のんちゃん さん プロフィール

  •  
のんちゃんさん: のんちゃんの働くママひとりごと
ハンドル名のんちゃん さん
ブログタイトルのんちゃんの働くママひとりごと
ブログURLhttp://ameblo.jp/rty694/
サイト紹介文毎日のお仕事や、子供の愚痴などなど綴ってます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2010/05/16 11:53

のんちゃん さんのブログ記事

  • ママが嫌いだった
  • ちーちゃんから、パパ派だった との告白ママはいつも怒ってて怖かったから小さい頃ママ嫌いだったそれにいつもいなかったしね。のんちゃんにも同じように思われてたのかな。自分で自覚がないけど、どんなママだったんだろう考えるとちょっと悲しいそんなじゃなければもっとのんちゃんといい関係を早くにきずけたのかな [続きを読む]
  • 中学の歴史の勉強
  • 子供の頃、明治以降の歴史をあまりきちんとやった記憶がない。だいたい最後のほうで駆け足で通り過ぎた。ちーちゃんの今年の歴史は明治からだ。今第一次世界大戦中。この頃の話は歴史であるのだろうが、それ以上に身近な事実な感がある今更だけど真面目に調べるととても面白いイギリスや、アメリカの考えが今に繋がるものとしてとても、興味深いても、学校の授業としては、とりあえず通り一遍理解しましょう [続きを読む]
  • 大人になってわかること
  • のんちゃんのつぶやき小学生のころわからなかった漫画の意味がわかるそこに心が反応するそられはせつなさ?悲しみ?なにを感じてるのかわからないけど、そんな風に大人を感じるのんちゃん自分が大人って感じたのはいつのことだろうまだまだいっぱいわかることがあるよ [続きを読む]
  • どうやったら5が取れる?
  • ちーちゃんは都立に行きたいだって私立は高いでしょ、という。ちなみにどのくらい高いの? 2倍くらい?というから、いや、倍とかそういう単位じゃなくて、とおよその額を話すと絶対 都立!と。そうしてくれれば有り難いけどねーどうかなーなんたって内申が5を取るって難しい。得意な教科であれば、そこだけ頑張ればいいけど、苦手な教科をどうやって・・・のんちゃんのときは、内申は諦めムードだったので、このたぐいは初めての経 [続きを読む]
  • レポートには歴史的背景を
  • のんちゃんから電話が。歴史とか全然わかんないんだけどー何?と聞くとレポートに、この時の歴史的背景を踏まえて書けって言うんだけど80年代のアメリカって暗い時代なの?日本はバブルでしょ?ぐーぐる先生に聞いたけどわからない!とそうだっけねーと思いながら調べるレーガンか、確か軍事費バリバリだった記憶だけあーイランイラク戦争か冷戦って言葉もこの当時かゴルバチョフねーと色んな記憶が駆け巡ったでも、のんちゃんの納 [続きを読む]
  • 小1の壁
  • 保育園生にとって小学生は結構大変だ一般にも小1の壁と言われ、学童終わりの5時や6時以降が取りざたされるが、のんちゃんのまわりのお友達でもいろんなことがあった。寂しいのでふらっと近くのスーパーに行きお菓子とか持ってきちゃう。盗んでるつもりはない。ひとりだからなんとなく。家の鍵を一人で開けるのが寂しくて、駅の改札で待つ子。親もすぐ帰れればいいけど、なにかと8時くらいになっちゃう。と、立って待っていられない [続きを読む]
  • 中3は辛い
  • 中学受験をした友達は、今年は単に中学最後の年来年度は高校部に上がるだけ公立中学生は、受験にこのタイミングで立ち向かう内申は、のんちゃんのときとはまた違う数え方だし、いろいろ変わってる。受験生という自覚はまだ薄いけど、一学期からしっかり成績をとらないと。でも、5ってどうやったら取れるんだろう。と頭を悩ませる [続きを読む]
  • 日本脳炎予防接種と熊本地震
  • ちーちゃんの予防接種に行ったすると、ワクチンが限られてるから、できません と。え?それはこっちも困るんですけど。ほんとに無いんですよギリギリの方だけ受け付けてるんです。日本脳炎の予防接種、わかる人にはわかる何年にもわたって何回にも分けてやる何回目かによって、あける期間も異なる。加えて、この頃にはもう他に予防接種が残ってないから、忘れるんだ。というのはずほらな私の言い訳で。二十歳の誕生日までまだあり [続きを読む]
  • 朝鮮学校は危険なの?
