ミルフィーユ さん プロフィール

  •  
ミルフィーユさん: マダム・ミルフィーユのたま〜のつぶや記
ハンドル名ミルフィーユ さん
ブログタイトルマダム・ミルフィーユのたま〜のつぶや記
ブログURLhttp://bousoukara.bousoukara.boo.jp/
サイト紹介文花やペット・美味しいもの・日常の風景等、ふとした思いを呟くように写真と雑文で綴ります。
自由文人生の黄昏を迎え、仕事、仕事で突っ走って来た半生を振返り、今、大きく舵を切りたいのです。
歳でしょうか。
自分自身や時代のちょっとしたメモになれば・・・と思っています。
迷走すること自体を楽しみたいのです。
黄昏色がゆっくり変わりゆくのを、見詰める時間だと受け止めています。
どうぞ、肩の力を抜いてお立ち寄り下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2010/05/07 19:20

ミルフィーユ さんのブログ記事

  • 道の駅に生まれ変わった「保田小学校」
  • 先日、あれやこれやと続いた忙しさが、ようやく落ち着き 暖かく晴れ上がった日に、フラリと内房の方へと美味しいお魚を買いに そして食べに、鋸南町へと行って来ました。 高速道路を出るとすぐ、道の駅の看板が目に飛び込んできました。 こちら方面へ来るのは久し振りです。 一昨年、廃校になった「保田小学校」が道の駅に生まれ変わったと聞いて 立ち寄ってみました。 懐かしさに [続きを読む]
  • 春まだ浅い房総「ばんや」でランチ
  • 今朝起きてビックリ! なんと春の雪が、音もなく街路樹や道路に降り積もっておりました。 窓から見れば、屋根にも数センチ、積もりつつあり、 昨日のうちに買い物を済ませておいて良かった!と、つくづく思いました。 何はともあれ、まずは食料の確保!!(爆) でも、心配は杞憂に終わり、ただ今午後三時。 折から雨に変わって、もうすっかり溶けてしまいました。 良かった [続きを読む]
  • 一人暮らし
  • 一緒に暮らしている、孫ッチ1号が、学校の紹介でアルバイトを始めた。 朝が早く、通うのに大変なので、学校にも近くまた、ターミナル駅に近い 学校借り上げのアパートへ引っ越す事になった。 19歳。 まさに、儚くも逞しい、若さのまっただ中に居る。 友達は、遠く他県から千葉へ来て 家を離れ、みんなしっかり生活している様である。 資格試験の勉強に、アルバ [続きを読む]
  • 【Chama】〜〜☆チャマ!だよ☆
  • 姉一家は、部類の猫好きです。 モチロン、私も猫好きですが、 甥っ子たちも、かなりの猫好き(=^・^=) 甥っ子は最近、子猫を飼い始めたと聞いてはいましたが、、、、!! 大事そうに抱っこして (#^.^#) 今年の誕生日が来て、40歳にもなるのね〜〜(甥っ子の事です) そりゃあ、おばちゃんも年を取る訳だわさ。 いや〜なんて可愛いの エキゾチックショ [続きを読む]
  • 世間は撮り鉄と呼ぶけれど
  • 風の冷たい日もあれば、春の予感のする日もあり 晴天に誘われ、ちょっとドライブしました。 肩が痛いので、こんな時はやはり温泉が一番でしょう。 温泉への道すがら、ムーミン列車を待つ人の列を 菜の花の咲く土手に見掛けました。 ズラ〜〜っと一列に並んで、 咲き始めた桜の中を走って来るであろう列車に向けて 皆さん、手に手にカメラを構えていました。 そのシーン [続きを読む]
  • 当った〜〜 ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
