タロー さん プロフィール

  •  
タローさん: あぶら点検窓
ハンドル名タロー さん
ブログタイトルあぶら点検窓
ブログURLhttp://hondataro.blog58.fc2.com/
サイト紹介文70〜80年代の単車について親父たちが、語らう。。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/05/20 20:35

タロー さんのブログ記事

  • その後のCB650 その3
  • 皆さま、猫の顔でございます。  ついに、我がCB650は開腹手術を受けたのでした。奇跡的にホンダ純正部品が出たこともあり、ここは一気にピストンリング交換、バルブすり合わせを行うべく、ミニマーケットの御主人の手に、その身を委ねたのでした。 「現在は、開いていますので。」という御言葉に誘われて、猫の顔は恐る恐るミニマーケットに出向いたのでした。そこには、ヘッドをめくられたCB650があられもない姿で横 [続きを読む]
  • その後のCB650 その2
  • 全国3万人の油点検窓の読者の皆さま、梅雨明けまだですが、お暑うございます。猫の顔ですが、我がホンダ最新型空冷SOHC4気筒搭載のCB650の現況を報告いたします。 まず、いつぞやのアクセルワイヤーの不作動ですが、これは、戻し側のワイヤーのケーブルの被膜が長年の振動でフレーム等とこすれて、穴があいており、そこから昨年のSSTRの帰りに、豪雨の中の激走500kmを決行したので雨水が侵入したのでした。 画像 [続きを読む]
  • タコメーターについて
  • およそタコメーターほど、乗り手のハートをくすぐる計器は無いであろうし、私こと、猫の顔はタコメーターの無い2輪車には乗る気がしないとすら思うのである。自身の右手に忠実に反応するエンジンの回転数を即座に答えてくれるのであるから、その針の動きは痛快この上ない物である。 昔の60年代の2輪車には、大型排気量車、高級車しか装着されておらず、天下のW1Sでさえ、単眼式のヘッドランプボディに内蔵されたコンビメータ [続きを読む]
  • ホンダCBミーティングに参加して No.2
  • 皆さま、猫の顔でございます。先週の栃木県はツインリンクもてぎで開催されたホンダCBミーティングで撮影し、ご紹介したCBの解説を、拙、猫の顔がお届けします。まずは「CB550Four」 非常に綺麗な外観を保つこのCB550Fourは、CB550+CB500のワンメイククラブの「ykb氏」の個体である。拙あぶら点検窓のリンク先でもあるこのブログでもかなりの数のCB550やCB500が存在する。この個体はワンオーナーらしく、随所に手が入っているのが [続きを読む]
  • ホンダCBミーティングに参加して No.1
  •  全国三万人のあぶら点検窓の愛読者の皆様。猫の顔のCB650は無事車検を取得して、そのこけら落としとして、栃木県は「ツインリンクもてぎ」で28日に開催された「ホンダCBミーティング」に参加してきました。その模様をレポートしてみたいと思います。  ホンダのHPの情報によると、事前参加申し込みが必要であることは分かっていましたが、ずぼらな猫の顔は、「当日申し込みでもなんとかなるだろう。まさか帰ってくれは [続きを読む]
  • 現在車検取得中
  •  全国3万人のあぶら点検窓の読者の皆様、ご心配をおかけしております。猫の顔の所有する、ホンダ最新型の空冷SOHC4気筒を搭載したCB650ですが、現在は車検取得中です。  そういえば、この土日は例の壮大な男の夢とロマンがあふれ出る「SSTR」が開催されていましたが、あいにく我がCB650は車検が間に合わなかったので不参加としたのでした。    昨年の9月に豪雨の中、日本海沿岸を走りぬいたCB650はその後は、そ [続きを読む]
  • カンボジア・ベトナムにおける2輪車事情
  • 全国3万人の読者の皆様、猫の顔は先だってカンボジアとベトナムに行ってきました。 そこで拝見した、2輪車事情をレポートしてみたいと思います。 まずは両国ともに、小排気量のバイクがやたら多いのです。特にカンボジアでは、ほとんどがノーヘルで、信号が整備されていない事、免許制度が無い事も災いし、毎日鬼のような渋滞です。タイホンダ製と思しき125ccクラスの小型車が縦横無尽に走り回っています。すべてが4サイ [続きを読む]
  • カワサキ VERSYS-X 250 TOURER に思う
  • 全国3万人のあぶら点検窓の読者の皆様、最近気になる2輪が発表されました。 カワサキからの、父ちゃん向け(?)のツアラーモデルです。 嬉しい事に車検の無い250です。 純正パニア、バンパー、バンパー上のフォグランプが泣かせてくれます。しかしながらタイヤがチューブというのはいけません。スポークでもチューブレスが履けるはずです。燃料タンクは最低でも18Lは欲しかったな。でかければでかいほどツーリングには良い [続きを読む]
  • 一枚の写真から No.2
  • 80年代バイクブーム真っ只中! われら大学の愛好会もツーリング会を幾度も企画した。学内愛好会会員ばかりでなく、バイクを所有する他大学の有志も参加し、毎回たくさんの野郎が集まった。バイクは、250からナナハン、オンオフ、旧車から最新モデル、メーカー、カテゴリも様々なバイクが並んだ。 大学構内、部室前にてツーリング前(後?)の記念撮影 バイクが好きなものが国道を連ねて走るだけで嬉しかった。仲間と [続きを読む]
  • 猫の顔、捕まる!
