キルワニ さん プロフィール

  •  
キルワニさん: 家事のスキマにロードバイク!
ハンドル名キルワニ さん
ブログタイトル家事のスキマにロードバイク!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mima1025-2005
サイト紹介文自転車に乗れなかった私がロードバイクにハマるまでの記録。 今時主婦の非日常的趣味。
自由文今では毎日の通勤をはじめ、チームや仲間とのツーリングやレースを楽しんでいます。6年前にはろくに自転車にも乗れなかったのに、いまではレースで入賞も経験するようになり、最高の趣味として楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供320回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2010/05/18 20:01

キルワニ さんのブログ記事

  • やっと足でたがな。
  • やっと足出しましたよ。今日は文句なしの自転車日和でわんさか走ってる。久々のグリーンロード。序盤のランプ、底でブレーキングを強いられ蟻地獄のように這い出すのに苦労。そんな時に限って次の信号は赤、同じような目に合う。そんな目に遭おうが合うまいが大して速く走れる訳でもないが、ジムに通うぐらいの運動量は保ちたいので頑張る。同じように頑張ってる人の背中を見ながら「きついよねーしんどいよねー、でもあと3分の2 [続きを読む]
  • 藤まつりで外国人にシャシントッテクダサイて頼まれる、の巻。
  • 藤棚って、よく見ると藤の木一本からあんなに枝が伸び、あんなに花が咲く。そしてその藤棚は結構ちゃんと作ってあるから、一旦作ったらそこから高さを調節するとか、木の成長に合わせて棚も高く作り直すとかないよね。クスノキみたいに高く高く伸びるのではなく、ある程度の高さになると、横に横に伸びていくのか。歴史でいうと、藤原氏の勢力はまさに「藤の木」と言われた所以である。藤色、ピンク、白、こんなにいろんな色の藤 [続きを読む]
  • 萌ゆナチュラル。
  • クリスマスで有名なポインセチア。素人が赤くするのは至難の技。先生に聞いてみると、観葉植物と割り切って楽しんでもいいのでは?ということだった。やんわり「あんたには無理」という優しさ。全然違うけど、自然にこんなにも赤く。できればポインセチアもこうあって頂きたい。そんな赤が美しいエリアを通過。朝よりもかなり暖かな帰りの道。新緑の青さに背中を押されて風をきる。犬の散歩、お散歩の二人連れ。広がる視界に自転車 [続きを読む]
  • グッバイ腱鞘炎。
  • 今年はレッグウォーマーがぐずぐずとなかなか脱げない。足首に絡みついて脱げないのではなく、気温が低いせいだ。今朝の気温は13度。震えるほどの寒さではないが、去年ならとっくにニーウォーマー。朝の通勤で体を冷やしたくない。仕事中にお腹痛いとか嫌ですやん。それでなくてもお腹事情に自信ないのに。今朝もレーパンにレッグウォーマー。トップスは夏用のメッシュのインナーに、裏起毛の薄手のジャージ。それでも家を出てしば [続きを読む]
  • イキってますやん。
  • 平素はこの位置には水鳥のオスが座っている。なのに今日はどこの誰かわからん鳥が鎮座。いつもの連中は遠巻きに見ている。 誰なん? さぁ? 南の方から来たんかなぁ? なんやのん?あの後ろのモヒカン。 イキっとんなぁ。 しっ!目ぇおおたやんか。20km走って、累計274km。 [続きを読む]
  • 半年前に撒き戻し。
  • 趣味が写真という人はたくさんいる。私には写真のセンスがないらしい。Instagramに出てくる綺麗な写真を眺めて楽しむ。素敵なレンゲの写真が出てきたので、ここで撮ったのかなぁと思いながらiphoneで撮ってみた。相変わらずの構図。自転車のバックとしていろんな写真をこのブログにあげてもう12年目。写真は絵を描くよりもずっと難しい。一面のレンゲ。どうやって種を蒔いたのかな。喜多郎がカラスに運ばれてるみたいな感じで、 [続きを読む]
  • 「おしゃれ」という言葉。
  • 昔、商品の販売促進つまりセールスプロモーション、そういう会議に席を用意された時のこと。デザイナー、工場の職人さん、営業マン、販促担当者。商品を売るための会議だ。それぞれの立場で売るために必死に知恵をしぼる。「おしゃれ」ていう札つけたらどないでっしゃろ。「・・・・」「おしゃれ」と書くことによっておしゃれではなくなるんです!????感覚のすり合わせほど難しいことはない。仕事として歩み寄る重要性に納得 [続きを読む]
  • 人類の好物である鉱物。
  • 金は鉱物であるので、地上に存在する量が一定。平たく言うと、金を食べても吸収する事も出来ないし、何かに変えることもできない。ただ人の体を通過するだけ。ありがたいのかどうか、首をかしげながら通過させる。 [続きを読む]
  • おおらかに「な」をつける。
  • 病んでる人が多すぎる。その半数が単に「悩んでる」だけ。少なくとも私の周りでは。悩んで人は大きくなったと言ってた時代のおおらかさ、取り戻せたらなぁ。朗らかに、おおらかに、バイブスあげて明日もよろしく!23km走って、累計228km。 [続きを読む]
  • アンビリーバボーの4連覇!!!!
