柊木かなめ さん プロフィール

  •  
柊木かなめさん: (腐)的感想文
ハンドル名柊木かなめ さん
ブログタイトル(腐)的感想文
ブログURLhttp://futekikansou.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文隠れ腐女子の普通の感想ブログ。ミステリ、ラノベ、児童書、漫画など基本なんでも。本探しの参考に。
自由文腐女子といいつつ、感想は普通。
ミステリ、ラノベ、児童書、漫画など基本なんでも読んでます。
伝奇や時代物も特に抵抗なく読めますが、どうもSFは苦手です……。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/05/17 19:43

柊木かなめ さんのブログ記事

  • まことの華姫
  • まことの華姫/畠中恵真実(まこと)を引き受ける覚悟はあるか――姉を殺したのは実の父かもしれないと疑う、地回りの親分山越の娘、お夏。ある事件で身を損ね、人形師から芸人に転じた過去をもつ月草。やむにやまれぬ想いを抱え、客は今日もまことを求めてお華に会いにやって来る。でも真実は、知ってしまえば後戻りできない怖さもはらんでいて……たくみな謎解きと軽妙な掛け合いで江戸市井の悲喜こもごもを描き出す筆 [続きを読む]
  • 紙片は告発する
  • 紙片は告発する/D・M・ディヴァイン(訳/中村有希)周囲から軽んじられているタイピストのルースは、職場で拾った奇妙な紙片のことを警察に話すつもりだと、町政庁舎(タウンホール)の同僚たちに漏らしてしまう。その夜、彼女は何者かに殺害された……! 現在の町は、町長選出をめぐって揺れており、少なからぬ数の人間が秘密をかかえている。発覚を恐れ、口を封じたのは誰か? 地方都市を起きた殺人事件とその謎解き [続きを読む]
  • ゴールドフィンチ 全4巻
  • ゴールドフィンチ 1/ドナ・タート美術館爆破テロ――少年は母を失い、1枚の小さな鳥(ゴールドフィンチ)の名画を持ち去った。美術館爆破テロで母を亡くした少年・テオは、その時美術館から1枚の名画を持ち去った――レンブラントとフェルメールを結ぶ画家、ファブリティウスの「ごしきひわ」。 孤児となったテオはそのオランダ黄金時代の小さな名画とともに、波乱万丈の運命を辿ってゆく。友情と裏切り、恋と失望、ドラッグとギャ [続きを読む]
  • 聖エセルドレダ女学院の殺人
  • 聖エセルドレダ女学院の殺人/ジュリー・ベリー(訳/神林美和)十代の少女7人が在籍する小規模な寄宿学校で、ある日の夕食中、校長先生とその弟が突然息絶えてしまう。それぞれの事情から家族の元へ帰されたくない生徒たちは、敷地内に死体を埋め、事実を隠して学校生活を続けることにする。翌日、科学の得意なルイーズの分析により、ふたりは毒殺されたと判明。生徒たちは得意分野を活かして大人の目をあざむきつつ犯人を探り始め [続きを読む]
  • 名探偵コナン 天空の難破船
  • 名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)/水稀しま(原作/青山剛昌 脚本/古内一成)微生物研究所が武装グループに襲撃され、殺人バクテリアが盗まれた。翌日、テロ組織『赤いシャム猫』から、「殺人バクテリアを手に入れた。7日ないに次の行動を起こす」との犯行声明が出された。『赤いシャム猫』の犯行予告日、鈴木次郎吉の招待を受けたコナンたちを乗せた飛行船が、大阪に向けて離陸した。その時『赤いシャム猫』から次郎吉 [続きを読む]
  • 酔(ゑ)ひもせず 其角と一蝶
  • 酔(ゑ)ひもせず 其角と一蝶/田牧大和三人の遊女が忽然と消えた。「屏風の犬が動いた」と言い残して……。神隠しか、足抜けか。俳諧師と絵師の二人組が吉原の怪異に潜む闇を暴く、傑作時代ミステリー!芭蕉の一番弟子と謳われながら、一門に馴染めない俳諧師・其角と、豪放磊落な絵師・多賀朝湖(後の英一蝶)。二人は、不思議と馬が合った。ある夜、吉原の揚屋で太鼓持ちとして宴を盛り上げていた彼らは、二人の太夫に [続きを読む]
  • ソードアート・オンライン 3,4
  • ソードアート・オンライン3 フェアリィ・ダンス/川原礫 禁断のデスバトルMMO『ソードアート・オンライン』から現実世界に戻ってきたキリト。彼は攻略パートナーであり、想い人でもあるアスナのもとに向かう。 しかし、結城明日奈は、あの悪夢のゲームからまだ帰還していなかった。 困惑と絶望に包まれるキリト。唯一の手がかりは、鳥籠の中で佇む《妖精姿》のアスナという謎の画像データのみ。どうやら彼女は、高スペックVRMM [続きを読む]
  • 2016年感想一覧
  • 2016年感想一覧。今年は(も)数が少ないので漫画も小説もこちらにまとめてあります。ご了承ください。 リンク先間違ってたら拍手等でお知らせください。注意はしてますが、何分数が数なので確認漏れもありそうなので。【あ行】9冊●梓 1冊Switch●阿部智里 1冊玉依姫●石川宏千花 1冊お面屋たまよし 七重ノ祭●石沢克宜 1冊(原作/ぷりる)秘密警察 FILE:01 -Confidential-●太田紫織 3冊櫻子さんの足下には死体が埋まってい [続きを読む]
