日々改善 さん プロフィール

  •  
日々改善さん: 日々改善
ハンドル名日々改善 さん
ブログタイトル日々改善
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yamanezeirishi
サイト紹介文企業経営、資金繰り、人材教育その他について前向きに書き綴っています。一部例外を除きます。
自由文企業再生などの企業支援が得意です。最近は、金融機関との融資交渉も多く手掛けています。何でもやってみないと気が済みません。同じ後悔なら、行動してから後悔したいと思っています。行動を伴わないものは、やらない事と同じだと確信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供327回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2010/05/23 23:10

日々改善 さんのブログ記事

  • IT化導入補助金第2次公募について
  • IT化導入補助金の第2次公募真最中です。第1次公募で申請採択された20者様にはなんとか導入を終えさせて頂き日々、お客様での経営状況を手に取って(手に取るようにではありません)分かるようになり、ついつい電話やメールをしてしまうこの頃です。導入頂いたお客様からは感謝のお言葉を頂きつつもこれから先の「経営発展のお手伝い」の役回りの責任を感じています。そのIT化補助金の第2次公募では30者様の申請、採択を目指してい [続きを読む]
  • 予約が取れない訳
  • 昨夜お客様にご一緒させて頂いた小料理店金沢の繁華街の至近なのにお店の周囲はガランと駐車場だらけつい10年ほど前はまだまだ建物のたくさんあったのに。。。時代の移ろいを感じさせられます。そんな中にあって予約が取れないそのお店お客様が苦労に苦労を重ねて予約してくださり美味しいひとときを過ごさせて頂きました。席数はというとカウンター席7席のみ大将とおかみそしてお手伝いの方が3名でお迎えくださいました。牛乳と麹 [続きを読む]
  • 渋滞という経済損失
  • 毎日繰り返される車の渋滞朝と夕方の二回の通勤ラッシュで運転手の疲労はピークとなり会社へ行っても仕事が手につかず家へ帰っても疲れが抜けず週末の休みまで疲労が蓄積される。。。なんか変です。なぜ渋滞するのが分かっているのに皆渋滞の渦に飛び込んで行くのでしょうか?皆が不機嫌になり皆が疲労を蓄積させるのに。。。きっと就業時間が同じなのでしょうね。チョッとずらせば良いのに。。。きっと全員が同時にスタートし、同 [続きを読む]
  • 先を行く者が道を拓く
  • 「なんで他の同業者がやらないことを次々に打ち出すんですか?」きっと、当社スタッフの中にはこんな言葉を私に投げ掛けたい時があるように思っています。同業者全員が死んでも私は生き残る!私には強い信念があります。なぜなら、私が守るべき当社スタッフが居ます。私が守るべ顧客様が居ます。そしてそれぞれに利害関係人がたくさんいらっしゃいます。私は、先祖から生を頂いたと思っています。そして地域の方々に育てて頂き大学 [続きを読む]
  • 経営計画を上回らせるノウハウ
  • 昨年の春、西金沢に新規officeをウン億ウン千万円かけて新築オープンしはや一年が過ぎました。計画段階から某金融機関はいくらでも出す(融資する)からどんどんやってください。と励まし続けてくれて、結局2金融機関から融資を受けて事業化することが出来ました。ご支援いただきました金融機関の皆様には感謝申し上げます。ということで、新規office開設2年目のスタートが切られていますが投資前に金融機関に提出していた2年目経 [続きを読む]
  • ビジネス上の整理整頓
  • ビジネス上多用される用語に「5S」という言葉が有ります。整理(せいり)整頓(せいとん)清掃(せいそう)清潔(せいけつ)躾(しつけ)このうちの「整理整頓」という事に絞り込んでみます。整理・・・必要なものと不必要なものを区分けし、不要なものは捨てる整頓・・・いつでも誰でも同じ場所から取り出せて同じ場所に戻すことが出来るこれを経営にそのまま反映させれば整理・・・利益が出るものと利益が出ないものを区分けし [続きを読む]
  • いやあ〜、こんなに興味が湧くものなんですね(^.^)
  • IT化導入補助金を利用して約20者様にFX4クラウドを導入させて頂きました。FX4クラウドとは、統合型クラウド会計ソフトの名称で特に他の販売管理ソフトとの連携もし易い管理会計に強い会計ソフトです。導入申請が採択された20者様には3月中旬から4月、5月という短期間にもかかわらず残すところあと1社様への導入を以って導入完了となります。本当にありがとうございました。既に導入頂いた企業様から「もっと早くに入れるべきだった [続きを読む]
  • 誰だっ! 湯船に水を張ったヤツはっ!
