歳 さん プロフィール

  •  
歳さん: 雲の歳さんのなんやかんや
ハンドル名歳 さん
ブログタイトル雲の歳さんのなんやかんや
ブログURLhttp://nanya10kanya4.blog68.fc2.com/
サイト紹介文徒然なるままに…それさえも平穏な日々なのか!?…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2010/05/03 20:03

歳 さんのブログ記事

  • ( ̄0 ̄;アッ 
  • すごーく久しぶりに更新。とりあえず、まだ生きています。昨年(2016年)にミニクーパーからマーチに車を替えました。しかしながら未だに遠乗りできていません。今までは車を乗りかえたら、だいたい1週間くらいで1000?は走らせてたんですが。今回に限り遠乗りが出来ていません。車に乗るようになって、はや30年余り。自分用の車は16台目かな。早い時は納車されて3日で1000?だったのですが。マーチは納車されて約半年。通勤と通院く [続きを読む]
  • 「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」
  • ( ゚_¨゚)´_¨`)ふむふむ憲法記念日(けんぽうきねんび)は、憲法の制定(公布、施行など)を記念する日。まあ、そういう日で祝日だ。でもって、本日は仕事も休みだ\(*T▽T*)/ワーイ♪何だか先月からずっと仕事がややこしく残業が続いていたし、身体がへとへとだったから休みは嬉しい。GWの最初の3連休では疲れが取れていなかったからね。今日の休みはホントにありがたい。でも、みどりの日も子どもの日も仕事だ(。・´_`・。)エ-ち [続きを読む]
  • 「八十八夜の別れ霜」
  • 八十八夜(はちじゅうはちや)は雑節のひとつで、立春を起算日(第1日目)として88日目(立春の87日後の日)にあたる。もともと、太陰暦がベースである日本の旧暦では暦日と季節が最悪で半月もずれるために、太陽暦をベースとした雑節としておこり広まったもので、現代ではさしたる意味は無い。21世紀初頭の現在では平年なら5月2日、閏年なら5月1日である。数十年以上のスパンでは、立春の変動により5月3日の年もある。って事で・ [続きを読む]
  • 「春雨降りて百穀を生化すればなり」
  • つい先日の熊本地震。九州で大地震!ってことで知り合いの方から安否確認?の連絡が。まあ、確かに「平成28年(2016年)熊本地震」(へいせい28ねん くまもとじしん、英語: The 2016 Kumamoto Earthquake)九州の真ん中ら辺での地震。幸いな事?に住んでいる所から熊本まではチョット距離があります。2016年(平成28年)4月14日21時26分(JST)頃に、熊本県熊本地方を震源とする、マグニチュード6.5(暫定値)の地震が発生し、最大 [続きを読む]
  • 「昼と夜の長さが同じになる?」
  • そう、今日は「春分の日」だ。春分の日(しゅんぶんのひ)は、日本の国民の祝日の一つであり、春分日(天文観測により春分が起こるとされる日)が選定される。通例、3月20日から3月21日ごろのいずれか1日。祝日で仕事が休みなのは嬉しい。ここんとこ腰痛でしんどかったからね。一応3連休だし、どこにも出かけず家でゴロゴロしているだけなんだけどね。安静にしている?みたいな感じ。しかしなんだ、腰痛ってかなり難儀なもんだ。ま [続きを読む]
  • 「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」
  • あっと言う間に如月が終わり、桃の節句が通り過ぎた。時が通り過ぎるのが早い日々だ。でもって、弥生になった。啓蟄(けいちつ)は、二十四節気の第3。二月節(旧暦1月後半から2月前半)。「啓」は「開く」、「蟄」は「虫などが土中に隠れ閉じこもる」意で、「啓蟄」で「冬籠りの虫が這い出る」(広辞苑)という意を示す。春の季語でもある。現在広まっている定気法では太陽黄経が345度のときで3月6日ごろ。暦ではそれが起こる日だ [続きを読む]
  • 4年に1度?
  • 今日は閏日!閏日(うるうび、じゅんじつ)とは、太陽暦において暦と季節(天動説では太陽の運行)のずれを補正する暦日のことである。ユリウス暦では4年に1度、グレゴリオ暦では400年に97度を閏年とし、2月の日数を1日増加させる。このとき付け加えられた日が閏日である。グレゴリオ暦では加えられる日は2月29日である。ユリウス暦からグレゴリオ暦に改暦した歴史的な理由から2月24日を閏日とする国もある。これについては後述す [続きを読む]
  • 「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」
  • って、「雨水」が過ぎてしまいましたねー。まあ、やっと春が近づいてきているような感じ?雨水(うすい)は、二十四節気の第2。正月中(通常旧暦1月内)。現在広まっている定気法では太陽黄経が330度のときで2月19日ごろ[1]。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から1/6年(約60.87日)後で2月20日ごろ。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の啓蟄前日までである。西洋占星術では雨水を [続きを読む]
  • 「建国をしのび、国を愛する心を養う。」
  • っていう事で、今日は建国記念の日。建国記念日じゃなくて建国記念の日。途中にある「の」が重要らしい(* ̄- ̄)ふ〜ん建国記念の日(けんこくきねんのひ)は、日本の国民の祝日の一つ、日本の建国を祝う日で、日付は2月11日。1966年(昭和41年)制定。世界で「建国記念日」を法律で定めて祝日とする国は多いが、何をもって建国記念日とするかは国によって異なる。日本では、実際の建国日が明確ではないため、建国神話をもとに、建 [続きを読む]
  • 「春の気立つを以って也」
  • そう、2月4日は立春でした。忘れていたわけでは無く、先日の大雪のおかげで仕事が大変で。その上、水曜日に腰を痛めてから身体を動かすのが結構な程苦痛で。何だかなあ。で、立春という割には寒いし。指先はひび割れで痛いし。まあ、土日は休みなのでちょっと一息?病院には行かないといけないけどね。この時期、ホントは行きたくない呼吸器科と整形外科に。依然として息切れしてるし、腰痛は治まる気配が無いから。しかし暦の上で [続きを読む]