  • ユンゲルスよう頑張ったねぇ〜。もうこのままいけるんちゃうやろかと全宇宙の住民が思ったであろう。そうさ、そこの牧草はんでる牛たちでさえ。いや〜、バルデルデが出てきた時には「まさか」という思いよりも「やはり」という思いがあったよね〜。ユンゲルスが逃げ勝ちしたらそれも2003年以来の快挙やったんやけどなぁ。とりあえず疑り深くなる昨今、このバルベルデの勝利が確固たるものである事を切に願う。 [続きを読む]
  • 迷子in文化財。
  • 自分が古い家に住むのはかなんけど、古い家見るのは好き。というわがまま勝手に今日もルンルン♪手の届くアイドルならぬ、手の届くナントカ文化財。えーっと、無形文化財、ちゃうわ重要文化財か。絵?無形文化財って何?それは踊りとか歌とかそーゆー形をなしてないもんですね。うわぁ、無形文化財に指定してほしい不思議なおっちゃんとかおるけど、それはあかん?とにかく、古い町並みでも新しい町並みでも方向音痴は迷うもの。い [続きを読む]
  • 足るを知る。
  • 夢が広がるペンタブレット。仕事で1台使っているので、これが2台目。そして1台めがデカすぎてそんなに要らないよということがわかってきたのでコンパクト化。ペンタブと言っても軽いのからプロ仕様まで様々。さらに、Macに対応していてOSが何なのかと選択肢が複雑。こんな時には目的をはっきりさせて、必要以上のスペックに手を出さないこと。そこで思い浮かんだことわざが「タルヲシル」。「樽を知る」どれぐらい入る樽なのか [続きを読む]
  • 日曜日という幸せ。
  • あれから一週間。個展で作品をお買い上げ頂いた皆さんへのお届けが完了いたしました。さぁ、これからは皆さんのためにも原画の値打ちが上がるように頑張っていきたいところです。とはいえあまりにもいいお天気なのでちょいとひとっ走り。滝畑ダムはまだまだ八重桜が満開で綺麗でした。途中でバッタリのテルさん、サクラ、ダムでバッタリのvanboo氏。あと数分でもどこかでずれていたら会える事もなかったんだと、いつものように家 [続きを読む]
  • 仕事ねずみ。
  • 絵を買ってくださった上に手土産までさげて引き取りに来てくださる。深い感謝と敬意を抱きます。そうゆうええ人には仕事でも重圧がかかる。大勢の組織の中で仕事してるとある事に気づく。仕事のできるええ人にはどんどん仕事がかさむと言うこと。ほとんどの人が「言いやすい人」「頼みやすい人」に仕事を頼む。「言いにくい人」には仕事がいかない。自営なら話は別だけど、雇われの身だと、なるべく仕事が自分とこへ来ませんように [続きを読む]
  • 有意義な有給休暇。
  • 先日個展を行ったのは地元のギャラリーだった。寺内町のカフェや雑貨屋さんにフライヤーをおいてくださいとお願いに回った。お願いの後はお礼だ。おかげさまでたくさんの方に来ていただきました。と、挨拶に回ると、「いえいえ、そんな、うちはただお預かりしたチラシを置いてただけで・・・」とおっしゃるけど、ほとんどのお店から持って行ったフライヤーがなくなっていた。数は知れている。たかだか10数枚。それでも小さな店内で [続きを読む]
  • 花粉症炸裂の今日。
  • 昼休みに気の合う仲間とお花見。通勤といい、職場の周りといい、環境に恵まれてる。たまには休憩室を離れ、プチ遠足気分。カエルが鳴いたり、犬の散歩が通ったり、亀や水鳥を眺める。勝手に亀のセリフをアフレコしながら遊ぶ。カラスもバッサバサ飛んできて着地。桜にタンポポ、ハーブと呼ばれる植物(草)もいっぱい。そんな中でスギナ群を発見!!エライコッチャ、来年は絶対にここでつくし狩りやるど!と、部屋に帰って早々12月 [続きを読む]
  • ネバーエンディング昔ばなし。