  • お風呂を沸かして入ろうと風呂場の掃除をして蛇口を目いっぱい開き湯船のふたをして待つこと約10分もう湯船にお湯が張られたころと思い入浴剤を投入しようとお湯加減をみてみたらなんとそこには湯船いっぱいの水そう言えば、ボイラーのスイッチを入れた記憶もなければ蛇口の「お湯」を確認した記憶もない全てが思い込みいつも通りの行動のつもりがボイラーを点けたはずお湯を張ったはずハズ、ハズ、ハズで動くから全てが未確認のま [続きを読む]
  • こうのう社長塾2017 開催日決定♪
  • お待たせしました!能登の若き経営者の皆様そして金沢の若き経営者の皆様今年も興能信用金庫様が全庫を挙げてご支援くださいます。多くの先輩塾生が発展の道を歩んでいます。多くの先輩塾生が経営者として注目を集めています。講師を担当する私自身がこのセミナーを通して発展のセオリーを実践しています。こうのうビジネスセミナー社長塾いよいよ第6期生の開催日程が決定しました。2017年 9月 2日 in能登①2017年 9月 9日 in金沢 [続きを読む]
  • ストーリー
  • 頑張ってきた人が歩んできた人生のストーリーは人に感動を与えます。血も涙もない私(?)でさえ、涙を流したり血が騒ぐことを感じたりします。人はストーリーに共感し、行動の切っ掛けを得る!なのにそのストーリーを相手に紹介しないが故に自分の思った成果に繋がらず時には分かってくれない相手を憎んだり、自分勝手に愛想を尽かしたりします。なんでもすぐに商売に繋げてしまう私商品を売りたいと思う貴方に是非是非やってみて [続きを読む]
  • 変われば楽になる
  • 周囲が変わらないことにイライラそのイライラは生涯解消されることはありません。何故なら人は自分のモノサシで生きているため長いモノサシを持っている人は気長で、大らか、人望も厚くなんて人物として評されるでしょう。しかし、短いモノサシしか持ち合わせていない人は短期で、ギスギス、人から好かれることもなくなんて人物として評されるでしょう。あくまでも見る側からのモノサシを通してです。では、そのモノサシを持ってい [続きを読む]
  • さよなら、そして。。。
  • 昨日「さよならの予感」というブログを書きました。今日、突然降って湧いたお話が有りました。「助けて欲しい」「おたくしか縋(すが)る場所がない」一日で、6社様から顧問等のお話が有りました。某社様は、資金繰り某社様は、経営計画某社様は、コンサルティング某社様は、決算申告(5月末申告期限ですが(+_+))某社様は、創業某社様は、M&A一社を除き、すべて当社で税務、会計、コンサルティングの打診を頂きました。先日の「さ [続きを読む]
  • 東京よ!お前もかっ!?
  • うだうだとまだ起きています。東京の危機を感じました。15日、16日の神奈川東京出張で感じたことそれは老人神奈川、老人東京でした。どこへ行っても老人老人老人老人の山でした。老人を否定するものでもなければ老人を蔑むわけでもありません。ただ感じたのは「危機感」そのものです。私とて10年後には67歳です。若者などと言える年齢を遥かに通り越し相手が誰であるかの認知が出来なかったり下の世話や生活の世話もして貰っている [続きを読む]
  • 頑張らないという選択
  • 頑張らないという選択が有ります。古来日本人は頑張ることを美徳としてきました。しかし、その頑張りが成果を伴わないものであるとしたら無駄な努力としか言いようが有りません。頑張らないで成果を挙げることは不可能なことではありません。いや、AIや機械が発達した今日に於いては頑張ることが馬鹿らしくなる局面すら多々あります。「オイオイ、お前は頑張っているじゃないか!?」と、私のことを名指しされる方もあるかもしれま [続きを読む]
  • さよならの予感
  • 長きにわたりご愛顧いただいた企業様との顧問関係が終了することになりました。倒産、廃業以外で顧問関係が終了することは力及ばなかった自社のサポート不足を反省するばかりです。力及ばなかったサポート体制を振り返ると1.経営計画書の作成支援をしていない2.自計化出来ていない3.企業防衛というリスク対策が出来ていない4.当社主催のセミナーに一度もご参加いただけていない5.経営改善の提案を拒否される瞬間思い返される共通し [続きを読む]
  • う〜ん、拠点が欲しい!