  • 玉依姫
  • 玉依姫/阿部智里生贄伝説のある龍ヶ沼と、その隣にそびえる荒山。かつて、祖母が母を連れて飛び出したという山内(さんだい)村を訪ねた高校生の志帆は、村祭りの晩、恐ろしい儀式に巻き込まれる。人が立ち入ることを禁じられた山の領域で絶体絶命の志帆の前に現れた青年は、味方か敵か、人か烏か――この愛は、時空を超える大ヒットファンタジーはここから始まった――ようやく読めました。図書館で借りてきました八咫烏シリーズ第 [続きを読む]
  • 晴れの日には 藍千堂菓子噺
  • 晴れの日には 藍千堂菓子噺/田牧大和"菓子莫迦"の兄・晴太郎が恋をした。しかし、そのお相手は――「藍千堂」第2弾おっとりした菓子職人の晴太郎と、商才に長けたしっかり者の幸次郎。兄弟が営む江戸の菓子司「藍千堂」に今日も難問が降りかかる練羊羹の腕比べ焼きたての金鍔ずんだの餡の柏餅思いを託した金平糖桃の節句の子戴き季節の和菓子が色を添える、江戸人情小説図書館で借りてきました。以前紹介したこちらの続きになり [続きを読む]
  • St.ルーピーズ
  • St.ルーピーズ/長沢樹ようこそ、"聖なる愚か者(われら)"のラボへ――。聖央大学"SL&S(スピリチュアル・ラバーズ&サーチャーズ)"、通称ルーピーズは超セレブが集うサークル。そこに飛び込んだ1年生のビンボー理系女(リケジョ)は超常現象を解明するハメに……スピリチュアル&サイエンス、そして財力で謎に挑む本格ミステリー!ホンモノかトリックか――さあ君たち、超常現象を解明せよ!聖央大学の超常現象研究サ [続きを読む]
  • カゲロウデイズ 7 -from the darkness-
  • カゲロウデイズ 7 -from the darkness-/じん(自然の敵P) とある夏の日に少年少女たちは出会った。それは、いつまでも終わらない、長い長い夏の一日だった。 燃え盛る屋敷から逃げ遅れた子供のキドは、迷い込んだカゲロウデイズの中でアザミと出会い、とあることを託される。 一方、外の世界ではついにメカクシ団の団員が全員集合する。自分たちをとりまく謎を解き明かすために立ち上がった! 原作楽曲の関連動画再生数 [続きを読む]
  • ソードアート・オンライン 1 アインクラッド
  • ソードアート・オンライン 1 アインクラッド/川原礫 クリアするまで脱出不可能、ゲームオーバーは本当の"死"を意味する――。謎の次世代MMO『ソードアート・オンライン(SAO)』の"真実"を知らずログインした約一万人のユーザーと共に、その過酷なデスバトルは幕を開けた。 SAOに参加した一人である主人公・キリトは、いち早くこのMMOの"真実"を受け入れる。そして、ゲームの舞台となる巨大浮遊城『アインクラッド』で、パ [続きを読む]
  • ばんぱいやのパフェ屋さん 「マジックアワー」へようこそ
  • ばんぱいやのパフェ屋さん 「マジックアワー」へようこそ/佐々木禎子四月はまだ寒い北の都札幌。中学生になった高萩音斗は、小学校時代から「ドミノ」と呼ばれてからかわれるほどすぐ倒れてしまう貧血・虚弱体質に悩んでいた。そんな彼を助けるために両親が連絡をとった遠縁の親戚たちは、ものすごく変わった人たちだった! 商店街にパフェバーをオープンした彼らのもとで、音斗は次第に強さと自分の居場所を見つけていく。 [続きを読む]
  • 夏休みの宿題2016年
  • 毎年恒例となた読書感想文関連の検索ランキング2016年版です。9月中にアップしたかったのですが、遅くなってしまいました。 ちなみに過去分はこちら。・2013年その1、その2 ・2014年まとめ ・2015年7月分、8月分、最終版ルールは検索ワードで作品名(誤字脱字略称含む)+「感想文」、「読書感想文」、「○○を読んで」といったそれっぽいものを読書感想文探しの方と判断し集計しました。作品名+「感想」、「レビュー」の方は一年 [続きを読む]
  • 星宿る虫
  • 星宿る虫/嶺里俊介遺体周辺に響く讃美歌。光り輝き夜空へ向かう新種の虫の群れ。何が始まる?第19回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞人間を内部から喰い尽くす謎の虫。我々に、何ができる?長野県の宗教団体施設が燃え、不審な遺体が多数発見された。同じ頃、静岡県山中で見つかった老婆の遺体は、光を放つ虫の大群に覆われ、流れ出す血液は黄に変色していた。周囲には何故か讃美歌が響き、虫は列をなし銀河鉄道のように夜空 [続きを読む]
  • 金物屋夜見坂少年の怪しい副業 ―神隠し―
  • 金物屋夜見坂少年の怪しい副業 ―神隠し―/紙上ユキ何を信じて何を信じないか、それがすべてです。夜見坂少年が先代から引き継いで営む金物屋では、まじないや憑き物落としの相談も受けている。やけに老成した彼によると、不本意ながら副業である「まじない屋」の方が繁盛しているらしい。男爵家の令息で医学生の千尋は、自身が絡む呪いの一件で彼と知り合い、なんとなく関係が続いている。そんなある日、千尋は夜見坂少年の副業 [続きを読む]