ぷーやん さん プロフィール

  •  
ぷーやんさん: FX・先物相場は僕のATM!?
ハンドル名ぷーやん さん
ブログタイトルFX・先物相場は僕のATM!?
ブログURLhttp://fxwin0402.blog28.fc2.com/
サイト紹介文儲かる手法を日々研究しメルマガにて無料配信
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2010/05/30 19:04

ぷーやん さんのブログ記事

  • デイトレーダー泣かせのボラティリティ低下
  • その日のうちにトレードを完結するデイトレード僕の主流のトレード手法だが、この手法の最大の弱点はボラティリティがないと商売にならないということである。価格の上げ下げがほとんどない最近の相場がまさしくそれで、まさにトレーダー泣かせの相場が続く。直近1年間の225先物のボラティリティー↓1年前に2%を超えていたボラティリティが今や0.7%程度まで落ち込んでいる。僕の225先物システムで、仮にボラティリティーが1%以 [続きを読む]
  • 「ググれカス」から「インスタ見ろよ」
  • SNS全盛の時代、僕らのようなオッサンはフェイスブックが主流だが、若い人はフェイスブックはほとんど使わないそうだ。フェイスブックで盛り上がっているのはオッサンとオバサンだけと言われると何だか悲しい気持ちになるが...では若い人はフェイスブックの代わりに何をつかっているのかというと、圧倒的NO1がインスタグラム。旅行の写真、今日のごはん、通っているジム、ファッション等々、なんでもかんでもインスタグラム [続きを読む]
  • Topixが明日の相場を予想する
  • 日本のマーケットを代表する経済指数として「日経平均株価指数」と「TOPIX指数」がある。「日経平均株価」は、東証1部上場の銘柄から選んだ225銘柄の平均株価の指数のことをいい、「TOPIX」は、東証1部上場の全銘柄の時価総額の合計を全銘柄で割った数字の指数のことをいう。「日経平均株価」は、株価の高い値がさ株の影響を大きく受け、1,600銘柄以上が上場している東証1部銘柄のうち、わずか10銘柄だけで日経平均株価の3分 [続きを読む]
  • 株は月曜日のデイトレなら儲かる?
  • 日経平均株価が久しぶりに2万円の大台に乗り、一向に調整する気配がないマーケット。特に日中の動きに関して言えば、ほとんど上昇している状態だ。5月からの集計では、朝の寄り付きから大引けにかけて上昇する確率は実に75%にも上る。株価が落ちてきたら、日銀とGPIFが買い支えているのが今の相場。ここ1年間の日経平均に連動するETFの出来高の推移はこんな感じ↓前日比の出来高の平均上昇率は88%に対し、平均下落率は35%という [続きを読む]
  • 渋谷にお金を落とさないガイジン
  • JR渋谷駅前のスクランブル交差点と言えば、数多くの外国人観光客が訪れる場所としてすっかり東京の名所となっている。彼らはスマホやカメラを掲げて、交差点を行き交う人々の波を撮影したり、それをバックに記念撮影したりしている。今や渋谷のスクランブル交差点は、旅行サイトやガイドブックなどにも載るほど世界的に有名な日本の観光スポット。インスタグラムで検索すると、さまざまなガイジンが写真や動画を多数投稿しているこ [続きを読む]
  • 為替と金利の相関
  • ある経済評論家のサイトを見ていたら、「為替は相変わらず米国10年債金利とものすごく相関性が強い」とあった。「米国債利回りが上昇すればドルは上がり、米国債利回りが低下すればドルは下がる」「これは理屈どおりの動きだ」為替が金利と密接な関係になるのは誰でも知っていることで、中央銀子が金利を上げると言えば、その自国通貨は上がり、金利が下がれば通貨も下がる。何でも調べるのが好きな僕は、こういう記事が出るとすぐ [続きを読む]
  • セミナー受講者特典
  • セミナー受講者には以下のトレードシステムを無料でプレゼントご希望の方は、受講したセミナー、お名前(フルネーム)とご希望のシステム名を記入して、こちらまでご連絡ください↓件名 「セミナー受講者特典システム希望」fxwin0402@yahoo.co.jpぷーやんまで●イブニングギャップ手法 [続きを読む]
  • 高いお金を払ってジムへ行くよりはるかにスゴイ器具
  • 50歳を超えるようになり、さすがに体力の衰えを感じている今日この頃。これではイカンと思い、ジムに週に3回ほど通って筋トレやジョギングをしているが、知り合いの筋肉ムキムキマンの人に「ジムに行かなくても簡単に写真のオッサンのような体になるよ」と教えてもらったのがこれ。↓両軸のハンドルを持って伸び縮みするだけだが、最初やったときは腹筋が破裂して死ぬかと思った(笑)その後も何とか続けていくと、確かにチャーシ [続きを読む]
