昔の映画 さん プロフィール

  •  
昔の映画さん: 昔の映画を見ています
ハンドル名昔の映画 さん
ブログタイトル昔の映画を見ています
ブログURLhttp://mukasieiga.exblog.jp/
サイト紹介文最近見る映画見る映画が傑作快作率が高い、フィルムセンター、ラピュタなどの感想駄文書いてます
自由文昔の映画(日本映画メイン、時々外国映画)を名画座やDVDで見て、その感想かいてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2010/05/16 22:28

昔の映画 さんのブログ記事

  • エルンスト・ルビッチ特集を新設
  • 初の外国監督のカテゴリと、なります。 いま渋谷シネマヴェーラにて、ルビッチ・タッチⅡ 2017/04/22 〜 2017/05/19 (渋谷シネマヴェーラHPより)エルンスト・ルビッチ Ernst Lubitsch(1892-1947)ベルリンの洋服屋の息子として生まれる。16歳で高校を中退して舞台俳優となり、その後映画俳優へと転身。1914年に『シャボン玉嬢』で監督デビューし、多くの短編映画で腕を磨いた後、長編映画に進出。『牡蠣の王女』などの傑作コメ [続きを読む]
  • 民進党いわく「支持率落ちた!日本死ね!」
  • もはや泡沫民進党の支持率が各種世論調査で6〜7パー。 一度は政権党だったものを、落ちも落ちたり。 消費税以下。もはや民進党には本体価格はないのね(笑)。 日本より中韓ファーストの民進党の皆さん「支持率落ちた!日本死ね!」と言ったとか言わないとか(笑)。 さて、複合商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」のオープニングイベントに出席した安倍首相と東京都の小池百合子知事  Photo By 共同悪ノリ安倍 [続きを読む]
  • 鈴木清順追悼が4月〜7月まで4か月も!どんとしんく、ふぃーるザ清順!
  • わが最愛映画監督の追悼上映が池袋と神保町で時間差開催! しかも日活と三社すり合わせをした模様。どうやら一本も重複していないようだ。 数作個人的に好みでない(笑)映画もあるが、全作きわめてクレイジーに歪んで、クレイジーにカットんで、クレイジーに面白くて、クレイジーに素晴らしい。 清順未体験者は、ゼヒゼヒ名画座に通うべし! というのも、清順はシネスコの画面すべてに情報と情緒を埋め込む。 シネスコ画面の右 [続きを読む]
  • 隠れ大快作「豚と金魚」で爆笑せよ!
  • こんなに面白いのにこの6年再映されなかった、あのウワサの快作が再びラピュタ阿佐ヶ谷にて上映される! わたくしメだけでなくなご壱さんもお邪魔ビンラディンさんも絶賛する、この隠れた大快作にゼヒゼヒ駆けつけてちょーだいっ!豚と金魚 (ラピュタ阿佐ヶ谷HPより)5月14日(日) 〜20日(土) 1962年(S37)/東宝/カラー/92分■監督:川崎徹広/原作:梅崎春生/脚本:松木ひろし/撮影:小泉福造/美術:河東安英/音楽:中村 [続きを読む]
  • ベスト・オブ珍品・怪作の谷ほんとうの怪作はなんだ
  • ベスト・オブ傑作・快作の森をこの前選んだが、今度は当ブログの特集(カテゴリ)珍品・怪作の谷からベストテンを選んでみよう。 とは言っても、傑作・快作の森は99作あったが、珍品・怪作の谷は22作しかない。 なまなかな低調作は単なる駄作凡作なのであり、よっぽどのクレイジーでない限り珍品・怪作は出来ない。 つまり傑作・快作を作るより珍品・怪作を作る方が難しいということか(笑)。 なおお断りしておくと、これは、わた [続きを読む]
  • 爆笑!面白い!報道特注(右)辻元清美石原慎太郎小池百合子
  • いやア面白いなあ!大爆笑!報道特注(右)【偏向報道の真相&生田よしかつ決意表明SP】有本香 足立康史 和田政宗がメディアの真の姿を解き明かす そして堪忍袋の緒が切れた!生田よしかつが小池都知事に… 小池百合子の都知事選で、応援の先頭に立ったという、例のグリーン部隊(小池カラーのグリーンを一点つけましょう、という)が、実は共産党主導という噂は、本当なのか(笑)。 どうやら小池百合子は、自民党党籍を残しつつ、 [続きを読む]
  • 面白い!三遊亭歌之介!ヒューヒューヒュー!
