aurayumiko さん プロフィール

  •  
aurayumikoさん: オーラ由美子の夢実現スピリチュアルサポート
ハンドル名aurayumiko さん
ブログタイトルオーラ由美子の夢実現スピリチュアルサポート
ブログURLhttp://ameblo.jp/sivyumiko/
サイト紹介文夢を実現するめのスピリチュアルサポートブログです。スピチリュアリティを生かしてBE HAPPY!
自由文スピリチュアルナビゲーター&神聖幾何学研究家オーラ由美子のブログです。オーラリーディング、SI−V、数秘術等のセッションを行っています。シンクロ二シティや、幸運を呼ぶヒント、宇宙詩なども掲載しています。日々の暮らしはスピリチュアリティに溢れています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2010/05/03 03:15

aurayumiko さんのブログ記事

  • 頭の中をアップデートしよう
  • 今、9月の始まりに向けて、「終わり」のエネルギーが高まっています。外側に流されていると「強制終了」と感じるかもしれません。でも、意図的に完了することを決めると、身軽になります。 終わりと始まりはセットになっているからです。 8月に入って時折涼しい日が増えてきました。とんぼも飛んでいます。秋の気配が近づいてきているのを感じます。夏が終わると秋になります。秋が終わると冬になります。季節の終わりと始まりは [続きを読む]
  • 新しい世界へ行く時に手放すもの
  • 今年の8月は、完了や終わりの月ということで新しい世界へ行く時に手放すものは人それぞれ違いますけれど生き方が変わる時に手放すものをあげてみました。手放すというよりも「終わること」ですね。 でも敢えて「手放す」と表現しました。そして、え?それは手放したんじゃないよ、と言うものがあるかもしれないけれど変化が始まる時は兆しがあって、そこで「ん?どうする?」とチェックできる時は不本意な変化が起こることはないの [続きを読む]
  • ”広島祈念日によせて”
  • 2013年の今日描いたブログが出てきました。この年の7月にイギリス聖地ツアーへ行った際にエジンバラにある「セイント・ジョン・エヴァンジェリスト・チャーチ」に行ってきました。 ここは、かつて友人達(コズミックダンスカンパニーのチーム)が、エジンバラフリンジフェスティバルで原爆をテーマにした「Love the Earth with Hiroshima」というタイトルのコズミックダンスの上演を行った場所です。この公演出演していた故 [続きを読む]
  • 古い殻を脱ぎ捨てるように服を手放す
  • 今年の半分がもう過ぎましたね、と書いたのはついこの間の気がするのに下半期スタートの7月はあっという間に過ぎて、もう8月です!今年の8月はヌメロロジーでは9の月で終了や完了がクローズアップされる月です。ヌメロロジーでは9月が始まりの月なのです。 欧米ではこの観点が生かされていてますので、新学期は9月です。秋から始まるのです。しかも2017年はヌメロロジーの9年サイクルの始まりの年なので9月からがいよいよ本格 [続きを読む]
  • 今日はマヤ暦元旦 
  • 今日はマヤ暦元旦です。もう少し詳しくいうと、マヤ暦由来の13月の暦の元旦です。マヤでは実際にはハアブ暦やツォルキン暦等の複数の暦がありました。でもこの13月の暦は一部の人達の間では定着しておりまして一昨日はこの暦では大晦日で、昨日は「時間を外した日」でした。私は昨日は、正にと思えるくらい「時間が外れて」いました。昨年の昨日は父の初七日でしたが、今年の昨日は友人宅のお通夜でした。なんだかあの世で話し合い [続きを読む]
  • 完了が続いて達成へ
  • 完了が続いて達成へ 昨日は父の祥月命日。 一年前の今日は様々な諸連絡や打ち合わせをしていたのだな、とふと思い出す。 昨日と今日で未完だったことがいくつか完了。完了するごとに、過去も未来も新しくなっていって、王道の達成への道が広く明るくなっていくのがわかる。 そうなんだなあ。そういうことなのね。と、庭の薔薇を眺めながら一人頷く夏の午後。由美子るみえーるさん(@yumiaile)がシェアした投稿 - 2017 Jul 20 1:13a [続きを読む]
  • この親にしてこの子あり
  • 今日は父の一周忌の法要でした。 あっという間の一年でした。 実は樹木葬にしようかという話等もあったため、父の納骨堂はやっと今日決まりました。 先日のルノルマン双六で「そろそろ決めてよ〜。」と合図があったんですよ・・・・!!まさか双六を通して伝えてくるとは・・・・・。しかもお茶目に。 そのシェアは別に致しますので、お楽しみ、というのは不謹慎かしら。父は多趣味なエンタティナーだったのですが昨年の葬儀の際 [続きを読む]