のんちゃん さん プロフィール

  •  
のんちゃんさん: のんちゃんの働くママひとりごと
ハンドル名のんちゃん さん
ブログタイトルのんちゃんの働くママひとりごと
ブログURLhttp://ameblo.jp/rty694/
サイト紹介文毎日のお仕事や、子供の愚痴などなど綴ってます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2010/05/16 11:53

のんちゃん さんのブログ記事

  • のんちゃん オタフク?
  • ミッドの間、頰が腫れてたのんちゃん。なんだろう、風邪でリンパが腫れたのかな?それ、多分おたふく風邪だよ。ということで、だからといって大事なテスト休むわけにもいかず、高熱もでなかったので、なんとか乗り切ったよう。大人がかかると重症になってヤバイんだって。ま、予防接種してたから軽く済んだんじゃないの?えー? 私大人なのかな、子供なのかな?って考えたとこで、まだ子供だから軽く済んだということで落ち着いた [続きを読む]
  • ママたちは呑みにいかない
  • ちーちゃんの部活ママ会。せめて顔通しくらい、と出席。専業主婦ばかりだから、仕事の話はご法度。ママがしみじみと、こんな風に乾杯するのって働いた時以来ほとんど無いのよね って私だってしょっちゅう呑むわけじゃないけど、でも、忘年会、暑気払い、送別会、歓迎会、その他個人てきなの、とまあ年にそれなりの回数は息抜きありあんなにしみじみ言われると、専業主婦は出かけないんだな、とちょっと罪悪感?会社飲み会は強制感 [続きを読む]
  • 春休み
  • ようやくミッドも終わってのんちゃんは春休み長距離列車で、街へ出ます。今回は南部の自然を観光しに行くらしいそこは私も行ったことがあるので、ちょっと嬉しいお友達の興味に付き合うのも思わぬ新しい発見につながるよね楽しい旅を [続きを読む]
  • SNSが上がらない
  • 最近 数日、のんちゃんのSNSは 動きがないこれが一番心配今ミッドなことは知ってる具合が悪かったことも知ってる。なので、元気になれば更新するでしょう待つしかない [続きを読む]
  • 育児休暇
  • 20年前、育児休暇は法整備が整って数年だったと思う。その7年前に出産した先輩は、産休後は欠勤扱いで数ヶ月休んだ。育児休暇中の報酬はたしか最大15%だった。子供が一歳になる誕生月までだった。今や、報酬の割合は増えているし、取得可能期間は長くなっている。最近どこかの記事でも読んだが、育児にもっと時間を使いなさい的な方針なのでは?と思う。違うと思うな、やるべき事 [続きを読む]
  • アジアのダイバーシティ
  • アメリカ人から見れば、どれも同じのアジアンのルームメイトフィリピン人の電話の長さと声の大きさに辟易してるらしい。フィリピン人あるあるでも、声の大きさは特徴的なようだ。そしてフィリピン英語。 タガログ語が混ざる。あるあるを読みながら、なるほどって行動が合致することはいっぱいあるんだけど、対策にはならない。こういう事、世界史で教えてほしかった。 とはのんちゃんの弁。ベトナム人の子はどうなの?と聞くと、時 [続きを読む]
  • 春休みってあるの?
  • 日本は春が学年の区切りだから休みだけど、アメリカってどうなのかしらそれに、のんちゃんの学校は二期制だから、年末と、6月が休みなので、春って休めるの?いちお、一週間は休みがあるらしい。気持ち程度ね [続きを読む]
  • 短時間勤務じゃなくたって
  • 数日前の日経の記事。時短という選択肢を取らずとも働ける環境。前もたぶん言ったけど、残業なく帰れるなら、時短は要らない。そういう選択肢を、考えてほしいと私も思う。お母さんが残業になった時は、お父さんがカバーしよう。それが無理なら、シッターさんでもなんでも、3つくらいは当日でも頼める先を手配しておこう。そういうことをちゃんと話せるパートナーを持とう。以前の会社の秘書さんで、子供が小さいころは、シッター [続きを読む]
  • スクールアドバイザー
  • のんちゃんは、どの科目を取るかアドバイザーに相談してたでも、いろいろ難しくて四苦八苦しながら選んでたこないだ新しいアドバイザーと話ができたそうだ。彼女はちょっとスペイン訛りで、通じるかなって不安だったけど、とても親身に親切に教えてくれたとのこと。のんちゃんは、カレッジの後、ユニバーシティに編入したい。だから、どうやって効率的に、単位を取るかが課題だ。ほかの州にいってもトランスファーしやすい単位もア [続きを読む]
  • 抱っこひも、で、お出かけ
  • のんちゃんたちが 赤ちゃんの頃、抱っこひもは、お尻を支えるバッテン系が、主流だった。まだ 首の座らない赤ちゃんを抱っこできるのは殆どなく、A型ベビーカーでのお出かけがメインだったそんな悠長なこと言ってられない我が家はカンガルーなんとかっていうすっぽり赤ちゃんを包み込める抱っこ袋を仕入れて使ってた今時は、頭を支える布がついてる商品が多いよね。羨ましい。 [続きを読む]
  • バレンタインもホワイトデーも 友チョコ
