ひぐらし仙人 さん プロフィール

  •  
ひぐらし仙人さん: ひぐらし仙人の気ままな日記Part?
ハンドル名ひぐらし仙人 さん
ブログタイトルひぐらし仙人の気ままな日記Part?
ブログURLhttp://nao510925.blog29.fc2.com/
サイト紹介文定年退職した団塊世代が浮世を離れて勝手気ままにその日暮らしのスローライフをブログに綴る
自由文名峰鳥海山の北麓で4年前まで住んでいた山間の旧宅とを往復しながら、世知辛い現代を愚痴りつつ、野山をめぐり畑を耕し、花を植え、愛犬を連れ愛機PENTAXのK20Dで日々を撮る
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供164回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2010/05/20 17:12

ひぐらし仙人 さんのブログ記事

  • 一年ぶりの東京漫歩?、いよいよ今度こそ本丸・・・
  •  いいよ本丸 まずは左に進んで 皇居の写真といえば、何といっても二重橋とこれ、伏見櫓                    これがまあ、正面からではなく裏側から見ることになるのだが、 三重の櫓で櫓の高さは約16m、どこからみても同じような形に見えることから「八方正面の櫓」とも呼ばれており、明暦の大火(俗にいう振袖火事)で天守閣が焼失した後は、その代わりとされた建物。 櫓の上からは富士山はもとより、秩父連 [続きを読む]
  • 一年ぶりの東京漫歩?、皇居外苑へ
  • 北橋詰門で入場票を戻し旧近衛師団司令部庁舎明治43年(1910)に完成しました。陸軍技師田村鎮の設計による赤レンガ造り、二階建て、スレート葺、簡素なゴシック風で、明治洋風建築としては代表的な存在となっています。 関東大震災や第二次大戦をくぐりぬけ、ほぼ完全な姿をとどめています。 昭和52年に一部を改装して東京国立近代美術館工芸館として生まれかわりました [続きを読む]
  • 一年ぶりの東京漫歩PARTⅨ、東京都江戸東京博物館その2
  •  で、常設展示の6階へ・・・ 入り口を入ると大きな両国橋、橋の下には左に芝居小屋を囲む江戸の家々、右に明治の朝日新聞社屋(この会社は好きになれないのでパチリは無しでしたよ、もちろん)の後ろに広がる明治の街並み。 で、橋を渡ると江戸城とそれを囲む江戸の街並みのジオラマ。 江戸城の模型のなかには午後から見るであろう江戸城(皇居)の松の廊下もあるもののこれがなかなか手振れで・・・。 で、その江戸城を含む江戸 [続きを読む]
  • 一年ぶりの東京漫歩?、皇居東御苑の警護所で・・・
  •  ローマ数字の13が出てこない、それはそれとして・・・ 午後1時に江戸東京博物館を出て都営地下鉄大江戸線に乗車、門前仲町で東京メトロ東西線に乗り換え、大手町駅で下車し、永代通りに出ると江戸城(皇居東御苑)大手門は目の前、内堀通りの交差点を渡り大手門前の橋(には見えないので大手濠を埋め立てているのかわからんが)を渡ると皇宮警察本部坂下護衛署大手門警備派出所という長ったらしいところで。 で、ほとんどの方は [続きを読む]
  • ちょっと寄り道、クマのプーさんと愛犬シェルティ
  •  最近、アラナインとではなく一人(?)で玄関ドアに載っかかったりリビングルームで寝ることが多くなったわが愛人(?)はなく愛犬シェルティ・・・ とはいうものの、我が家ではほとんど毎夜午前0時ころが就寝時間なのでそれを待ちきれずテレビや仕事の雑音がさも煩いとばかりにあっちにゴロゴロこっちにゴロゴロ状態で、大抵は、カーテンとガラス窓の間やブルの下がベッド替わり。 ところがこの日はよほど眠かったらしく、娘の座る [続きを読む]
  • 一年ぶりの東京漫歩PARⅧ、今日の予定は・・・
