orion12 さん プロフィール

  •  
orion12さん: 『クリアー整体ヒーリング』です
ハンドル名orion12 さん
ブログタイトル『クリアー整体ヒーリング』です
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/orion12-clear/
サイト紹介文クリアー整体ヒーリングというものをやっている者です。癒しやちょっと不思議な話など書いております
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供398回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2010/05/17 11:29

orion12 さんのブログ記事

  • 髪の毛に憑いてくるモノ
  • 髪の毛というのは当然ながら頭にあります。 頭というのは中に脳みそが詰まってます。 言うまでもなく人間にとってなくてはならない器官がそこにあるのです。 大事なところだから毛が生えてるってことでしょう。 基本人間の身体で毛が密生している場所というのは守らなければならないところだということです。守るための道具が毛なのです。 だとするならば毛というのは一般に考えられている以上に大切なモノなの [続きを読む]
  • このブログを書くにあたっての心持ち
  • 自動車を運転される方なら誰でも免許証の更新に行かれたことがあるでしょう。で、更新手続きの際は人によってというか違反の状況によって時間の長短はあっても講習を受けさせられます。 講習の際は交通安全に関するビデオを見せられるのです。 そのビデオには大体悲惨な事故の実例が再現されていたりします。 警察は何故そんな悲惨な事故の実例を免許更新をする者に毎回見せたりするのでしょう?単に怖がらせて脅しつける [続きを読む]
  • 所謂『インスタント』とヒーリングのコツ
  • 最近は特に「何時でも何処でもどんな場合でもその場で単純明快な答えを求める」という『インスタント』な在り方を良しとする風潮が世の中の主流になって来ているように感じます。 テレビのお笑い番組で例えればシチュエーションなんて関係なく「とにかく出てきて3秒でドカンと笑わせなくちゃダメなんだよ!」みたいなね… 一言でいえば何事も『手っ取り早いこと』を優先させる発想で [続きを読む]
  • 想像力は思いやりの糸口です
  • 人間というのは本質的に無知な生き物です。 人間ごときが何でも分かるわけがないのですから当たり前です。 でも、知らない部分は何かで補わなきゃなりません。 その何かとは簡単にいえば想像力です。 ここでいう想像力とは知らないなら知らないなりに一生懸命察したり慮ったりしようとする心の働きのことです。 [続きを読む]
  • ヒーリングは『サシの関係性』で成り立っています
  • 以前にこんなことを書きました。ヒーリングというものを考えた場合やっぱりどこまでいっても『一対一』のものだと思うのです。相手と自分の『一対一』の関係性において成り立っているということです。その相手というのが、ヒーリングしている目の前の人であれ浄化すべきエネルギー体であれね。 癒しとは楽になることです。ヒーリングとは楽になることをお手伝いすることです。 ヒーリングは一方にヒーリングする者が居て、片 [続きを読む]
  • ヒーリングする心と不確実性の世界
  • この世とはある意味マヤカシだらけの世界です。 マヤカシだらけの世界とは裏返して見れば『もっともらしさ』を競う場です。 出来のいいマヤカシは八分くらいの本当の中に二分の大きな偽りがさりげなく混ぜ込まれているのです。 そうすれば、その本当に目が眩んで偽りがもっともらしく見えるからです。 これもホント! それもホント! あれもホント! と来て最後に肝心なウソでドーンと落とすわけです。 と [続きを読む]
  • 木々の『ご機嫌』について
  • 木の話を出たので続けて書いてみます。 先だって故あって明治神宮に行くことになりました。ウン十年ぶりに山手線に乗って原宿初上陸となりました。 田舎者のおっさんには似合わない街でした(笑)てか人多すぎです(~_~;) とはいえ目指すは明治神宮本殿のみでございました。外国人比率高めの参道を黙々と歩いて行ったのです。 何より木がたくさんで爽快でした。木々が機嫌よくそこをいる感じが気持ち良かったで [続きを読む]
  • 木は『ネットワーク』で繋がっているという話
  • 「危険!危険!みたいなキッツい話ばかり書かないでください」というご指摘を最近いただきましたので、ユルめの話もたまには書いてみようかなと思います(笑)まぁ、本人はこれでもバーモントカレー (甘口) 並みにスウィートな感じで語っているつもりではいるんですがね…エグいところは敢えて端折ってるところもたくさんありますしね… とはいえ「スパイシーなのはダメ!」って方もいらっしゃるのでしょう。今回は出 [続きを読む]
  • 分かったつもりになるほど『マヤカシ』に呑まれるんです
  • 以前にこんなことを書きました。 幾ら卓越した霊能者であったとしても霊界のすべてを見通せていると考えるのはあまりに無理があります。卓越した天文学者であっても宇宙のことをすべて知らないように… 「知ってることもあるけど知らないことだってあるよぉ〜」って感じじゃダメなんですかねぇ。 兎に角そちら方面の方々って何故か『自分は何でも解ってるんだぜ』光線を出しまくりな人が多いんじゃないかな〜という気 [続きを読む]
  • 人は変わるものです (実体験篇)
  • 取り留めもない話です。 以前にも書いたことがありますが、サラリーマンを辞めた後整体師になろうと思いました。とある方に弟子入りして施術を習ったのです。 少しの間その教えていただいた方の主宰する整体院に勤めていたことがあります。 その時に自律神経失調症とかにも対処出来るように勉強しなさいとお話がありました。 とりあえず本を買ってきて読んでみたのです。結局自律神経失調症というのはメンタルな問 [続きを読む]