  • 加賀地区、小松地区、白山地区、中能登地区、能登地区これらの地区に拠点が欲しくなりました。税理士事務所には、税理士がいなければ税理士業務ができません。私は税理士業務がしたいのではなく、コンサルティング業務をしたいのですがそれを展開できる場所が必要になっています。IOTの時代とはいえ、やはり必要なのはface to faceです。目の動き、口の動き、ちょっとしたしぐさで気持ちを汲み取り合うことが大切です。それをする [続きを読む]
  • 目を見て話さずは信用されず
  • 某社長様に、「私の目をまっすぐに見て話すのはこの人(←私のこと)だけだ」「私の目をじっと見て話をするからこの人(←私のこと、しつこい(^_^;))は信用できる」こんなことを言われます。この言葉を発している某社長様はご自身が自分を称して、「心は優しいのに顔は怖い人」と云うくらい中々直視する人が少ない強面(こわもて)な雰囲気を持っておられます。体格も大きく若かりし頃には幾多の逸話をお持ちであちらの世界の方々 [続きを読む]
  • オピニオンショッピング
  • 東芝が監査法人を変えたい意向を示しています。会社にとって都合の悪い監査意見を出す監査法人をクビにして自身にとって都合の良い監査意見を出してくれる監査法人に鞍替えしたいようです。これをオピニオンショッピングと云います。しかし、新たな監査法人が見つからずに苦しんでいるという噂もチラホラ。公正な決算を公表することは公開会社にとって死活問題にも成り得ます。この問題の解決次第では東芝の上場廃止すら現実味を帯 [続きを読む]
  • プレッシャーに押し潰されるう〜(>_<)
  • 実はこの1週間ほど夜もオチオチ寝られない日が続いていました。本日の打合せがその元です。きっと今晩はゆっくり眠ることが出来るでしょう(^_^)内容を詳細にお伝え出来なのがこの商売の悲しい所ですが株価ウン億円の会社様の事業承継のコンサルティングです。この手のコンサルティングは手段を間違うとお客様の損失額(資金流出額)が多額になるため慎重には慎重を期することが必要です。お客様への説明と提案がお客様の納得いく理 [続きを読む]
  • 責任の取り方
  • 法的な責任の取り方もあるのでしょうが私は倫理的な責任の取り方もあるのと思っています。守秘義務に固められた仕事をしていますので詳細は何も言えませんが「オイおまえ!そんな責任の取り方あるか!!」自らのミスや確認不足を申告書の代表者署名押印欄に署名押印した社長のせいだとそんな事を堂々とのたまう。同業者として残念な限りです。ふう。。。 [続きを読む]
  • 中小企業庁発!顧問税理士を変える理由が出来ました!
  • 今まで何度頼んでも経営計画や資金繰り相談に乗ってくれなかった顧問税理士をお持ちの企業様には朗報です。早期経営改善計画策定支援補助金が発表されました。中小企業の発展を目の当たりにできると思うとワクワクしてしまいます。今まで何度「早めの対応が経営成績を上げる元になる」といっても耳を貸して下さらなかった企業様に遂に国が重い腰を上げてくれました。早期経営改善計画策定補助金のHP本制度に採択後、早期の経営計画 [続きを読む]
  • 中学生時代の汗
  • 小学生の頃、夕暮れまで泥んこになって遊んでいて叱られていました。一歩間違えると二歳上の兄と共に湖底に沈むような目にも遭いました(私が原因ですが)。中学生の頃、汗まみれになって軟式テニスに打ち込みました。金網越しの農業高校のお姉さんプレーヤーのスコートに目を奪われながら。。。高校生の時は、一年生の一学期でバスケットボール部を辞め帰宅部に勤しみ、魔法使いサリーちゃんの再放送に熱狂していました。大学生時 [続きを読む]
  • 昨日までの自分を否定する
  • 自分自身を否定することは勇気の要ることです。しかし、それをやらないと確実に会社は衰退します。企業存続のポイントは自己否定といっても良いかもしれません。このことを「イノベーションを起こす!」と言ったりします。当社の事例をご紹介しましょう。当社は、税理士事務所から総合経営コンサルタント会社へ変貌しようとしています。これがマネジメントコンサルティングファームという大きな傘の下に税理士法人マネジメントが税 [続きを読む]
  • 国賊イオンに一人不買運動したろか!
  • 去る4月12日のニッテレニュースの一部です。イオン・岡田元也社長「“脱デフレ”というのは大いなるイリュージョン(幻想)だったと思いますが、これをきちんと見抜いて対処することに著しく欠けた」 岡田社長は、消費税の増税などで値上げ圧力に屈したと指摘した上で、インターネット通販の拡大で低価格化がすすみ、消費者にも依然、節約志向があることから、今後は、ディスカウント事業に力をいれるとの考えを示した。こんなニ [続きを読む]
  • 気ままで奔放!いいんじゃない\(^o^)/
  • 社長様!勘違いなさっています。「オレがオレが、、、」とでしゃばり過ぎです。そんなに責任感オーラを出してどうするんですか?そんなに頼り甲斐あるだろオーラを出してどうするんですか?そんなに最後はオレでなきゃオーラを出してどうするんですか?人は期待されることで成長します。期待されることで頑張れます。そして感謝されることでモチベーションを上げます。従業員さんにそんな期待感や感謝の念を抱いていますか?私自身 [続きを読む]