タロー さん プロフィール

  •  
タローさん: あぶら点検窓
ハンドル名タロー さん
ブログタイトルあぶら点検窓
サイト紹介文70〜80年代の単車について親父たちが、語らう。。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2010/05/20 20:35

タロー さんのブログ記事

  • キックスターターの有難さ
  • 皆様、猫の顔でございます。 本日午前中に再診をしてきました。この3日ほど、右肩の具合もよくなり、ずいぶんと右手が上に上がるようになってきました。丁度、転んだ当日から1週間経過したのですが、右肩、左足のひざともに大分よくなりました。 医者も、  「あー、大分楽になってきましたか?けれど、まだまだ安静が必要ですからね?」 といい、写真を欲しいというと、  「あー、いいよ。これ、ここの部分、折れてるよ [続きを読む]
  • 猫の顔 負傷す!
  •  本日の整形外科の診察では、肩甲骨に、軽度のひび割れが2個所との事でした。 全治1ヶ月。ホッとしました。 ラリーには間に合います。 CB650を修理して、来るべきSSTRに向けての準備を怠らないようにします。 自身でも完走できる自信がありません。 ラリー中は自分との人間ドラマが展開されると思います。後悔と罵倒。 途中の心の中から、黒色と茶色を混ぜて練るような憤りが出そうである。 やはり残念な結果となる [続きを読む]
  • 猫の顔、転倒す!
  •  皆様、猫の顔でございます。あまりにもぶざまな報告をしなくてはなりません。  浜松合宿を来週に控え、準備に余念の無い猫の顔は、ガソリンスタンドに行き、今のうちから、満タンにして、清々しい気持ちで合宿を迎えるつもりでした。 カバーを外し、車道に愛車のCB650を出しました。チョーク引いて、セル一発!心なしか、セルの回りが遅いなあ!と感じていたら、そのうち、バッテリーが上がってしまいました。  「しょうがね [続きを読む]
  • ラリーに向けたマシンの整備
  •   ようやく春がおとずれた関東、気温も上昇し気持ちもバイクシーズン到来に向けて意気揚々である。5月のラリー出場に向けても刻一刻とカウントダウンが始まり、スタートポイント探索やコース設定に想いを巡らす日々が続く。しかしながら当ブログの猫の顔はエントリーを済ませたものの、いまいち不安が払拭できないでいる。35年間あこがれ続け、一昨年やっと手に入れることができた79年製CB650の調子が思わしくない [続きを読む]
  • 我、ラリーに参戦す!
  •  皆様、猫の顔です。もうすぐ春で浮き足立つ猫の顔に、盟友タロー君から、実にナイスな情報がJR四ッ谷駅近辺の極安居酒屋で入りました。中年男の熱い魂を揺さぶる、ロマン溢れる話でした。国内二輪ラリー参加です。かの有名なパリダカの国内版です。詳細は、下記URLを参照ください。 http://sstr.jp.net/  中年男の、もう一度、世の中の雑音を忘れてひたすら愛車と語り合いながら走り続けたい!そんな1日を過ごしたい!とい [続きを読む]
  • 想い出の雪中ツーリング
  •   関東は今月、2度の週末大雪に見舞われました。第一週目の積雪が溶けぬうちに、さらに第二の大雪が降り注ぎました。積もったのが何れも週末だったので、朝から雪かき大会が近所そこらで開始されます。雪が積もるたびに思いますが、関東の方々は何故そこまで綺麗に除雪をおこなうのでしょうか。各家の塀際には堆く雪が積み上げられ、一方前面のアスファルトには綺麗さっぱりと一粒の雪も残さず取り除かれています。家によっ [続きを読む]
  • 単車の出てくるスクリーン
  •   皆様お寒い事です。猫の顔でございます。会社でもプライベートでも二輪の話では盛り上がってしまう私ですが、映画に二輪が出てくると、どの部分に最も注目するか、言い換えればどの瞬間が最も興奮するか、猫の顔が思い出しながら書いてみます。 二輪が結構な存在感で出てくる映画は、かなりあるのですが、未だに覚えているワンシーンをお話しします。     その1:マッドマックス   二輪の出てくる映画の [続きを読む]
  • 旅の妄想
  •  今が一年で最も寒い時期でしょう。単車に乗りたいという気持ちよりも、寒さに耐えられない弱さが上回ってしまい、部屋で雑誌を読んだりして、頭の中だけで想いを描く週末になっております。  先週末、帰省した時に実家にて発掘した、ちょうど三十年前のバイク雑誌を持ち帰り、今宵もペラペラとめくって、半分過去にタイムスリップしています。      昭和59年の夏に発売された「RAMBLE」は、サイクルサウン [続きを読む]
