どんぐり70 さん プロフィール

  •  
どんぐり70さん: 70歳の脇見運転
ハンドル名どんぐり70 さん
ブログタイトル70歳の脇見運転
ブログURLhttp://wakimi70.hamazo.tv/
サイト紹介文70歳代に突入した爺様が、政治、旅行、雑感などを書く徒然日記。浜松在住。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供296回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2010/05/21 18:49

どんぐり70 さんのブログ記事

  • 写真の勉強会
  • 昨日は、写真の勉強会に行きました。「サークル写友」に入っている友人の誘いで写真の撮り方全般を指導してくれる。昨日は、ピントの合わせ方と構図の決め方、それに撮影。今回の講習時間は全32時間コース。これが終わると、今後定期的にサークルをつくって撮影会を行なおうという案もある。参加者は約30人、撮影会は現地集合したり、バスに乗って各地に撮影会に行くのだが、どうしようかと迷っている。目的は勿論親睦と展示会 [続きを読む]
  • 長坂養蜂場が面白い
  • 浜松市三ヶ日、長坂養蜂場が面白い。この熱い最中、蜂蜜が暑さ対策、美容と健康にいいと言うので訪れた。ここに来ると、全てが蜂蜜。まず訪れる全員に冷えた蜂蜜レモンがいただける。いろいろな花の国産蜂蜜の瓶詰めは勿論の事、蜂蜜デ二シュ食パン、蜂蜜ミルクジェラード、蜂蜜飴など・・それに蜂の巣が間近でみられ蜜蜂の働く姿が見られ興味が沸く。そこで、蜂蜜の瓶詰、食パン、飴を買いこんだ。我が家では、昔、祖父が蜜蜂を飼 [続きを読む]
  • 人生マラソンを走り続ける!
  •     マラソンを走りだして、もう何年になるだろう?    全くゴールの見えないマラソンだ。    追い付き、追い越され、そしてこれからも    それは果てしなく続く・・のだ        途中、水分補給したり、青春したり・・    人は皆、生まれ落ちるとすぐ人生マラソンを走りだす・・    命つきるまで・・ [続きを読む]
  • 大福寺の猫
  • 昨日の事、三ヶ日大福寺に行くと、山門に猫が一匹寝そべっていました。コンクリートの上が涼しいのでしょうね。性別、飼い猫などの区別は全くわかりません。ここは、大福寺だから「福ちゃん」と呼ぶことにしましょう・・福ちゃん!と呼ぶと、なんとか細い声で「にゃー」と答えて近寄ってきます。おそらく、お寺にいる猫だから誰からもいじめられないのでしょう。私たちは、大福寺納豆を買い帰りましたが「福ちゃん、さよなら」とい [続きを読む]
  • 湖北五山・大福寺に行く
  • 今日は、従弟に誘われて湖北五山のひとつ三ヶ日の大福寺に行きました。この暑いのに大変です、真言宗瑠璃山大福寺、ご本尊は薬師如来です。ここにこんな言葉が書かれていました、ご覧ください。朝は希望に起き、昼は努力に活き、夜は感謝に眠る・・そんな生活を送りたいものですね。 [続きを読む]
  • 青鷺(アオサギ)の話
  • あなたは、こんな話を信じるだろうか?清水邸の湧水池に長い間アオサギが棲んでいた。観光客相手に愛嬌を振りまいていたが、いつの日かいなくなった。そしていつしか人々の話題から消えた。ある日、掃除の為、湧水池から引き揚げた木の枝が、あまりにもアオサギに似ていると評判になった。「きっと、この枝はアオサギの化身に違いない!」誰言うともなく、そんな噂が広がった。「この枝を捨てるのは、なぜか気がひける」その時学芸 [続きを読む]
  • 今日は、写真の勉強だ。
  • 私は、今まで写真に対して基本から勉強したことは無い。それで今回、基本から勉強しようと考えて全32時間の講義を受けることにした。聴講生は約30人、男女とも年齢層はそれぞれに分かれている。カメラは今あるものでよい、と言うが、皆さん高級カメラを持っていたよ。今日の科目は、レンズ。レンズと言っても種類が多い。例えば、単体レンズ、魚眼レンズ、超広角レンズ、広角レンズ、標準レンズ、中望遠レンズ、望遠レンズ、ミ [続きを読む]
  • 暑い日が続きますね。
  • 昨日は暑い最中だというのに庭屋さんが来てくれました。つつじと山茶花の剪定、庭全体の消毒、夏草がぼうぼうとなった除草です。ところが、天の神は皮肉、朝起きると雨音がしているではありませんか?折角散布した消毒、除草剤が台無し・・あゝ可哀想・・早速電話すると彼曰く、九月の初めにもう一度行くよ!だって・・ウーン。庭屋さん、暑い時、ご苦労様でした、感謝・・ [続きを読む]
  • 夏草が生え、まるでジャングル
  • このところ暑い日が続きます。おかげで我が家の庭、夏草が生い茂りまるでジャングルのよう(笑い)、孫娘が学校から帰り「じいじ草生えたね・・」と笑う。そこで、暑い盛りながら今日庭屋さんに来てもらうことにした。さつきの剪定、庭全体の消毒、ジャングル化した庭の除草。「それくらい自分でやれよ!」と言われそうだが、もう以前のようにはいかぬまいった。別棟にいる長男も意欲なさそう、となるとお願いするしかない。ところ [続きを読む]
  • 天敵を恐れよ!
