心理療法家で格闘家 クリス さん プロフィール

  •  
心理療法家で格闘家 クリスさん: イメージで夢を叶えましょう
ハンドル名心理療法家で格闘家 クリス さん
ブログタイトルイメージで夢を叶えましょう
ブログURLhttp://ameblo.jp/gogogojappe
サイト紹介文成功した自分のイメージ、願望が叶った姿を想像する事で、それまでの道のりは容易になる。
自由文心理療法家で格闘家クリスです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2010/05/26 17:07

心理療法家で格闘家 クリス さんのブログ記事

  • 予定変更か
  • さて、自分にとって、今、それは、まだ必要ない。考えてみると、自己満足のための行為かもしれない。予定変更するか。 [続きを読む]
  • それで、
  • それで、なんとかうまく行くそう。やれやれ、 不安要素はまだあるが、大丈夫だろう。途中で終わったとしても、その場所から、得るものがある。そう思う。 [続きを読む]
  • 大学
  • キンドルで『七つの習慣』を読み返している。成長の連続体として、私的成功の基盤があり、その上に公的成功がある。Win-Win、シナジーを創り出す、等の考えが示されている。 久しぶりに読み返して思った。これって『大学』古典にある大学だと思った。 古の明徳を天下に明らかにせんと欲する者は、先ずその国を治む。その国を治めんと欲するものは、先ずその家をととのう。その家をととのえんと欲するものは、先ずその身を修む。そ [続きを読む]
  • 法則
  • さて、困った。でも、仕方ない。誰かを、、、淡々と、粛々と、法則に従うしかない。 [続きを読む]
  • 通達あり
  • 通達あり。 何故?私が? でもこれで、新世界へ飛び出せる。内心考えていたことを外部から応援してくれたのかもしれない。 [続きを読む]
  • 流れ
  • 一週間が始まった。同じように。その流れに乗って動いてる。 その流れに、身を任せて動いている。 その流れは、だいたい理解できている。 では、わが身を少しずらしてみよう。流れを操ってみよう。 [続きを読む]
  • 流れを変える
  • 流れを変えるには、動きを少し変えてみる。 いつも同じことをしていて、「早いね、もう三月だ」そんなこと言っている。 変えればいいんだ。 [続きを読む]
  • 二作目
  • 又吉、芥川賞後、二作目の苦闘、NHKで特集していた。丁度、受賞作の『火花』NHKでドラマ化とあっての特集でもあるようだ。 日々が忙しすぎる。仕事部屋として、一室借りている。毎日、寄るようにはしているが、書けない日もある。まとまった休みが取れた。四日間、札幌へ向かう。少しは進んだ。 もっと休めばいいのに。芸能活動をセーブすればいいのにと思った。相方も、アメリカへ行くこともあり、このさえ、作家活動に専念 [続きを読む]
  • 言い忘れたこと
  • メイコは駆け寄る「もう一つ食べたいものがあった、悠太郎さんの手料理」言い忘れたことがあると、話しかける。 「できるだけ、早く戻ります」悠太郎は答えた。 悲しさを、言葉で、そのまま表現したら、もっと悲しくなる。普段の話しかけのような言葉の中に、別れの挨拶を入れ込んだ。 これから出征する悠太郎。必ず帰ってきますと、心に誓う。 『ごちそうさん 126話』より [続きを読む]
  • 侍の息子
  • 信兵衛、人の良さから、ある浪人の手助けをした。子供連れの浪人、何かと費用がかかる。浪人は金策のため、これは、由緒正しき名刀だと路上で買い手を求めた。実は二束三文、偽物の粗悪品。 信兵衛は、これも人助けだと思い、サクラとして登場。「なにこれは、この名刀10両はするぞ、いくらなら手放す」浪人は答える。「当方も、大分困っている、5両ならいい」 それを聞いた裕福な町人たち、我先にと、奪い合うように刀を買い上 [続きを読む]
  • ぶらり信兵衛 道場破り
  • 『ぶらり信兵衛 道場破り』CSで登場。子供の頃、見ていて番組。原作、山本周五郎『人情裏長屋』今回、気がついたのだが、脚本に倉本聰がはいっていた。主演、高橋秀樹。『桃太郎侍』の方が有名だと思うが、私としては、こちらの方が好きである。桃太郎侍の高橋は、どっか気取っているように思えた、庶民ではない。でもここに登場する、松村信兵衛は、どこかたよりない。その信兵衛が道場破りで腕を見せる。爽快である。 原作も以 [続きを読む]
  • 凡事徹底
  • 横浜DNA、アレックス ラミレス監督の好きな言葉。選手時代は派手なパフォーマンスをしていた本人、監督になり、どっしり構えている。凡事徹底で優勝を狙う。 [続きを読む]