  • 今年の夢
  • あけましておめでとうございます。  今年は長い休みの割には予定もなく、本日2日までは家でまったりとしております。 部屋の整理をして身の回りにたまったゴタゴタを片づけ、逆に手の届く位置に写真(アルバム)を配置したりしました。  アルバムというのは普段は開くこともありませんが、見る目的でなく何かのタイミングでそれを手にした時にしか開かないものです。でもそんな時のためのアルバム、でもあるような気がします。 [続きを読む]
  • 最近のトレンド
  •   たとえ冬でも晴れている限り、単車に乗りたい年頃なのです。 若い頃は、寒いのにあえて単車に乗ることもなかったような。移動手段の足として、バイト先への足として寒さを我慢してしょうがなしに乗ったことは記憶にあるような気がします。   この先どれだけ単車に乗れるのだろうか、そんなことを考える年齢になると、今のうちに、という気持ちが大きく支配してくるのです。   関東地域に住まう幸せは何と言って [続きを読む]
  • ツーリング後のボヤキ
  •  よくよく中古車には嫌気が差す時があります。 今回のツーリング中でも、数回ありました。そもそもの原因は猫の顔のずぼらな性格です。ツーリングに行く前にはしておかなければならない整備を猫の顔がサボったからです。以下、愛車CB650に対する嫌気が差した猫の顔のボヤキです。 【その1 ドライブチェーン】  少し伸び気味かなぁ?とは薄々感じていました。出発前に、サイドスタンドの状態でチェーンを見たら、「多 [続きを読む]
  • 深夜の咆哮
  • 皆様、お寒くなりました。猫の顔でございます。 実は、復帰第1戦ツーリングの最終段階で、忘れ去る事が出来ない出来事があったのです。   その夜、といっても深夜の3時頃でしょうか? 中央高速国立府中インターを出るころには街中にも車もチラホラしか走っていない状態でした。寒さと孤独感、ここまで帰ってきたという安心感やらがごちゃ混ぜになった猫の顔の頭の中は少しでも早く布団に入って寝ることしか考えていませんで [続きを読む]
  • 復帰第一戦ツーリング
  •  皆様、猫の顔でございます。先日、わが社の二輪車フリークによる「東西合同ツーリング」に参加してきました。結婚してはや20年、当時の愛車のCB750Fourが車検切れになって以来、また、CB650を入手して以来の、初の泊りがけロングツーリングをしてきました。当初は、走り出してから、嫌気がさして途中でリタイヤするのではないかと自分で心配していましたが、なんとか最後まで自走で帰ってきました。  その工程は、初日には東 [続きを読む]
  • 大人の走り
  •  メンテナンスフリーのインジェクションは、如何なる状況においても常にその時に必要、かつ適正な出力を引き出すべく1401ccのシリンダーに燃料を噴射させる。サービスマニュアルには、始動時には四気筒全てに噴射、定常時にはそれぞれの気筒の爆発タイミングを見計らって噴射させる、と記載されていた。その必要最小限の燃料コントロールによるところなのか、燃費もCB750FOURの20km/L弱とほぼ変わらない事に驚く。  今朝の出発 [続きを読む]
  • 美しきCB No.3
  • 全国三万人の読者の皆様、猫の顔でございます。先日、東京ビッグサイトで開催された、「東京国際消防防災展2013」に行って来ました。猫の顔の会社の業界の博覧会です。 その中に、おおお!と呼べる二輪車があったので撮影して来ました。 消防隊員の乗る赤バイです。ホンダドリームCB350です。ヘッドランプボディに収納されたコンビメーターの、60年代の雰囲気が泣かせてくれます。 当時の消防隊員は、おまけの自動二輪 [続きを読む]
  • 美しきCB No.2
  •  この前の三連休に、リアシートに設置するバッグを購入すべく、猫の顔は2輪館府中店に向かったのでした。愛車CB650は調子良く、ニュートラルがで辛い以外は問題なく甲州街道走りました。  2輪館でお目当てのバッグを残り2つの中から買いました。これで、日帰りショートツーリングなら荷物に煩うことなく楽しめるでしょう。2輪館から出ると愛車CB650の隣になんと!CB550Fが停めてあるではないですか!我が [続きを読む]
  • 美しきCB 
  •   9月最初の連休は、所有するCB750FOURを事情があって一時的に実家の車庫に移すための軽トラックによる移送ツーリングを敢行することとなった。土日の日程でしかも24時間以内で川崎―金沢を往復する計画としたが、日曜日は台風18号の影響が懸念され、一刻も早く帰ってこなくてはならぬ。いわゆる金沢弾丸ツーリングと相成るのである。   首都圏と金沢はいくつものルートがあり、移動の目的によってその選択肢の多さは「 [続きを読む]