  • 皆さま、もうすぐ春ですが、この免許歴30数年を誇る、偉大なる限定解除試験15回目合格者の私こと、猫の顔が、警察に捕まるという事態が発生しました。 場所は国道20号線、国立市でした。 暇があるから久しぶりに「2りんかん」でもいくかな?とゆっくりと走っていた猫の顔は、当該2りんかんを発見できずにそのまま八王子方面に向かって行ったのでした。 左折専用レーンと気づかずに交差点を直進した猫の顔を遮るように、い [続きを読む]
  • 冬の過ごし方
  • 殊更、雪国に暮らすライダーにとっての冬は、雪が降れば必然的に走れないという悲しい現実が付きまといますが、それほど”豪雪地帯”でもない石川県は、多少事情が違うようです。 昨今の温暖化によりそもそも降雪量、積雪量も少なくなったせいもあるのでしょうが、路面に雪が残っている状態であるのは冬の約3か月の間だと、日数的には20日も無いでしょう。積もっては溶けてしばらくは降らず、また積もっては溶けての繰り返しな [続きを読む]
  • 夢のSSTR
  • 全国3万人の読者の皆様、新年がスタートしましたが今年もよろしくお願いいたします。 さて、一昨年あたりから、にわかに有名になったSSTRですが、このラリーについて、一筆したためてみようと思います。 確か第2回目の開催時には、晩飯は飲み放題、食べ放題の豪華な特典がありましたが、いかんせん参加者が急増したので、このところはそのような特典を設けるわけにもいかず、ひたすらキャンプツーになってしまっている状 [続きを読む]
  • 最初で最後?
  • 新年あけましておめでとうございます。本日、金沢の西の山里まで短い距離ではありますが初乗りを行いました。前回走らせた時期が思い出せないくらい久々のCBでの走行となります。昨年新調した中華パッテリーは昨今、品質も徐々に良くなり、長期放置、冷間状態でも元気よくセルモーターを回してくれました。しかしセルは回るのですが、4気筒のうち3番シリンダーが爆発してくれません。エキパイを触って感じる熱さでそれを確認す [続きを読む]
  • 2016年の振り返り
  • 皆様、2016年も残りわずかとなりました。 ニッポンの皆様は今頃、神様の誕生日のお祝い事にかこつけて、わざわざ寒空の中、キラキラ光る電飾を見物したり、普段食べなれないデコレートな甘いものを頬張ったりしている事でしょう。私を含む周りの親父たちは当然、無縁の祭事ですし、いつもと変わらぬ週末を迎えているダケの事であります。 まあ、どちらかというと今の季節であれば、雪が降りしきる北国の、駅裏のひなびた呑 [続きを読む]
  • お台場旧車天国2016
  • 皆さま晩秋でございます。猫の顔です。 先日、お台場は旧車天国2016に見物に行ってきました。 その時に拝見した旧車、珍車をレポートしてみたいと思います。 その1 ヤマハYA1 これは、今となっては非常に珍車と言えます。ヤマハ発動機が生産した第1号の機種です。 映画で有名になった小説「汚れた英雄」に出てくる「北野昌夫」が乗って浅間火山レースに出る奴です。猫の顔は初めて実車を見ました。きゃしゃな車体に125c [続きを読む]
  • CB650の近況
  • 皆さま、秋本番でございます。猫の顔です。今日はキッチリと秋晴れだったので、家族の目を盗んで愛車CB 650に火を入れたのでした。随分前に、盟友タロー君の家で、破れたアクセルグリップラバーを交換したのでした。その時に薄く塗った筈のボンドが、アクセルグリップの内部に漏れ出たらしく、アクセルが非常に重くなってしまったのでした。考えられる原因は二つでした。1)ボンドがアクセルグリップ内に流出して、グリップラバ [続きを読む]
  • SSTR2016に参加して
  • 全国3万人の皆様ご無沙汰しておりました。猫の顔でございます。このところ多忙でして、ホンダ最新型空冷SOHC4気筒のCB650に乗ることが少なくなっていました。お盆はCB650にて帰省しましたが、その後、フィリピン-インドネシア出張等があり、なかなか一筆したためる時間が取れませんでした。  この前、かの有名なSSTR2016に参加しました。もちろんキャンプのみの参加でして主催者の風間さんには申し [続きを読む]
  • その後のCB650