  • 今日は…
  • 節分ですね。節分の日付は現在は毎年2月3日であるが、これは1985年から2024年ごろまでに限ったことであり、常にそうではない。1984年までは、4年に1度の閏年に2月4日だった。2025年から(2021年からになる可能性あり)は閏年の翌年に2月2日になる。グレゴリオ暦での最初の節分となった1873年から22世紀初頭までの具体的な日付は表のようになる(重複している年はどちらの欄を使っても正しい日付が出る)。節分の日付は数十年のスケ [続きを読む]
  • でーい!(((p(>◇<)q))) サムイー!!
  • 先日、積雪しました。まあ、大した量ではありませんでしたが。暦通りの「大寒」ですねー。大寒(だいかん)は、二十四節気の第24。十二月中(通常旧暦12月内)。現在広まっている定気法では太陽黄経が300度のときで1月20日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から1/12年(約30.44日)後で1月20日ごろである。期間としての意味もあり、1月20日〜2月3日まで、すなわちこの日から、次の節気の [続きを読む]
  • 祝!成人の日。
  • 成人の日ですねー。我が家の長女は昨日、成人式でした。しかし時の流れは早いもんですね。子供が成人式を迎えるなんて想像していませんでした。ホント、驚きです。言葉が見つからないなあ。ま、目出度いからいいかな。チョット感慨深い今年の成人の日でしたね。雨とか雪が降らなくてよかったな。。。。ではでは。 [続きを読む]
  • 小寒2016
  • 寒い毎日が続きますねー。でも、例年から比べると暖かい?これが暖冬?(-ω-;)ウーン 分からんけどそれなりに寒いんだが。そうそう今日は「小寒」ですね。暦の上で寒さが最も厳しくなる時期の前半。『暦便覧』では「冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也」と説明している。この日から節分(立春の前日)までを「寒(かん。寒中・寒の内とも)」と言い、この日を「寒の入り」とも言う。暦の上では冬の寒さが一番厳しい [続きを読む]
  • 冬至が過ぎ天皇誕生日だよ。
  • あっと言う間に冬至が過ぎてもう年末だ。早いもんだね。今日は天皇誕生日で祝日だ。とりあえず、仕事が休みで嬉しい。でも、ほぼ1日中寝ていた。最近の休日は、寝てるか通院だ。煙草が原因と思われる謎の咳はだんだんと酷くなってきている。熱は無いし、関節の痛みや喉の痛みも無いから風邪とかインフルではないと思っている。( ̄へ ̄|||) ウームホントは内科にでも行けばいいかと思うんだけど、あんまり病院には行きたくない。この時 [続きを読む]
  • Birthday!!
  • 今日は目出度いんだかどうかわからないけど誕生日だ。もう半世紀も生きてきた。意外と長く生きてきたもんだ。幼き頃は、半世紀も生きるって思ってもいなかった。先月、生まれて初めて?簡易人間ドックを受けた。その結果が先日、郵送されてきた。まあ、割と健康のような気がする。でも、要再検査と要精密検査の必要があるそうな。再検査は、コレステロールの数値が高いから。精密検査は、肺機能の低下のため。確かに肺機能に関して [続きを読む]
  • ドライブ?
  • 11月28日。旅行?いやドライブ?をしてきました。何処へ?目的地は勿論、出雲大社へ毎年1回、参拝しているんだけど今年2回目!一般に旧暦10月を「神無月」と申しますが、これは全国の村々里々にお鎮りの神々が、1年に1度、目には見えない「神事(かみごと)」を司られる「大國主大神」さまがお鎮りになります出雲大社にお集いになられ、人々の“しあわせ”の御縁を結ぶ会議「神議(かみはかり)」がなされる故事に由来します [続きを読む]
  • 勤労感謝の日だ。
  • 祝日だね。そして小雪。小雪(しょうせつ)は、二十四節気の第20。十月中(通常旧暦10月内)。現在広まっている定気法では太陽黄経が240度のときで11月22日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から11/12年(約334.81日)後で11月21日ごろ。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の大雪前日までである。西洋占星術では、小雪を人馬宮(いて座)の始まりとする。あっと言う間に月日は [続きを読む]
  • もうそろそろね。
  • 今日は初めて冬の気配が現われてくる日。『暦便覧』では、「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」と説明している。実際はまだ秋らしい気配で紅葉の見時はまだ。秋分と冬至の中間で、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、この日から立春の前日までが冬となる。早いもので、もう「立冬」かあ。立冬(りっとう)は、二十四節気の第19。十月節(旧暦9月後半から10月前半)。現在広まっている定気法では太陽黄経が225度のときで11 [続きを読む]
  • 文化の日!
  • 今日はいい天気だ。その上、仕事が休みだ!チョット嬉しい!文化の日って晴れの日が多いですね。文化の日は、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨としている。1946年(昭和21年)に日本国憲法が公布された日であり、日本国憲法が平和と文化を重視していることから、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法で「文化の日」と定められ [続きを読む]
  • 霜降
  • ちゃんと読める?霜降(そうこう)は、二十四節気の第18。九月中(通常旧暦9月内)。現在広まっている定気法では太陽黄経が210度のときで10月23日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から10/12年(約304.37日)後で10月22日ごろ。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の立冬前日までである。西洋占星術では、霜降を天蠍宮(さそり座)の始まりとする。露が冷気によって霜となって [続きを読む]