  • 去り行く夏を偲んで
  •  猫の顔でございます。とうとう9月になりました。悩んで居ても仕方ないので、友人のタロー君の自宅で修理調整をする事にしました。まだまだ日差しが強い午後の12時半に猫の顔は、愛車CB650に火を入れたのでした。むしろ悲しくなるようなくらいのかかりの良さでした。セル一発です。これで何で白煙モクモクなのか泣けてきます。暖気もそこそこに、走り出しました。冷えているときはもたつくエンジンも、この酷暑にすぐに暖 [続きを読む]
  • 旧車マニアのつぶやき
  •  わたくしこと猫の顔のCB650のエンジンが不調である。  不調の詳細は、1番と2番のエキパイが接続されている左側マフラーからの高速時の白煙と、暖気後のミッションの固さ、特にニュートラルを出すのが非常に困難になることである。 マフラーからの白煙は、色々知人や有名ショップに訊いてみたが明確な原因は得られなかった。ピストンリングの磨耗による、オイル上がりとの見方が最も疑わしいのであるが、左側半分の二気 [続きを読む]
  • 単車好きの人々に支えられて
  •  約2か月ぶりにセルモータを回す。海外アジア製のバッテリーは劣化もなく十分な電力をセルモーターに注ぎ込む。一方、4気筒はすぐには目覚めてはくれない。チョークの力も借りようやく爆発を始めたエンジンは、HM300の咆哮を奏で始める。  やはりこれに勝るサウンドはないな。。。。。  2年毎にやってくる車検に備え、保安部品の動作確認に加えて少し前にホームセンターで購入しておいたH4 5100K 130/120W相当 という [続きを読む]
  • 試乗越四合二杓的排気量発動機保持二輪車
  •  我こと猫の顔は、自身の参拾参年の自動二輪車人生において二度めの越四合二勺的排気量発動機保持二輪車に乗車せり。乗車しむるは、最新型の、遠州はコレダ式GSX1400なる自動二輪車なり。  初めて現物を拝見せし時には、かなりの肉惑的車体に、速度感や加速よりも、官能的な魅力さえ感じせしめる物なり。尚且つ跨がると、自身の身体が密着するかのような造形の巧みさに感動すら覚えたり。コレダ式お得意の油冷発動機は、 [続きを読む]
  • 試乗! SUZUKI GSX1400
  •  全国三万人の読者の皆様、猫の顔でございます。お暑うございます。  私こと猫の顔は、自身の33年の2輪車人生において二度めのオーバーナナハンに乗車しました。乗車したのは、最新型とも言える、SUZUKIのGSX1400という2輪車です。  初めて現物を見た時に、かなりのグラマラスな肢体に、スピードや加速よりも、官能的な魅力さえ感じてしまいました。それでいて、跨がると、自身の身体がフィットするような造形の [続きを読む]
  • あぶ点商会 SUZUKI GT750入荷
  • この2輪のどこを見ても欠点は見当たらない。 完成されたスズキの2サイクル3気筒が、市販車初の水冷方式で登場した1台。 夏場の渋滞では?連続高速運転では?そしてそのスタミナは?燃費は? そのすべてに「大いなる余裕」という明確な答えを持つ1台。 電動ファン付きラジエーターで静粛性を極めたエンジンと鉛筆マフラーからの排気煙が、71年のあのころの夏によみがえらせてくれる。 SRISの作動状況もよく残った現車は、 [続きを読む]
  • あぶ点商会 XJ400入荷
  •  各社から400マルチが出揃うまでの黎明期の80年に発売された極初期型のXJ400を入荷。  オリジナルペイントの銀に青ラインの美しいタンクは健在。ゴージャスなメーターバネルからは、実走行距離3万4千キロの数字に助けられる。キーを回せば、電圧計の針の動きが健全なバッテリーの状態を示し、予想通りの背面設置のセル一発始動。タンデムライダーの為のラバー付きバーと共に、かつての恋人と二人乗りのライディング [続きを読む]
  • あぶ点商会 開店!
  •  このたび猫の顔こと店主の私は、東京都某市に、「あぶ点商会」を始めることにしました。その狙いは、健全なる二輪旧車の修理、販売を通しての旧車文化の拡張と浸透、社会的地位向上を目指すとしています。  毎回、弊社の独自の選択基準から選別した貴重な旧車の販売コーナーでのご紹介を通して、50代のおとっつあん達のかすかな夢、一服の清涼剤、ある意味ではもしかしたらの回春剤に近い効果を目指すことを目的として、ブログ [続きを読む]
タローさん 携帯プロフィール QRコード