  • 生きているという事は、身体も心も「生もの」で 日々変遷をし続けているものです。 クソ真面目だった私(?)も、世間を知るにつれ 幾多の経験を積み、知らない事の方が、まだまだ多いとは言え 興味の赴くまま、趣味と言えることには色々のめり込んでも来ました。 ゴルフは言うまでも無く、ただただ面白いゲームだし、 短歌もそれなりに入れ込んだし 陶芸も奥の深さに、途中 [続きを読む]
  • みかん大福&イチゴ大福
  • 腰を痛めて、数か月養生している友達と 暖かい一日、フラッと、ドライブをして来ました。 腰を痛めているのだから、当然運転は私が、と思っていましたが 彼女は、少しの無理がリハビリになるようだからと 自ら運転してくれ、 ドアを開けるときも、私がしようとすると、 自分でするといって、あくまで頑張り屋のままです。 旦那様の仕事を手伝って来た彼女は、長年の無理が祟って&n [続きを読む]
  • 母の命日
  • 今日は小雨混じりの底冷えのする日ですね。 と、ダイニング炬燵で足を温めながら、これを書いています(*^^)v 14年前の今日、母は帰らぬ人となりました。 涙にくれることも少しづつ減って来て、今はさらりと 元気だった頃の姿や会話を思い出すばかりです。 お墓参りも、この寒さの中、行こうか行くまいか迷っています。 明後日は、大事な用事が入っ [続きを読む]
  • お雛様
  • 昨日の春嵐は、久し振りに凄いスケールでした。 JR各線もダイヤが乱れ、一部ストップしたところもあり 砂塵に霞む、成田空港のTV映像は何度も流され 出来れば外出したくない日でした。 しかし、どうしても印刷しなければならない書類があり プリンターが壊れていたので、 次女の連れ合い、KENちゃんのオフィスへ、ちょっとお邪魔して、 PCとプリンターを借りて、一仕 [続きを読む]
  • しらこ温泉桜祭り
  • 白子温泉は、九十九里の海沿いに開けている温泉街ですが 数十年前、突如として現れた温泉街、という印象です。 そのエリア全体が、テニスの村というイメージですので 沢山有るテニスコートのお陰で 学生さんのテニス合宿が多いのでしょう。 団体さんは、バスで送迎してくれますので 温泉に入って、心行くまで飲み会などにも利用されているようです 6階・8階などにある温泉から、 [続きを読む]
  • そうだ、温泉行こう。
  • 温泉に浸かりたい! 風邪引きが長引き、こうなると温泉が恋しくなります。 昔、年齢より遥かに若く見える人がいまして、 ご本人曰く、温泉好きなので若いのかな?と、仰っていました。 仕事で疲れた体を休めるのも 病み上がりに、しみじみお湯に浸かるのも 日本に生まれて良かった!と思うのは、そんな時です。 思い出に残る温泉 [続きを読む]
  • 歳を経てから偉業を為した人
  • 伊能忠敬は、佐原の人と思い込んでいたら 生まれ育ちは、九十九里町だという事だ。 鬼の攪乱とばかり、風邪をひいてしまった。 言い訳はなはだしいが、写真があって本当に良かった! 読んで下さい m(__)m 11歳までこの地で育ったという跡地に、像が建てられている。 映画にもなり、皆さんの知るところですが 佐原に養子に行った、立派な商家 [続きを読む]
  • 手を握る
  • 先日、出掛けるときにコンビニへ寄ったら 一年に一〜ニ度、ランチをするお友達とバッタリ出会った。 この前のランチ会が、とても楽しかったのは彼女も同じだったようで 顔を合わせた途端、咄嗟にお互いの手を握っていた。 暫く手を握り合ったまま、近況と、また会おうねと、 一〜二分の間、手を握ったままでいた。 彼女の手は少し冷たかった。 昔の日本人は、互いに頭を下げ [続きを読む]
  • 隠里グルメレポーター!?