  • 「かわせ」と言う漢字
  • 毎日FXのチャートを見ているあなたいきなりだが、あなたは「かわせ」という漢字が書けるだろうか?毎日ニュースで聞かない日は無い「かわせと株」の「かわせ」のことである。恥ずかしながら僕は「為替」という字の順番がわからなくて書けなかった。何となくイメージはできるのだが、いざ漢字を書けといわれると、「為替」なのか「替為」なのかどうしても思い出せないのである。誰がこんなややこしい漢字を作ったのだろうか。だいた [続きを読む]
  • 銀行の金庫で腐るお金
  • 銀行にお金が集まり続け、ついにその預金残高は過去最高の1000兆円を超えたという。銀行に預けても利息がほとんど増えないにもかかわらず、お年寄りは虎の子の退職金や年金を預け続けている。普通預金の金利が0.001%という、虫メガネを使わなければよく見えない金利にかかわらずである。100万円預けてももらえるのは1年でわずか10円。僕に預けてもらえば1%で1万円の利息はお約束しよう(笑)もともと銀行のビジネスモデルとい [続きを読む]
  • イブニングギャップ・トレード手法
  • 225先物は8:45〜15:15で一旦終了し16:30から再開される。この15:15〜16:30までの75分間の休み時間を利用して、トレードができないものか考えてみた。75分間だけでは特に材料が出ない限りは大きく動くことはないが、為替が大きく動いたり、重大なイベントが発生した場合は大きく動くこともある。日中の為替の動き、又は何かしら他の指数があればそれを参考にして、有利な方向へポジションを建てることができないだろうか。そこ [続きを読む]
  • クリスチャンになったヤクザ
  • 日本の覚せい剤の約9割を握り、20代にして莫大な富を手に入れ、日本最大の暴力団、山口組の三代目田岡組長の狙撃事件の首謀者として、その筋の世界では知らぬ者はいない吉田芳幸という男がいる。「仁義なき戦い」として映画化された「大阪戦争」としてあまりにも有名な事件である。その後北海道の刑務所に5年間服役しながら、出所すれば山口組に殺されると確信していたという。ところが、出所して来た時に山口組が分裂闘争を起こ [続きを読む]
  • 商品先物(金・白金)セミナー
  • 「商品先物」と聞くと思わず顔をしかめるあなた昔は金やトウモロコシといった商品先物の勧誘が盛んに行われ、「少額の証拠金で極めて短期間で何百万円も儲かる」という悪質なセールストークに騙されて、虎の子の退職金が泡と消えてしまった人も多い。それから時代は変わり、今では先物会社が電話で勧誘をすることは一切禁じられ、悪質セールスマンはすっかり姿を消してしまった。よく有事の「金」と言われ、金融危機が起こった時に [続きを読む]
  • 遺骨をダイヤモンドにする会社
  • 「自分が死んだら遺灰をエーゲ海の海にまいてほしい」人気のない山奥のお墓に入るよりも、好きな場所であの世を送りたいと考えている人もいるだろう。「ダイヤモンド葬」というサービスを提供している会社がスイスにある。「ダイヤモンド葬」は、遺族が故人の遺骨から製作したダイヤモンドを故人の形見として手元に置き、供養する方法だ。身に付けたり、語りかけたり、触れたりすることで故人との絆を実感することができる。しかも [続きを読む]
  • カールおじさんが見れなくなる
  • スナック菓子のカールが西日本以外の地域での販売を中止するというあのカールおじさんが見れなくなると思うとなんだか寂しくなる...ネットではカールがオークションで高値で売られているとか、買いだめに走っている人が続出しているとかで大騒ぎになっているようだが、少し前もジャガイモ不足でポテトチップスが作られなくなるとのニュースにこれまた大騒ぎ。菅官房長官の会見でもカールのことが話題になり、食べたことはないそ [続きを読む]
  • ガイジンが愛するディープな大阪
  • 日本一治安の悪い街として知られる、大阪市西成区。日本最大級の遊郭街「飛田新地」があるところでも有名だ。大阪のシンボル「通天閣」も近く、日雇い労働者向けの安ホテルが集まる「あいりん地区」があるこの一帯は、大阪出身の僕でさえ足を踏み入れたことがない場所である。こんな怖い街に、高級リゾートを手掛ける星野リゾートが観光ホテルを建てるという。星野リゾートといえば、高級旅館「星のや」や温泉旅館「界」を全国のリ [続きを読む]
  • 太陽光発電は株式や債券と比べて高い利回り?