  • コダワリと頑固と波動のレベル
  • コダワリとは何かをギュッと握りしめて或る一点に留まり続けようとする心の動きです。 コダワリはある種の安定と安心をもたらします。 ただ、一方コダワればコダワるほど心は重く澱みやすくなります。 コダワった心の場所に踏ん張って無理に動かないようにするからです。 それを一言でいえば頑固と呼ぶことが出来ます。 [続きを読む]
  • 所謂『霊能力』と分かったつもりになる危うさ
  • 普通の人が眼に見えないモノが見えているという方がいらっしゃいます。 所謂『霊能力』があるという方々です。 その人には確かに何か見えているのでしょう。 見えていることを否定するつもりは全然ありません。 ただ、見えてるモノが何時も真実とは限らないのです。 というかそれぞれの知識や理解の範疇でしか認識は出来ません。 見えているモノがソレ [続きを読む]
  • 新しいカミサマと流行り廃りのスピリチュアル
  • その時代を生きてる人間の都合によって宗教的な儀式や世俗的な慣習など は次から次へ変わってきたということをこの前申し上げました。 それは単に一個人の思想信条の問題に限定されるものではなく、社会的な構造自体が変化してきたということです。 社会的な構造の変化は当然個々人の精神文化の変化へと繋がってきました。 しきたりや風習もそれによってどん [続きを読む]
  • 憑依の連鎖
  • 所謂『憑かれる』といってもオカルト映画みたいな誰でも分かるド派手な怪奇現象が起こるなんてことは滅多にありません。 もし起こったとしても随分状況が進行した段階でのことでしょう。 最初はその人の内側からジワジワとゆっくり浸食されていきます。 浸食された部分は自分では無いモノに差し替えられていくのです。 [続きを読む]
  • 人の心の自由になる部分と操られてる部分
  • 人の心の動きというのは想像以上にその人のその時の顕在意識以外のものに操られていることが多いものです。 ここでいう顕在意識というのは現在なら現在時点でその人がハッキリと自分自身で認識出来て、しかも自由に変更可能な心の部分のことを指します。 操られているとすれば当然そこのところは自由に変更は出来ません。 その自分でも自由にならない心の部分っていうのが少なくとも全体の [続きを読む]
  • 心を硬くすると波動のレベルは下がります
  • 波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ〜ンと重くてジトッと暗いのです。 別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。 前に波動のレベルが高い人ほど『まっ、いっかぁ度』が上がるという話を書 [続きを読む]
  • スゴくてスペシャルな所謂一つの『スピリチュアル』
  • 所謂『スピリチュアル』ってのは「人間という種族に対する万能感が半端なく強いんだろうなぁ」と感じるのです。 万能感というとちょっと言い過ぎかも知れませんね。そうですねぇ、「俺たち人間はきちんとスピリチュアルな理解を得られさえすればテクニカルに何でも出来ちまうんだぜ!」みたいな感じと申しましょうか… 何処かそういうニオイを漂わせているのが所謂『スピリチュアル』な人達だと思っています。 あ [続きを読む]
  • 波動のレベルが上がるとそれだけ『健康』に近付きます
  • 以前にも書いたことがあるかも知れませんが、私は小さい頃はひどく身体の弱い少年でした。 しょっちゅう熱を出して学校とかも休んでた気がします。 直ぐ風邪を引くし、お腹も直ぐこわすような子どもでした。 健康優良児とはどう考えても真逆の虚弱体質ってヤツです。 まぁ、遥か大昔と言ってしまえばそれはそうなんですが、振り返ると人間変われば変わるもんだと感じてしまいます。今じゃ「ムダに丈夫だから〜 [続きを読む]
  • 『上から目線』のスピリチュアル
  • ヒーリングなんてしておりますと「分かったことは何でも教えてください!」みたいなことをおっしゃる方が時々いらっしゃいます。どうもこちらのことを「すべてお見通しなんでしょ!」って感じに思われるらしいのです。 ハッキリ申しますが「そんなことは全くありません」です。 私は霊能者ではないですし、黙って座ればピタリと当たる占い師でもありません。 何かが耳で聞こえるわけではないし、肉眼で何かが見えるこ [続きを読む]
  • 宗教的な慣習の変化と所謂『霊障』の関係
  • 何だか墓参りや神社詣でなどの世俗的な『風俗習慣』をことさらスピリチュアルに解釈して、単なる風習以上のものとして意味付ける方が時々いらっしゃいます。 実際にそういった行為のあれやこれやを眼に見えないチカラを発揮し得るスピリチュアルな一種の儀式として語られるわけです。 もちろんその人なりの価値観を持つことは自由です。 ただハッキリしているのは人の死 [続きを読む]
  • 「封印を解くのを良いことだ」と思う人の心理について
  • スピリチュアルな世界では「封印を解除する」というようなことが流行りなのでしょうか?ブログなどあちこちでそういった言葉を拝見いたします。 で、拝見した限りではどうも『封印』っていうのが基本ネガティヴなイメージで捉えられているみたいなのです。 良いものとまでは言わなくても必要があってそう為されているという話はあまり聞きません。とにかく『封印』は良くないので解くものって感じです。 もちろん価値観は [続きを読む]
  • 『意識高い系』とスピリチュアル
  • 意識高い系という言葉を最近知りました。知ってる人からしたら今さらなのかも知れませんが…(笑)(引用はじめ)意識高い系"とは、元々はネットスラングで、インターネットで自分の経歴や人脈を過剰演出し、パッと見はスゴい人のように思えるのですが、実際の経歴や活動は大したことない人々のことを差します。 特徴やたらとプロフィールを「盛る」全ては自己アピール意識の高い発言を連発人脈をやたらと自慢、 [続きを読む]