ぷーやん さん プロフィール

  •  
ぷーやんさん: FX・先物相場は僕のATM!?
ハンドル名ぷーやん さん
ブログタイトルFX・先物相場は僕のATM!?
ブログURLhttp://fxwin0402.blog28.fc2.com/
サイト紹介文儲かる手法を日々研究しメルマガにて無料配信
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2010/05/30 19:04

ぷーやん さんのブログ記事

  • 8月14日〜8月19日のトレード
  • 8月14日〜8月19日のトレード相変わらずボラティリティが無い相場が続いているが、NY市場のVIXが動き出し、北朝鮮関連の材料が徐々に織り込まれる気配になってきた。日経平均は2万円を挟んだレンジで推移し、ビットコインはとうとう50万円の領域に突入。有事の際はこれから仮想通貨が安全資産として買われるのだろうか?ビットコイン市場は今、日本人でお祭り騒ぎになっているらしいが、日本の取引所が世界中のハッカーから狙い撃 [続きを読む]
  • GOGO!ハワイファンド3
  • 昨日の日経平均は北朝鮮のロケットもなんのその、200円以上の爆上げである↓きな臭い相場を睨んで、これまで北朝鮮リスクを材料に先物の売りを膨らませていた海外短期筋が、想定外の買い戻しを迫られたのが相場上昇の背景だという。相場が急上昇する時というのは、新規の買いが増えるのではなく、売り方がどんどん踏みあげられ、悲鳴を上げながら買い戻しを行っていく過程で起こることが多いこれだから相場の予想は難しい...シ [続きを読む]
  • 先週の成績
  • 8月7日〜8月12日のトレード北朝鮮とアメリカが一触即発の雰囲気の中、相場も少しづつリスクを警戒してきたのだろうか。日本がお盆休みに入る時、NY市場では恐怖指数が跳ね上がり、有事に備えているようにも見える。暴落は来るのか、来ないのか。今週もマーケットから目が離せない。【指数先物】◇225先物・前場-後場スキャルピング(ラージ1枚)-280,000円◇225先物・デイトレ・ベッティング(ラージ1〜4枚)-250,000円◇225 [続きを読む]
  • 忍び寄る「恐怖指数」の足音
  • 昨日のNY市場で恐怖指数(VIX)が突然急上昇した↓昨年の米大統領選の投開票日以来の高さで、北朝鮮がグアムにミサイルを撃ち込むだとか、トランプが戦争状態に突入するだとかで、マーケットも穏やかでは無くなってきた。不気味なほど静かすぎるマーケットを見て、嵐の前の静けさだとつい先日ブログで書いたばかりだが、早くも相場はきな臭くなってきた↓不気味なほど静かすぎる相場いよいよVIXが大暴れするのだろうか今日から日本 [続きを読む]
  • オフ会ご参加ありがとうございました
  • 先週末はオフ会遠い所からもご参加くださいましてありがとうございました女性陣も加わり、いつにもまして華やかで楽しいオフ会だった相場に向き会うトレーダーの考えは十人十色、とてもバラエティーだ裁量が好きな人、システムしかやらない人、チャートを見るのが飯より好きな人...自分とは違う切り口の人にお会いするのはいつでも楽しいもので、相場に対する新しい発見をすることも多い皆さんとの出会いに感謝です20回目を迎え [続きを読む]
  • 不気味なほど静かすぎる相場
  • 株式市場の日中の値動きがまったく無い状態が続いているボラティリティの低下は最低水準を毎日更新している状態で、こんなに低い水準が続くことは過去20年以上無かったことだ↓今年の2月中旬から1%を割り込んだ状態が続き、上昇に転じる気配が一向にない↓日中の1%割れのボラティリティの日数は、連続で119営業日に達し、それまで80日程度だったのを大きく超える水準に達している↓しかもこの間、じりじりと日経平均の日中の値 [続きを読む]
  • RSSリーダー
