グリンプス さん プロフィール

  •  
グリンプスさん: 首都圏予備校講師派遣グリンプス
ハンドル名グリンプス さん
ブログタイトル首都圏予備校講師派遣グリンプス
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/judge39802078n/
サイト紹介文首都圏の予備校講師が全国のご家庭に!ご相談は何度でも”無料”です!
自由文受験勉強は基本理解につきます。変な00法などというまやかしが多いですが、基本をしっかり理解して問題を解く。この繰り返しです。受験に秘策など本来無いはずです。なぜなら大学は真理探究の場であり、入学後そうしたアカデミックな環境についていけるかの基礎学力を問うのが入試であれば、そんなところで小手先のテクニックを用いて大学生になったところでその後なにを期待するのでしょうか。自分が苦しむだけです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供164回 / 94日(平均12.2回/週) - 参加 2010/05/07 20:44

グリンプス さんのブログ記事

  • 公判前整理手続き
  • 第1回公判期日前に、公判の準備として、事件の争点及び証拠を整理するために行われる刑事訴訟手続き。裁判員制度の導入や刑事裁判の充実・迅速化を図るためには、わかりやすい審理を連日集中して行う必要があることから、争点と証拠を整理し明確な審理計画を立てる手続きとして、2004年の刑事訴訟法改正により導入され、05年から実施されている。裁判員が参加する裁判の対象事件すべてのほか、裁判所が、充実した公判の審理を継続 [続きを読む]
  • 理想の生き方
  • マッスル北村さんボディヴィルダー・餓死で2000年死亡。肉体の限界を超えて訓練した結果だそうだ。この人は、元東大生自分が、理解できない参考書があると、判るまで家に帰らなかったそうだ。自分に欠けていたものを突き付けられた。「根性」「精神力」が弱い。自分は、常々「意味ある生き方を送りたい」と思っている。ただ生きているだけでは、沼のゲンゴロウと同じだ。自分は、生への執着があまりない。「朝に悟れば、夕べに [続きを読む]
  • 東京は、雨
  • 公訴で止まっている。体系化できない。明日は、また飯田橋。予備校の授業だ。英語は、こんなに簡単なのに、法律の骨子がまだ見えない。英語もそうだったが、「暗記」と言っているうちは、実力がついていなかった。法律は、今、思いっきり暗記だ。だからわかる。これじゃだめだということが。 [続きを読む]
  • 業界大激変
  • 今日、予備校の授業。行ってビックリ。代ゼミで、サテライト担当だった人、2人にあった。2年前、代ゼミは、講師300人解雇したらしい。でも、今日あった2人は、まだ、代ゼミの講師紹介に乗っている。そういえば、去年いた先生が、見当たらない。英語科は、完全な買い手市場だ。椅子取りゲームではないが、一つの席を奪い合っている状態だ。聞くところによると、学校の教師も定年で辞めて、予備校業界に参入しようとしてる人が [続きを読む]
  • 初めての経験
  • 去年は、9月からだったから気にならなかった。今の予備校は、年中無休だ。コンビニエンスストアみたいだ。生徒にすれば、いいだろう。いつでも自首室は、空いている。チュウーターもいるから簡単な質問は、いつでもできる。おかげで、在籍生徒は、ほぼ全員合格している。ところで、今日は「春分の日」つまり休日。しかし、コンビニ予備校なので、授業がある。ということで出勤。もうひとつ、珍しいことがある。普通は、合格実績を [続きを読む]
  • 反対尋問
