BA consulting さん プロフィール

  •  
BA consultingさん: 美容整形を失敗しない口コミ相談所
ハンドル名BA consulting さん
ブログタイトル美容整形を失敗しない口コミ相談所
ブログURLhttps://ameblo.jp/ba-consulting/
サイト紹介文美容整形や修正、審美歯科(インプラント・矯正)などを失敗しないための名医選びを口コミも含め解説
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供704回 / 365日(平均13.5回/週) - 参加 2010/06/17 15:49

BA consulting さんのブログ記事

  • ブローリフトには腫れと内出血が強く出るなど4つの代表的なリスクがある
  • ブローリフトの代表的なりすくをまとめました。具体的な名医のご紹介はメールフォームよりご連絡ください。 効果が無い・たるみが取れない可能性も? ブローリフトは、上瞼にある余分な皮膚を切り取って、眉毛を持ち上げる手術になります。しかし、個人の体質によっては、効果が無かったりする場合があります。理由としては、額にあるタルミが大きかったりすると、手術をしても眉毛が下がってしまう可能性があるのです。また、上 [続きを読む]
  • なぜ傷跡ができるの?鼻翼基部プロテーゼのリスクの理由と症状は?
  • 鼻翼基部プロテーゼのリスクについてをまとめました。名医の条件をすべてクリアしている医師のご紹介はメールからお問い合わせください。 未熟なドクターに当たると傷跡が残る 鼻翼基部プロテーゼ手術は、口の中を切開して、プロテーゼを挿入するので、顔の表面から傷跡が目立ってしまうということは基本ありません。しかし、技術力の乏しいドクターが行うと、しこりになってしまったり、口の中に違和感が残ってしまったり、時に [続きを読む]
  • 傷跡が残る!?ROOF切除のリスクはなぜ起きるの?
  • 二重切開の治療リスクについて、下記にまとめました。実際の体験談から集計したものです。 また名医のご紹介はメールフォームまでお問い合わせください。 ROOF切除で傷跡がのこる? ROOF切除は、隔膜前脂肪という瞼にある脂肪を切除する手術のことです。すっきりとした瞼になるのですが、この手術は比較的大きく切開するため、傷跡が残る可能性があります。術後ははっきりと痕が分かりますし、もし残ってしまったとしても、完全 [続きを読む]
  • 目頭切開法のリスク「平行二重にならない/末広のまま」はなぜ起こるの?
  • 目頭切開法のリスクについてをまとめました。具体的な病院のご紹介はメールフォームよりどうぞ。 気になる傷跡リスクについて 整形技術は発展していますが、場合によっては傷跡が残るケースがあります。目頭切開法はリスクは少ないと言っても、皮膚の表面を切る手術です。また目という視界に入りやすい部分であるため、目立つのは避けようがありません。目頭切開法には様々な方法があるため、目の形だけではなくリスクを考えた方 [続きを読む]
  • ウエストの脂肪吸引でたるむリスクを知っておこう!
  • ウエストの脂肪吸引のリスクについてをまとめました。名医選びはこちらの相談所のメールフォームまでお尋ねください。 ウエストの脂肪吸引で後悔も 脂肪吸引は、どうしても傷口が気になります。管を入れるために少しだけ切開するからです。目立たない場所を切開するとは限らないので意外と目立つかもしれません。なるべくひどくならないように工夫はされますが、管を動かすために、どうしても真っ赤になったり、赤紫になり、しば [続きを読む]
  • 後戻りする?切らない小鼻縮小術にはどんなリスクがあるのか
  • 切らない小鼻縮小術のリスクについての解説です。 具体的な名医のご紹介はメールフォームまでお問い合わせください。ピンチノーズになる可能性がある 切らない小鼻縮小術は、大きく広がった小鼻を縮小することができ理想のすっきりとした鼻になることができます。メスを使わない小鼻縮小術は傷跡が残るなどの心配はないものの、ピンチノーズになる可能性があります。これは鼻がピンチでつままれたような形状になってしまう [続きを読む]
  • 後戻りする?切らない小鼻縮小術にはどんなリスクがあるのか
  • 切らない小鼻縮小術のリスクについての解説です。 具体的な名医のご紹介はメールフォームまでお問い合わせください。ピンチノーズになる可能性がある 切らない小鼻縮小術は、大きく広がった小鼻を縮小することができ理想のすっきりとした鼻になることができます。メスを使わない小鼻縮小術は傷跡が残るなどの心配はないものの、ピンチノーズになる可能性があります。これは鼻がピンチでつままれたような形状になってしまう [続きを読む]
  • 不自然!?バレる!?涙袋形成のリスクが知りたい
  • 涙袋形成のリスクについてをまとめました。名医のご紹介についてはメールフォームまでお問い合わせください。 しこりが出来るって本当? 涙袋形成では目の下に、ヒアルロン酸を注入します。メスを使わないプチ整形で、目元の印象を変える事が出来るので人気ですが、「しこり・石灰化」のリスクがあるので注意しましょう。ヒアルロン酸を一か所に集中して注入するなどした場合、その部位にしこりが出来たり石灰化といって、硬くな [続きを読む]
  • バッカルファット除去のリスクを知りたい!「やつれる」とは?