  • 輪廻転生
  • 輪廻転生を信じると人生が変わる (角川文庫) Amazon 『輪廻転生を信じると人生が変わる』山川紘矢著 スピリチュアル本を数多く手がけている著者。その経緯が書かれている。彼自身に、スピチュアルな出来事が起こっている。 生まれ変わり、前世、その存在。不思議な出来事が起こりだす。 自分の過去を知りたいのだけれど、どうすればいいのですか?その答え、無理に知る必要はありません。この人生だけでも大変なのに、過去を知っ [続きを読む]
  • 締め切り
  • 今週末が最終としよう。ギリギリまですると、本当、きりがなくなる。区切りを付けておこう。そうすれば、次へ進める。 [続きを読む]
  • 米車
  • アメリカ車、日本への輸入、三桁に届かず。トランプ激怒。対策として、米車を買った人に補助金を出すのはどうだろう。勿論、その財源は、アメリカに出させる。 [続きを読む]
  • 撮影
  • 中国での出来事。交差点、設置されているカメラの映像。侵入してきた二人乗りバイクが倒れた。そこへ自動車が突っ込み、人が下敷きになった。周囲の人は慌て、救助に向かう。人数は増え、車は持ち上げられた。バイクの人は、大怪我ながら救助された。映像の初めの方から、その人は写し出されていた。スマフォで、救出状況を撮影している。人助けより、撮影を優先させていた。 [続きを読む]
  • 正義
  • 「正しい」とは何か? 武田教授の眠れない講義 Amazon 『「正しい」ちはなんか? 武田教授の眠れない講義』著者の武田氏、昔から不眠症だったそうだ。でも、ある日思った。眠れないのが自分である。だったら、それを受け入れようそして、熟睡=睡眠、という考えもやめた。 それで大分、気が楽になったそうです。 Aさんの主張、Bさんの主張、食い違いがある。それぞれに正義がある。生きている人の数だけ正義がある。一辺倒の [続きを読む]
  • あせり
  • なんだか、心穏やかではない。やりきった、達成感がない。どこか、焦りがある。やるべきことは見えている。やればいいのに。 [続きを読む]
  • 安堵
  • 安堵していいのか?過ぎ去ったことは気にしない。普段通り過ごす。それでいいのか? 心を乱された二日間だった。 今は平静、喉元過ぎれば熱さ忘れる、その例え通り、自分の失態を忘れてしまっている。 おめでたい人間なのだ。 [続きを読む]
  • 〇〇〇
  • びくびくしていた。いつ指摘されるか、不安だった。しかし、事なきをえた。普段通りに進んだ。助かったと思った。 助けてくれた人がいた。彼は黙っていた。彼はその原因を究明することなく、さらりと流した。 普段通りにことは進んだ。 [続きを読む]
  • 判断
  • 判断、すぐには判断できなかった。速やかに過失を認めるべきだった。今、そう思う。 でも、とっさの判断が出来なかった。流れ流れて、知らんぷりを決め込んだ。 「知らなかった」ではすまされない。当然気づいているだろうと、大方の認識。 この状況。試練、刑、明日はどうなることだろう。 天に任せるしかない。 [続きを読む]
  • 稀勢の里
  • 稀勢の里、優勝おめでとう。千秋楽、白鳳を破り堂々と優勝。 解説の舞の海が言っていた。不器用な力士だ。それだからこそ、愚直に努力してきたのだろ。 ちなみに稀勢の里、茨城県牛久市出身、でも、出身中学は私の住んでいる龍ヶ崎市の中学校に通っていた。中学時代は野球部に在籍していた。しかもピッチャー。上手投げで、びんびん投げ込んでいたらしい。でも、コントロールが思わしくなかった。それで、押し出しが多かったそうだ [続きを読む]
  • 本田圭祐
  • 右手と左手に、高級腕時計をはめる。何故かと聞かれて、「左右のバランスを取るためです」さらりと答える本田圭祐。 カンボジアに投資をする。サッカー関係らしい。現地へ赴き、サッカーボール一つ持って町を歩く。子供たちに一緒にサッカーをやろうと、呼びかけた。5、6名集まりミニゲームを始めた。「誰がこの中でサッカーがうまい?」その問いかけに口ごもる現地の子供たちを出し抜き、本田が答える。「たぶん俺だろう」 はじ [続きを読む]
  • エジソンの名言
  • 天才とは、1%のひらめきと、99%の努力である みんなは感動して、努力を積み重ねていった。一生懸命やれば、努力は報われる。 でもエジソンの真意は違っていたようだ、ひらめきの日本語訳は霊感もある。努力の日本語訳は汗もある。汗となり、無駄なことである。汗の意味するとところ、絶え間ない努力と読み取れるのだが、無駄なことである、という意味で使っていた。 1%の霊感が外から与えられないものは、99%の努力は無 [続きを読む]