前北かおる さん プロフィール

  •  
前北かおるさん: 俳諧師 前北かおる
ハンドル名前北かおる さん
ブログタイトル俳諧師 前北かおる
ブログURLhttp://maekitakaoru.blog100.fc2.com/
サイト紹介文「夏潮」所属の俳人。平成23年5月、第一句集『ラフマニノフ』を上梓。惜春の心ラフマニノフの歌
自由文初めての俳句(俳句の作り方)、1998年以降の句帳の清書、句集鑑賞、吟行記、旅行記、ゴルフ、小林研一郎、読売日響を中心にオーケストラ鑑賞記などなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/05/23 15:10

前北かおる さんのブログ記事

  • 東久留米。
  •  色々と都合があって、今夜は東久留米に泊まっています。初めて降りました。 [続きを読む]
  • 句帳の清書 2016年9月
  •  9月1日 「夏潮」課題句除夜の鐘に二台大型投光器 9月2日 ホッケー部合宿 みなかみ秋の蝶戯れかかり追ひ付かず隠し田に蜻蛉群れてゐたりけり蚊遣火や夜のジョギングの帰り待つ虫の音やロビーのテレビ消して立つ虫の夜の谷の向かうを列車かな 9月3日 同前蜻蛉の朝や町立体育館 9月5日 文学特論(は)香草をちぎりて嗅げば秋の風胸元に湧きて出づるや秋の蝶 9月5日 英和句会芭蕉葉や山深からぬ湯治宿かまつかや裏より出づ [続きを読む]
  • 金子敦句集『音符』。
  •  「出航」の金子敦さんから句集『音符』(平成29年5月、ふらんす堂刊)をいただきました。ありがとうございました。 題材も詠いぶりも瑞々しく、現実から遊離するすれすれの世界に遊ばれています。猫や音楽を題材にした俳句が頻出するのも、そういった印象を強めていると思いました。一方で、「永遠の18歳」の世界から現実に引き戻される瞬間を詠った俳句にもはっとさせられました。  独り占めか一人ぼつちか大花野 「大花野 [続きを読む]
  • 筑紫磐井『季語は生きている―季題・季語の研究と戦略―』。
  •  「俳句新空間」でお世話になっている筑紫磐井さんから『季語は生きている―季題・季語の研究と戦略―』(平成29年4月、実業公報社刊)をいただきました。ありがとうございました。 第1部は「季語と歳時記の誕生」と題されていて、「季語」、「季題」という用語がいつ、どのように使われはじめたのか、明治5年の太陽暦採用に伴って初めて編まれた太陽暦歳時記は何か、という2つの問題の再調査と新事実の発見が報告されています。 [続きを読む]
  • 読響第568回定期。
  •  亡くなったスクロヴァチェフスキの代わりにロジェストヴェンスキーが登場して、ブルックナーの5番。珍しいシャルク版ということで、ファンが集結して大入満員になりました。私も、日本でロジェストヴェンスキーのブルックナーを聴く機会があるとは思ってもみませんでした。ラヴェル版でない「展覧会の絵」を聴く時のような違和感とともに聴いていましたが、最後、最後列にずらりと並んだ金管のバンダが立ち上がってからのお祭り [続きを読む]
  • 恋ダンス。
  •  もう今日はだいぶ体調も戻りました。家事にも復帰しました。日中、外に出られないので、ピアノを弾いたりしていました。今週末、若君が運動会で「恋ダンス」を踊るというので、楽譜を手に入れて弾いています。 [続きを読む]
  • ブルートレインの音。
  •  昼までに熱は下がりました。いつも寝る時には、音楽や落語を聞きながら眠りにつくのですが、これだけ寝ていると寝付けなくなってきました。思いつきで、夜行列車の走行音がアップされていないか探してみたところ、各種取り揃っていました。お陰さまでとてもよく休めました。https://www.youtube.com/watch?v=CIn73XQaWyM&t=22441s [続きを読む]
  • 『自註現代俳句シリーズ12期⑯ 本井英集』。
  •  本井英先生の『自註現代俳句シリーズ12期⑯ 本井英集』(平成29年3月、俳人協会刊)が刊行されました。 先生の句業を俯瞰する一冊です。あらためて読んでみて、感情の振れ幅の大きさが先生の俳句を豊かなものにしていることを思いました。  連山の肩組み合つて笑ふなり 「山笑ふ」が季題で春。春を迎えた山並みが、まるで肩を組み合って笑っているようだという俳句です。肩を組むという比喩といい、断定の「なり」の切れと [続きを読む]
  • 本井英主宰近詠鑑賞。「夏潮」2017年5月号
  •   剪定や他人の話をうはのそら 「剪定」が季題で春。剪定に精を出している人に、通りがかりの知人が話し掛けているのでしょう。けれども、剪定をしている人は、どの枝を剪って、どの枝を残そうかと考えることに一生懸命で、知人の話が一向に耳に入ってきません。上の空で聞いている自分に気がついた上で、まあそれでも構わないだろうという気持ちでゆったり仕事を続けているという俳句です。「や」の切れに続いて、「他人の話」 [続きを読む]
  • 「一葦」第217号。
  •  「一葦」第217号を送っていただきました。ありがとうございました。同人作品から10句、紹介させていただきます。  裸木を真ッ赤な月が攀ぢ上る  細谷喨々  朝々の霜にうるほひ麦の畝  中根美保  冬館古き時計の音にごり  松井恭子  大寒や煙のはたを人あゆむ  新井保  昨日より今日たからかに山笑ふ  菱科光順  水干の射手は乙女よ弓始  鈴木智子  兄嫁と嫁とおふくろお元日  加藤裕志  薄氷のあ [続きを読む]