  • 毎日お気に入りのブログを読んでいる人も多いと思うが、気に入ったブログが更新された時にお知らせしてくれるRSSという機能を使っている前からライブドアリーダーというのを使っていて、今では名前がライブドワンゴリーダーに代わっているが、このサービスがなんと8月いっぱいで終了するという理由は利用者が少ないのだそうだ僕の様にお気に入りのブログを登録して、更新されたら教えてくれるというサービスを利用している人は少な [続きを読む]
  • お金の運用からのストレスを無くす方法
  • 自分でお金を運用しているときに避けて通れないのがストレスとの闘いだ銀行の定期預金とは違い、リスクのある金融商品で運用する場合の口座残高は日々変動する毎日口座残高が増えればもちろん嬉しいが、逆に毎日口座残高がみるみる減っていくのを見ると、心臓はドキドキするし、ご飯も喉を通らなくなるお金の運用におけるストレスたるや、やったことのない人にはとうてい理解できないだろう僕も運用のストレスはもちろん受けるし、 [続きを読む]
  • シンデレラ・ブレイクアウト手法
  • 以前、夜中の0時を起点にしたブレイクアウト手法を開発したことがある。その時に名付けたシステムの名前が「シンデレラ手法」おっさんが付けるにはあまりにもアレだが、相場という戦場で戦うにはこれくらい場違いな名前も良いだろうと思い、あえてそう名付けてみた午前0時が起点なので、この時間に必ず注文を入れられる人はいいだろうが、あまりに時間帯が遅すぎるので長続きするのが難しいのが欠点だった。そして今回は、午前0 [続きを読む]
  • 午前3時に開くカジノ
  • 昨夜のFOMCは、市場予想通り利上げを見送りし大きなサプライズはなかった昨夜はたまたまライブで値動きを見ていて、少しお小遣いを稼いでやろうと思い、普段はやらない裁量のスキャルピングをやってみた発表前から市場の予想通りに利上げは無いとみて、どんどん下落するドル円だったが、発表の瞬間いきなり急上昇!↓「おおっ、これはサプライズだ!利上げだ!」と確信した僕は思わずドル円をロングしかしこの急上昇も瞬間に終わり [続きを読む]
  • 100億円投資してもわずか10万円程度のリターン
  • お金がある人がいつも考えていることは、いかに資産を安全に運用するかということだ「今のお金は1ミリも減らしたくないが、できれば少しでもいいのでお金を増やしたい」多くの人はお金の運用に対してはとても保守的であるわずかな利回りを求めて債券や株式に殺到していた年金などの投資マネーが行き場を失っている寝ててもお金が増える「安全資産と」いうバブルは、ついに崩壊を迎え、投資家はパニック状態になっている安全資産と [続きを読む]
  • ハンバーガーを金づるにした男
  • 大人から子供まで、知らない人はいない世界一有名なお店「マクドナルド」今の50代の人なら誰でも最初にマクドナルドのハンバーガーを口にしたときに、「こんなうまい食べ物があったのか!」と驚いたはずだ1955年にアメリカで生まれてから遅れること17年、1971年に東京・銀座でオープンした。「マクドナルド」は、英語発音で「マクダーナルズ」と発音するので、ガイジンに「マクドナルド」と発音しても絶対に伝わらない。アメリカ人 [続きを読む]
  • ブレイクアウト手法は唯一うまく機能するテクニカル
  • もう7年ほど前になるだろうかボラティリティを利用したブレイクアウト手法をメルマガで無料公開したことがある僕は基本的にトレードシステムにテクニカル指数は使わないが、唯一例外なのが「ブレイクアウト」だ数多くあるテクニカルの中で、昔から長期間に渡ってうまく機能するテクニカルとして広く知られているど素人にトレードを教え、見事に全員が巨万の富を得たことで一躍有名になったトレード集団、「タートルズ」が使った手 [続きを読む]
  • チャートを眺めるのが三度の飯より好きなあなた
  • 僕のトレードはまずチャートを見る機会がほとんどないチャートを見るのは検証をするときくらいで、ポジションを持っている時でもチャートとにらめっこすることはないそういうと驚かれる人が多いのだが、「いかに手間暇をかけないで楽に儲けることができるか」ということばかりを考えているうちに、いつの間にかチャートを見ることさえ不要になったトレード手法ばかりを使うようになったからだセミナーでもチャート画面を出してテク [続きを読む]
