ミルフィーユ さん プロフィール

  •  
ミルフィーユさん: マダム・ミルフィーユのたま〜のつぶや記
ハンドル名ミルフィーユ さん
ブログタイトルマダム・ミルフィーユのたま〜のつぶや記
ブログURLhttp://bousoukara.bousoukara.boo.jp/
サイト紹介文花やペット・美味しいもの・日常の風景等、ふとした思いを呟くように写真と雑文で綴ります。
自由文人生の黄昏を迎え、仕事、仕事で突っ走って来た半生を振返り、今、大きく舵を切りたいのです。
歳でしょうか。
自分自身や時代のちょっとしたメモになれば・・・と思っています。
迷走すること自体を楽しみたいのです。
黄昏色がゆっくり変わりゆくのを、見詰める時間だと受け止めています。
どうぞ、肩の力を抜いてお立ち寄り下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2010/05/07 19:20

ミルフィーユ さんのブログ記事

  • インテリアは死神?
  • 同年齢の三人で「姫の会」という、グループラインを作って早や二年くらい。 (この際、姫??という想いや違和感は、わたくしに免じて、お納めください) 一人は遠く香川に居るので、実家へ里帰りしたときに三人でランチして 一日遊びます。 Uちゃんは、実家のお母さんが高齢なので、 できるだけ彼女はこちらへ来ては 二人の時間を大切にしている様子です。 さて、昨年は三人で横浜港の大型船に乗り込んで 素敵なランチクルー [続きを読む]
  • 踊れるライヴ〜造り酒屋「寒菊」にて♪
  • 「地ビールの 商標あをし 海の町」              ミルフィーユ 数年前、私の拙句をM氏が、絵手紙にしたためて下さいました。以前にもご紹介しましたが、何を隠そう、 寒菊の、このビールを念頭に置いて作った一句です。 松尾の造り酒屋「寒菊」にて、毎週末ランチでライヴがあります♪ ランチ¥1080- 席料は無し。 本日は豚丼でした。 自営業の姉は月曜日が定休日です。 姉は二度目ですが、義兄は初めてで [続きを読む]
  • 鴨川〜地魚にぎり寿司
  • 先日の鴨川、大山千枚田の帰りに 地魚の美味しいお寿司屋さんでランチをしました。 回転寿司のお店ですが、回らないカウンターもあり、 板前さんにその都度注文していただきます。 地魚の名前を聞いたのですが、すっか忘れてしまいました。 美味しかったことだけは覚えていますが。 その土地で朝獲れた新鮮なネタで、どこへ行っても地魚は美味しいですね。 「丸藤」さんでした。 鴨川で有名なお寿司屋さんと言えば、たくさ [続きを読む]
  • 彼岸花も咲き始めました〜<大山千枚田>
  • ID:sstg6b 久しぶりの青空にひかれ、稲刈りも終わった頃かなと 大山千枚田へ行ってきました。 充電が間に合わず、安く買った古いカメラを持参し、後悔しましたが 雰囲気だけは伝わりますでしょうか。 稲刈りが済んでいないのは数枚だけで 実るほど頭を垂れる稲穂かな、が少しだけ見られました。 チラホラ咲いていましたので、名前通り、お約束通り お彼岸にはきっと、畦に奇麗に咲き揃った彼岸花を見られることでしょう。 娘 [続きを読む]
  • ゆく夏を寝転んで見る花火かな
  • 8月の最終土曜日、近くの公園で花火大会があり ご近所さんと行って来ました。 昨年はマイキーと、偶然海の花火を鑑賞し、 寄せては返す波が、花火の光に浮かび上がる美しさに 来て良かったね〜と、感動したものでした。 今年は、緑豊かな公園での花火です。 スマホ撮影で不鮮明ですが、どうぞ見苦しい点はご容赦を。 敷物を芝生の上に敷き、寝転んで見ていました。 もっと早くアップすべきでしたが、 よりによって、いきなり [続きを読む]
