシが大量発生中。 もうやってきたハマキムシ 雨が降らないので,草をむやみに刈ることはできない。 野菜には根性を持たせようと,水やりもぐっとこらえている。 やることがないなと,のんびりあちらこちらと”観察”をしていると,水をせっせと掛けている妻から「やることがないなら,オクラのハマキムシを捕って」と声がかかった(オクラは,妻担当の野菜)。 そこで,今日 [続きを読む]
  • ナスの枯れそうな主原因は水不足ではなかった
  •  ナスが枯れそうになっているのは,てっきり水不足が原因だと思っていたが,それは思い込みだった。 ナスが枯れ気味の本当の原因は 昨日,朝市ののための当日収穫に,早朝農園に着いた。 ナスはどうかなと見たときに,なんと,葉にニジュウヤホシテントウの幼虫が! あわてて,他の葉を見ると,いる,いるニジュウヤホシテントウの幼虫だ。 毎年のことなのに,うっかり見過ごしていた。 てっきり水不足が原因と思っていたが [続きを読む]
  • トマトが虫捕り効果でやや回復
  •  敗北宣言を出したトマトだったが,毎日の虫捕りの成果が出たのか、やや回復の兆しが見えてきた。 ピーマン、パプリカには明暗。 トマト、まだ被害はゼロにはなっていないが このようになっているものもあるが、 無事きれいになっているものも、 大玉トマトも、無傷で赤くなってきたところが、 ただ、このままいけるとは限らないのが野菜作り。 朝市にも初出荷。 ピーマン、パプリカは ピーマンも大不調。 昨日収穫、向 [続きを読む]
  • 梅雨明け 苦しい日がつづく
  • 梅雨明けが発表されたが,実際は数日前から梅雨明けの雨の降らないカンカン照りが始まっている。  すでに危ない野菜も キュウリ,ズッキーニ,オクラなど葉の広い野菜は朝からぐったりしている。 ナスは北の大豆側の草を刈ったのが間違いだった。 この時期,先を読んで,草を刈るか,残すかの判断をしなければいけない。 間違えると,このナスのようなことに… 枯れそうになっている。とうとう水を掛けることに。 隣の [続きを読む]
  • リンゴは大丈夫かな
  •  トマトは日一日,虫にやられ,実が落ちている。 虫退治もままならず,今年は,まず無理かなとほぼ敗北宣言。 かくなる上は,リンゴを100個完熟までもっていきたいと…。 ハクビシンよけにネット リンゴが少し大きくなってきた。 現在,「つがる」は200個弱なっている。 近寄って見ると,リンゴらしくなってきている。 何とか100個を完熟させ,リンゴとして収穫したい。 まず,ハクビシンよけに周囲を防風ネットで囲んだ [続きを読む]
  • トマトが危ない!早々とオオタバコガの幼虫が!!
  • 今年もトマトが色づき始めたと喜んでいたのに,なんと!この時期からオオタバコガ(タバコガかも)の幼虫による食害が始まった。 次々とトマトに穴が 例年は,8月中旬のそろそろトマトも終盤かなという時期に,急に発生していたオオタバコガの幼虫。 手で取っても取りきれないので,トマトはこれまでと幕を引いていたのだが, 今年は,どうしたことかまだ試食段階からどんどん増えている。 ここであきらめるわけにはいかない [続きを読む]
  • ジャガイモ栽培 無施肥と施肥で比較
  •  ”そろそろ土ができてきたかな”と野菜の種類を換えては,無施肥栽培を試している。 今回はジャガイモで… どこまでできればOK? A,B2箇所の畑で試してみた。 Aは,今年初めて借りた畑。 以前牧草を作っていたが,あまりにも湿り気が多い土地のため断念したとのこと。 その後は,「草が生えれば,トラクターでかき混ぜる」を10年以上繰り返してきた土地。 借りるに当たって,土がどのような状態なのか,少しでも知る [続きを読む]
  • 自宅菜園から2つの野菜収穫[ミニトマト,枝豆]
  •  先日色づき始めていたミニトマトを昨日収穫。 つづいて,本日枝豆も少しだけ。 真っ赤になったトマトは見るからにおいしそう 6/27わずかに色がつき出していたミニトマト。 7/1お昼に冷やし中華を作るということで,赤くなったものを採りに, 赤くなっていた2株から,2個ずつ収穫し4個。 おいしくいただきました。 枝豆は ほんの少しばかり 枝豆は,1回目の種蒔きではほとんど発芽せず,生長したのは1株のみ。 現在 [続きを読む]
  • ある日突然色が着き始めるトマト
  •  今日はどうかなと,起きると一番に見に行ってしまう自宅菜園のトマト。 昨日まで緑色をしていたトマトの実に,ある朝急にほのかな朱色がさしてくる。 毎年この瞬間がうれしい  次第に実が大きくなって,表面につやと張りがあらわれてくる。 ”もう少しで,色が来るな” この辺りから,今日はどうかなと毎朝期待して見に行く。 1番の候補は,手前にあるミニトマト。 「まだみたいだな。」 一応,奥の方も覗いてみるかな [続きを読む]
  • 雨降って夏秋野菜最後の植え付け・種蒔き