  • ニュースで 北の昨今の動きを受け、朝鮮学校への外国人学校補助金が、とめられるケースが増えているとのこと。私は朝鮮学校が北に偏った教育をしてるのかは知らない。でも、知ってる限りの朝鮮人は、普通の韓国人、南の人。朝鮮の歴史は難しいが、日本に住む朝鮮人の子供達がそんな危険思想を叩き込まれる環境かってのは疑問が残る。昔はチョゴリ風の制服が印象に残った気がするが、最近は結構普通のブレザーとかで、日本の学校と [続きを読む]
  • クラス替え
  • 子供達にとって春の大きな課題誰と一緒になるのか、先生は誰なのか春休みは 心配で仕方ないちーちゃんは、とても人懐こい子だけど、その分 人間関係が上手くいかないと悩みが深くなるのんちゃんは人見知りだけど、まわりの人間関係はどうでもいいわが道を行く、だ。どっちがいいのか どっちが大変なのか [続きを読む]
  • もういっぱい働いたし
  • 最近、ちょっと先輩女子のこんな呟きを聞く管理職になりバリ働いてんだけど、これで辞めたりした。もういいとこ五十路も超えたころ、まだ私立に受かったとこ、これからまだ長いよもうさ、定年までいたら?えーもう疲れたよ結構働いたよ気持ちは共感するが、旦那がたは、オトコがそんなこと言ったら殺されるよねと、困り顔片方自由業でも収入が入ればいいけど、この年まで会社員だった我らに、何ができるだろうねーと。そんな曲がり [続きを読む]
  • 在宅勤務
  • 働き方改革で、全社員在宅勤務可能になった企業も出てきてるらしい。管理する立場からすると、結構大変だわーというのが実感経験者のテレオペくらいならいいが、部下全員が顔を合わせることなしに業務を進めていくのは、かなり難しい顔を合わせてたって、 自分の立ち位置を主張するタイプのひとは、見えなくなれば、さらにエスカレートしがち。管理者が精神的に参りそうです [続きを読む]
  • 茶髪
  • のんちゃんは茶髪もともと茶色い高校で赤毛証明書を出せと言われたことがある。高校辞めてから、染めたいっていうんでさらに明るく染めたけど、何もできてない今もかなりの栗色。遺伝でおばあちゃんが茶髪だからだ。当時としてはこんな赤毛で恥ずかしいと思ったようだが不思議なもんだ。それがいい感じの色。それにしても今時、赤毛ってねぇ私もちーちゃんも濃茶これも遺伝? [続きを読む]
  • 外国で暮らしたことあるの?
  • 本社と電話をきった後、急にそう話しかけられた。え?なんでその質問? 今電話してたのきいてて、アメリカで暮らしてたのかなと思って。答えは、いいえ残念ながら、英語圏では暮らしたことないだいたいここで 興味を失うねのんちゃんにも、カッコよくない帰国子女、とばっさり学校は日本人学校だけど、英語は小学校の授業でやったし、通じないなりに他国の子たちとゲームもやったし、ハーフのアメリカンスクールの男子 [続きを読む]
  • アメリカのパンはサンドイッチ向き?
