グリンプス さん プロフィール

  •  
グリンプスさん: 首都圏予備校講師派遣グリンプス
ハンドル名グリンプス さん
ブログタイトル首都圏予備校講師派遣グリンプス
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/judge39802078n/
サイト紹介文首都圏の予備校講師が全国のご家庭に!ご相談は何度でも”無料”です!
自由文受験勉強は基本理解につきます。変な00法などというまやかしが多いですが、基本をしっかり理解して問題を解く。この繰り返しです。受験に秘策など本来無いはずです。なぜなら大学は真理探究の場であり、入学後そうしたアカデミックな環境についていけるかの基礎学力を問うのが入試であれば、そんなところで小手先のテクニックを用いて大学生になったところでその後なにを期待するのでしょうか。自分が苦しむだけです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供206回 / 123日(平均11.7回/週) - 参加 2010/05/07 20:44

グリンプス さんのブログ記事

  • コツは、つかんだ。
  • ネット記者。面白い。ブログは、無料だが、ネット記者の記事は、2000円から3000円になる。やばいな、月10万円いきそう。本格的に税金対策を立てないといけないレベルになりそう。使用しているサイトは、クラウドワークスここは、律儀にも「源泉徴収」。年末調整で、確定申告をして、取り戻さないといけない。 [続きを読む]
  • 知らないということ
  • 時代は、ものすごい勢いで変化する。去年までの常識が今年は通用するのか。そういえば、楽天の法務担当の人が言っていた。3年間のブランクは、致命傷だ。一からやり直す必要がある。高校教員の免許、役に立たなかった。埼玉県教員試験もインチキなものだとわかり、非常勤講師で、経験を積む意味を失った。高校の非常勤は大抵月20万前後だ。マックのバイトと変わらないじゃないか。でも、公務員に返り咲くためと思って頑張ったが [続きを読む]
  • また新たなビジネス
  • ネット記者うまくいけば、付30万円はいくそうだ。司法試験の勉強の息抜きにもなる。あいてもしたり。「こいつの実力は、いかに」ということで、トライアルの記事を任された。「ホストの風俗嬢の恋愛」なぜだー一応履歴書は送ったが、なぜ、このテーマなのか。49歳、独身、司法試験受験生=変態ということなのか。かなり凹んだ。世の中の自分に対する目を確認した感じだ。俺は、変態なんだ。あー。ため息しかでない。ひょっとし [続きを読む]
  • 今日は雨
  • 予備試験1次1か月前なんか調子が狂う。旧司法試験では、憲法、民法、刑法の3教科だった。でも、予備試験の1次は、7教科憲法、民法、刑法、商法、民訴、刑訴、行政法大学入試のノリだ。嘗ての大学入試も、1次英語、数学、国語、現社、世界史、理科1、化学丁度7科目。でも、行政法は、大学時代落とした科目だ。大体、行政法は、国一を狙う学生が勉強するものだった。ついでに、刑訴もしっかり落としている。伊藤塾のテキスト [続きを読む]
  • 生活が一変
  • 去年朝、4時起床6時高校到着7時自発的な補習授業8:401時間目の授業今年朝8時起床生徒からのメールの確認新しく始めたネットビジネスの依頼の有無の確認9:30出勤10:45予備校到着11:00、1時間目の授業満員電車が嫌いだといったら、1時間目開始の時刻を10:00から11:00に変えてくくれた。さすが、市場原理が働いている民間企業だ。実績がすべてだ。結果を出した講師には、優しく、能力のない講師は [続きを読む]
  • 進化する予備校
  • 現在在籍している予備校「インテグラ」しかし、予備校のイメージからは、ほど遠い。個別ブース、ブースの中には、ソファまである。目の前には、テラスがあり、人工芝まで敷いている。講師と生徒は一対一。講師は、皆大手予備校経験者。しかも、担当した生徒が受からなければ、次の年は、契約更新は、なされない。なにしろ、予備校がどんどん倒産して講師があふれかえっている状態だ。代わりはいくらでもいる。実力派講師が一対一で [続きを読む]
  • 反省