  •  待ちに待った雨の到来で,最後に残っていたサツマイモのツルさしと大豆の種蒔きなどを終えるた。 何とか野菜の株が枯れる前にやって来た雨 6/21 降るとなると激しく降る雨。 しかし,野菜たちには,恵みの雨どころではなく,命をつなぐ雨となった。 前日,雨の予報に,急いで,サツマイモのツルさし。 タイミングはベストだった。 21日は,雨のやんだ午後から大豆の種蒔き。 赤大豆,味噌作り用の黄大豆(フクユタカ), [続きを読む]
  • 1年たってもカリカリのラッキョウ漬け
  •  今年もラッキョウを漬ける時期が来た。 特に食べたいわけではないが,毎年漬けている。 去年漬けたラッキョウが1年たってもカリカリ ラッキョウは漬け方によって,柔らかになるものといつまでもカリカリなものがあるようだ。 これが1年前に漬けて,常温で保存してきたもの。 最初の1個を食べてみた。 やはり,いまだにカリカリだ。 1年たってもというより,つい先日までもう1年前に漬けたもの食べていたが,それもカ [続きを読む]
  • 雨は降らないが、トマトに雨よけ
  •  梅雨入りとは名ばかり。毎日カラカラ天気が続き,農園の野菜たちは青息吐息。 自宅菜園のトマトの雨よけ。 フレームは設置してあったが,ビニル張りは待ち状態。  トマトの実が大きくなってきたので  我が家のトマトも、実がトマトらしくなってきた。 ミニトマト 大玉の「世界一トマト」 こちらは、まだまだ小さい。 雨は降らないが,時間があったので,この機に雨よけビニルを張っておくことにした。 ビニルを張るだ [続きを読む]
  • りんご「つがる」の摘果
  •  2本あるリンゴの木のうち「つがる」は,第1次の摘果をしたものの,まだたくさん実がなっている。 そこで、第2次の摘果をすることに。 ざっと数えて300個 前回の摘果では,3個以上固まってなっているところを,2個までにした。 なので,サクランボのようになっているところがあちこちに。 まだ,3個が固まっているところも。 思い切って単独になるように摘果した。 摘果した実を数えてみると,約100個。 まだ [続きを読む]
  • 茎レタス(ケルン)初収穫
  •  アップが遅れたけれど,6/7(木)に茎レタスの収穫をした。 今年はちょっと小振り なかなか暖かくならず,雨も降らなかったせいか,時期が来ても大きくなっていない。 でも,採り時かなと初収穫。 18本採って,16本は朝市へ。今季新登場。 1本は,我が家で試食。 茎はコリコリしていて,なのにレタスの味もする。 葉もサッと湯通ししていただく。 朝市の試食用も,当日の朝用意。 珍しさもあって,完売。 ご購 [続きを読む]
  • ジャンボニンニク収穫
  •  そろそろかなとジャンボニンニクを掘ってみた。 今年はたくさん作った割には,思うようには育っていないような… 自生え組をを掘り出してみた まだ早いかなと思われたので,自生えした箇所を掘ってみた。 これが最大。 手に持ってみると,十分大きい。 全体としては,このような具合。やや小さめ。 自生え組の方が出来がよさそうで,栽培組はちょっと期待できないかな。 来週から掘り出していく予定だが,ジャンボらしさ [続きを読む]
  • 大豆栽培に新ほ場 ジャガイモで施肥,無施肥実験中
  •  毎年,大豆はカメムシの被害がひどい。 今年は,大豆栽培用に新た畑が借りられることになった。 地中の養分の様子を調べるために,ジャガイモでを育て中。 借りた土地の履歴は この土地は,以前何年か牧草を作っていたが,傾いており,下側に水がつきやすいため栽培をあきらめ,草が生えるたびにトラクターでかき回していたところ。 この上部を借りることに。 〔写真手前がジャガイモでの実験中畝〕 草の様子からかなりの [続きを読む]
  • 今年のツタンカーメンのエンドウは濃い色
  •  ツタンカーメンのエンドウは,種採りを繰り返している内に,交雑によると思われるが,次第に緑っぽくなっていた。 そこで,今年は,種を新しく購入した。 新しい種はやはり違う サヤの色も濃い 。 豆の張りもよい。 豆ご飯に炊いても, 炊きたての緑から, 半日後の色も 赤色が濃い。 今年は,近くに他の種類のエンドウはないので,まともな種が採取できるかな。ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボ [続きを読む]
  • やっとズッキーニ開花・交配
  •  去年と比べ,遅れること10日ほどだが,やっとズッキーニの開花が… 遅ればせながら まだまだ株は小さいが,ズッキーニの開花が始まった。 今年は,雄花と雌花がほぼ同時に。 早速交配。 とは言っても,雌花開花1号は,午前に農園に来られず,逃がしてしまった。 これからは,毎日朝の交配作業が続いていく。直播きしたものも、順調に発芽中。 ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押し [続きを読む]