orion12 さん プロフィール

  •  
orion12さん: 『クリアー整体ヒーリング』です
ハンドル名orion12 さん
ブログタイトル『クリアー整体ヒーリング』です
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/orion12-clear/
サイト紹介文クリアー整体ヒーリングというものをやっている者です。癒しやちょっと不思議な話など書いております
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供399回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2010/05/17 11:29

orion12 さんのブログ記事

  • 理性と感性とアクセルとブレーキ
  • 自動車にはアクセルとブレーキがセットで付いています。 だからこそ「動いたり止まったり」がある程度自由に出来るのです。 アクセルがなければ加速出来ないし、ブレーキがなければ制動出来ません。 人の心にもアクセルとブレーキの役割をするものが付いています。 [続きを読む]
  • 怪しげな万能感とフェイクだらけの世界
  • 「物事に過剰に意味を見出そう」とすることが昨今の世の中のトレンドなのでしょう。 ここでいう「物事に過剰に意味を見出そう」というのは何にでも納得するような分かりやすいオチを付けたがるということです。誰もが「なるほど!」ってならないとダメなのです。みんなが「なるほど!」ってなって爆笑取れたら100点満点みたいなね… ウケを狙うのが悪いとは申しません。ただ、時と場合によりますよね。 ぶっちゃけた話今申し [続きを読む]
  • 『ブレない心』というファンタジー
  • 人間は誰しも主観的な存在です。 純粋に客観的な人間など一人も存在しません。 なので、大なり小なり偏りは常に存在しています。 心に偏りのない人間など古今東西一人も存在しないのです。 元々偏っているんだからその偏りを小まめに修正する必要が出てきます。 そうしないとすぐに心は澱んでしまうからです。 しかしながら、世の中には心が澱む方向へ向かってひた [続きを読む]
  • 心の視野が狭くなった者の行き着く先 (スピリチュアル篇)
  • 前回「波動のレベルが落ちると心の視野が狭くなる」ということについて書きました。じゃあ、実際心の視野が狭くなるとどんな感じになるのか具体的に2点ほど書いていきます。 ① 俯瞰的にモノを見られなくなる自分の周りの狭い世界に物事を引きつけて話をします。その話は特殊でごく限られた事例であったりもします。しかもその特殊な事例を元にその他の事柄全般を推し量ろうとするのです。何故ならそれが世界の全てだと思い込ん [続きを読む]
  • 波動のレベルが落ちると心の視野が狭くなります
  • 波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ〜ンと重くてジトッと暗いのです。 別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。 コダワリとは何かをギュッと握りしめて或る一点に留まり続けようとする心の動きです。 [続きを読む]
  • 想念エネルギーと季節との関係
  • 人が何か思えばその瞬間想念エネルギーは発生します。 つまり、人間は生まれてから死ぬまでの間毎日寝ても覚めても想念エネルギーを発生させ続けているわけです。 言わば人間は想念エネルギー発生装置なのです。 なので、たった一人分だけでもそれは膨大な量になります。 そういった想念エネルギーが多 [続きを読む]
  • 天変地異に踊る『スピリチュアル』
  • 何か災害や事件が起こるたびにそれをネタにしたスピリチュアルな記事がここぞとばかりに湧いて出てきます。単なる個人的感想として何かお述べになるのはもちろん『自由』でしょう。ただ、現実に起こった生々しい出来事を、神の警告や陰謀論みたいなモノに直ぐに結び付けて熱心に語られているのを拝見すると正直脱力してしまいます。 「大切なのはそこじゃない…」「肝心なところがズレている…」強くそう感じてします。 じゃ [続きを読む]
  • バランスと進歩の相関関係
  • 「進歩っていうのはあっちへぶつかりこっちで躓きながらその結果何かを掴むことで初めて成り立つもんだ」と思うのです。 たまたまでは無く必然としてね。 ずっとブレないというのは何も進歩してないというのと同じことです。 ブレない心を目指すというのは自ら進歩から遠ざかるということです。 前へ進むということはリスクを取るということです。ローリスクハイリ [続きを読む]
  • もう一つの引き寄せの法則とネガティヴなコダワリ
  • 先日「自分にとって良いことばかり引き寄せられる所謂引き寄せの法則はないということ」について書きました。 でも、別の意味の引き寄せの法則はあると思っています。 それは人は意識を向けたモノを引き寄せるということです。 意識を向ければ向けるほどそのモノを引き寄せるのです。 じゃあ、所謂引き寄せの法則と同じじゃないかと思われるかも知れません。でもね、何でもかんでも [続きを読む]