  • バッカルファット除去のリスクについてをまとめました。また名医のご紹介については、文末よりお問い合わせください。 頬がこける・ムンク状態になるリスク バッカルファット除去では、頬がこける・ムンク状態になるリスクがあります。そもそもバッカルファットとは、顔の皮下脂肪のさらに奥にある脂肪のことです。この脂肪を除去する事で小顔効果を得られますが、技術が不足している医師に任せると過剰に脂肪を除去してしまいが [続きを読む]
  • 脂肪吸引のチューメセント法のリスク「たるみ」はどうなるの?
  • 脂肪吸引のチューメセント法を失敗しないための医師選びについては文末のメールフォームをご利用くださいませ。 左右差があると美しい仕上がりではない 脂肪吸引 チューメセント法で左右差ができる場合があります。この左右に差ができる原因には取り去るべき脂肪の量を間違えてしまった場合に発生します。脂肪を左右バランスよく取り除いて仕上げることができなければ美しい仕上がりにはなりません。医師と施術する前にカウンセ [続きを読む]
  • なぜでこぼこになる!?超音波脂肪吸引のリスクと原因
  • 超音波の脂肪吸引のリスクをまとめました。具体的な病院のご紹介はメールフォームよりどうぞ。 体に左右差ができてしまう可能性がある 超音波脂肪吸引は、体の左右差ができる可能性があります。医師の治療の技術が未熟な場合には、左右どちらかの脂肪を吸引しすぎてしまうことがあり、見た目に違和感が出る場合があります。食べたりして脂肪を増やしていった場合にも、脂肪細胞自体がない状態の体になるため、見た目が変化しづら [続きを読む]
  • 頬のくぼみの美容整形のリスクって?なぜ感染するの?
  • 若返り整形の一種である頬のくぼみ整形ですが、病院選びを間違えると失敗につながります。当相談所ではメールフォームより具体的な名医のご紹介にあたっておりますので、ご希望の方は文末よりどうぞ。 効果が出ない場合もある 頬のくぼみの美容整形は、女性らしい柔らかい顔のラインを手に入れる為には必要な施術です。治療方法には、何種類かありますがその1つにレーザーによるものがあります。レーザーは細胞に刺激を与えコラ [続きを読む]
  • 大陰唇脂肪注入のリスク「脂肪が定着しない」とどうなるの?
  • 大陰唇脂肪注入のリスクについてをまとめました。具体的な病院選びについては下記のメールフォームまでお問い合わせください。 大陰唇脂肪注入について 大陰唇脂肪注入は、脂肪を注入させて大陰唇をふっくらとさせる方法です。若々しい印象を与え、内部のこすれなどを回避できることになる良さがありますが、出血を伴い炎症を起こしたり、アフターケアをきちんと行わないことでしこり・石灰化になることがあります。経験と実績の [続きを読む]
  • 鼻孔縁形成をする前にリスクを知ろう!鼻先が硬くなる原因と症状
  • 鼻孔縁形成の名医についてをまとめています。病院選びの際はお問合せフォームよりご連絡ください。 移植の失敗で鼻孔の左右差がでる 鼻孔縁形成は正面から鼻の穴が見えにくくするために、穴の内側の皮膚を表に出すように切開したらきれいな形にするため、切開した部分に耳介の皮膚軟骨複合組織を移植をして形成して行きますが、うまく生着しないと鼻孔の左右差が出てしまいます。移植後の縫合の仕方によっても違ってきて、医師の [続きを読む]
  • 鼻づまりになることも!鼻柱挙上術のリスクは防げないのか?
  • 鼻柱挙上術のリスクについてをまとめました。具体的な医師紹介は文末のメールからお問い合わせください。 団子鼻になるリスクもある 鼻柱挙上術は、鼻柱部分が下を向いている方に適用される方法です。皮膚の切除と吸収糸で縫合し挙上して引き上げるますが、この手術を単独で行う事は少ないようで他の方法と併用し仕上がりを考えます。場合によっては、単独方法として手術を行いますが団子鼻になるリスクも伴います。事前に医師に [続きを読む]
  • 鼻の穴が目立つようになるのはなぜ?鼻柱下降術のリスクの理由と症状
  • 鼻柱下降術のリスクについてをまとめました。医師選びに迷っている方はぜひご覧ください。 鼻柱を下げる角度で鼻の穴が目立つ 鼻柱の位置より、小鼻の鼻翼部分が下がっていると正面から見たときに、団子鼻のように大きく丸みを帯びて見えることがあるため、鼻柱下降術を行い鼻翼よりも鼻柱を下げるようにする術式です。もともと鼻のサイズが大きかったり、デザインを配慮せずに下げてしまうと正面から見たときに、鼻先が上がって [続きを読む]
  • 鼻骨幅寄せで鼻曲がりになぜなるの?リスクを知ろう!
  • 鼻骨幅寄せのリスクをまとめましたので、ご参照ください。病院選びの際も、こちらからメールフォームに飛ぶことができます。 綺麗に施術しても傷跡が目立つ事もある 鼻骨幅寄せの整形方法は、鼻骨を切り内側に寄せて固定をします。基本は内側から施術する事により傷跡を目立たなくさせます。しかし、人によって鼻の構造も異なり場合によっては外側からの切開もあり得ます。当然傷跡が残る可能性も十分に考えられ、化粧で場所によ [続きを読む]
  • 上眼瞼リフトのリスク「たるみが取れない」は防げないのか?
  • 上眼瞼リフトのリスクについてをまとめました。病院選びを考えている方は文末よりお問い合わせください。 上眼瞼リフトは傷跡のリスクが大きい 上眼瞼リフトは切開後の傷跡が広がる、段差が出来るなどリスクが生じる場合があります。レーザー照射で傷の段差を削って滑らかにしたり、再度切開し傷を切り取り縫い直すなどの処置が可能ですが、修正には限界があり傷を完全になくすことは不可能で、目立たなくするという対応になりま [続きを読む]