  • 雪が深い地にお住まいの方には、申し訳ない位ですが 暖かくて、見事なほどの晴天です。 大分日が経ってしまいましたが、この日も気持ちの良いお天気でした。 市原市のほぼ南端に位置する、大福山の展望台からの眺めです。 292mの大福山の頂上の展望台からは、 ぐるりと、360度の開けた景色が見渡せます。 何度か、この下までは来ているのですが、展望台 [続きを読む]
  • 森ラジオ
  • 聞きなれない名前、「森ラジオ」 ネットで初めてこの名前を目にしたとき、一体何の事だろう?と 不思議に思った。 小湊線、月崎駅に残る保線区の工事をする職員のための宿舎だった この小さな古い建物が、壁全体を草で覆われ、 スタジオ、ジブリの物語に出て来るような存在感を示している。 巣箱もかけられ、今は冬枯れに、ところどころ剥げているが 春には建物全体か [続きを読む]
  • 昭和の匂い・ローカル線
  • 千葉県市原市小湊鉄道線は、大正6年(1917年)に創設された私鉄である。 当初は、内房線五井駅と、外房の小湊を結ぶ予定だったのが、 途中、資金不足で上総中野駅までとなってしまったが、 その18駅間を結ぶ線として 沿線の住民の足として、長い事親しまれて来たが 年々、乗降客は減り続け、今は無人駅が多い。 乗車してから車掌に切符を売ってもらうシステムだ。 いずれ、ワ [続きを読む]
  • 第一回新年会
  • ながらみの塩ゆでが、お酒のおつまみに美味しいですね。 子供の頃は、おやつに食べましたっけ。 すこ〜し飲めるようになったので、ながらみをおつまみに 辛口日本酒をお猪口で二杯くらい、、これが美味しい♪ もう15日ですね! 一年の過ぎるのが、また今年も早い予感がします。 毎年思う事ですが、加速度的に時の過ぎるのが早くて なんだか怖いくらいです。&nbs [続きを読む]
  • お酒のレッスン
  • お酒は強い方ではありませんので、飲める頃は 体調の良い時に生ビールを中ジョッキ一杯、やっと位が限界でした。 夏の暑い日の夕餉のお供に、 大勢で集まった時など、取り敢えずビールで乾杯! 堪りませんね。 でも、12年前に手術をして以来、 アルコールが体に少しでも入ると、 たちまち蕁麻疹が出て 縦の傷跡に、三つほどの大きな蕁麻疹がポコポコ出来て [続きを読む]
  • 初詣は日本で唯一の観音様へ
  • ここは、房総のパワースポットと言っても良いでしょうね。 建築様式が、日本でただ一つの「四方懸造り」となっております。 一方だけとか、三方とかの懸崖造りは他にも沢山おありのようですが。 建築物の好きな方は必見ですね。 地元では通称「笠森観音」と呼んでいますが 正式名称は「大悲山 楠光院 笠森寺」と言いまして 坂東三十三観音霊場のひとつ [続きを読む]
  • 忘れ得ぬ年賀状
  • 戴いて嬉しい年賀状の数々ですが、私にとって、 忘れ得ぬ年賀状ともいうべき一通があるのです。 いや、厳密に数えれば二通。 この「二通」が、今日のブログのキーワードなのですが、 遡れば、古い古いお話で恐縮です。 1973年6月「バクの飼い主めざして」という 芥川賞受賞作家、庄司薫氏のエッセーが出たときのこと。 二十歳のその頃、恋人と書店 [続きを読む]
  • 冬の海
  • 止まらない時は、ついに年末に辿り着きました。 当たり前ですね。 時間の経つのは本当に早いと、毎年感じていますが 例外はなく、今年も一年が過ぎゆくのが、本当に早かったです。 年内にお焼香をしたい所もあり、買い物もあり 昨日は海辺へと、わざわざ車を走らせました。 冬の房総の海には、いつもサーファーが絶えず、 暖かいのですが、昨日は風が強く、冷たく冷え [続きを読む]
  • Xmas
  • 小さな孫たちには、クリスマスプレゼントは絵本と決めています。 何年か前から、娘たちの希望でもあり、事前に何の本が良いのか聞いて 知り合いの本屋さんに、リクエストして取り寄せて貰います。 5歳の女の子の孫、YUZUちゃんは、仕掛け絵本で 4歳のYU-TOは、ポケモン図鑑をそれぞれリクエストでした。 Xmasバージョンの、サンタさんのポケモンがあるそうですね! YU-TOが一生懸命、私 [続きを読む]
  • 発酵を求めて、道の駅「こうざき」へ〜
  • 左手に利根川を見ながら、広々とした北総台地を真っ直ぐに北へ。 晴天は兎に角「気持ち良い♪」の、一言ですね〜 以前から、発酵食品を多く扱っているという 道の駅「発酵の里こうざき」へ行ってみたいと思っていましたが 何しろ遠いので、なかなか腰が上がりませんでした。 暮れとはいえ、リタイヤしてからは、そうは忙しない思いに 追われることも無くなり、血圧は安定し [続きを読む]
  • マイキーと、お買い物
  • マイキーはただ今19歳。 車の運転免許取得中に付き、まだ電車の便の良い所以外は 「あそこへ連れて行って〜」とたまに、おねだりされる。 アルバイト料が入って、服を買いに、 安いお店のあるショッピングセンターへと 連れだって行った。 昔と違い、服が安い時代になりましたね〜 マイキーに付き合って、H&Mの店内をウロウロしている内に 私も、水色のシャツを¥700 [続きを読む]