心理療法家で格闘家 クリス さん プロフィール

  •  
心理療法家で格闘家 クリスさん: イメージで夢を叶えましょう
ハンドル名心理療法家で格闘家 クリス さん
ブログタイトルイメージで夢を叶えましょう
ブログURLhttps://ameblo.jp/gogogojappe
サイト紹介文成功した自分のイメージ、願望が叶った姿を想像する事で、それまでの道のりは容易になる。
自由文心理療法家で格闘家クリスです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2010/05/26 17:07

心理療法家で格闘家 クリス さんのブログ記事

  • 何かに動かされている
  • 運命を拓く (講談社文庫) Amazon そもそも生きているという不思議な命の力は、肉体にあるのではなく、霊魂という気の中に霊妙な働きを行なう力があり、それはあたかも回っている扇風機にそれを回す力があるのではなく、電気がこれを回しているのと同様である。この例でも人間の命の力を正しく理解できるはずだが、人間だけは、肉体それ自身に活きる力があるように思うところに大変な間違いがある。 (『運命を拓く (講談社文庫)』 [続きを読む]
  • 肉体という名の道具
  • 運命を拓く (講談社文庫) Amazon 現代の人間は、肉体が自分であると思っている人が多いのではないか。しかし人間というものは、その正体をつきつめていくと、何も見えない、また感じない、霊魂という気である。その霊魂が、現象界に命を活動させるために、その活動を表現する道具として肉体と心が与えられている。いわば画家の持つ絵筆、大工の持つ鉋と同じようなものが、命に対する肉体であり心である。 (『運命を拓く (講談社 [続きを読む]
  • うなぎ
  • ウナギは女と一緒、強引に捕まえれば逃げるだけ、 「サムライチャンプルー」#11 強引強引にことを進める、ダメ、ダメ、ダメ ゴーインイグ・マイウエイ それはダメ。 我が行為に興味を抱かせる状態にいする。 勝手にが寄って来る。 [続きを読む]
  • 心*思考
  • 運命を拓く (講談社文庫) Amazon 人間は、万物の中で、この宇宙本体の分派分量を最も多く頂戴しているということである。人間以外の生物が真似することの出来ないほど、まことに多くの分量をいただいている。このことが、人間が霊長といわれる所以なのである。 ********** あなた方は、?心?といっても、?心?とは、少しも解らずにいたかもしれない、しかしこの峻厳なる事実を厳かに断定すると、?心?というものは、 [続きを読む]
  • 自分の命の中に与えられた力
  • 運命を拓く (講談社文庫) Amazon 自分の命の中に与えられた、力の法則というものを、正しく理解して人生に活きる人は、限りない強さと、歓喜と、沈着と、平和とを、作ろうと思わなくても出来上がるようになっているのである。 ************** 哲学は、我々が今見るところのもの、すなわち、現象を遡りその原因を探究する学問である。詳しくいえば、哲学とは、自然界に存在する、今、在るような物質的な形に、その [続きを読む]
  • 経験って、
  • 運命を拓く (講談社文庫) Amazon 私の体験によれば、小・中学生の方がすなおにそれを自分のものにして、人生苦楽の歴史をくりかえしているが、いわば酸いも甘いも嚙みわけているはずの年配者の方が悟りが遅いという傾向がある。 (『運命を拓く (講談社文庫)』(中村天風 著)より) 年配者、それは、固定観念で固められてしまっている。経験、それが、本来、尊重されるかに思えるのだが、凝り固まった、変更するには難儀な、事 [続きを読む]
  • 真理
  • 運命を拓く (講談社文庫) Amazon 真理瞑想行とは、人生に対する自覚と反省とをうながし、現在ある命をよりよく有意義に活かすのに必要な基礎的考えを、正確につくりあげることを目的としている。 ******* 悟りというのは、自分の心が真理を感じたときの心の状態をいうのである。 ********** 本来人間は、改めて真理をいろいろ説き聞かされるまでもなく、この世に生まれ出た時から、絶えず真理に接し、真理の中 [続きを読む]
  • 統合
  • 運命を拓く (講談社文庫) Amazon ヨガとは俗語で、結びつけるという意味である。ヨガ修行では、統御を意味する。ヨガ哲学では、字宙と人間との冥合を意味する。 *********三郎は、感動的な聖なる体験の中で「わが生命は、大宇宙の生命と通じている」と直観するのである。」 『運命を拓く (講談社文庫)』(中村天風 著)より) 今見える風景、それは、何なんだろう? 気がつかないでいるだけなのかもしれない。 すべて [続きを読む]
  • シンプル・プラン
  • シンプル・プラン [DVD]6,480円Amazon『シンプルプラン』1998年サム・ライミ監督 もうじき子供もできる、平凡だが幸せな男がいた。雪深い場所、偶然、墜落機を仲間と発見。生存者はなく、大量の札束を手にした。 男たちは山分けを主張、その男は、最初、反対するも、それにしがう。良心にとがめるその男、妻に相談。平凡、幸せを享受していた妻、一変する。最後まで、カネを守ろうとする亡者になった。 その男の周囲は変わっ [続きを読む]
  • ウミガメ
  • ウミガメが卵より生まれ出た。浜辺に産み付けられた卵、月夜の晩に、生まれたばかりの子供たちは、砂の中から顔を出す。 月明りを頼りに、大海へと、むかう子ガメの一群。その中に、海へと向かう道筋筋とは、反対の方向へ行く子亀がいる。 子亀は、月明りに向かい進んでいく。闇夜の晩、明るいのは、月の明かりだった昔からの習わしだ。 それが、近年になって変わってきた。街の明かり、昼間のように輝いている。その明かりを、聖 [続きを読む]