  • 道の駅「オライはすぬま」で。
  • 夏も終わりに近づき、後半になって暑さが舞い戻っていますね。 道の駅「オライはすぬま」を、真っ直ぐ海の方へ行くと、 蓮沼海岸沿いの巨大プールにぶつかります。 遠くからもウォータースライダーが良く見えます。 子供たちが小さい頃、何度か連れて来ました。 それ以来、もうプールへ喜んで行くことも無く、 運動の為と称して数回あちこち行ったきりで 泳ぎからは、すっかりご無沙汰です。 きっと今は、泳げません。 「オ [続きを読む]
  • 江戸期に花ひらいた伝統の朝顔展・その二
  • 沢山写した朝顔の写真を、旬のうちにご披露したくて 私としては、頑張って第二弾を早めにアップします。 ソライロアサガオの平凡さ、思い切りの普通さ加減を 私は好きなんだなあ、、、、と思いつつ、前回のブログを締めましたが、 心惹かれる朝顔の魅力は、やはり色や形にあって 江戸の昔から花好きな人々は突然変異に狂喜したのでしょう。 名札を写して、出来るだけ名無しの権兵衛さんにならぬよう 気を付けていたのです [続きを読む]
  • 六年目の本気・変わり朝顔展へ
  • 三年目の浮気という歌がありましたが、私は逆にこの変わり朝顔展へ、 ようやく先日行くことが出来、六年間の想いが叶いました。 佐倉市の国立歴史民族博物館の「くらしの植物園」にて、 9月10日まで開催されています。 東京・神奈川は、早い時期に終わってしまったようですので 花好きな方は少し遠いけれど、是非佐倉までお越しくださいませ。 摘んだ朝顔を、水の張られた鉢に浮かべ綺麗でした〜 涼しさを目から戴きました。 [続きを読む]
  • 海岸通りのレストラン
  • お盆が近づくと、毎年のようにキッチンの窓から見える楠に 黒と青の美しい揚羽蝶が訪れる。 二階のキッチンの窓からは、手を伸ばせば届きそうな街路樹がある。 大きく育った楠が、緑の枝葉を豊かに揺らし 折々に目を楽しませてくれる。 少し前までは、柔らかい薄いオレンジ色がかった若葉が朝陽に映えて、 洗い物の手を止めて、見入ってしまう事もしばしばだった。 窓から入る涼しい風は、きっとこの大樹のお陰だと思っている。 [続きを読む]
  • 素麺、西瓜、玉蜀黍〜夏
  • 台風の置き土産の暑さ厳しく 朝の内に、拭き掃除をせっせと済ませた頃は 全身が滝に打たれたような汗まみれ。 シャワーを浴びてさっぱり、生き返ったよう。 そうだ、お昼は素麺にしよう。 ああ、天ぷらが無かったのが残念でした。 これは東金市「ゆばせい」のランチ、 「ゆばセット」に付いていた天ぷらです(>_ 素麺のために、天ぷらを買い置きしておこう。 冷凍しておいて、オーブンで焼くとサクサクで食べられる。(IHに [続きを読む]
  • お財布を新しく
  • 先日、スマホの解約月を待って、Y社からS社に乗り換えました。 電池の消耗が激しく、もう取り換えなければいけないと分かり 思い切って新しいものにしたら、サクサクと動きも早く ストレスが解消されました。 丸二年使いましたので、本体価格はここから0円になるのに 気持ちが、もう新しいものへと走って行ってしまいました。 新しい恋にまっしぐらな、あの感覚?でしょうか (>_ 余談でした。 他社乗り換えキャンペーンだ [続きを読む]
  • 酒々井・まがり家さんの「かき氷」
  • 今日はまた暑くなってしまいました。 昨日は寒くて、、、買い物へ行くにもカーディガンを羽織り 寝る前に、熱いお風呂にしっかり浸かり、と そんな一日でした。 かき氷の写真は、お蔵入りになりそうでしたが 今日なら、ブルッとせずに見て戴けるかな !(^^)! 江戸時代、元禄年間創業の300年の歴史のある甲子・飯沼本家です。 千葉県印旛郡酒々井町馬橋106 酒・酒・井戸 美味しいお酒が出来そうですよね。 県外の方へ〜酒々井 [続きを読む]