  • 全国3万人の読者の皆様、梅雨明けが待ち遠しいこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか? かくいう猫の顔も、春先から愛車CB650の整備に明け暮れていました。 その時のお話を少しさせていただきます。 昨年の冬から我が愛車はCRC5−56漬けの冬眠状態に入り、春先になってようやく目が覚めたのでした。冬眠中、色々な個所が傷み出し、ついに交換する羽目になった部品の事を話します。 まずは、クラッチワイヤー。 [続きを読む]
  • 昭和50年、万太郎の日曜日
  • ? 万太郎は高校3年生、暑かった夏休みも終わり、必死こいて貯めたバイト代で何の2輪を買うか迷っているのである。当然学業はそっちのけである。学校の仲間も進学や就職でいろいろ慌て始めているのであるが、全く馬耳東風である。頭の中はオートバイを買うことしかないのである。そういえばこの10月から自動2輪免許が変わり「中型自動二輪」という免許ができたらしい。 万太郎は既に2年の春休みに母ちゃんを拝み倒して免 [続きを読む]
  • 古き記憶との再会
  • そのローカルな地域観光まつりに付随し、おまけのように開催されたオートバイイベントは、「世界のオートバイが集う」と銘打っていました。実際、ネットに掲載されている過去の開催時の写真を拝見すると、概ね80年代以前の国産、外国製のオートバイから、第一世代のスクーター等が合わせて50台程度集合し、歩行者天国となった駅前商店街の道路両サイドに並べられて、見知らぬライダー同士が単車話に花を咲かせましょう、といっ [続きを読む]
  • いつの時代もCBは左右マフラー
  • ブロ友である富山単身赴任中のいちごさん、富山在住のかきさんと、松本までツーリングに行ってまいりました。目的はホンダドリーム松本店にて、いちごさんのCB1300リヤタイヤの交換です。北陸3県にはホンダドリーム店が存在しないので、最寄りのドリーム店となると松本まで遠征しなければなりません。その遠出もオーバーリッターバイクにとっては適度の距離の日帰りツーリングとなります。 富山から3人つるんで松本に向 [続きを読む]
  • 旧車屋巡りは一瞬の夢の如く?
  • ?皆さま、春でございます。2輪シーズンの開幕です。 先日、所用があり、東京は八王子方面へ出かけましたが、ついでにかの有名なウエマツさんへ立ち寄ることにしました。 この店は良質の旧車を数多く展示されているので、立ち寄ってみているだけでも楽しく、昔日の思い出が出てくるような旧車に出会えるのがメリットです。しかしながらいかんせん、相場が高く、おいそれと手が出せないのも事実というジレンマに陥るのが悩 [続きを読む]
  • ユーザ車検は学期末試験であるが如く?
  • 先日、スーパーテネレで初の継続検査をユーザー車検で行ってまいりました。 普段から車両の点検、整備を行っていることが前提となりますが、コスト面でメリットが大きいので、数年前から4輪、2輪ともユーザー車検で車検を通しています。 ユーザー車検場にて出題される検査項目はほぼ決まっているのですが、やはり事前に確認をしておくことが必要です。とは言っても、各検査項目は、2年間公道を走るにあたって「正しく動作す [続きを読む]
  • ホンダSOHC2気筒の残影
  •  皆様、猫の顔でございます。首都圏は大変な寒波です。もしかしたら雪が降るかもしれないということで、2輪に乗れないのでまたまた一筆したためてみたいと思います。  ホンダの空冷SOHCツインエンジンは、70年代前半には熟成の域に達していたと思う。 その次の世代のホークシリーズが出るまでの、「クラシカルなルックス」を持つツインエンジンは、空冷直立の姿が潔く見え個人的には好きなエンジンである。  特に他社 [続きを読む]
  • GSはフィギアスケートであるが如く?
  • 某地方国立大学卒業生のおやじ3人は、今年最後の年忘れツーリングに秩父方面へ。 冬型の季節配置の関東地方は朝から晴天であるが、単車乗りにとってはとても厳しい気温であります。本日の計画も、往復300kmに満たない秩父方面、併せて昼食グルメと日帰り温泉を組み込んだゆるーい年忘れツーリングです。 圏央道日高狭山IC近くのコンビニで待ち合わせ後、299号を経て秩父へ。「和銅遺跡」に立ち寄った後、「関東甲信 [続きを読む]