中曽根弘文ファミリー さん プロフィール

  •  
中曽根弘文ファミリーさん: 中曽根弘文ファミリー日記
ハンドル名中曽根弘文ファミリー さん
ブログタイトル中曽根弘文ファミリー日記
ブログURLhttp://nakasone-family.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文群馬県・参院選!長男:康隆、長女:文子、長女の夫:川鍋一朗による、父:中曽根弘文の応援サイト!
自由文長男:中曽根康隆(28才 外資系証券会社)、長女:川鍋文子(25才 主婦)、長女の夫:川鍋一朗(39才 日本交通社長)の3人が、中曽根弘文・群馬県・参院選について熱く語ります!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/05/06 13:52

中曽根弘文ファミリー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ジャパンパラ陸上競技大会2016
  • 6月3日から5日の間、新潟においてジャパンパラ陸上競技大会が開催され、私も「障がい者スポーツ・パラリンピック推進議員連盟」会長として大会に参加しました。会場では、実際に使用されている「レーサー」と呼ばれる競技用車いすや、カーボンファイバー製の義足などについて細かく説明を受けましたが、選手の能力を最大限に引き出す精巧な作りに感心しました。今回はいくつかの種目で素晴らしい日本新記録が誕生しましたが、選手 [続きを読む]
  • 核軍縮のための「11の指標」(中曽根提言)
  • 去る5月27日、アメリカのオバマ大統領は現職の大統領として初めて被爆地・広島を訪問しました。平和記念公園の原爆慰霊碑に献花し、日本だけでなく世界に向けて核廃絶のメッセージを発信しました。私は外務大臣であった平成21年4月27日に、日本国際問題研究所主催の講演会で、核軍縮・不拡散に向けた基本指針として「ゼロへの条件−世界的核軍縮のための『11の指標』」を発表しました。これは北朝鮮などアジア周辺国にとどまらず [続きを読む]
  • 事務所の開所式を行いました
  • 全県選挙の本部となる事務所を昨日前橋市内に開設しました。開所式では、地元「前橋八幡宮」の宮司さんによる神事の後、大澤県知事を始めとするご来賓より祝辞を頂きました。現在の日本経済の状況は、中国の経済の減速などの影響を受け、まさに正念場であります。景気回復・経済再生のためのアベノミクスが地方や中小企業にまで浸透するよう平成28年度予算で対策を講じていますが、成果を着実なものとするためにも政治の安定が大事 [続きを読む]
  • 東日本大震災の慰霊祭を行いました
  • こんにちは。中曽根弘文です。大震災発生から5年となる3月11日を前にした6日、津波で甚大な被害を受けた宮城県名取市閖上地区の被災現場で、神道政治連盟国会議員懇談会が主催し、物故者慰霊祭を行いました。地元住民のご遺族、国会議員、地元市長、県議会・市議会議員、県内及び全国各地からの神職及び各界の代表者など約300人が参集し、尊い命を失った犠牲者の御霊安らかならんことを改めてお祈りしました。私はこの議員懇談会の [続きを読む]
  • 日系米国人一行と会議
  • 3月11日、外務省招聘プログラムによって来日中の日系米国人一行と、日米国会議員連盟所属議員とで会議を行いました。米国の元連邦上院議員として、日米間の関係強化に多大な貢献をされた、故ダニエル・イノウエ氏の夫人であるアイリーン・ヒラノ・イノウエ氏をリーダーとする11人のメンバーは、いずれも全米各地で現在活躍している日系米国人で、職業は弁護士、市議会議員など各分野にわたっており、会議においては様々な分野につ [続きを読む]
  • 駐日ベトナム大使と会談
  • こんにちは。中曽根弘文です。グエン・クォック・クオン ベトナム大使ご夫妻に大使公邸での夕食に招かれました。塩谷立 日本ベトナム友好議員連盟副会長、高階恵美子 参議院アセアン議員交流推進議員連盟事務局長、そして私の家内も一緒です。私は参議院アセアン議員交流推進議員連盟会長で、アジア各国の大使と親しくお付き合いしております。この日も美味しいベトナム料理を囲みながら大使夫妻とじっくり話ができました。大使夫 [続きを読む]
  • 米議会日本研究グループとの意見交換会
  • 知日派の米国連邦下院議員が参加する「日本研究グループ(ジャパン・スタディ・グループ)」との朝食懇談会を開催しました。私が日米友好議員連盟の会長に就任以来、毎年この時期にスタディ・グループの代表団との意見交換を行っています。ダイアナ・デゲット下院議員、ビリー・ロング下院議員が共同代表の米国側7名、日本側は私の他に山口那津男公明党代表、前原誠司民主党元外務大臣など、超党派の議員連盟役員が参加し、予定時 [続きを読む]
  • ハンセン病対策議員懇談会総会を開催