  • 夏支度〜いろいろ
  • 夏は暑いに決まっていますが、私は今から、東京オリンピックが心配です。 世界中からのお客様が、日本を嫌いになってしまうのではないかと オバサンは、今から要らぬ心配をしています。 そんな先の事より、今日の心配をした方が良さそうですが。 今日も朝からエアコンのお世話になりました。 夏支度は色々あれど、今年は「やる気スイッチ」が作動した様で 少し前に、せっせと保存食づくりに勤しみました。 先ずは梅酒にラッキ [続きを読む]
  • 千葉のパワースポット<香取神宮>
  • 先日ご紹介した鹿島神宮と香取神宮は、勝負の神様という事で 二所参りと言うそうですね。 Cさんにコメントを戴いて学びました。 茨城の鹿島の方は、武道の神様とも言われ 厳かな雰囲気でしたが、 こちら香取神宮は、お宮の造りが何となく雅な感じがします。 暑い日の画像でしたが 参道の光と影。 鮮やかな神社の色形。 夏!!と言う感じでした、何もかもが。 奉納された石燈籠が参道の両側に並び、 緑色に染まり、木漏れ日の中 [続きを読む]
  • 勝負の神様、鹿島神宮
  • まだ梅雨は明けていませんが、 この夏の猛暑を予感させる連日の暑さですね。 坂東太郎との異名を持つ、利根川の河川敷です。 ひらけて気持ちの良い風景です。 「筑紫次郎」の異名を持つのが「筑後川」だそうで、 「吉野川」が「四国三郎」と呼ばれているそうです。 三兄弟ですね。 豊かな水量。 遥か彼方に見える、横にたなびく雲。 もう、すっかり夏の空です。 暑いときは外出をしたくないのですが、 誘われて、茨城県の鹿 [続きを読む]
  • 古民家という存在
  • 御宿に、幸七さんと言う ちょっと、マニアの間では名のある お蕎麦屋さんがある。 今日のように晴れ上がって暑い日には 掲載するにも気が引けるような 雨の暗さと湿度に満ちた画像を、アップしてしまうのは ここの所、忙しさと心の遠足(?)とでも言うような心持で 暫く過ごしていたせいで、新鮮なうちにどんどん書けないのは きっと私が、元気な証拠だろう。 おかしな理由であることは重々承知で、その元気を味わっている。 [続きを読む]
  • 避難の猫?
  • 姉の猫たちが遊びに来た。 と、思っているのは私だけで、 当の猫たちは災難に遭ったような、驚きのお出かけ(笑)に過ぎないだろう。 来ていきなり、マヤリンはドアに突進して「帰る〜〜」と叫ぶ。 姉に向かって、「あけて〜〜、あけて〜〜。」と言っているに違いない顔。 どんなに騒いでも、今日はあと数時間ここに居るしか無いんだよ(>m<) うろたえているマヤリンを見て 私は可笑しい、嬉しい、おもろい、、、、(=^ [続きを読む]
  • 川沿いのオープンテラスで
  • 今日は少し蒸し暑く、数時間エアコンのお世話になりました。 季節の狭間には、体調を崩す人も多いだろうと思います。 数日前までは爽やかな風に包まれ、 幸せだなあ、、、、君(風)といつまでも。 な〜〜んて思っていたのですが。 そして、月日は疾風のように過ぎて行くものですね。 多古町の道の駅、栗山川沿いの紫陽花が盛りです。 今月いっぱいは、田んぼに水を落とすので、舟遊びは出来ないそうです。 川の周囲は1.2 [続きを読む]
  • ロッツ ラファエル氏の黄色いインゲン
