orion12 さん プロフィール

  •  
orion12さん: 『クリアー整体ヒーリング』です
ハンドル名orion12 さん
ブログタイトル『クリアー整体ヒーリング』です
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/orion12-clear/
サイト紹介文クリアー整体ヒーリングというものをやっている者です。癒しやちょっと不思議な話など書いております
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供400回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2010/05/17 11:29

orion12 さんのブログ記事

  • 風邪と健康と波動のレベル
  • 波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ〜ンと重くてジトッと暗いのです。 別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。 ヒーリングすることによって何が変わるかというと当然心身の不調の改善な [続きを読む]
  • 天使と悪魔と眉に唾
  • この前こんなことを書きました。 「絶対悪としての戦争を望む一部の人々」と「そんなことは考えもしない大多数の全く善良な人々」って対立軸を設定することでその先にもう進めなくなるからです。 その先に進めなくなるっていうのは『思考停止』になるってことです。 特に所謂スピリチュアルな世界にはその手の思考をする人が少なくない気がし [続きを読む]
  • 所謂『ラリった状態』とコンプレックスの関係
  • 以前にこう書きました。 「周りの人間より自分は本質的に優っているんだ!」という根拠のない優越感とその優越感ゆえに「自分は無知蒙昧な人間を啓蒙していいんだ! いや、むしろ啓蒙すべきだ!」という傍迷惑な使命感が湧き上がってきたります。 私はそれを『ラリった状態』と呼んでいます。 『ラリった状態』の人は他人に対してはア [続きを読む]
  • 所謂『陰謀論』と自分を脇に置いとく考え方
  • 世の中には陰謀論的なモノの見方にハマってしまう方が大勢いらっしゃいます。 ここでいう陰謀論的なモノの見方とは「歴史の流れの大枠はフリーメイソン?みたいな闇の勢力によって意図的に作り上げられているのだ!」というような考え方のことです。 そういう考え方に無闇にハマってしまうと『都合の良い事実』にばかりに目が行くようになります。 ここでいう『都合の良い事実』とは自分の考えた [続きを読む]
  • 波動的のレベルといざという時の『勘』
  • 波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ〜ンと重くてジトッと暗いのです。 別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。 波動のレベルについて上記のような非常に感覚的なことを何度も繰り返ししつこく書くのには意味があります。 誰であれ最終的に頼りになるのはその人 [続きを読む]
  • ヒーリングに必要なのは『事実を事実として認識する感覚』です
  • 以前にこんなことを書きました。 例えば『現実に犯罪が多発しているのを事実として認識すること』と『現実に多発しているのだから犯罪はあって当たり前と思うこと』は全く違う話です。 実際に犯罪はあるけど、あくまでもないのが理想の姿であり、そこに向かって努力しているのが『現実』です。 置き換えると『現実にネガティブな感情が自分を含めて人間には存在していることを単に認識すること [続きを読む]
  • 日本の波動と所謂『大和魂』の復活
  • この国にはチャイナ・コリア・インド・アメリカ・ヨーロッパ等世界のあちこちから様々な波動エネルギーがリアルタイムでやって来ま す。 物の怪やオニ、式神などなど多種多様なモノがです。 また所謂『呪詛』も存在します。 ここでいうところの『呪詛』というのは「誰かに対してエネルギー的に眼に見えないカタチでネガティヴな影響を与えようとする方法または手段の全て」とお考えく [続きを読む]
  • 先祖だからって必ず子孫に関わるとは決まってません
  • 「お盆だのお彼岸だのという世間一般で広く行われている宗教的な『風俗習慣』っていうのは 結局生きてる人間の都合によって決められてきたものだ」ってことをこれまで書いてきました。 実際時代や地域によってコロコロと変わってきてますしね。 別にそれが悪いっていうんじゃありません。 生きてる人間のための行事なんですから現在進行形で生きてる人間が決めればいいんじゃないでしょうか。 [続きを読む]
  • 所謂『式神』と人を『物』と見る呪術
  • この前「人間が亡くなったら脳みそが使えなくなるので思考能力も無くなる」っておっしゃる方の話を書きました。その人によると「人が死ぬと生きている時の記憶だけが保存されたパソコンのメモリーみたいなモノになる」らしいです。或いは生前に撮ったフィルムに残った映像みたいなモノかも知れません。 前回の話の中で「火葬されると中身の一部は体とともに焼ける」って内容がありました。これも似たような話だなと思ったのです [続きを読む]
  • 「亡くなったヒトに思考力はない」とかいう話
  • 前回こういう風に書きました。 所謂『成仏』してない人というのは生前の刷り込みとそれに基づく条件反射でほぼ動いているのではないでしょうか? 「死んだらお墓に行かなくちゃ!」とか「仏壇に居なくちゃ!」とかでズルズルと動くのです。 とはいえそれだけが全てとは限らないです。 それだけというのは「生前の刷り込みとそれに基づく条件反射」だけっていう [続きを読む]
  • 所謂『天狗』についての独断と妄想
  • この世界では膨大な数の思念が一カ所に集まり凝縮することによって新たな別のエネルギー体を生み出すということが実際にあり得るのです。 例えば強烈な怨みのエネルギーがたくさん結び付けば『怨みの精霊』のような新たなエネルギー体に生まれ変わります。 あたかもポイントカーくドにポイントがMAXに貯まって何か新しい賞品に変わるように… 私はそれを『物の怪』と呼んでいます。 まあ、一般的な言 [続きを読む]
  • 感覚を磨くには先入観をむやみに増やさないこと
  • 波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ〜ンと重くてジトッと暗いのです。 別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。 正直この世界には穏やかで温かいものより荒々しく冷たいモノが圧倒的に多いのが現実です。 つまり、波動のレベルの相当低いモノがそこら中に氾濫し [続きを読む]
  • ヒーリングを行うことの『波動的な』メリット
  • 相手のことを考えないのは自分のことしか見てないからです。自分のことしか見てないのは心に余裕がないからです。 心に余裕がないのは水に溺れてるもがいてるのと似ています。ネガティヴな感情の渦に呑まれて冷静さを失っている状態です。 そういう状態が長く続けばそれが当たり前になります。当たり前になれば所謂『自己中』が完成します。 そうなりたくなければまずは冷静になることです。ただ、無理やり冷静になろうと [続きを読む]
  • 所謂『霊能者』の簡単な目利き
  • タイトルの簡単な目利きとは「おおよそ初歩的な目利き」ということであって、「目利き自体が簡単である」という意味ではありません。 最初に誤解のないようにそのことを申し上げておきます。 先ず一つ目のモノサシとして「その人の 共感するものを見る」ということがあります。 その人の周りにあるものを観察して判断していくのが一番簡単な方法です。 その人の読んでる本や尊敬する人 [続きを読む]