  • 大魔神と天候
  • 大魔神逆襲 デジタル・リマスター版 [DVD]3,024円Amazon 一作目からすれば、大魔神、大分サービスをしてくれている。純な少年の願いを聞き入れる。分かりやすい展開で、大魔神と少年との関わり合いが映画の展開の中心である。 大魔神の背景の天候、激しく変わる。魔人の力を表している。大魔神、その個体の動きを、台風が通るが如く映像化している。そこに、大魔神の力を表している。 身長はゴジラ、ガメラには及ばないものの、そ [続きを読む]
  • 甲子園
  • とぼけた、じいさんの独り言。 俺の応援している高校、今年は、県大会ベスト8になった。でも、奮戦実らず敗退した。 毎年、俺がやっていいることがある。それは、自分の応援している高校が負けたとする、そうしたら、勝った方の高校を応援する。もし、その高校が負けたとしても、また、その高校に勝った高校を応援するんだ。 そうすると、不思議なことが起きるんだ。 甲子園で、優勝、もしくは準優勝する高校は、俺が応援した高校 [続きを読む]
  • 大魔神
  • 大魔神 デジタル・リマスター版 [DVD]3,024円Amazon 濃紺の険しい表情、大魔神が暴れまわる。自分の脳天に打ち込まれた杭を、悪代官に打ち付け、貼り付けにする、圧巻である。 今回、『大魔神』を見て、案外、大きくないのに気がついた。人の、4、5倍の身長で、足のサイズも、人ひとり踏みつけるほどの大きさである。 ゴジラ、ガメラと戦っても、すぐ負けるだろうと思うけど、当時としては、大巨人である。天下無敵、堂々とし [続きを読む]
  • 期限は決まった
  • 期限は決まった。 それへ向けて、日々の生活を変えていく。 集中 集中 集中 集中 少しだけ、息抜き。少しと言わず、もう少し息抜きしてもいいかな、息抜きとは言わず、気分転換、 そのことが、いいアイディアになる。 そう思う。。。 [続きを読む]
  • 主力をどこに置くか
  • 主力をどこに置くか。 無駄に思える時間。有意義ではない。そう思うのだが、それは、その場で、その時間を過ごさなければいけない時である。 本当は、もっと重要な時が、一日にある。 それに集中しよう。 [続きを読む]
  • 動き
  • 動き。 散漫。 定期的動きなし。 毎日少しづつ。 少しでも前進する。 そうすれば、変わっていく [続きを読む]
  • ラップ
  • ラップ、出来上がった料理を、後で食べる。そんな時便利ですよね。 いやいや、そのラップでなく、音楽のラップ。 なんだかね、適当に、しゃっべているように見えるのだけど、正直、誰でもできそうだと思う。 でも、おやじたちが、がラップと称して歌いだすと、「あなたのお名前、なんていうの」そろばん片手に、一本調子になってしまう。 ラップって、やはり凄い歌唱方法なのだろ。 [続きを読む]
  • 大事のための小事
  • このままでいいか、大事を行うための計画でもある。 甘い話が入ってきた。実務的には、楽ではないことだが、私の生活に合っているのかと思う。 でも、本質的には現状維持がいいのかな。現状維持といっても、今の状況をずっと続けるわけではない。大事のため、 不満は多い。こんなことから離れたい。そう思う。 それは逃げだと思う。大事のための小事。 [続きを読む]
  • 意味のないこと
  • 意味のないこと。 そんなこと、まったく意味がない。 そう思うこと。 あとあと考えると、重要な意味があった。 その意味に、気がつけ! [続きを読む]
  • 菜食、象がいた
  • 動物性のタンパク質は、医者の言うとおり消化しやすい。消化しやすいけれど、消化する際に副産物として尿酸という酸が生じる。 ・・・・・・血液の持ってる大事な力というのは、食菌作用。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・それは血液が弱アルカリ性のときに限るんで、血液がアルカリ性を失って酸性血液になっちまうと、この食菌作用を行なう血液でなくなっちまうんです。 ・・・・・・・・・・・・・果物は第一に精力が増進す [続きを読む]
  • フィボナッチ数
  • ほとんどの花の花びらは、5、8、13、21、34、55、の枚数である。 これは、フィボナッチ数といい、これは人が美しいと思う、黄金比でもある。 『ジーニアス 世紀の天才アインシュタイン』#10より 年老いたアインシュタイン、小さい女の子に教えていた。 自然をよく観察しなさい。すべてをより良く理解することができる。アインシュタインの遺言。 [続きを読む]
  • 気を打ち込む
  • 気を打ち込んで、気を散らさずに心をまとめて、はっきりとした澄み切った気持ちで物事をするとね、人間の心の能率をぐんぐん上げてくれるのに必要な有意注意力というものが旺盛になるのだよ。 ・・・・・・・・・・・・・・・ 無意注意というやつは、いったんある方向を照らしてしまうと、もう他に向けられないんだ、とらわれれがあるから。いわゆる円転滑脱無碍自在たることを得ないのが、無意注意なんだ。ところが、始終気を打ち [続きを読む]
  • 鈴木みのるVSサナダ
  • 楽しみのカードだった。サナダの真価が問われる試合だったと思う。サナダにもう少し迫力が欲しかった。当初からのエルボー、力強くなかった。 全日時代からの苦手意識が、ずっと後を引いている感じ。飛躍できないサナダに歯がゆさがある。 青から黒へのコスチューム、迫力が増し、レッスルワンでの甲斐戦から、大きく躍進したと思った思ったのだが、残念。 その後のタマトンガ、ケニーオメガに向かう姿勢は良かった。古くからのバ [続きを読む]