  • 初夏ですね〜 各地で30度を超えたというニュースも耳にしますが 房総は涼しくって、今日は日陰では寒いくらいでした。 気持ちの良い風に吹かれて、 暑くなる前に、精力的に花見三昧しています。 袖ヶ浦公園の菖蒲が見頃でした、、、、一週間前。 こちらの公園は、百合も綺麗ですね。 袖ヶ浦公園には猫たちが沢山います。 黄色の百合の傍で寝る黒猫!(=^・^=) お互いを引き立てているような。 紫陽花も咲き始めの色 [続きを読む]
  • 老化防止
  • 誰も皆、歳はとりたくないものですよね。 アンチエイジング、なんて言葉に最近とみに弱くなっています。 サプリメントも、その時代により流行もありますが、 20代後半から、途切れ途切れですが、続けているのが V,CとV,Eの同時摂取でした。 ある講習会に出た際に、肌の色も艶々の83歳の男性医師でしたが、 血管を強くしてくれる、そして肌の若さも保てる、と。 それはそうですね〜〜血管が若くて、肌はボロボロってことは無いで [続きを読む]
  • 小さなチャペル・丘の上バラ園
  • 薔薇もそろそろ終わりに近づいて来ましたね。 大多喜町に今年、リニューアルオープンした 「丘の上バラ園」へ行って来ました。 昔ハーブ園だったところ、と言えばすぐ分かるでしょう。 まだ苗が、全体的に植えたばかりで小さいのが少し残念でしたが ハーブも咲いて、それは綺麗でした。 色々忙殺されて、写真の整理がなかなか追いつかず 少し時間が経ってしまいましたが、まだもう少しは見られると思います。 沢山撮ったので [続きを読む]
  • 透き通るような夕焼けをデジブックにしてみました。
  • 日常の喧騒の中で ふと立ち止まるときがある。 買い物帰りのホームセンターの駐車場から見た 透き通る鮮やかな夕焼け 灯ともし頃の街には 家路を急ぐ車 街にも、森にも 人も 鳥も 安らぐ住処へと急ぐ束の間の時間 黄昏は鮮やかに染まり ひと日の疲れを優しく包んでくれる 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 同じ場所からの夕焼けを、これでもかという程 何枚も同じような写真を、ただただ並べただけの 何の変哲もない、どこにでも在る [続きを読む]
  • 午後のほうじ茶
  • 春が短くなってから、大分経ちますが 5月と言えば、少し前までは、 爽やかな風を思い浮かべるのが常でした。 暑さに弱い私は(皆さんそう言う方は多いでしょう) お出かけなら、今のうち! と、そう思っているのです。 葉桜はとうに過ぎてしまい こんなに沢山の実が生っていました。 木陰はそれでも、 肌をひんやり冷やしてくれる爽やかな風が吹き 置かれた椅子に座る時間が心地よい。 君の声消す満開の噴水は        [続きを読む]
  • 江の島はもっと時間が欲しかった☆
  • あれから、大分日が経ってしまいました。 江の島編を、すぐにもアップする積りが あれやこれや、忙殺され遅れてしまいました。 小学生のバス遠足で来たはず?なのですが、すっかり忘れています。 ここ10数年の間に、寒川神社へお参りの際、 鎌倉と江の島は寄った、、、らしい。 それも忘れている(@_@) 大丈夫か?わたし。 温泉もあって、近くにはエステとセットのスパもあり、 ちょっとこれは、ゆっくり来てみたいと、姉とも [続きを読む]
  • 鎌倉のリス
  • 鎌倉には以前から、リスが沢山いて 寺社仏閣を散策していると良く出会いますね。 お茶をしていたら、お団子をさらわれた、なんて話も良く聞きます。 先日、鶴岡八幡宮で出会った、可愛いリスたちです。 牡丹園へ行こうと歩いていると 外国からの旅行者も、皆笑顔でカメラを向けていました。 アーモンドを両手でしっかり持って食べる姿が可愛くて 暫く見惚れていましたよ。 ただ、それだけの事ですが、 沢山写真を撮ってし [続きを読む]