  • 万人が望む『引き寄せ』なんてありません
  • 以前にこんなことを書きました。 要するに万人にとって『良い結果』を生む原因など何処にも無いということです。 そして、全く他者と関わりにならずに果を結ぶ因も何処にも無いのです。 ですから「嫌な結果を味わいたくなかったらその原因にあたるものを無くす」というのが、もし仮に出来たとしても『良い結果』を得られる可能性は極めて低いでしょう。 何故な [続きを読む]
  • 『自然』を支配しようとするスピリチュアル
  • 西洋的なものの見方の根っこには「自然を超越した唯一絶対の神の命により人間が自然を征服する」という考え方があります。殊更言わなくてもそういう考え方がいつもベースにあるということです。 で、所謂スピリチュアルっていうものにもそういった西洋的なものの見方がベースにあるんだろうと感じています。何故ならお見受けする限り大抵何かをコントロールしようとする方法のオンパレードだからです。 心をコントロールする [続きを読む]
  • 『自分語り』と波動のレベル
  • 以前何度かこんなことを書いたことがあります。ハッキリ言ってスピリチュアルゥ〜な人ほど我の強い人が多い気がします。「どうだ! オレって凄いだろぉ〜‼」みたいな感じが透けて見えるのです。我というのはコダワリです。人間こだわればこだわるほど波動は荒く重くなっていきます。 個人的にはそういう人のことを『ジブンガーZ』と呼んでおります。 『ジブンガーZ』の特徴の一つは自分語りの激しい人だってことです。ここでいう [続きを読む]
  • 溢れる『嫉妬』とズレまくる『自分』
  • 今の世の中には嫉妬が溢れています。 嫉妬といえば色恋沙汰を連想される方もいらっしゃるでしょうが、決してそれだけではないのです。 ご自分のコンプレックスを刺激するものには何でも脊椎反射してしまう人も少なくありません。 そのコンプレックスというのは「認められてない自分と比べて少しでも認 [続きを読む]
  • 良くも悪くも「心に馴染んだモノは当たり前」になります
  • 事実を単純に『在るもの』として認識することと事実を本来『在るべきもの』としてウエルカムで容認することは全く違います。 特にネガティヴなものに関してよく混同されやすい気がします。 確かに世の中には荒々しくてどんよりとしたダークなモノが溢れています。 しかし、あるからといって「在るんだからしょうがない。むしろそれが在るのが 当たり前!」と捉えるのはまた別 [続きを読む]
  • 『体感』が劣化すれば心のスキマが生まれます
  • 森羅万象すべてのモノには波動があります。 波動があるというのはずっと動き続けているということです。 ずっと動いているというのは絶えずバランスを取り続けているということを意味します。バランスを崩せば劣化のスピードは速まるのです。 世の中のすべてのモノは動き続けることで必然的に劣化していきます。 [続きを読む]
  • 「小まめにコツコツ」が健康の秘訣
  • 健康とは身体に関しても、心に関しても出来るだけ自然で無理がない状態だと思います。 そして、心にとっても身体にとっても穏やかで温かい在り方が自然で無理がない元々の状態なのです。 遠回りのようでいて頑健な身体をコツコツと作ることが結局健康への一番の近道です。 病原 [続きを読む]
  • 心のショックアブソーバーと小分けされたエネルギー
  • 元々人間にはネガティヴな感情のエネルギーを無意識に小分けにしてバラバラに保存しようとする機能があるみたいです。 苦しいとか悲しいとかがすべて一つの大きな塊になっているとあまりにもしんどいからでしょうね… そのため分割して隠してしまうのです。 隠してしまうとは自分自身の顕在意識から隠すという意味です。 ただ、実際に分割されているのは自分自身の想念エネルギーだけではありません。 それもありますが、他人の想 [続きを読む]
  • 因果応報と所謂カミサマの叩き合い
  • この前こんなことを書きました。 結局どういった存在を『神さま』と呼ぶのかは人間の側が勝手に決めているということです。 地域や時代、人種や風土などなどによってそれらは変わります。 そして、「我々の信奉する神こそ唯一絶対の神だ」と宣って血で血を洗う戦いを繰り返してきました。 一般に宗教戦争って呼ばれるヤツです。 [続きを読む]
  • 「自ら望んで化かされにいく」スピリチュアル
  • 何らかの神秘体験を経て「自分はスゴい霊能力を得た〜!」とか「覚醒しちゃったよ〜!」とか浮き足立ってしまった状態を今まで魔境と呼んでまいりました。 それをもっと砕いていえば「人外のモノに化かされた状態」ということになるでしょう。 昔話でキツネやタヌキが出てきてやる、あの「化かされた」です。 所謂『化かされた』状態の人は自分が化かされていることに気付いていません。 [続きを読む]