テン3 さん プロフィール

  •  
テン3さん: テン3の旅行・探検blog
ハンドル名テン3 さん
ブログタイトルテン3の旅行・探検blog
ブログURLhttp://tenten333.blog118.fc2.com/
サイト紹介文国内外の旅行・探検日記を紹介します。探検日記は主に鉱物採集と廃墟探訪日記です^^
自由文写真が続く限り更新しますwよろしくお願いします^^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/05/23 02:59

テン3 さんのブログ記事

  • 軍艦島見学ツアー〜上陸編〜
  • 本日は、軍艦島見学ツアー上陸編を^^↑上陸直前のところですが、天気は良かったのですが、意外と波が強く、船を岸に付ける際にも結構係の人が苦労していました。。少しでも風が強い場合は、更に条件が厳しくなることを考えると、幸運だったのだと思いましたね〜。↑無許可での立ち入り監視は当然ながら厳しいようです↑ついに上陸。。草木も生えており、時間の経過を感じます。。↑間近で見る廃墟群は遠方から見るのとはまた違っ [続きを読む]
  • 軍艦島見学ツアー〜周遊part2〜
  • 本日は、軍艦島ツアーの続きを^^今回は上陸編を予定しておりましたが、結構上陸前の周遊写真が多かったため、part2としますm(_ _)m少し接写気味の写真を一気に・・。ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします(^^)ノFC2 Blog Ranking [続きを読む]
  • 軍艦島見学ツアー〜周遊
  • 本日は、長崎県の軍艦島を^^九州に行ったらここだけは絶対に行きたいと思っていたところで、ついに念願が叶いました^^当日は天気もまずまずで、何とか運も味方してくれたようです。↑外装も廃墟探訪仕様のような?船で軍艦島まで向かいます↑世界遺産になったからでしょうか、見学ツアーは満員御礼です。結構な人でしたね〜。。↑坂の街、長崎と呼ばれる理由が一目でわかるくらい、斜面に家が建ち並んでいます↑そして出発!↑ [続きを読む]
  • 浜野浦の棚田夕景(佐賀県)
  • 本日は、佐賀県玄海町にある、浜野浦の棚田を^^棚田は結構好きで、海岸に面する浜野浦の棚田は是非見たいと思い、ちょっと遠かったですが、訪れてみました。↑海に面する見事な棚田でした^^↑谷部の斜面に石を積んで作られた棚田であることが近くで見ると、わかります。こういう斜面まで昔の人は何とか耕作地として使おうとしていたことを考えると、その労力は相当なものだったことと思います。。↑夕暮れ時は絶景ということで [続きを読む]
  • 太宰府天満宮参拝(福岡県)
  • 本日は、福岡県の太宰府天満宮を^^GW中に初めて九州を訪れたので、しばらくは九州旅行記になりますm(_ _)m↑学業の神様、菅原道真を祀った神社ということで、学業の面(とはいってもそれほどもう試験も受けないですが・・・(^^;)でご利益にあやかれれば・・・と思っていましたが、さすがは全国区の神社だけあり、かなりの人出でしたね〜。。↑「太宰府天満宮」神社の名前がカッコイイです。。↑縁道のスタバも特別仕様でしょう [続きを読む]
  • 土湯こけし祭り2017 (福島県)
  • 本日は、土湯温泉の散策と土湯こけし祭りを^^土湯こけし祭りは、2017年4月15〜16日に行われたこけしのイベントで、今回初めての参加でした↑こけし祭りは温泉街の広場で行われており、広場中央には土湯系こけしの提灯がありました↑夜には明りが灯るのかもしれませんが、やはり若干のコワさもあるような気がします・・(^^;↑東北地方では、温泉地=こけし産地となっている所が多いようです↑他の地域からゲスト参加された招待工 [続きを読む]
  • 西行戻しの松公園からの松島風景(宮城県)
  • 本日は、久々に見た松島の風景を^^↑海沿いの道路から山側に上ったところにある展望台↑「西行戻しの松公園」にもなっており、春には美しい桜と松島風景とのコラボが見られるようですが、訪れた日は桜開花前だったため、残念ながら桜は見ることが出来ませんでしたが・・・(^^;↑それでも松島のリアス海岸は絶景です。。↑松島は看板によると、平安時代以来、歌材として多くの歌に詠まれていたようですが、やはり一番有名なのは、 [続きを読む]
  • 鳴子の日本こけし館(宮城県)
  • 本日は、宮城県大崎市鳴子にある日本こけし館を^^最近、こけしがちょっとしたマイブームということで、鳴子のこけし館に行ってみました。↑斜面に設置されたこけしが目印です。結構わかり易いです^^↑冬期間(3月まで)は閉館しており、4月〜の開館に合わせて訪れました↑内部は撮影禁止のため、パンフレットからの引用です。こけしは東北特有の木地玩具で、現在は11の系統があります。鳴子はこけしの最も古い産地というこ [続きを読む]