  • 翻訳が終わった。顔から火が出そうだ。はずかしい。自動翻訳を使っていいとあったので、使ってしまった。誤訳もいいところ。結局、全部やり直し。しかも、最初の誤訳を見逃して納品してしまった。クライアントからは、お叱りが・・・とほほ・・・ [続きを読む]
  • くだらない質問
  • 高校の教師をしていたころ生徒から聞かれた「高学歴な大学はどこ?一流大学は、どこから」くだらない。大學は、真理探究の場だ。研究まで行かなくとも自分の専攻分野においては、実務レベルの知識を有すること。あえていうなら、まともな大学の基準「英検準1級ぐらい全学生が有していること」理由は、本気で勉強しようとするなら英語で発信されている情報が読めないというのでは、勉強ができないということだ。自分は、法学が専門 [続きを読む]
  • 初めての翻訳業
  • ナイキの靴生まれて初めてのネット記事そして、初めてのネット翻訳。これで、飯が食えるかも。とにかく、電車通勤が嫌いだから、家にいるだけでパソコンをいじっているだけで収入源になるというのは助かる。2000wardsで500円。記事は、1000ワードからが社会の一般常識なんだ。大学の300字とかなんなんだ。小論文とは言っているけど。英語ができるということは、1000wardsぐらいの記事がいつでもかける状態にしな [続きを読む]
  • 英語講師の目覚め
  • 倒産した週三日制予備校のおかげ、大手予備校は、採用試験でこけた。週三日制予備校の特徴は、入塾試験がないことだった。だから、生徒のレベルが一定していない。いろいろと不測の事態が起こる。常識が、通用しないことがある。でも、そのことで、もう一度その常識を見つめ直す。なるほど。英語の根本の勉強をするきっかけになった。英検1級1次合格。2次は2回受けた。面倒だから受けない。いいわけだはなく、英検1級を取る意 [続きを読む]
  • 今にして思えば
  • 駆け出しのころの自分。予備校の講師になりたてのころ。いろいろと幸運が重なった。前任者が、ひどすぎて授業が崩壊していたらしい。当時の自分の英語力は英検2級にちっと毛の生えた程度今いうところの公立中の教師とりはまし、公立高校の教師の平均程度だった。とてもじゃないが、予備校の講師の英語力ではない。でも、前任者の失態が、援軍となった。若さも加勢してくれた。当時、27歳、童顔なので背広をきていないと高校生に [続きを読む]
  • 五郎さんは、東京出身か?
  • 孤独のグルメ・五郎さん東京出身ではないのではないか。納豆の食べ方が違う。東京、関東の食べ方は、納豆が白くなるまで混ぜる。その後に、からし、そして醤油を垂らす。そう、醤油は、最後だ。でも、五郎さんは、混ぜる前に醤油を垂らした。これは、かけ湯をせずに、湯船につかるがごとき失態だ。五郎さんは、東京出身ではない。少なくとも、子供の時代は、東京に住んでいない。 [続きを読む]
  • 転機
  • 自分は、一度真剣に自殺を考えた時期がある。浦和市役所を辞めてボーとしていた時期だ。世の中はバブル。華やかな喧噪が町を席巻しているとき、自分は、家賃2万、風呂なし、便所なしのアパートでただ無意味に時間を過ごしていた。仕事は、スイミングスクールのコーチ。シャワーを浴びれるから選んだ。暑い夏の盛り、電車代を浮かせて夕飯のおかずを買うのはいつものこと。赤羽から上野まで、電車。そこから地下鉄に乗らずに三ノ輪 [続きを読む]
  • 取りあえず
  • 月給100万円は、経験がある。因みに「安部のバカ」は、月給201万円だそうだ。あんな馬鹿に負けているのは、我慢ならない。今年の目標。どこかで月201万円越えをやってみよう。たぶん、11月か12月。でも本当の目標は、年収1億。ビジネスを確立してシンガポールへ移住。金の価値が変わった。今時年収3000万円と聞いても「休みがなくて大変ですね」程度の印象しかない。5000万円ぐらいから、すごいと思う。 [続きを読む]
  • 驚くほど順調
  • また家庭教師が決まった。これで、週4日労働、1日あたり5時間から6時間移動時間も含む。この状態で、月30万円を超えてきた。50万円を超えたら、仕事は断ろう。税金が大変だ。仕事が急に楽になった。こうゆう時は、一番危険。「絶頂は、下り坂のスタート」余力ができている状態の時に次の手を考えなければ。自分は、司法試験。予定では、7月が過ぎたらダッシュをかけて月80万円ペースに持っていくつもりだった。11月の [続きを読む]