  • やっと桜が咲いたと思ったら悪天候。風も強くて必死にしがみつく花びら。先に散っていった同僚を木の上から見つめながら明日はわが身と震える花弁。なんて悲しいストーリーなのだ。そして美しい花も路面に散ってしまえば泥と化す。おーのー、悲しい春の風景だ。さて、悲観ごっこはこれぐらいにして、楽しいことを考えよう。可愛いミニチュアダックスを散歩させる可愛いおじちゃん。突然おじちゃんがちっちゃくなってワンワンの上 [続きを読む]
  • 雨の通勤も楽しもう。
  • 悪天候な日の限定通勤コース。公園の中や旧街道を通っていく。お天気が良かったらもっと気持ちいいだろうなぁと思わんでもないが、お天気が良かったらジテ通でこのコースは通らない。自転車でこのコースいいねというシクロ好きもいるだろうな。私としては徒歩でもズルッと行かんように必死のパッチです。 [続きを読む]
  • 夢の成就と趣味の熟成。
  • 夢が実現し、夢のような二日間が終わりました。来てくださった皆さんにひたすら感謝です。このブログを見て来てくださった皆さん、本当にありがとう。長年やってて良かった。自転車ブログで始めたけど、持ち前の好奇心で自転車以外のこともどんどんアップした。このところ、家事のスキマにイラストレーションもかなり顔を出した。それも私の記録。自転車を止めた訳ではない。落ち着いたと言える。高ぶったブームが落ち着き根付いた [続きを読む]
  • か、か、カウントダウン1。
  • シリーズ「夢を形に」。なんとか、個展らしくしてもらいましたよ、キル兄ぃに。だって、絵は描いても、飾るためのスキルがまるでないんだもん、倒れそう。泣そうか、白い壁に絵を並べるのって、というか物をまっすぐに並べるのってめちゃめちゃたいへん。まず、ヒトが物を見るための首の角度と高さ。そこからの正確な床からの高さと額と額との間隔。計算…。今朝の新聞広告。全社の見開きがインパクト大。でも、ISUZU?日野?あ [続きを読む]
  • カウントダウン2。
  • いよいよ明日は搬入。搬入のためにお部屋を半日借りました。当日の朝にバタバタするのは性に合わないので。キッチリした性格なので準備は万端い整えておくのです。今回の個展に向けての気づき。額縁についているガラス。昨今は軽くて割れないアクリル板を使用することが多いらしい。今回の個展も会場の都合もあって軽量にするためにほとんどをアクリル板に交換してもらった。ガラスよりも高価なアクリル板。実はその方が扱いにくい [続きを読む]
  • カウントダウン3。
  • ずっとスタイルが変わらない人はずっと若々しい。エレカシの宮本氏。ずっとずっと白のワイシャツにスリムな黒のパンツ。スキニーというよりもスリム。そう呼んでいた時代からずっとはいているから。大橋巨泉や杉良太郎、五木ひろしみたいに若い時からおっさんんやってるからずっと変わらないというのとは違う。清志郎みたいにものすごく個性的なスタイルでもない。とてもシンプルで変わらないというのもすごい。私も、とはたと考え [続きを読む]
  • カウントダウン4。
  • 新年度が明けて二日目。移動していった人、してきた人、ドタバタの折も折、遅れに遅れた発行物にはだんだん麻痺を覚えてきた。ここまできたら二日も三日も一緒やぁ、とさらに遅れる。一方では、そうこうしているうちに個展の準備がどんどん進む。残念ながら週末の天気が良くない。本当に残念なこった。それなのにいいイメージしか想像できない。ポジティブな自分を褒めたいね。現実はそんなに甘くないぞと一生懸命自分に言い聞かせ [続きを読む]
  • 右から3番目がなかなかのイケメン。
  • 女性もいろんな職業に就くようになった。そこで、もっと女性にも好まれるようなと言うコンセプトでカラフルで可愛らしいユンボとかいうのテレビで紹介されてたが、建設女子が好きなのはゴツゴツのやつなんじゃないのか。あのごつい油圧シリンダーに抱かれたい、的な。今にも立ち上がりそうなトランスフォーマー達。でこぼこの道路みたらイライラしてこの手で平らにしてやりたい、ライナウっ!とか。20km走って、累計43km。 [続きを読む]