  •  かねてからの計画通り、昨年時間がなくて見学できなかった江戸東京博物館、千鳥ヶ淵戦没者墓苑と皇居散策、さまざまに公館を見ながらの皇居一周の予定、たぶん今日もかなりの歩数になるだろう・・・ ということで、江戸東京美術館の開館に合わせて朝9時過ぎにホテルを出る。 昭和通りにかかる銀座7丁目の歩道橋を渡り、ビルに挟まれた銀座中学校を右に見て、てか、銀座のど真ん中にも中学校があるんだ、などと妙な関心をしつ [続きを読む]
  • 一年ぶりの東京漫歩PARⅦ、ホテルの第一夜
  •  新橋で、晩酌より少し多めの一杯をひっかけた後、ホテルに戻る。 ホテルの一階にはコンビニがあるので、寝酒に一杯どうだと言ったら、今日はもうたくさんと・・・ 仕方なく、すごすごそれぞれの部屋に引き上げ 風呂に入ってお茶を飲み、そうこうしているうちにすっかり酒も醒めて眠ったのが午後10時過ぎ、こんな規則正しい生活、我が家でも送ったことがない。 東京漫歩初日の歩数、スマホ連動腕時計型活動計が16003歩、ス [続きを読む]
  • 久しぶりの東京漫歩PARTⅤ・・・電車を乗り間違えて青くなる・・・
  •  で、待ち合わせが6時なので、東京都庁でも久しぶりに眺めていくかと新宿三丁目駅でいったん下りの地下鉄に乗ろうとしたものの、時間が間に合わないと思い返し、上りのホームに戻り、丸ノ内線に乗車、今度は銀座駅の手前で、待てよ、今の時間帯の銀座は混んでいる可能性があるなと手前の日比谷駅で丸ノ内線から日比谷線に乗り換えることにしたのが間違いのもと、下りた日比谷駅が意外に広い、おまけに日比谷線の矢印はあるのにつ [続きを読む]
  • 一年ぶりの東京漫歩・・・、PARTⅣ 新宿末廣亭
  •  ということで、新宿御苑を出て五分ほど歩き、東新宿の末広亭についたのが午後0時40分頃、午後1時からというのにもうお客さんが中に入っていく。これは昼食を食べている場合ではないなと、木戸口に確認したらなんと午後0時からの開演で既に始まっていると。 慌ててシニア料金2,700円の木戸銭を払い寄席の中へ。 客の入りはこの時点で3割方、咳は中のとおりが椅子席、その両側が履き物を脱いで畳に座布団で座る席、こちらは [続きを読む]
  • 一年ぶりの東京漫歩・・・、PARTⅡ羽田空港へ
  •  飛行機の出発時間が午前7時35分、秋田空港までは一時間弱かかるため万一を考え午前5時半過ぎに我が家を出る。 というのもそれまでおおむね天気が良かったのだがこの日から予報が大雪注意報で、岩城から空港のある秋田氏融和に越える峠が積雪がある場合を考慮したため。 ニュースでは青森県地方で大雪とのこと・・・ 幸い、道路には雪もなく順調に走って6時30分には空港に到着。朝食はまだだったが空港のレストランの開 [続きを読む]
  • ということで、一年ぶりの東京漫歩・・・、PARTⅠ
  •  昨年は、4月初めに東京の桜開花日のニュースに誘われ、好きな落語と東京の桜標本木を見に出かけたのだが・・・≪ちょっと東京へ、花見見物≫ この時は、マイカーで出かけ、魚河岸で海鮮丼を食べ、、九段の靖国神社で英霊に手を合わせたのち桜標本木を見て湯島天神・湯島聖堂・神田明神と回り、浅草演芸ホールで好きな落語を鑑賞、スカイツリーと駆け足で巡る漫歩の旅。 その時は時間がなくて両国国技館には立ち寄ったものの、 [続きを読む]
  • 一年ぶりの東京漫歩・・・、PARTⅢ 新宿御苑
  •  で、南のはずれの66番から長い通路を通って到着ロビーの一階に出る。 まだ、午前9時前でそんなにおなかも減っていないので軽い朝食程度でよいかと、B1Fの丸亀製麺でてんぷらを載せたとろ玉うどんと稲荷ずし、娘はカレーうどんと稲荷ずしで腹ごしらえ。 で、今日の予定はとりあえず2夜宿泊の銀座のホテルに荷物を置いた後、別行動でこちらは新宿御苑、新宿末廣亭と回り、ホテルに戻って落ち合い軽く一杯やりながら夕食を食べ [続きを読む]