  • 以前の事、岐阜県下呂温泉から郡上八幡へ行く途中、和良村というところがある。ここに念興寺というお寺様があるのだが、このお寺に鬼のミイラが保存されているので立ち寄った。写真撮影は厳禁だと言うので撮れなかったが、そこには、角が生え口が耳まで裂けた鬼のミイラを見た、見るからにおっかない!!鬼とはなんぞや!自然界には、どんな動物にも天敵と言われるものが存在する。蛙に蛇、ねずみに猫、数えればきりがない。自然界 [続きを読む]
  • 命綱をわが手で・・
  • 「父親には、へその緒切りをすすめます」母子の命綱をわが手で断つ。その感動が何物にも代えがたいのです。以前、三重県で、助産婦をされていた安保さんの言葉だ、いまだに忘れることはできない。更に「人の命の始まりと終わりは決して自由にはならない」のです、とも・・昔は、自宅出産が普通だった。家族が見守る中で出産が行われ、年寄は住み慣れた家で、家族に見守られながら亡くなった。それを間近に見ることで、命の尊さを学 [続きを読む]
  • 囲碁愛好会のこと
  • 昨日の事、夏風邪だというのに、誘われて浜北囲碁愛好会に見学に行った。会員の友人とはじめて出席したのだが30人ほどの方がみえ盤を挟んでぱちり、ぱちり。会長さんから「どのくらいですか?」と聞かれ「初めてです!」「そうですか、ではランクをつけましょう」ということで先生と対戦した。それはそうだ、ランクが無いと相手のしようもない。一番終わって先生曰く「初めてなんて嘘ばっかり、相當打っておられる・・」というわ [続きを読む]
  • 囲碁初段!
  • 半年がかりで挑戦した囲碁の初段、どうやら規定の目標に届き、昨日のこと「初段認定申請書」を、日本棋院に提出した。「囲碁年鑑」に掲載され、允許状がきたらご紹介するが、まぁやれやれである。次なる目標は、将棋の二段、初段は持っているから二段ということになる。目標を持つことは必要。何にもせずに過ごしても一生、目的に向かって、わずかな努力をしてもこれまた一生。家に允許状が架けてあれば、おやじも頑張ったのだなぁ [続きを読む]
  • 極楽寺の和菓子処、福むらさん
  • 紫陽花寺で有名な極楽寺の入り口に、紫陽花の咲く時期だけお店を開く、和菓子処「福むらさん」がある。今から6年も前の事写真撮りに訪れた。その時ここで休憩したことからお知り合いになった。以来、紫陽花の季節には必ず訪れるようになった。福むらさんのお菓子はおいしい。梅衣、みそ饅頭、水羊羹、焼き菓子など、最近は紫陽花にちなんで「紫陽花水饅頭」が出されているが、これがまたおいしい。先日、写真の撮影のため訪れると [続きを読む]
  • 時のなせる業(わざ)
  • 人間は、生まれ、育ち、やがて年老いる。誰のせいでもない時のなせる業だ。俺だけは、歳なんかとるものか、と息巻くお兄ちゃん。お化粧で武装したお姉ちゃんだって、やがて必ず年老いる。こんな筈じゃなかったと気付いた時にはもう遅い、階段をハアハア息を切らせて登り、畳のヘリにけつまずいたり、たまに会った同級生のシラガやハゲが、やけに気になったり、何よりも朝刊のお悔やみ欄をイの一番に、眼を通すようになった時、あち [続きを読む]
  • 今日は知事選の投票日
  • 今日6月25日は静岡県知事選挙の投票日です。昨日の事、25日の投票日は町の公民館が投票場所になるのだが、駐車場が狭いため混み合う、そこで前日区役所に行き期日前投票をするようにしている。訪れたこの日、東区役所は大賑わいだった。争点もあまりなく、盛り上がりに欠ける選挙ではあるが、与えられた貴重な一票、棄権したことは無い。終わって、息子孫たちと夕食、ほんの少しの間だが、離れていて久しぶりに会うとその成長 [続きを読む]
  • 将棋の加藤九段の引退