  • 秋田市赤レンガ郷土館(秋田県)
  • 本日は、秋田市赤レンガ郷土館を^^赤れんが館(秋田市HPより)旧秋田銀行本店として、明治42年着工、同45年に完成した建物で、昭和56年に寄贈された。秋田市では明治期の貴重な洋風建築を後世に残すべく、修復を行い、昭和60年に秋田市立赤れんが郷土館として開館した。明治末期に完成した洋風建築ですが、現在も補修され、秋田市の主要な観光スポットの一つとしてその姿を残しています↑正面から↑旧秋田銀行本店本館として使われ [続きを読む]
  • 秋田市 旧金子家住宅(秋田県)
  • 本日は、前回のねぶり流し館に隣接する、秋田市旧金子家住宅を^^ こちらの施設は、江戸時代後期に質屋・古着商として開かれ、明治初期には呉服や錦織物、麻織物の卸商の店舗となっていた建物で、昭和57年まで、この店で商売が営まれていたようです。建物は主屋一棟、土蔵一棟からなり、平成9年に江戸時代後期の伝統的建築物として、秋田市指定有形文化財として指定されております。↑竿灯の実演を見学したねぶり流し館に隣接し [続きを読む]
  • 秋田市ねぶり流し館-竿灯実演-(秋田県)
  • 本日は、秋田市民俗芸能伝承館(ねぶり流し館)を^^↑この日も相変わらずの雪景色でした・・(^^;↑ここでは右に展示されているように、秋田市の伝統行事、特に秋田の竿灯についての展示がされています↑カミのワザ!竿灯の持ち手の様々な業は長年の鍛錬で培った、まさに職人技です↑こちらもよく見る、あきたびじ(ょ)ん↑秋田市民俗芸能地図竿灯の他にも色々な民俗芸能があるようです↑まだまだ知らない行事もたくさんあります↑竿 [続きを読む]
  • なまはげ柴灯(せど)まつり2017-part2-(秋田県)
  • 本日は、前回に引き続き、なまはげ柴灯(せど)まつりを^^↑まずは祭りの中でも最大の見どころ、なまはげ太鼓です^^↑なまはげに扮した地元の太鼓団体の演奏ですが、とても迫力があり、盛り上がります。祭り期間は3日ですが、各団体日替わりで担当されているようです。↑太鼓の演奏はもちろんのこと、パフォーマンスも躍動感があり、素晴らしかったです^^男鹿半島の施設ではほぼ通年で講演が行われているそうですので、祭り期 [続きを読む]
  • なまはげ柴灯(せど)まつり2017-part1-(秋田県)
  • 本日は、秋田県の「なまはげ柴灯(せど)まつり」を^^初めて参加してからなまはげにハマっていまして、3年連続の参加になります^^秋田県の男鹿半島の年末行事として行われている、なまはげ行事を体験できる冬まつりです。みちのく五大冬まつりの一つに数えられ、毎年多くの観光客で賑わいます。外国からのお客さんも結構いるようです。恐らく観光ツアーが多いかと思いますが、外国からなまはげを見に来るというのもなかなか通で [続きを読む]
  • リニューアル後の細倉マインパーク
  • 本日は、宮城県栗原市の細倉マインパークを^^細倉マインパークは、細倉鉱山の坑道を観光坑道として公開している施設で、2016年7月にリニューアルオープンしました。↑東北の主なマインパークとしては、秋田の尾去沢鉱山と宮城の細倉鉱山が有名かと思います。↑時代の流れか、お客さんはそれほど多くはないようです。。↑リニューアル後は大分シンプルになった印象を受けました↑坑道内もしっかりとリニューアル。以前は鉱山と関 [続きを読む]
  • 霞城公園と最上義光像(山形県)
  • 本日は、山形市の霞城公園と最上義光像を^^↑霞城公園は、最上氏の築城で、公園内にある山形城址は日本百名城にも数えられているようです。多数の土塁、立派な堀、石垣が印象的でした↑仙台と言えば伊達氏、米沢と言えば上杉氏、そして山形市と言えば知名度が若干下がるかと思いますが、最上氏になります。↑復元されたお城もなかなか立派です。。↑そして堀の脇には線路が通ります。。↑復元された城を見ると、当時の最上氏も一 [続きを読む]
  • 天童市将棋資料館-スターウォーズの駒展示-
  • 本日は、山形県天童市の将棋資料館を^^天童市といえば、全国的にも将棋の駒の産地として有名ですが、やはりと言いますか、将棋の駒に関する資料館があります。↑場所はJR天童駅の駅ビル?にあります↑上手いのか、そうでもないのか・・・↑早速入ってみます^^↑入るといきなり、スターウォーズの駒が!ねぶたのスターウォーズもありましたが、こちらでも作られていたとは・・・(^^;↑将棋の駒は、それぞれ役割がありますので、 [続きを読む]
  • 山形県郷土館文翔館(山形県)
