naomi さん プロフィール

  •  
naomiさん: ゆとり日記
ハンドル名naomi さん
ブログタイトルゆとり日記
ブログURLhttp://guwsoz4.blog123.fc2.com/
サイト紹介文 気になっている出来事や、本、映画、アニメ、漫画の感想を書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供638回 / 365日(平均12.2回/週) - 参加 2010/05/23 19:19

naomi さんのブログ記事

  • 間抜けの構造 (新潮新書) を読んだ。
  • 間抜けの構造 (新潮新書)(和書)2017年04月29日 00:56ビートたけし 新潮社 2012年10月17日 ビートたけしが、間について色々書いていた。芸能人、政治家の最近のエピソードとかあった。  今活躍している漫才コンビで面白いのは、ボケだけでなくツッコミも面白いとか言っていた。その中で逆に目立っているのはスリムクラブというお笑い芸人らしく、スピード感のあるお笑い芸人が多い中で、逆にゆっくりした間をとっているらしい。 [続きを読む]
  • 『ルーヴル美術館特別展LOUVRE漫画、9番目の芸術展』に行った。
  •  『ルーヴル美術館特別展LOUVRE漫画、9番目の芸術展』に行った。  ルーヴルと漫画家のコラボレーション企画のようで、ルーヴルを題材にした作品を漫画で描くというものだった。  日本の漫画家やイラストレーターも参加しており、荒木飛呂彦、谷口ジロー、松本大洋、五十嵐大介、坂本眞一、寺田克也、ヤマザキマリなどがいた。  フランスの漫画家さんもいたが誰が誰か分からなかった。世界的には有名な人達なのだろう。エティ [続きを読む]
  • 『たった一通の手紙が、人生を変える 』を読んだ。
  • たった一通の手紙が、人生を変える(和書)2017年04月23日 22:39水野敬也 文響社 2015年12月1日 手紙の書き方が分かりやすく書かれていた。手紙を書く際の形式だけでなく、心を込めるのがどんなに大事かとかが書かれていた。  手紙はコミュニケーションの一つだが、「相手の立場に立ち、相手を喜ばせる」のが大事らしい。また、相手に読んでもらう際に、自分の事を語りがちだが、まずは相手に安心してもらう事の方が大事だとかもあ [続きを読む]
  • ハイキュー!! 25 (ジャンプコミックス) を読んだ。
  • ハイキュー!! 25 (ジャンプコミックス)(和書)2017年04月17日 22:56古舘 春一 集英社 2017年3月3日 床についた汗などを拭き取る行為をワイピングというらしい。国見は嫌いな言葉は第二位が「我武者ら」、第一位は「かわいそう」らしい。彼らしいなと思った。  日向は飛び入りしても結局最後まで下働きだけで、ボールには触らせてもらえなかった。コーチや監督たちも徹底しているところがスゴいと思う。せめて最後の日くらいは触ら [続きを読む]
  • 黒執事(24) (Gファンタジーコミックス) を読んだ。
  • 黒執事(24) (Gファンタジーコミックス)(和書)2017年04月17日 22:43枢 やな スクウェア・エニックス 2016年12月27日 今回の裏表紙のおまけはディーラーだった。  今回はアイドルプロデュースものみたいな話になっていた。セバスチャンの台詞で 「たとえ悪魔であろうが神であろうが、真の意味で他者の心を縛る事など出来はしないのですから」 というのが良いなと思った。  英国のハロウィンのお祭の仕方が紹介されていた。アップ [続きを読む]
  • マギ(32): 少年サンデーコミックス を読んだ。
  • マギ(32): 少年サンデーコミックス(和書)2017年04月17日 00:21大高忍 小学館 2017年1月18日 モルジアナとアリババが結婚する事になった。後、アリババとアラジンがまた再会した。  シンドバッドはやっぱり闇落ちしてしまった。結局彼がラスボスになるんだろうか。  後、ユナンは何度マギに生まれつくのだけれど、選んだ王がことごとく道を踏み外してしまったのでもう王を選びたくないようだ。王の器になる人も最初は優しかった [続きを読む]
  • 見て!食べて!楽しむインド!「ナマステ福岡2017」に行った。
  • 見て!食べて!楽しむインド!「ナマステ福岡2017」に行った。  カレーやチキンやビール、民族衣装や雑貨などが売られていた。カレーは甘口の子供用と激辛が選べ、ハーフで食べることもできたので、激辛すぎて食べられないといけないのでそれは少なめにしてもらい、甘口を多めに盛ってもらった。普通に美味しかった。激辛の方は最初はたいした事ないかと思ったが後からガツンときた。少し涙も出た。ラッシーを飲みながら全部食べ [続きを読む]
  • ディズニープリンセスとアナと雪の女王展に行った。
  •  ディズニープリンセスとアナと雪の女王展に行った。  ディズニーで人気の高いお姫様たちが出てくるアニメの紹介や、小道具や、オリジナルの声優さんのインタビューがあった。  白雪姫、シンデレラ、眠れる森の美女、リトルマーメイド、美女と野獣、アラジン、ラプンツェル、アナと雪の女王があった。  シンデレラの映画版のドレスや、アンジェリーナジョリーの方の眠れる森の美女のマレフィセントのコスチュームや、ミュージ [続きを読む]
  • 『人生論ノート 』を読んだ。
  • 人生論ノート(和書)2017年04月13日 22:342000 新潮社 三木 清 全体的に難しかった。P200もないのですぐ読めるかと思ったらそうでもなかった。  印象に残ったのは、P63の「怒について」で、 『ひとは軽蔑されたと感じたとき最もよく怒る。だから自信のある者はあまり怒らない。彼の名誉心は彼の怒が短気であることを防ぐであろう。ほんとうに自信のある者は静かで、しかも威厳を具えている。それは完成した性格のことである [続きを読む]
  • アニメ『戦国鳥獣戯画〜乙〜』を見た。
  •  アニメ『戦国鳥獣戯画〜乙〜』を見た。  面白かった。5分もないくらいの短いアニメで、鳥獣戯画みたいなタッチの絵柄で、戦国時代の武将が動物にデフォルメされて、逸話に関係したコントをやるという話だった。  今大河ドラマであっている、女城主もでてきた。  最後は、織田信長と森蘭丸がイチャイチャしている時に本能寺で焼き討ちにあっていたが、彼らは鳥のフレンズだったので飛んで逃げられなかったのか?と思った。 [続きを読む]
  • MET オペラ 第7作 ヴェルディ≪椿姫≫を見た。
  •  MET オペラ 第7作 ヴェルディ≪椿姫≫を見た。  主役のヴィオレッタ役の女性が、美人でしかも胸が大きく、しかもその胸の谷間を強調したようなドレスだったので、彼女が映っている間つい胸ばっかりみてしまった。  おっぱいの他に印象に残ったのは、演出で、ヴィオレッタが病気でもう長くないというのを表すために、いつも医者がストーカーのように着いて廻って見ているというのだ。その医者がまるで死神みたいだった。  後、 [続きを読む]