白土祈歩[しらときほ] さん プロフィール

  •  
白土祈歩[しらときほ]さん: 細胞Colorを最強にする<色彩感性士>
ハンドル名白土祈歩[しらときほ] さん
ブログタイトル細胞Colorを最強にする<色彩感性士>
ブログURLhttp://ameblo.jp/elixir11/
サイト紹介文色彩、脳科学、食という観点から 内から湧き出す美しさを研究し続けています!。
自由文どんなに表面をとりつくろってみても
細胞からの輝きでないと美しいとは言えません。
美しさは、毎日の食事、そして精神を司る脳を健康に保つことが大切です。

その効果的な色の食物を取り入れることで、内蔵や皮膚などあらゆる細胞が美しくなり、輝きを増します。
匂いたつような美しさは、脳が司る生体内のホルモンバランスや心理から創出されます。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2010/05/08 07:56

白土祈歩[しらときほ] さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • アイディアの創出!アイディアソン
  • 【学生限定】近未来のモビリティを考えるアイディアソンというセミナーに息子が参加しました。場所は、そうDMM.AKIBAです。◆アイディアソンとは 「Idea(アイディア)」と「Marathon(マラソン)」の造語で、一定時間でアイデアを膨らませ、他のアイデアと『競争』する、ブレストタイプのイベントです。◆今回のテーマ 「モビリティ」+「ロボティクス 」「脳科学」 の組み合わせにより、2030年に実現するであろう未来のモビリテ [続きを読む]
  • お歯黒と女性の心意気 〜黒〜
  • 先日、「駆け込み女と駆け出し男」という映画を観ました。毎日、夕飯時にはアメリカのドラマばかり観ているので、とても新鮮です。今よりも江戸時代の頃の女性から離婚は、2倍も多かったらしいのですが、そもそも調停離婚など無い時代にひと役かっていた鎌倉の東慶寺。井上ひさしさんの作品の「東慶寺花だより」を原案にした作品です。この頃の女性は、引き眉にお歯黒が既婚女性の定番だったらしいのですが、満島ひかりさんが見事 [続きを読む]
  • 藤の花と女心
  • お友達から頂いた、白藤の種から芽ができました。↑↑↑とても嬉しいです。 いずれは、下の写真くらいに育てたい。 藤の花と言えば紫を思い出しますが、源氏物語の藤壺女御。光源氏の義母という立場の女性です。とても美しく、光源氏も惹かれてしまいます。 古から藤の花は女性を現すときに用いられてきました。歌舞伎の藤娘の簪にも使われるように女性のたおやかさを表現しているのでしょうね。 素敵な藤の花の花言葉は、 [続きを読む]
  • 歴史を知り政情を読む 土方歳三
  • 函館に土方歳三の軌跡をたどる旅をしてきました。 決して、歴女ではないのですが司馬遼太郎の「燃えよ剣」を読んでみて何故?新撰組が人気なのか分かるような気がしました。 動乱の時代幕末、日本が世界の列強とどう対峙していくのかを決めるうえで大切な時期に尊王攘夷の思想の元、結成された浪士組。 上洛し、壬生浪士組から新撰組へその中でも抜きん出た統率力とリアリストの土方歳三と幼馴染みの近藤勇が時代を駆け抜けた事に [続きを読む]
  • 歴史を知り政情を読む 土方歳三
  • 函館に土方歳三の軌跡をたどる旅をしてきました。 決して、歴女ではないのですが司馬遼太郎の「燃えよ剣」を読んでみて何故?新撰組が人気なのか分かるような気がしました。 動乱の時代幕末、日本が世界の列強とどう対峙していくのかを決めるうえで大切な時期に尊王攘夷の思想の元、結成された浪士組。 上洛し、壬生浪士組から新撰組へその中でも抜きん出た統率力とリアリストの土方歳三と幼馴染みの近藤勇が時代を [続きを読む]
  • いよいよスタート
  • 山が彩りを添える季節になりました。さて、私も研究は続けて行きますがひとまず、大学院を修了いたしましたのでまた、すこしずつ本格的にお仕事を始動します。どうぞよろしくお願いします。祈歩?? [続きを読む]
  • 二重規範 ダブル−スタンダード
  • ダブル‐スタンダード(double standard)仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。二重基準の事を意味します。実は、この二重規範ダブル−スタンダードは常に女性達に向けられている事実があります。女性がタフで有能であればあるほど女性として慎ましくソフトな態度を求められます。男性がタフで有能で少々強引でも、受け入れられるのに何故でしょう。何故ならば [続きを読む]
  • ダンスで知る女の器
  •  amebaowndを始めたのですが、amebablogと連携出来ないんですよね。どうしてなのかしら?まあ、このことはラチがあかないから考えるのやめて、女性が思わず納得いくお話しを書いてみようと思います。もうそろそろダンスのメダルテストがあるので、練習に行っていた時なんです。素敵なマダムの個人レッスンの隣で、シャドウを地味にしていたところ!先生がマダムに「女性は男性と踊るときリードされていきますが、男性が思わず [続きを読む]
  • 触覚と感色と感触そして完食
  • お久しぶりです。気がつけば秋の気配が深まるばかりです。少し肌寒く感じる時も増えてきました。こういう時、あたたかいお茶でホッと一息つきたいもの。このあたたかさを身体で触覚として受診すると過去の膨大な学習経験から感触が形成され気持ちが喚起します。んーなんか、この言い回し論文みたい。簡単にいえばあたたかさを感じると過去の自分のデータから『あたたかいなー、気持ちが良いなー。』という気持ちが作られるというこ [続きを読む]
  • 過去の記事 …