  • おやつタイムといえば・・・
  •  先日、東京に行った際に浜離宮を散策、中島のお茶屋で抹茶と和菓子をいただいた(と言っても当然お金を出してだが)のが美味しかったので、久しぶりに抹茶でも飲もうかということになり。 抹茶には和菓子がつきものだからなどと言われて近所の和菓子屋にでかけ・・・。 抹茶の作法は知らないがまずは形から入るのが我が家の家風、ネットで購入した織部と天目の抹茶腕はもとより茶筅、棗茶杓から桐の茶道具収納箱まで揃えたのに [続きを読む]
  • テレビを観ていたら・・・・
  •  今日がホワイトデーなんだと気づいて、慌てて近所のケーキ屋さんへ 実は、先日東京で江戸東京博物館を見学した際にその中で駄菓子を売っているのを見つけてホワイトデーのお返しはこれだと決め、ついでに飴の好きなアラナイン用と二個購入、すでに手渡してあるのだが、それはそれかなと思い返して慌てて買いに行ったわけだ。 そのケーキ屋さんはわが旧町出身で、しかもこの鳥海山北麓でも美味しいと評判のケーキ屋さんで・・・ [続きを読む]
  • この役所のトップは・・・
  • 公務員の資格無し・・・≪大きな穴が開いた日章旗を掲揚 国の機関が入居する横浜第2港湾合同庁舎≫クビ、だね・・・しかし、そろいもそろって、だれも、おかしい、という声をあげなかったのだろうか・・・ ところで先日、東京に遊びに行ってきた・・・ ここにも土産を買いに寄ったんだが、実績が伸び悩んでトップが交代だそうな・・・≪アベノミクスの犠牲になった「三越伊勢丹」の悲劇 百貨店の崩壊が示す、不気味なサイン≫ [続きを読む]
  • 曜変天目は偽物ではない?・・・
  • ≪徳島市男性の「曜変茶碗」 化学顔料ほぼ検出されず≫ 事前のテレビ局の花火が華々しいので見逃してはならじと暦に印をつけ・・・ で、見てみたら本物とどうも輝きが違うような感じで、ほんまかいなと思っていたら案の定あれは真っ赤な偽物、みたいなニュースが流れ、やっぱりね、と自分的には中島誠之助先生の評価がガタ落ちだったのだが・・・。 というのも、抹茶を飲んでみたいと器までネットで探し、現代の天目茶碗を一本 [続きを読む]
  • かつ丼の未練を解消に・・・
  •  この前、市内大内のかつ丼を食い損ねた話をブログにアップしたが、そのあとも娘は未練が残ったようで、何と休日にやっぱり食べに行こうということになり・・・。 なんであんな山盛りを食いたいんだなどと悪態をつきながら、家族で出かけた。しかも出がけにこの日は定休日ではないかの確認をする念の入れよう。 お昼前に到着したものの、何と店の前にはもう10台近くの車。 で、店内に入ったが中の雰囲気は単なる場末の食堂、 [続きを読む]
  • 今話題の・・・PART Ⅱ
  • で、そろそろ時間が迫ってきたので秋田駅東口のアルヴエ駐車場に車を停め、ルミエール秋田へ切符を購入、入場ウイークデイのため、館内には10人ちょっと、しかも8割方が女性というのも当然か、見た映画は 「この映画の片隅に」     ストーリーはmoviewalkerから拝借すると 第2次大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きていく女性「すず」の日常を描いた、こうの史代の同名漫画をアニメ映画化 [続きを読む]
  • 今話題の・・・PARTⅠ
  •  アルバイトの業務で秋田市に行くことになっていたのだが、娘も今日は仕事が休みだというので映画に誘われ・・・ 業務が11時ころに終わり、とりあえず腹ごしらえに東通りの「そば処けんた」へ この店はわが市に支店があり、秋田市の店主が弟、わが市が兄の兄弟でそれぞれ営んでおり、比較的評判も良い。 でも、自分的にはそばよりもうどんが好きなので回転時から知ってはいたもののとんと足を向けることがなかった。 で、初 [続きを読む]