  •  株式や債券と比べて高い利回りが期待でき、申請が膨れ上がった太陽光バブル高額の買い取り価格に魅了され、猫も杓子も「それっ、太陽光で大儲け」とほくそ笑んでいたが、どうも最近様相が変わってきたようである。高額で売電できる権利を保有するだけで、ビジネスを手掛けない事業者を排除する法改正が4月に施行。これにより一般家庭の約1割の消費電力に相当する権利を持った人たちが排除された。太陽光発電ブームの頃は、まず [続きを読む]
  • 整形と言わず化粧といえば大抵の男は納得する
  • 「整形大国」と揶揄される韓国実は日本より件数自体は少ないのをご存知だろうか。単純に処置件数なので、人口で考えるとまだまだ韓国のほうが整形している割合としては高いのだが、いずれにせよ日本で整形を行う人が増えているのは事実だ。僕たちの古い感覚では整形手術と聞くと、リスクが高くて怖いというイメージがあるが、最近の若い人はずいぶんと当たり前に手術する人が多いようだ。例えば高校の友達の女子会などでは、当時の [続きを読む]
  • 満員電車を体験しなくて済むだけでも地方に住む価値がある
  • GWが終わり、またいつもの普通の生活が始まる。多くのサラリーマンにとって避けては通れぬ満員電車の生活。冬でも暑く、狭く、息苦しいが、これからの梅雨時期には湿気も加わり、満員電車は地獄のような空間に代わる。片道1時間の通勤なら往復で月に約40時間、年間に換算すると丸20日にもなる通勤時間は、忍耐と呼ぶにはあまりにも人生にとて過酷で無意味な時間である。決して短くない、そして逃れようのない通勤地獄に辟易として [続きを読む]
  • 大借金できる信用と大勝負できる度胸
  • ?ソフトバンクの純利益がついに1兆円を突破した。国内企業で1兆円を突破しているのはトヨタだけで、その数字が極めて突出しているのは誰でも想像できるだろう。創業一代で夢のような企業規模にまで膨らませた孫社長は、この偉業達成においても感動すらしないという。純利益の1兆円、2兆円というのは、大企業のトップですら想像できない金額だと思うが、単に通過点だと言い切る。常識という心のリミッターを外せば、トンデモナイ世 [続きを読む]
  • 恐怖ではない恐怖指数?
  • フランスの大統領選も無事に親EU派の勝利となり、ほっと一息のマーケット。市場の心理を表す指数として有名なのがVIX指数、別名恐怖指数と呼ばれるもの。S&Pオプション価格から計算される指数だが、数値が高い程、市場には混乱が起こりパニック状態となり、数値が低い程、市場はとても楽観気分になる。この恐怖指数だが、20年ぶりに10を割るという極めて低水準のレベルまで落ち込んでしまった。落ち込んでしまったといっても、NYダ [続きを読む]
  • ビットコインの上昇が止まらない
  • 管理する国家や企業が存在しないビットコイン。中国の富裕層は人民元建ての資産価値を守るため、海外へお金を逃がそうとするが、中国では外貨取引の規制が厳しく、人民元の持ち出しも規制強化されている。ビットコインを使えば、中国政府の資本・通貨規制を回避して、国外に資産を持ち出すことができ、ビットコインで外貨を購入する中国人が多数存在する。世界中で流通するビットコインの取引額の90%以上は中国人と言われており、 [続きを読む]
  • 屋台でスマホ決済
  • 電子マネーの支払いに慣れると、いちいち現金で支払うのがとても面倒だ。特にお釣りで小銭をもらう時が一番ストレスになる。できればすべての支払いをクレジットカードか電子マネーで支払いたいと思うのだが、現金しかダメなお店もまだまだ多い中、中国では一気に電子マネーが普及してしまった。それも屋台の支払いまでなんと電子マネーで支払えてしまうのである。中国ではほとんどの人が、WeChat というメッセンジャーアプリを使 [続きを読む]
  • Topix先物ナイトトレード
  • Topix先物ナイトトレードのセミナーのご案内。【Topix先物取引のナイトセッションの優位性】現在、大阪取引所に上場している先物は、日中(8時45分〜15時15分)と夜間(16時30分〜翌朝5時30分)の時間帯で取引が行われている。つまり朝の8時45分から15時15分までのデイトレと、途中休憩を挟み、16時30分から翌日の5時30分までの時間帯にも収益を上げるチャンスが増えるということになる。ナイトセッションはこれまで取引時間が段階 [続きを読む]
  • 誰も本気で売らないNISAの投資信託
  • 来年から始まる積み立て型のNISA年40万円の投資額を上限に、運用で得られる配当や利益が20年間タダになる制度である。客の資産を増やせないどころが、手数料ばかりむしり取り、投資家のことなど1ミリも考えて来なかった証券業界。新興国投資などはやりのテーマを次々に設定し、客にあの手この手で頻繁に投信を替えをさせ、利益をむさぼり取っていた連中である。こんな状況に金融庁もとうとう堪忍袋の緒が切れて、「客の資産を [続きを読む]