  • 面白い!落語的端正さと、日本的スタンダップコメディアンの融合か。 最近はじめて知ったのだが、これはなかなかいいなあ。2016新春スペシャル 初笑い!歌之介ごあんど落語「母のアンカ」 三遊亭歌之介 後半 三遊亭歌之介の名作「母のアンカ」なんか一言もないのに、このタイトルは何(笑)。三遊亭歌之介「B型人間」★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併 [続きを読む]
  • いやア面白いなあ報道特注(右)森友問題
  • 名言だあ!民進党は「詰め将棋」ができない!! 民進党がしつこいくらい何度も何度も安倍首相を責めても、事態が一向に進展しない。 停滞の一語。 そうか、民進党は「詰め将棋」ができない、これだったんだねー。 民進党は与党としても失格だったけど、野党としても失格じゃん。報道特注(右) 【森友学園の疑惑SP】民進党の新たな天敵 丸山ほだか初登場!!民進党・共産党の印象操作では真実にたどり着けない!! 朝鮮学校 朝日 [続きを読む]
  • 野田幸男「不良街」松方弘樹菅原文太谷隼人山城新伍有吉ひとみ
  • いまいちヌルいハンパなコメディ調やくざモノ。72年、東映 池袋にて「追悼 松方弘樹 演じた! 作った! 撮った! 映画をこよなく愛した最後のスター」特集。 そもそも親父の方は大好きなのだが、ぼくにはどうも、松方の良さが、ワカラナイ。 新人の頃は、チャラチャラとした若造で、まあ、アイドル的といっていえないこともない程度。本作のころの青年期は、まあどうでもいい感じで、ぼくのセンサーには、引っかからない。 実録 [続きを読む]
  • ベスト・オブ傑作・快作の森ほんとうの傑作はなんだ(本選)
  • さらに、減らしていく。佐伯清「色事は俺にまかせろ」上原謙高峰三枝子風見章子田崎潤深作欣二「資金源強奪」欣也梅辰室田川谷喜和子明香松方山城名和今井天津敏江崎実生「七人の野獣 血の宣言」石田民三「花つみ日記」高峰秀子鈴木英夫「その場所に女ありて」司葉子中平康「あした晴れるか」いづみ裕次郎田坂具隆「陽のあたる坂道」山内鉄也「忍者狩り」野村浩将「野戦看護婦」野村芳太郎「張込み」曽根中生「?極楽紅弁天」福田純「血 [続きを読む]
  • ベスト・オブ傑作・快作の森ほんとうの傑作はなんだ(予選)
  •  当ブログの特集(カテゴリ)の一つに、傑作・快作の森というのが、ある。 いま現在、99作品が登録されている。 これからベストテンを選んで見ようという、まあ酔狂ですな(笑)。 しかし日本映画の傑作・快作は、おそらく何百作もあるだろうに、なぜ99作なの? と、疑問に思わる向きもあろう。 まず、それについてエクスキューズしたい。1 まず、当然ながらすべての傑作・快作を、一個人が、見切れるわけはない(笑)。2  [続きを読む]
  • これが森友学園問題の真実だ
  •  そもそも小学校を、私立で作るということが、反時代的なことではないのか。 少子化の現代で、どう考えても儲けのない/少ない学校を作ろうなんて、その意図はともかくとして、明らかに希少な発想ではないか。 こんな希少な人は自治体としても、応援するのは当然ではないか。 国有地とか私有地とか問わず、それなりの広大な土地は、デフレの現在では、活用しようとする個人、企業は、少ない。 いまイメージとしては、広大な土 [続きを読む]
  • 安倍昭恵フリーダムだなあ(笑)
  • アベシンゾー(ニセ)VS安倍昭恵(本物)対談,ザニュースペーパー飛べサルバドール(H29.1.6)福本ヒデ/安倍晋三&麻生太郎暴言・失言・ギャグ連発!麻生太郎・副総理が演説会 2014 12 03麻生太郎さん神演説!麻生節で爆笑の嵐! 本当に面白い!「国を守る」神回 民進党 蓮舫にはできない演説松村邦洋のモノマネオールナイトニッポン!「貴乃花親方・野村克也・渡部篤郎・小泉純一郎・安倍晋三・麻生太郎・津川雅彦・西田敏行・木村拓哉」 津川雅彦の声 [続きを読む]