  • 昨日、ハンセン病対策議員懇談会の総会を開催し、ハンセン病療養所において入所者のお世話をしている職員の待遇改善などに関する要望書を懇談会の会長として受け取りました。議員懇談会としては、療養所で入所者の皆さんが安心して生活できるよう今までも活動を積極的に行ってまいりましたが、引き続いて諸課題の解決のため取り組んでまいります。 [続きを読む]
  • 琴奨菊関の結婚式・披露宴に出席
  • 1月30日に、大相撲初場所で日本出身力士として10年ぶりに優勝した大関琴奨菊関の結婚式・披露宴に出席しました。私は地元群馬出身の元関脇、琴錦関が平幕優勝した平成3年以来、佐渡ヶ嶽部屋を応援しており、そのご縁でおめでたい結婚式への招待を頂きました。この日は、結婚、初優勝、そして誕生日と、大関にとって三重の喜びの日となりましたが、新郎琴奨菊関の満面の笑顔と、新婦祐未夫人の清楚で美しい姿がとても印象的でした。 [続きを読む]
  • 安倍総理、岸田外相に決議文を手交
  • こんにちは。中曽根弘文です。本日午後、安倍総理及び岸田外務大臣に対し、「日韓外相会談における慰安婦問題に係る合意に関する決議文」を手交しました。これは自民党の外交部会、外交・経済連携本部及び私が委員長である日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会の合同会議において議論を行い、まとめた決議です。昨年の12月28日の日韓外相会談において合意した事項について、合同会議としてこれを支持するとともに、合意を着 [続きを読む]
  • 平成28年鏡開き式・武道始め
  • こんにちは、中曽根弘文です。本日、日本武道館において、「平成28年鏡開き式・武道始め」が開催されました。私は日本武道館の理事及び群馬県銃剣道連盟、群馬県なぎなた連盟の会長を長年務めておりますが、武道振興に尽力したということで武道功労賞を授与されました。鎧着初め式では古式に則った鎌倉時代の鎧兜を着用し、私が大将軍役を務め、鏡開きを行いました。今後も「礼に始まり、礼に終わる」と言われ、礼節を重んじる武道 [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • 新年明けましておめでとうございます。昨年は終戦70年の節目の年でしたが、国民の命や我が国の領土を守るための平和安全法制の整備、また年末には従軍慰安婦問題の日韓両政府合意など、政治的にも大きな前進のあった年でした。今年はアベノミクスとして取り組んでいる経済再生を、地域の活気を取り戻し、完全なものにしなくてはなりません。私はこの夏、6回目の参議院議員選挙を迎えます。県民・国民の皆さんの期待にお応えでき [続きを読む]
  • 「杉原リスト」もユネスコ記憶遺産へ
  • こんにちは、中曽根弘文です。ユネスコ国内委員会の審査の結果、「上野三碑(こうずけさんぴ)」とともに、「日本のシンドラー」とも呼ばれている、外交官・杉原千畝氏の活動を記した外交公電やビザ発給リスト、自筆手記などの貴重な資料を集めた「杉原リスト」もユネスコの記憶遺産候補として選定されました。杉原千畝は当時、リトアニアの日本領事館に勤務しており、1940年の7月から、日本領事館が閉鎖される8月までの2ヶ月間で [続きを読む]
  • 「上野三碑(こうずけさんぴ)」世界記憶遺産へ大きく前進
  • こんにちは。中曽根弘文です。本日9月24日に開催されたユネスコ国内委員会において、「上野三碑(こうずけさんぴ)」が世界記憶遺産の国内候補として決定致しました。世界記憶遺産は、世界遺産、無形文化遺産と並ぶユネスコの事業で、日本ではこれまで「慶長遣欧使節関連資料」、「御堂関白記」、「山本作兵衛による筑豊炭鉱の記録画」の3件が登録されています。「上野三碑(こうずけさんぴ)」は、本年6月にユネスコ国内委員会に [続きを読む]
  • 尾上菊之助さん熱演
  • 4月3日・4日の2日間、中国・北京を訪問してきました。史上初の「歌舞伎と京劇の競演」は、日本でも報道されたようですが、尾上菊之助さんの素晴らしい熱演は、立ち見も出る満場の観客の目を引きつけて離さず、幕が下りると同時に割れんばかりの拍手が寄せられました。最後のカーテンコールでは、両国の役者さんが日中交互に並んで舞台に立ち、手を取り合って観客の声援に応えると、万雷の拍手が鳴り止まず、私も大きな感動を覚えま [続きを読む]
  • 日中関係改善に向けて
  • 明日4月3日4日の2日間、中国北京市を訪問します。以前にも本ブログで紹介しましたが、北京では、史上初めて、日本の歌舞伎と中国の伝統的な古典演劇である京劇を同じ日に同じ舞台で、第1部と第2部として上演する「日中京劇・歌舞伎公演」が開催されます。私は、日中関係の改善にはあらゆるチャンネルを通じて、特に文化交流を足掛かりとするのが良いのではないかと考え、自民党の歌舞伎振興議員連盟会長として、本公演の実現に昨年 [続きを読む]
  • 過去の記事 …