タロー さん プロフィール

  •  
タローさん: あぶら点検窓
ハンドル名タロー さん  
ブログタイトルあぶら点検窓
ブログURLhttp://hondataro.blog58.fc2.com/
サイト紹介文70〜80年代の単車について親父たちが、語らう。。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2010/05/20 20:35

タロー さんのブログ記事

  • ヤマハ2気筒スポーツの残像
  • もう40年も前になるだろうか。二輪雑誌の国産車アルバムでは、国産4メーカーの代表機種が色々と掲載されていたのであるが、重量車はマルチエンジン車が続々と発表されてきていたのであるのに、ヤマハだけはむしろ固執したように2気筒ロードスポーツ車のみを発表、発売していたのである。その理由は今となっては明確に調査するすべもないのだが、ヤマハは二輪車の最も楽しい場面は「コーナーリング」と想定していたのではなか [続きを読む]
  • CB650復調す!
  •  皆様、お盆休みも終わってしまいましたが、まだまだお暑うございます。  さて、我がCB650です。 11日の月曜日に帰省すべく、エンジンを掛けたのですが、セルの回りは非常に良い物の、いかんせん、エンジンが片肺状態でした。これだけ冷ましてもまだ片肺状態ということはこれはゆゆしき状態であります。やっとこ走り出したのですが、どんなに回しても3000回転以上は上がりません。いよいよ業を煮やした猫の顔は、自宅 [続きを読む]
  • 浜松合宿
  • 皆様お暑い事です。 猫の顔は旧友と共に静岡県は浜松に合宿に行ってきました。合宿とは名ばかりで、実は愛車CB650の足回りの整備をすべく浜松はニコニコ商会さんに向かったのでした。 あの、感動のSSTRの後に、我がCB650の特にチェーンはガシャガシャといかにも伸びたチェーンと減ったスプロケが醸し出す不愉快な雑音と共に走る古い壊れそうな二輪車を絵に描いたような状態でいたのでした。 SSTR後に、猫の顔もひたすら消耗 [続きを読む]
  • ツーリング今昔
  •  90年代は大学時代の連れK氏と、関東近辺の林道を走り始めた頃。私とK氏は、それぞれの会社の伝手で、たまたま「タダ同然」のライムグリーンのオフ車を手に入れたところだった。その二台はそれぞれ相当に走りこまれていた車両であった。K氏のはKL250Rで、最新テクノロジーの水冷エンジンが搭載されている。ただ、ラジエータには電動ファンが装備されていたが、ついにファンが回っている所を見ることはなかった。また、私はKDX [続きを読む]
  • 美しきCB No.4
  •  皆さま、関東地方は梅雨の中休みで、抜群のお天気です。昨日の事でした。晩ごはんのオカズを買いに家を車で出た猫の顔の目前を1台の2輪車が通りすぎました。旧車を見たら視力が5.0に瞬時にあがる猫の顔が、この2輪車を見逃す訳が無いのでした。脳内では記憶が数秒で車種と年式をはじき出しました。運転席の窓も全開で、2台前を行く2輪車の排気音をチェックしました。集合マフラーからの排気音はノーマルでオーナーの愛着が [続きを読む]
  • 英国雑誌から
  •  ブログ友達の「ゆずぽん」さんから、CB650の国内向けのカタログと、少し前の英国土産の二輪雑誌を頂きました。ゆずぽんさん、ありがとうございます。  その中で、これは面白いと興味をひく記事があったのでご紹介します。 まずは、「YAMONDA 750」  これは、どうやらモアパワーにあこがれた英国の好き者が、自身のTX750にCB750のエンジンをハンドビルディングでこしらえたものです。  TXのスリムボディに [続きを読む]
  • 猫の顔、ラリー完走す!
  •  24日(土曜日)  朝、0400に目が覚めた。一瞬、やっちまったと青ざめたが、思い直してそのままかねてから決めてあった撮影地点に向かうことにした。距離計は19683km。 本来、予定していた撮影地点は、「茅ヶ崎漁港」であったが、遅刻していたことで焦ってしまい、コースをミスった。仕方なく第二の撮影ポイントとしていた「相模川河口」に向かったのである。しかし、これまた何度も道に迷い、ジョギング中のおばちゃんと [続きを読む]
  • ラリー最終準備
  • 皆様、猫の顔です。 とうとう、この日が来てしまいました。 今日を除いて、愛車の整備をする時間的余裕は有りません。 最終チャンスの日曜日です。 本日中に行わなければならない整備は、 バッテリー充電、エンジン始動 ウインカー左側前後、交換 オイル交換 の豪華3本立てのメニューです。 まずは配線図とにらめっこのウインカー前後交換。 これは何とか行きました。作業中にバッテリーが完全に放電してしまい点灯チェックすら [続きを読む]
  • ゼッケン、到着す!