  • 瑞穂春海「すれすれ」川口浩弓恵子川崎敬三宮川和子
  • 期待外れの大凡作。60年、大映東京。 神保町にて「生誕百五十年記念 文学を映画で愉しむ−夏目漱石と日本の文豪たち」特集。 ハンカチ・タクシー(どうやら白タクのことらしい)という、なんだか確実性のない仕事で、それなりに日銭を稼ぐ川口浩と川崎敬三。 ということで、イロイロな客との、細切れのエピソードが、団子状態で、展開する。 このエピソードの、ほとんどが、詰まらない。ぬるい脚本に、だるい演出。7. すれす [続きを読む]
  • 松林宗恵「天國(天国)はどこだ」津島恵子沼田曜一木村功原知佐子金田正一
  • なんじゃあこりゃあ。56年、新東宝。 渋谷にて「玉石混淆!? 秘宝発掘! 新東宝のディープな世界」特集。 ひどさもひどし。 例えば某ツイッターでは、####@#### 5時間5時間前松林宗恵『天國はどこだ』。泥酔した木村功が、沼田曜一に悪態をついた後、左隣の津島恵子にしなだれかかり、甘ったれた口調で弱音を吐いて膝に顔をうずめる、さりげないパンによる長回しは演出・撮影が一体化した名人芸。お化け煙突が見える干 [続きを読む]
  • 大阪モノレール スゴいなあ!超絶美技!
  •  外国人もびっくりだが、ぼくもびっくり。 特に通過直前の転換は、もっと早くやれよ、と(笑)。大阪モノレール 万博記念公園駅 分岐器(元記事)海外「日本に勝つのは諦めた」 大阪のモノレールの構造が凄すぎると海外で話題に(【海外の反応】パンドラの憂鬱 より)今回は、海外ネットで大反響を呼んでいる、大阪モノレールの話題から。大阪モノレールは豊中市の大阪空港駅から門真市の門真市駅を結ぶ路線で、大阪国際空港(伊 [続きを読む]
  • 阿部豊「青春怪談」宇津井健安西郷子上原謙高峰三枝子
  • なかなか面白いラヴコメだが。55年、新東宝。 渋谷にて「玉石混淆!? 秘宝発掘! 新東宝のディープな世界」特集。 おばさんになっても可愛い、おばキュート(笑)な高峰三枝子と、軽いコメディ演技も何のそのの美中年・上原謙の、美中年カップル。 戦前松竹メロの花形同志であり、のちのフルムーンコンビ。 ただ上原が宇津井を評して「あんまり美青年すぎる。美貌の男なんてろくなもんじゃない」(大意)というのは、小笑いしたが [続きを読む]
  • 鈴木清順VS宮崎駿「ルパン三世」をめぐる歴史的対立!?
  • 巨匠同士の名対決か(笑)。これは面白い(笑)。 追悼・鈴木清順監督/ルパン三世に敗れた職人監督 mixiユーザー(id:1846031)さんの文章は、あまりに長文なので全文引用しないが、以下抜粋引用します。  ぼくの技術力では、直接貼り付けられなかったので(笑)全文はタイトル検索で見つけてください。 なお『ルパン三世』第1シリーズは、当時まだ子供だったぼくは第1回から見ていて、そのアダルトな作風のアニメに大興奮したもの [続きを読む]
  • 青柳信雄「愛の砂丘」島崎雪子高島忠夫滝沢修田村秋子
  • 楽しいほのぼの大快作家庭劇。53年、新東宝。 渋谷にて「玉石混淆!? 秘宝発掘! 新東宝のディープな世界」特集。 ごく近い近所の二家庭の、家族ぐるみの交流、そして、それぞれの家族の、息子と娘の恋を、ほのぼの、つつましやかに、描く。 あやしげな大蔵貢新東宝になる前の、つつましやか?新東宝の、佳作良編。ああ、いいなあ。『愛の砂丘(デジタル)』公開:1953年 (渋谷シネマヴェーラHPより)監督:青柳信雄出演:滝沢修 [続きを読む]