  • 証人などの人的証拠に対し,その取調べを請求した当事者の相手方が行う尋問。取調べを請求した当事者が行う主尋問に対する。証人に対する反対尋問は,主尋問における供述の信用性を争うために,主尋問に現れた事項およびこれに関連する事項ならびに証人の利害関係など供述の証明力を争うために必要な事項について行われるが,みだりに証人の名誉を害する事項に及んではならない (刑事訴訟規則 199条の2,4,6,民事訴訟規則 33,34 [続きを読む]
  • どうやれば
  • よく、司法試験受験の記録を読むと「一日15時間勉強した」とある。ほんとうかな。自分もやってみた。一週間やったら、気が狂いそうになった。そもそも処理スピードが格段に低下する。自分は、根性がないのか。まだ、だめだ。名大の時受かったやつは、朝9時から12時まで、1時から6時まで7時に帰宅した後はしらない。でも、帰宅した後は勉強したなかったといっていた。ということは、自習室で8時間。15−8=7帰宅後7時 [続きを読む]
  • ノート整理
  • 問題提起・青理由付け・赤(規範定立)結論・オレンジ条文要件・効果基本概念(定義・存在意義・趣旨)判例(事案の概要・争点・結論・理由づけ・評価)論点(問題の所在・争点・反対説・次節の理由・結論)引きこもり生活3か月目、とはいっても現在週2回は春期講習で予備校に授業で顔を出している。でも、この年で、勉強にこれだけ打ち込めるというのも恵まれている。3月は、後2週、なんとか両訴を終わらせなければ。 [続きを読む]
  • 予備試験
  • ■各科目1題程度。■一般教養科目は、素材やテーマを与えた上で、 小論文の作成を求めるものとし、1題を出題。■試験時間は i) 法律基本科目は、憲法と行政法で2時間20分、民法・商法・民訴で3時間30分、刑法・刑訴で2時間20分とし、それぞれ一括した試験時間で実施。 ii)法律実務基礎科目は、民事・刑事あわせて3時間。 iii)一般教養科目は、1時間。■マークシートによる解答。■法律基本科目は i) 各科目10〜15題程度の [続きを読む]
  • 公判手続き
  • 冒頭手続き→証拠調べ手続き→弁論→判決冒頭手続き1、人定質問・規則1962、起訴状朗読291・Ⅰ3、権利告知291・Ⅱ4、被告人・弁護人の陳述291・Ⅰ短答89 [続きを読む]
  • JR北陸線普通列車の車掌事件
  • 車掌Aが学生Bの胸ぐらをつかみ「言葉遣いに気を付けろ」とにらみつけたという。また、音楽を聴いていたイヤホンを引き抜かれたり、購入後に再び胸ぐらをつかまれ「こっちに来いや」と引っ張られたりしたという。 この学生は「いきなり胸ぐらをつかまれびっくりした。JRに乗るのが怖い。許せない」と話している。Bは、A及び雇用会社であるJR北陸(以下C)にいかなる請求ができるか。1、財産的障害の賠償請求 (1)Bは、 [続きを読む]
  • 夜になると思いだす
  • 学生のころ、西武運輸でアルバイトをした。南大塚駅を降りてすぐのところだ。夕方6時に行って、翌日朝の6時まで倉庫の荷物を言われるままに移動するという仕事だ。30台に入ったばかりの人がいた。ギャンブルが好きな人だった。あるとき、夕飯に白米と焼き鳥を持ってきた。「うまそうだ」こっちは、アンパン一つだ。白米の上に串から抜いた焼き鳥をおいた。七味を取り出して、振り掛けた。一番覚えているのは、50代の人いつも [続きを読む]
  • 平成29年
  • 平成19年度・司法試験短答式合格論文式不合格司法試験撤退あれから10年たったんだ。昔の手帳が出てきた。自分は、司法試験6回受けたんだ。てっきり10年ぐらい受けてきたと思っていた。時間の感覚がなくなっていた。10年間か。脳溢血は、病気だjからしょうがないとして教員免許に費やした時間と金は無駄だった。後悔さき立たず。漸く、法の感覚を戻してきた。 [続きを読む]
  • 寒の戻り
  • 寒い、風邪ひいた。本当なら、両訴が終わっているはずなのに。民訴は、まだ「訴えの提起」で、足止めをこらっている。頭が機能していない。 [続きを読む]
  • 進路決定