  • 過去最低のボラティリティと上昇する株価の不思議
  • 僕は毎日、相場のデータを取っているが、225先物のボラティリティは1994年からデータを取って以来、ついに過去最低の水準にまで落ち込んでしまった。これは1年前からの現在までの相場のボラティリティで、一直線に下がっているのがわかる↓ボラティリティというのは、値動きの変動率のことで、特にデイトレなどの超短期売買を得意とする僕の様なトレーダーにとっては、ボラティリティーが低いと相場で稼ぐことができない↓デイトレ [続きを読む]
  • ビットコインの研究
  • 今朝の日経新聞の記事に「仮想通貨、相次ぐ想定外 一瞬で急落・犯罪に悪用 」とある ビットコインは6月上旬に3000ドルの大台を突破して以降、下げ基調が続き、12日には瞬間に2200ドル台まで下落。↓原因は、ビットコインの取引量拡大に向けて8月1日に「新しい枠組み」が適用されることだという。この「新しい枠組み」がなんともややこし話になっているようで、ビットコインを扱う世界の事業者では分裂騒動まで起きている。日 [続きを読む]
  • NY市場が休場の翌日のマーケット
  • 世界の金融の中心はなんと言ってもアメリカだ。アメリカがくしゃみをすれば、翌日世界中のマーケットが風邪をひく。だからみんなアメリカの動きを息を殺して見守っているそこでアメリカのマーケットが休みの日、日本のマーケットにはどのような影響があるのかを検証してみた。NY市場の休日を控えた東京市場の動き↓NY市場が休日の翌日の東京市場の動き↓この2つを見ると、NY市場の休みの影響はあまりないように見えるNYが休みだと [続きを読む]
  • 外貨定期預金よりFXのトレードを勧める理由
  • 「将来の為に資産を運用してお金をふやしたいけど、日本円で定期預金しても、低金利だから増えないんだよな...」銀行金利が史上最低水準まで落ち込んだ今、利息を全く生まない自分の資産。「株は怖いし、投資信託もあまり信用できない。何か良い運用先があればいいのに」とため息をついているあなた。運用と聞いた途端にどうしていいのかわからず、結局は元本が保証されている貯蓄型の養老保険などに頼っていた人が多いのではな [続きを読む]
  • 個別株の両建てシステム
  • これは東証一部銘柄を対象にした両建て手法だ。両建てというのは、相関の強い2つの銘柄の売りと買いを同時に保有すること。相場が大暴落をしても、片方は常に売っているので口座が一気に吹き飛ぶこともなく、とても安心感がある。実はこのシステムは今年のお年玉としてセミナー受講者の方に無料でプレゼントしたものだが、更に改良を加えてバージョンアップしたものである。前回との違いは●毎日トレードする必要がない●売買頻度 [続きを読む]
  • ビットコインのトレード必勝法があれば大儲けできるのに
  • 経済活動というのは、テレビやネットで報道されている表の世界だけで成り立っているのではなく、決して表に出てこない地下経済の存在がとてつもなく大きい。発展途上国が何とか国の財政をやりくりできるのも、実は麻薬や武器密輸などの非合法な地下経済のお陰だと言われている。イタリアなどは、表の経済よりも地下の経済の方がはるかに大きいという専門家もいる。こうした裏経済の決済といえば、今まではドルが主流だったが、いつ [続きを読む]
  • 往復4万円で行けるハワイ旅行
  • 1964年の東京オリンピックの頃、ハワイ旅行は「一生に一度は行ってみたい夢の島」であった「ジャルパック」なる団体ツアー専用のブランドが誕生し、旅行代金は36万4000円。当時のサラリーマンの初任給は約2万円、平均月収が6万円程度だった時代だ。僕が初めてハワイに行ったのは1977年頃で、まだまだ個人旅行をする時代ではなく、海外旅行と言えば団体旅行が主だった。この頃の為替レートは1ドル300円くらいだったと記憶している今 [続きを読む]