  • 新年最初の更新が遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。新年最初は、山形県郷土館文翔館を^^文翔館は山形市の有名な観光スポットではありましたが、なかなか訪れる機会がなかったのですが、今回初めて見ることができました。↑正面から。大正5年に建てられた英国近世復興様式のレンガ造りの見事な洋風建築です。。途中、昭和61年から10年の歳月をかけて保存修復工事が行われ、現在の [続きを読む]
  • 仙台光のページェント2016(宮城県)
  • 本日は、毎年恒例の光のページェントを^^仙台の12月のイベントといえば、光のページェントですが、これを見ると年の終わりを感じますね〜。↑今年も変わらず、綺麗なイルミネーションが見られました^^↑毎年見ているのですが、やはり綺麗です。。↑たくさんの木があってこそできるライトアップ。。杜の都ならでは、ですかね^^↑中央分離帯の歩道にあるオブジェ。捻じってますね〜。。撮影スポットとして人気のようです↑大道 [続きを読む]
  • 宮城縣護國神社(宮城県)
  • 本日は、仙台市の青葉城址にある、宮城縣護國神社を^^宮城縣護國神社由緒(上記リンク先より引用) 明治天皇の思し召しにより明治維新から大東亜戦争に至るまで、幾多の戦役でわが国の平和と繁栄を念じつつ、尊い生命を御国に捧げられた郷土出身者の御霊を祀る。 明治37年8月27日ここ仙台城(青葉城)本丸城址に招魂社として創建され、昭和14年内務大臣指定護國神社となり、昭和20年7月仙台大空襲の戦火により社殿施 [続きを読む]
  • 白虎隊自刃の地飯盛山〜さざえ堂(福島県)
  • 本日は、会津白虎隊自刃の地として知られる飯盛山とさざえ堂をm(_ _)m白虎隊十九士の墓について(会津若松観光ナビより引用)戊辰戦争(1868-1869年)のおり、16〜17歳の少年たちで編成された白虎士中二番隊20人が戸の口原合戦場から退却し、滝沢峠の間道を通り、戸の口堰の洞門をくぐり飯盛山に辿り着くと、鶴ヶ城の天守閣は黒煙の中に見え隠れして、「城は陥落したか、今は主君のために殉じよう」と、全員が自決しました。20名のなか [続きを読む]
  • 福島稲荷神社と競馬お守り(福島県)
  • 本日は、福島市の福島稲荷神社を^^稲荷神社と言えば、やはり京都市伏見区にある総本社の伏見稲荷大社ですが、日本各地に多数の稲荷神社があります。「稲荷」とは、辞書(大辞泉)によると、《「いななり(稲生)」の音変化》1 五穀をつかさどる食物の神、倉稲魂神(うかのみたまのかみ)のこと。2 《倉稲魂神の異称である御食津神(みけつかみ)と、三狐神(みけつかみ)とを結びつけて、稲荷神の使いと信じたところから》狐(きつね)の [続きを読む]
  • ふくしま逢瀬ワイナリー(福島県)
  • 本日は、11月26日からワイナリーでの販売を開始したふくしま逢瀬ワイナリーを^^一昨日販売開始ということで、早速行ってみました^^ふくしま逢瀬ワイナリーは、果樹農業の6次産業化に向け、 2015年10月に完成しており、福島県の特産品である果物の生産から、 加工、販売までを一連のものとして運営することを目指しているそうです。6次産業というフレーズは最近聞くことが多くなりましたが、朝日新聞の解説によると、「農林水産 [続きを読む]
  • 袋田の滝(茨城県)
  • 本日は、茨城県の袋田の滝を^^袋田の滝は、日本三名瀑(日光の「華厳の滝」、熊野の「那智の滝」、奥久慈の「袋田の滝」)の一つに数えられております。↑滝までは駐車場から歩いて向かいますが、「昔は今より遥かににぎわっていたんだろうなぁ。。」という雰囲気がありました。そして滝までの入口がよくわからず、少し迷いました・・・(^^;↑滝の展望台へは、なんと、トンネルを通ります。もう少しで開通40周年ですね〜。↑トン [続きを読む]
  • 常陸国出雲大社(茨城県)
  • 本日は、茨城の出雲大社を^^こちらは常陸国出雲大社(ひたちのくにいずもたいしゃ)という名前で、本家島根の出雲大社より、平成4年12月4日に御分霊を御鎮座したようです。要するに、暖簾分けのようなイメージなのでしょうか。↑天気はイマイチでしたが、大きな「出雲大社」の看板がありました。↑ご祭神は、「大国主大神」ですが、「だいこくさま」と読むとちょっとイメージが変わってくるような・・(笑)↑大きめの鳥居。天気が [続きを読む]
  • 産総研地質標本館(茨城県)
  • 本日は、筑波観光の続きで、産総研の地質標本館を^^こちらは産業技術総合研究所(産総研)の展示施設で、鉱物や化石の展示が充実しており、一度は見学したい施設でした。化石、鉱物標本の展示もとても充実しておりますが、こちらも入館料は無料でした。筑波の施設見学は勉強にもなりますし、懐にも優しいことがとても有難いです^^↑入口から早速、珍しい地質構造を示す切断標本の展示があります↑入り口展示の水晶標本。こちらは [続きを読む]