  • 杏林大医学部1名進学金沢医科大辞退東海大医学部1名進学岩手医科大医学部埼玉医科大学医学部辞退一応、日大医学部の補欠まちもいるが、東海大を気に入っているのでうかってもいかないかもしれない。今年の医学部受験は、これでおしまい。 [続きを読む]
  • 難しい
  • ツイッターを再開した。仕事で必要だといわれて、難しい。 [続きを読む]
  • 残り二教科
  • 刑事訴訟、民事訴訟嘗て、短答式合格の後、2か月間だけ詰め込んだだけ、大学では、民訴は、合格したが、刑訴は、単位を落とした。3月いっぱいで、両訴を終えて、行政法、商法をもう一度やり直さなくては、 [続きを読む]
  • 慶応ってすごいのか
  • よく知られていないことだが、慶応は、英語だけできればなんとかなる大学だ。特に、文学部、総合政策。だから、ビリギャルとか芸能人とかが受かったりできる。マスコミの力はすごい。昨日までただの高校生が、一夜にして国民的アイドル。早慶をはじめとした私大もこの手法を利用しているのは、よくわかる。最後の仕上げ。東大・早慶というフレーズを連呼する。何回も聞いているうち、潜在意識に刻み込まれる。虚像が、実体に変わる [続きを読む]
  • おそらく、人生最後の試験
  • 司法試験。大学受験で養った勉強法がうまく機能しない。根本原理を把握してそこから演繹的に問題を解くやり方だ。理由は、判っている。例外が、多過ぎるのだ。さてどうする。今までの方法が通じないということは、新たな方法を構築すればいいだけだ。それが、うまくいかない。場当たりになり、体系化にならない。 [続きを読む]
  • うれしい情報・悲しい情報
  • うれしい情報・予備校の午前部の授業も担当することになった。これで、高校教員時代の月給の3倍の収入になった。悲しい情報。年金機構から、不払い金の催促。「2か月遅れていますよ。強制執行かけますよ」なんと弱い一般市民の立場か。警察、市役所・・・去年まで、高校生だったやつから「おいこら、おまえ・・・」田んぼのタニシか、俺は、しょうがない、国全体が、病気だ。上から下まで腐っている。しかし、警官の若いニーちゃ [続きを読む]
  • 医学部予備校の特徴
  • 京大出身者が多いなあ、という印象です。あと、背広を着てるのを見たことがない。英語科は、早慶が多い。顔と声がでかい。どんな授業をしているかは、知らない。コンパートメントになっている個室で仕切られているので完全密室になっている。プライバシーを気にする人は、理想の環境。個別なので、使用教材も勉強進度も人それぞれ。予備校講師は、3000円以下と4000円以上の時給に大別される。なぜか、3000円〜4000 [続きを読む]
  • 漸く、シーズン終了
  • 医学部、その他の学部すべての試験が終了。いよいよ、新たなシーズンの始まり。やっぱり、初顔合わせは気を使う。疲れた。折角の飯田橋なのに一度もなじみの店に顔をだしていない。でも、収入のめどがついたのは、うれしい。これで、司法試験の勉強ができる。しかも、今は、午後出勤。少し早めにいって自習をしている。 [続きを読む]
  • 裁決主義
  • 裁決主義処分に対する審査請求の裁決に対してのみ取消訴訟が提起できるというもの。   ↓この場合、裁決の取り消しの訴えにおいて原処分の違法性を象徴することができる。短答134 [続きを読む]
  • 釈明処分
  •  釈明処分とは、民事訴訟手続において、裁判所が、口頭弁論で釈明権を行使するのとは別に、その準備又は補充として事実関係や法律関係を明確にするためにする処分をいいます(民事訴訟法151条)。民事訴訟法上の釈明処分においては、その対象となる文書は、訴訟において引用した文書で当事者の所持するものに限られています。  そこで、今回の法改正で、行政訴訟の審理の充実及び促進を図るため、民事訴訟一般の釈明処分に対する [続きを読む]