  • 皆様、ラリーの準備に追われる猫の顔のあばら家に、とうとうゼッケンが到着しました! 少なからず興奮してきます。 残された時間はもう少ない物です。テントとシュラフは確保しました。 あとは、フロントとリヤウインカーの交換、エンジンオイル交換、各ワイヤー類の注油、 と、右肩のヒビの修理、携帯電話の充電器の購入、懐中電灯の確保等のもろもろの 作業が残っています。 あと、出発地点の地図確認、道の駅の場所確認、出 [続きを読む]
  • 猫の顔、入金す!
  •  皆様、ぶざまなけがをしたまんまの猫の顔でございます。 先日、当家の大蔵大臣(嫁さん)を三拝九拝して、やっと入金しました。  本人としては、当日までには右肩のヒビ2個所は完治するものとして、ラリー参加可能と見込んでの入金でした。 「今更、まだ、入金してなかったのか?」とおっしゃる向きもあるかと思いますが、重度の万年金欠病に苦しむ猫の顔にとっては、この13000円は非常に大きい出費でした。 さらに、本当に [続きを読む]
  • 猫の顔、再診す!
  • 皆様、猫の顔でございます。 本日午前中に再診をしてきました。この3日ほど、右肩の具合もよくなり、ずいぶんと右手が上に上がるようになってきました。丁度、転んだ当日から1週間経過したのですが、右肩、左足のひざともに大分よくなりました。 医者も、  「あー、大分楽になってきましたか?けれど、まだまだ安静が必要ですからね?」 といい、写真を欲しいというと、  「あー、いいよ。これ、ここの部分、折れてるよ [続きを読む]
  • 猫の顔 負傷す!
  •  本日の整形外科の診察では、肩甲骨に、軽度のひび割れが2個所との事でした。 全治1ヶ月。ホッとしました。 ラリーには間に合います。 CB650を修理して、来るべきSSTRに向けての準備を怠らないようにします。 自身でも完走できる自信がありません。 ラリー中は自分との人間ドラマが展開されると思います。後悔と罵倒。 途中の心の中から、黒色と茶色を混ぜて練るような憤りが出そうである。 やはり残念な結果となる [続きを読む]
  • 猫の顔、転倒す!
  •  皆様、猫の顔でございます。あまりにもぶざまな報告をしなくてはなりません。  浜松合宿を来週に控え、準備に余念の無い猫の顔は、ガソリンスタンドに行き、今のうちから、満タンにして、清々しい気持ちで合宿を迎えるつもりでした。 カバーを外し、車道に愛車のCB650を出しました。チョーク引いて、セル一発!心なしか、セルの回りが遅いなあ!と感じていたら、そのうち、バッテリーが上がってしまいました。  「しょうがね [続きを読む]
  • ラリーに向けたマシンの整備
  •   ようやく春がおとずれた関東、気温も上昇し気持ちもバイクシーズン到来に向けて意気揚々である。5月のラリー出場に向けても刻一刻とカウントダウンが始まり、スタートポイント探索やコース設定に想いを巡らす日々が続く。しかしながら当ブログの猫の顔はエントリーを済ませたものの、いまいち不安が払拭できないでいる。35年間あこがれ続け、一昨年やっと手に入れることができた79年製CB650の調子が思わしくない [続きを読む]
  • 我、ラリーに参戦す!
