心理療法家で格闘家 クリス さん プロフィール

  •  
心理療法家で格闘家 クリスさん: イメージで夢を叶えましょう
ハンドル名心理療法家で格闘家 クリス さん
ブログタイトルイメージで夢を叶えましょう
ブログURLhttp://ameblo.jp/gogogojappe
サイト紹介文成功した自分のイメージ、願望が叶った姿を想像する事で、それまでの道のりは容易になる。
自由文心理療法家で格闘家クリスです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2010/05/26 17:07

心理療法家で格闘家 クリス さんのブログ記事

  • 行ってみる
  • とにかく行ってみよう。 それが、駄目だったとしても、 いいこと起こるかもしれない。 行かなかったら、起こらないことが。 [続きを読む]
  • 手相整形
  • 手相を変えよう、そうすれば運命も変わる。手っ取り早く運命を変える方法として、韓国では数万円でできるらしい。 家康の伝説がある。家康の初陣の時、敵に切り付けられた。家康がとっさに手挙げて、逃れようとした、それが、たまたま綺麗な運命線描かれることになった。それから、家康の運命は天下取りへ向かっていった。 オリエンタルラジオのあっちゃん。デビューで大ブレイク。その後は、沈滞気味。鳴かず飛ばずの芸人生活。テ [続きを読む]
  • 中心
  • 中心がしっかりしていると、安心できる。ぐらつかない。それを中心に、動き回れる。 [続きを読む]
  • シン ゴジラ
  • シン ゴジラ。後れ馳せながら見た。それほど、面白いとは思わなかった。なんか違う。政治がらみのストーリー、今の政治をおちょくっている。賛同できなかった。 [続きを読む]
  • 腹を決める
  • 不安に付き合うと迷走する。自分はこうありたい。その思いに寄り添う。不安がもたらす幻想に惑わされるな。腹を決めろ。 [続きを読む]
  • 異星人はなぜやってこない?
  • ①、異星人は高度な文明人なので、観察監視と保護以上の干渉を禁じられている。 ②、宇宙は生命に満ち溢れているので、平凡すぎる地球は見向きもされない。 ③、宇宙の生命進化は時間差が甚だしいので、複数の高度文明が出会う確率は天文学的に小さい。 ④、地球は生命のない平凡な不毛惑星だと誤解され、調査が後回しにされている。 2016年、最新の仮説我々が異星人と遭遇しない理由は、どの異星文明も自力で発達した先進科学 [続きを読む]
  • 100パーセント
  • 100パーセントはない。 でも、 それに近づかる。 努力する。努力する。努力する。 出来なかった。失敗した。 それも、一つの答え。 そこから始まることもある。 [続きを読む]
  • 次は
  • 現状維持 それとも、新たなる展開 どうする? 面白い方を選ぶ そのほうがいいかな [続きを読む]
  • すれ違い
  • 夢いっぱいの少女がいた。力強い男性がいた。二人は仲良く、将来を誓い合った。 力強い男は、試合に掛けた。稽古を積んで、上へあがろうとした。不慮のけがもあり、苦戦した。 少女は、屈託のない笑顔。夢見る少女。悩む男に、少女の笑顔は重荷になった。 男は少女へ別れを告げた。夢いっぱいの少女には、その声が届かなかった。 少女には聞こえない、幸せすぎた日々が現実を受けいることを阻んでいた。 [続きを読む]
  • それで、
  • それで、なんとかうまく行くそう。やれやれ、 不安要素はまだあるが、大丈夫だろう。途中で終わったとしても、その場所から、得るものがある。そう思う。 [続きを読む]
  • 大学
  • キンドルで『七つの習慣』を読み返している。成長の連続体として、私的成功の基盤があり、その上に公的成功がある。Win-Win、シナジーを創り出す、等の考えが示されている。 久しぶりに読み返して思った。これって『大学』古典にある大学だと思った。 古の明徳を天下に明らかにせんと欲する者は、先ずその国を治む。その国を治めんと欲するものは、先ずその家をととのう。その家をととのえんと欲するものは、先ずその身を修む。そ [続きを読む]
  • 法則
  • さて、困った。でも、仕方ない。誰かを、、、淡々と、粛々と、法則に従うしかない。 [続きを読む]
  • 通達あり
  • 通達あり。 何故?私が? でもこれで、新世界へ飛び出せる。内心考えていたことを外部から応援してくれたのかもしれない。 [続きを読む]
  • 流れ
  • 一週間が始まった。同じように。その流れに乗って動いてる。 その流れに、身を任せて動いている。 その流れは、だいたい理解できている。 では、わが身を少しずらしてみよう。流れを操ってみよう。 [続きを読む]
  • 流れを変える
  • 流れを変えるには、動きを少し変えてみる。 いつも同じことをしていて、「早いね、もう三月だ」そんなこと言っている。 変えればいいんだ。 [続きを読む]
  • 二作目
  • 又吉、芥川賞後、二作目の苦闘、NHKで特集していた。丁度、受賞作の『火花』NHKでドラマ化とあっての特集でもあるようだ。 日々が忙しすぎる。仕事部屋として、一室借りている。毎日、寄るようにはしているが、書けない日もある。まとまった休みが取れた。四日間、札幌へ向かう。少しは進んだ。 もっと休めばいいのに。芸能活動をセーブすればいいのにと思った。相方も、アメリカへ行くこともあり、このさえ、作家活動に専念 [続きを読む]
  • 言い忘れたこと
  • メイコは駆け寄る「もう一つ食べたいものがあった、悠太郎さんの手料理」言い忘れたことがあると、話しかける。 「できるだけ、早く戻ります」悠太郎は答えた。 悲しさを、言葉で、そのまま表現したら、もっと悲しくなる。普段の話しかけのような言葉の中に、別れの挨拶を入れ込んだ。 これから出征する悠太郎。必ず帰ってきますと、心に誓う。 『ごちそうさん 126話』より [続きを読む]
  • 侍の息子
  • 信兵衛、人の良さから、ある浪人の手助けをした。子供連れの浪人、何かと費用がかかる。浪人は金策のため、これは、由緒正しき名刀だと路上で買い手を求めた。実は二束三文、偽物の粗悪品。 信兵衛は、これも人助けだと思い、サクラとして登場。「なにこれは、この名刀10両はするぞ、いくらなら手放す」浪人は答える。「当方も、大分困っている、5両ならいい」 それを聞いた裕福な町人たち、我先にと、奪い合うように刀を買い上 [続きを読む]
  • ぶらり信兵衛 道場破り
  • 『ぶらり信兵衛 道場破り』CSで登場。子供の頃、見ていて番組。原作、山本周五郎『人情裏長屋』今回、気がついたのだが、脚本に倉本聰がはいっていた。主演、高橋秀樹。『桃太郎侍』の方が有名だと思うが、私としては、こちらの方が好きである。桃太郎侍の高橋は、どっか気取っているように思えた、庶民ではない。でもここに登場する、松村信兵衛は、どこかたよりない。その信兵衛が道場破りで腕を見せる。爽快である。 原作も以 [続きを読む]