  • 今時は友チョコ全盛。ちーちゃんも、バレンタイン前は大変だ何を用意する?何個用意する? で、誰まであげる?包装はどうデコる?で、去年力を入れ過ぎて お返しが思ったほどでなくちょっとがっかりしたので今年は軽くこれなら、お返しがなくても 落ち込まない、とのこととはいえ、お友達も凝ってる去年はトリュフとかキット系が結構あったけど、今年は、クッキー、ケーキ、シュー、と様々メッセージやデコりも時間かけて。まだ中 [続きを読む]
  • バレンタインもホワイトデーも 友チョコ
  • 今時は友チョコ全盛。ちーちゃんも、バレンタイン前は大変だ何を用意する?何個用意する? で、誰まであげる?包装はどうデコる?で、去年力を入れ過ぎて お返しが思ったほどでなくちょっとがっかりしたので今年は軽くこれなら、お返しがなくても 落ち込まない、とのこととはいえ、お友達も凝ってる去年はトリュフとかキット系が結構あったけど、今年は、クッキー、ケーキ、シュー、と様々メッセージやデコりも時間かけて。まだ中 [続きを読む]
  • 三つ子の魂
  • よく聞く言葉だが、だから、お母さんが3つまでは側にいて育てる、みたいに使われることが多いそれについては異論ありだが、子供の性質は3つのときと大きく変わらないのでは、とは思う。のんちゃんは、3つのとき、自分のやりたい事を回りと関係なくトツトツとやり続ける子供だった。中学や高校の頃、あの粘り強いのんちゃんは何処へ、と悲しく思ったがいまののんちゃんから見えるのは、あの頃の姿あの頃と違うのは回りに働きかけが [続きを読む]
  • ママ達の年齢層
  • のんちゃんの保育園時代、ママ達は、ほぼ2.3年上で、2人目、という構成だった2人目なのも、年齢のこともあり、いろんな情報をもらって参考にさせてもらったのんちゃんが卒園するころ若いママ集団が保育園の門あたりにタムロってるのを見て、次の時はみんな年下ママかしら、と不安になったところが、ちーちゃんの保育園ママは、なぜかまた年上が多い。2.3年。と、ママの年代は変わってないのに、それも第一子ばかり。簡単に数える [続きを読む]
  • ヤマトとアマゾン
  • 昨今の宅急便話本当に驚くほど便利な日本の宅急便日本らしく サービスはここまで必要?ってくらい整ってる我が家も、ほぼ再配達になるだいたい、1回目は、午前中に配送される。誰か受け取る人がいることが前提なのだろう私見だが、届ける日を登録できたらいいのにと思う。今設定されてるお届け案内に、その機能はあるのかしら。ヤマトは、何度も配達してくれる。再配達案内に応えなくても、翌日また配達してくれる。なんども再配達 [続きを読む]
  • 働くパパ②
  • 最近はパパコミュニティも結構増えてんじゃないかな、って思うだから学校に関わることは、パパだって参加できるようなそんな仕組みにすればいいのにPTAだって時々パパ参加はあるけど、基本商店街の会長やってるとか、自営業タイプじゃなくてサラリーマンのパパだって子供のことに積極的に関われるスケジュールを見直した方がいいま、PTAというものを、まるごと否定しちゃうことになるかもしれないけど、形式変えても、考えるべきと [続きを読む]
  • 働くパパ
  • 働くママの話題はよくマスコミでも 見るが働くパパの話ってなかなか出てこないでも、ここが大事だと思うよねママだけで育てるんじゃないパパは半分分担しないとそして、仕事も。そうしないと、何にもみえてこないよパパはほとんど働いてるでしょパパがどう関わるかで、ママだって頑張れる頑張ろう夫婦だけでなくいろんな周囲の力も借りてじゃないと、家族は育たない [続きを読む]
  • 移動は走って
  • とにかく、私は走る移動時間は1秒でも減らしたい仕事をしてる時間子供たちと過ごす時間人と会う時間その間は全部ワープしたいよく保育園ママたちと どこでもドアが欲しいねと真剣に話したものだだから走る職場から保育園のお迎えも分刻みだった何時に職場を出る、便利な駅までタクシーで何分乗り換え時間も全部把握最終的に地元の駅に7時23分着保育園まで、5分7時半までの延長保育にギリ電車が少しでも遅れたらOUTだ職場でも、走る [続きを読む]
  • 働き方改革って
  • 新聞やニュースで伝えられる働き方改革ブラック企業が取り沙汰され就職活動の子たちのインタビューは、残業がなくて土日休みのとこ、というのがクローズアップされる働き方改革は、働かないという選択肢ではない残業は無意味にする必要はないが、定時退社が 就職の一番の優先順位になるのなら、働くことの達成感は得られないだろう長時間労働を推奨するのではないが、ただ 日本人が働き過ぎということで、時間だけをしばれば、まる [続きを読む]
  • スウェーデンのオフィス家具
  • スウェーデンのオフィスに行ったとき驚いたこと休憩も仕事も、みんないろいろな姿勢で過ごしている事オフィスの机は上下でき、ある時は椅子に座りある時は立って 仕事をする休憩場所ではソファ やダイニングテーブルバーのフロアにあるような 高い丸テーブル などなどその場面や身体の状態に応じていろんな姿勢で 過ごせるなんで、と聞いたら同じ姿勢は良くないでしょ特に仕事は立ってやるほうが身体にはいいのよと。日本にはない [続きを読む]