  •  皆様、猫の顔です。もうすぐ春で浮き足立つ猫の顔に、盟友タロー君から、実にナイスな情報がJR四ッ谷駅近辺の極安居酒屋で入りました。中年男の熱い魂を揺さぶる、ロマン溢れる話でした。国内二輪ラリー参加です。かの有名なパリダカの国内版です。詳細は、下記URLを参照ください。 http://sstr.jp.net/  中年男の、もう一度、世の中の雑音を忘れてひたすら愛車と語り合いながら走り続けたい!そんな1日を過ごしたい!とい [続きを読む]
  • 想い出の雪中ツーリング
  •   関東は今月、2度の週末大雪に見舞われました。第一週目の積雪が溶けぬうちに、さらに第二の大雪が降り注ぎました。積もったのが何れも週末だったので、朝から雪かき大会が近所そこらで開始されます。雪が積もるたびに思いますが、関東の方々は何故そこまで綺麗に除雪をおこなうのでしょうか。各家の塀際には堆く雪が積み上げられ、一方前面のアスファルトには綺麗さっぱりと一粒の雪も残さず取り除かれています。家によっ [続きを読む]
  • 単車の出てくるスクリーン
  •   皆様お寒い事です。猫の顔でございます。会社でもプライベートでも二輪の話では盛り上がってしまう私ですが、映画に二輪が出てくると、どの部分に最も注目するか、言い換えればどの瞬間が最も興奮するか、猫の顔が思い出しながら書いてみます。 二輪が結構な存在感で出てくる映画は、かなりあるのですが、未だに覚えているワンシーンをお話しします。     その1:マッドマックス   二輪の出てくる映画の [続きを読む]
  • 旅の妄想
  •  今が一年で最も寒い時期でしょう。単車に乗りたいという気持ちよりも、寒さに耐えられない弱さが上回ってしまい、部屋で雑誌を読んだりして、頭の中だけで想いを描く週末になっております。  先週末、帰省した時に実家にて発掘した、ちょうど三十年前のバイク雑誌を持ち帰り、今宵もペラペラとめくって、半分過去にタイムスリップしています。      昭和59年の夏に発売された「RAMBLE」は、サイクルサウン [続きを読む]
  • 今年の夢
  • あけましておめでとうございます。  今年は長い休みの割には予定もなく、本日2日までは家でまったりとしております。 部屋の整理をして身の回りにたまったゴタゴタを片づけ、逆に手の届く位置に写真(アルバム)を配置したりしました。  アルバムというのは普段は開くこともありませんが、見る目的でなく何かのタイミングでそれを手にした時にしか開かないものです。でもそんな時のためのアルバム、でもあるような気がします。 [続きを読む]
  • 最近のトレンド
  •   たとえ冬でも晴れている限り、単車に乗りたい年頃なのです。 若い頃は、寒いのにあえて単車に乗ることもなかったような。移動手段の足として、バイト先への足として寒さを我慢してしょうがなしに乗ったことは記憶にあるような気がします。   この先どれだけ単車に乗れるのだろうか、そんなことを考える年齢になると、今のうちに、という気持ちが大きく支配してくるのです。   関東地域に住まう幸せは何と言って [続きを読む]
  • ツーリング後のボヤキ
  •  よくよく中古車には嫌気が差す時があります。 今回のツーリング中でも、数回ありました。そもそもの原因は猫の顔のずぼらな性格です。ツーリングに行く前にはしておかなければならない整備を猫の顔がサボったからです。以下、愛車CB650に対する嫌気が差した猫の顔のボヤキです。 【その1 ドライブチェーン】  少し伸び気味かなぁ?とは薄々感じていました。出発前に、サイドスタンドの状態でチェーンを見たら、「多 [続きを読む]
  • 深夜の咆哮
  • 皆様、お寒くなりました。猫の顔でございます。 実は、復帰第1戦ツーリングの最終段階で、忘れ去る事が出来ない出来事があったのです。   その夜、といっても深夜の3時頃でしょうか? 中央高速国立府中インターを出るころには街中にも車もチラホラしか走っていない状態でした。寒さと孤独感、ここまで帰ってきたという安心感やらがごちゃ混ぜになった猫の顔の頭の中は少しでも早く布団に入って寝ることしか考えていませんで [続きを読む]
  • 復帰第一戦ツーリング
  •  皆様、猫の顔でございます。先日、わが社の二輪車フリークによる「東西合同ツーリング」に参加してきました。結婚してはや20年、当時の愛車のCB750Fourが車検切れになって以来、また、CB650を入手して以来の、初の泊りがけロングツーリングをしてきました。当初は、走り出してから、嫌気がさして途中でリタイヤするのではないかと自分で心配していましたが、なんとか最後まで自走で帰ってきました。  その工程は、初日には東 [続きを読む]
  • 大人の走り
  •  メンテナンスフリーのインジェクションは、如何なる状況においても常にその時に必要、かつ適正な出力を引き出すべく1401ccのシリンダーに燃料を噴射させる。サービスマニュアルには、始動時には四気筒全てに噴射、定常時にはそれぞれの気筒の爆発タイミングを見計らって噴射させる、と記載されていた。その必要最小限の燃料コントロールによるところなのか、燃費もCB750FOURの20km/L弱とほぼ変わらない事に驚く。  今朝の出発 [続きを読む]
  • 美しきCB No.3
  • 全国三万人の読者の皆様、猫の顔でございます。先日、東京ビッグサイトで開催された、「東京国際消防防災展2013」に行って来ました。猫の顔の会社の業界の博覧会です。 その中に、おおお!と呼べる二輪車があったので撮影して来ました。 消防隊員の乗る赤バイです。ホンダドリームCB350です。ヘッドランプボディに収納されたコンビメーターの、60年代の雰囲気が泣かせてくれます。 当時の消防隊員は、おまけの自動二輪 [続きを読む]