  • 勘違い
  • JKビジネスと聞いて「すごいね」といったら笑われた。JKは、"junior"略語ではなく「女子高生」の「ジョ」と「こ」で”JK”というそうだ。JKビジネスとは、才覚ある高校生が会社を立ち上げ経営に成功したのではなく風俗だ。要するに女子高生が、体を売っているということだ。たしかにそれを「すごいね」と言えば、誤解の元だ。しかも、こちらはまがりなりにも「教育者」だ。社会問題に発展しそうだ。自分は昔からそういう傾向 [続きを読む]
  • 今日の雨
  • 昨日、予備校でびっくりしたことがあった。まさか、英語の授業で「経験論」「演繹論」「弁証法」の違いから論文とはなにかの説明をすることになるとは、相手は、ついこの間まで高校生だった子だ。自分の説明を十分に理解し、その上でアンチテーゼを示す。すごいな。家庭教師や予備校で仕事をしていると、たまにこのような突き抜けた生徒に出会う。しかし、そうした突き抜けた生徒は、概して既存の教育システムからは、外れたところ [続きを読む]
  • なんだろう
  • なんだろう、この虚無感は、自分が、嘗て持っていた目標がほぼ手中に収めた。学歴:旧帝大法学部収入:年収1000万円技能:英検1級1次合格、司法試験短答式合格、但し旧の方。取りあえず、会社を経営して軌道に乗った。予備校講師としても活躍の場を与えられている。司法試験の勉強も自分が渇望したものだ。その勉強が、無限に可能となっている。今日は、雨だ。まさに「晴耕雨読」だ。このままやれば、司法試験は、受かるだろ [続きを読む]
  • やったー初給与
  • ネットライター初給与がでた。うれしい。今まで、ライターの仕事は、労働省の外郭団体の月報に記事をで2000円もらったことがある。今回の初給与は、約9,000円。5日かかった。でもうれしい。これで、収入減が増えた。1、予備校講師・インテグラ2、家庭教師・トライ3、会社経営・グリンプス4、ライターでも切った職業もある。1、高校教員2、投資家でも、ライターは、結構化けそうな、ひょっとしたら、一番の収入源に [続きを読む]
  • ぎっくり腰
  • ぎっくり腰3年前にやって、その後はなかったが、どこでやってのかな。飯田橋のインテグラのブースにいたとき違和感はあった。しかし、今日の朝、息が一瞬止まった。家のなかで、匍匐前進とは・・・・しかも、勉強できない。芋虫になったようだ。家庭教師も休講にしてしまった。 [続きを読む]
  • 今日、杏林大医学部繰り上げ合格
  • すごいですね、昔もありました。その時は、4月7日ですた。でもその生徒は90番台でした。でも今回は、3ケタkらの繰り上げ合格です。うれしい知らせですが。頭を抱えました。これからどうやって進路指導したらいいのだろう。折角東海大に受かって、引っ越しもすんでいるのに、杏林大医学部に進学するようです。 [続きを読む]
  • 現在、東京は雷雨
  • 楽すぎる。楽すぎて調子が狂う。予備校週2日、家庭教師週2日10:00出勤4:00帰宅。まあ、ボーナスもない自営業、これで、30万近くいく。十分。去年は、朝4:00起床6:00には、学校について帰宅は、なにもなければ、4:00.その後家庭教師。電車に一日4時間乗っていた。これで、夏の埼玉県教員試験まで頑張った。それでも、30万円はいかなかった。埼玉県が落ち、家庭教師、予備校講師に返り咲き漸く、月50 [続きを読む]
  • 本当かな
  • 嘗ての財務官僚の山口さん曰く、「司法試験受験時代は、バケツに氷水をはって、足を突っ込んで一日19時間勉強した」所謂、アイシングだが、30分もしたら、気絶する。本当かな。司法試験は、合格なさったから、その点はすごいと思う。でも一日19時間とは、本当かな。アイシングに関しては嘘だろう。凍傷になっている。 [続きを読む]
  • あっという間に春が来た
  • 去年の末に高校教員を辞めて、司法試験の準備を始めた。いつの間にか、梅の花が咲いている。ようやく、体系らしきものは、見えてきた。しかし、刑訴、民訴、強敵だ。まだ征服には至っていない。後、40日。最近、弱気だ。だから、勉強に対する熱意が低下している。勇ましいマーチをユーチュウブで聞いても今一だ。マーチでお気に入りは、「雪の進軍」何百回も聞いている内に詞まで覚えていしまった。「雪の進軍、氷を踏んでどこが [続きを読む]