  • アメリカで食べるパンは、パサパサして美味しくない、と思ってた。日本のパンはフワフワで、繊維がすっと切れる。のんちゃんが初めてアメリカ2週間過ごしたとき、サンドイッチが美味しかったと興奮気味日本のわパンは美味しくないと散々なコメント。パンに味がありすぎて、ハムとか挟んだものの味が弱くなる、と。私は日本のパンが好きだから、全面的に賛成はできないが、サンドイッチに合う、と言われると確かにアメリカのサンド [続きを読む]
  • 入学式
  • 小学校は昨日だけど、今日は公立中高の入学式残念な空模様ではあるけれど、晴れやかな1日来年はちーちゃんは希望の高校で入学式ができますように。大学は、入学式の日はまちまちらしい1日、3日、今日もあり。 私立だからかな希望に満ちた新入生が眩しい季節 [続きを読む]
  • のんちゃんはパパに優しい②
  • のんちゃんからパパのLINEには、雪降ったよ、とかここ行ったよ、とか何気ない写真が送られてくるわたしには履修どうすんだ、とか旅行のアレンジ、とかお金いくら使っていいかとか、そんなビジネスライクのんちゃんの写真に目尻下がりっぱなしのパパわたしには、共感力が足りないってか? [続きを読む]
  • 初めての7センチヒール
  • 仕事のときの靴??は7センチヒールずっと大学の頃から、背の低さやバランスの悪さも勘案した選択だが、これですっかり慣れてしまってるだから7センチヒールなら走れるし、地震の時だってこれで歩いて帰った。ぺったんこ靴は逆に踵が低く感じて歩きにくいさすがにのんちゃんがお腹に来た時は周りに心配され、渋るわたしに友達が強制的にぺったんこ靴を買ってプレゼントしてくれた。ヒールも流行で低くなったり高くなったりするけど [続きを読む]
  • 北欧のマリネ朝食
  • もこみちが朝から、マリネを作っていて思い出した。デンマークやスウェーデン、どのホテルの朝食もマリネがあったよね他に何があったかは覚えてない。たぶん欧風のパンとかシリアルとか?の横にたっぷりマリネいわしとサーモンが取り放題酸っぱめだけど、美味〜そうか、マリネはきっとパンと合うのね [続きを読む]
  • それぞれの春
  • 春友人の子供たちも、この春卒業し社会人になる者、大学生になった者高校生になった者中学や小学校に入学した者 いろんな子がいる。遠い寮に入る子もいるし、自宅で次のステップに行く子もいる。大学に入ったから安心と思ってもなかなか学校に行くのも難しい子もいる。どこまでいっても心配。小さい時よりこの手放すまでの過程がホントに苦しいかもしれない。親も子も手探りだ [続きを読む]
  • 挨拶状
  • 転職したとき、挨拶状って個人に出すもの?そういう事に無縁で社会人生活送ってきた私にはカルチャーショックきっと、日本企業では当然なのかしら。いったい何枚刷ったんだろう。年賀状の比じゃない。 [続きを読む]
  • 昨日はプレミアムフライデー
  • いったい恩恵受けてるのは誰?ワイドショーで、プレミアムフライデーで早帰りする会社の特集してたけど、今のところ周りで聞いたことないアメリカでは、金曜の午後はほぼ皆帰りモードらしい。つい通常通り働いてしまう友人が部屋から出てスタッフを呼んだら誰もいないのよーとこぼしていた。プレミアムじゃなくてもフライデーは特別。でも会社のメンバーで呑みに行く日ではない。ファミリーとの週末の一部だ [続きを読む]
  • 新年度
  • 明日から新年度。ちーちゃんは新しい学年。会社には新入社員がたんまり入ってくる。新人研修の話題になり、やはり邦人企業出身は、3ヶ月くらいたっぷり研修を受けたって話を。外資のワタシは、1週間で部署に放り込まれた。何を習ったか?お辞儀の角度と、名刺の渡し方と、電話の取り方。そんなもんだ。いつのまにか昔話。 [続きを読む]