  • 今日は、今をときめく藤井聡太四段が28連勝をかけて戦う、中学3年生。たかが将棋と言うなかれ、プロになるには数々の段階をクリァーしてはじめて為せること。今日の結果がけだし見ものだ。そんな中、同じ将棋のヒフミンこと加藤一二三九段の引退が決まった。加藤九段と言えば元祖天才少年、藤井四段に破られるまでは、彼が記録を持ち続けていた。77歳、新しいスター誕生に合わせて加藤九段が引退に追い込まれたのも因縁のなせ [続きを読む]
  • 落ち葉の里、親水公園
  • 昨日の事、湖西市「落葉の里親水公園」に行くと、良い子たちが大勢遊んでいました。シャボン玉遊びをしています。泡が遠くまで飛ぶのがうれしくて仕方がないらしく、カメラを向けると、写して・・とそばに寄ってきます。純真な気持ちが伝わり気持ちいい、子供って可愛いですね。落ち葉の里親水公園は、梅の花の咲く頃か紅葉の季節がおすすめです。健脚の方は、旧豊川道を歩いて廃寺跡まで行くといい、浜名湖が一望できます。 [続きを読む]
  • 父の日、寿司の差し入れ
  • 今日は父の日、本人の私は高校時代の友人の写真展を見に行ったのだが、帰ると息子から、寿司の差し入れがあったという。魚河岸寿司のものだから、みるからに具が大きくおいしそう。晩は行きつけの大衆割烹でもいこうかな、と、思っていたので得しちゃったよ。「たかが寿司」ということなかれ、何よも「父の日」ということを忘れずにいてくれたことがうれしいのさ。 [続きを読む]
  • 古い時代の柱時計
  • この柱時計が、本当に明治時代につくられたものか、大正時代につくられたものかわかりません。でも、明治28年生まれの祖母が、18歳でこの家に嫁ぎ、その時あった?というからかなり古いものであることだけは事実のようです。それからというもの、いつも我が家の壁にかかり、場所は変われど、時がくるとコントラバスの音色のような低音のボーン、ボーンと時を告げていました。いつしかこの時計も引退、床の間の片隅にいたのです [続きを読む]
  • 拾得物の扱い
  • 今から三か月前のこと、スーパーの駐車場で紙袋を拾った。中を見ると、〇万円入っていたので、びっくりしてすぐに派出所に届け出た。それから、三か月が経つ、持ち主が現れてほしいな?と思いつつ警察に行くと、落とした人は現われることなくそのまま私に返された。警察に「どうすりゃいいですか?」というと、「あなたのものです、ご自由に・・」という。そこで、いろいろ考えたが、小遣いにするのは気持ち悪いから、社会福祉協議 [続きを読む]
  • 時の記念日
  • 今日は時の記念日ですね。お店をおしまいにしたこのところ、家の中の整理をしようと手がけている。今まで家を三度建て替えたから、その都度古い不用物は処理してきたつもりだが、まだ残っていた。それが、桐箪笥と柱時計、古着の類。古着は中には明治大正時代のものも含まれていたが、ようやく廃品回収で処分した。あとは、桐箪笥と柱時計。桐箪笥は「ほしい」という人があるからその人にあげるとして、柱時計がある。そう、よく骨 [続きを読む]
  • 季節の魚、いさきの刺身
  • 今日はいいことがあった。組合で共に役員を務めたM氏から連絡があり、いさきが釣れたので刺身にした、取りに来ないか?彼はFBもやっていてともに友達、その心がうれしく訪れて、久しぶりに旧交を温めた。さすが、季節の魚だけあって新鮮でおいしい。肝や卵は味噌汁に入れるといいそうだ。明日の朝が楽しみ・・ [続きを読む]
  • 笑顔!
  • 東海地方も「梅雨入りした」と気象庁から発表があった。今日の浜松、しとしとと雨が降り続いている、いよいよ梅雨の季節到来ですね。やはり、四季と言うものは、暑い時期には暑く、寒い時期には寒くなければ困ります、少しばかり外出が不自由でも我慢しないと、この気候で、生活している方だつて大勢いらっしゃる。ところで、私ごとだが、この時期になると、三年ばかり前に患った「脊椎間狭窄症」がぶり返す、痛くなるのだ。お医者 [続きを読む]