ぷーやん さん プロフィール

  •  
ぷーやんさん: FX・先物相場は僕のATM!?
ハンドル名ぷーやん さん
ブログタイトルFX・先物相場は僕のATM!?
ブログURLhttp://fxwin0402.blog28.fc2.com/
サイト紹介文儲かる手法を日々研究しメルマガにて無料配信
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供134回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2010/05/30 19:04

ぷーやん さんのブログ記事

  • 誰も本気で売らないNISAの投資信託
  • 来年から始まる積み立て型のNISA年40万円の投資額を上限に、運用で得られる配当や利益が20年間タダになる制度である。客の資産を増やせないどころが、手数料ばかりむしり取り、投資家のことなど1ミリも考えて来なかった証券業界。新興国投資などはやりのテーマを次々に設定し、客にあの手この手で頻繁に投信を替えをさせ、利益をむさぼり取っていた連中である。こんな状況に金融庁もとうとう堪忍袋の緒が切れて、「客の資産を [続きを読む]
  • スマホで割り勘の支払いをする
  • 僕らが若い頃は、女の子とのデートで食事や映画代などは男が払うのが当たり前の時代だった。デートの前日には、コツコツと貯めていたお金が入った貯金箱を断腸の思いでたたき割り、軍資金を準備していたものである。僕らが若い頃にデートしていた時の女の子(今は立派なおばさんだが)も、「デートでは男が支払って当たり前と」いう意識が強く、その図々しさが今でも脈々と引き継がれているような気がする。ところで今の若い人たち [続きを読む]
  • 「金持ち本」はファンタジー?
  • あなたがお金持ちになりたいとして、手始めにするのは「ノウハウ」探しかもしれない。「金持ち本」には、海外の大富豪に教えを乞うたとか、たくさんの富裕層と接する著者が語るといった類のものを、あなたも見たことがあるだろう。お金持ち本を書いている本人が本当にお金持ちであれば、それは本当の事かもしれないが、そうでなければ嘘になる。本当に乞うた教えが正しければ、自分でも実践してお金持ちになってないとおかしな話に [続きを読む]
  • 心を殺して壁に向かって授業を続ける
  • 人手不足でこれからはガイジンに働いてもらわないと生活インフラさえ危ないと囁かれる我が国。こうした状況の中、日本での就職を夢見て今日も多くのガイジンが来日する。出稼ぎ目的で来日するガイジンだが、日本で就業ビザをいきなり取るのは無理なので、とりあえず日本語学校に入学してから仕事を探すパターンが多い。そもそも出稼ぎ目的なので、日本語学校に通っても本人は全く勉強する意欲も意志もない。授業はつまらないし、受 [続きを読む]
  • 社会人としてのマナー
  • 4月は多くの学生が社会人としての人生をスタートさせる時期だ。学生気分が抜けない新入社員に対してビジネスマナーを身に着けさせるために、わざわざ講師を呼んで研修を行う会社も多い。電話の応対、お辞儀の仕方、名刺の受け渡し、会席での接待など、今まで自分が知らなかった社会行動を求められ、目の前にいきなり「社会人としての常識」の壁が立ち塞がる。僕も社会人に成りたての頃は、特に得意先との接待などで面倒くさいマナ [続きを読む]
  • おつりをもらう時に不愛想にお金を投げてよこす店員
  • 海外から日本に帰国する度につくづく思うのは、日本の店員さんがとても優しくてマジメなことだ。海外のコンビニでおつりをもらう時に、不愛想にお金を投げてよこす店員に思わず絶句した人もいるのではないだろうか。日本なら考えられない対応であるが、海外の店員というのは、程度の差こそあれ、客を客とも思わない対応など日常茶飯事だ。客がレジ前に並んでいても、店員は別な人とお喋りしたり、トイレに行ったり、スマホをいじっ [続きを読む]
  • 他人の不幸は蜜の味
  • 成功したくない、お金持ちになりたくない、そんな人はよほどの聖人でない限りいないだろう。成功して沢山お金を稼ぎ、高級車に乗り、豪邸に住み、優雅に世界一周のクルーズ船に乗って家族と暮らす。多くの人が持っている「お金持ち」というのは、単純にそんなイメージだろうか。実は人はお金持ちになって、優雅に世界一周をしたいのではなく、他人よりお金持ちでいたいだけなのである。周りの人よりも自分の境遇が少しでも良かった [続きを読む]
  • 金(商品先物)のトレード
  • 商品先物市場に上場する銘柄は多くあるが、今回は金(ゴールド)のデイトレをご紹介。取引時間は、日中が8時45分〜15時15分、夜間が16:30分〜翌5時30分で、トレードは16時30分の始値で仕掛け、翌15時15分に決済するほぼ24時間のデイトレだ。デイトレにしては保有時間が比較的長いが、その分大きく値幅を取るチャンスも増えるので、ロスカットをしっかり入れて損失を限定することで、大きなリターンが狙いやすい商品である。【パフ [続きを読む]
  • セミナーについてのご質問
  • 今月開催予定のセミナーについて、同じようなご質問を多く頂いていますのでご紹介させていただきます。頂いたご質問↓----------------------はじめまして、●●と申します。ホームページを拝見いたしまして下記のセミナー予定が掲載されておりましたので現在参加を検討いたしております。4月15日(土)〜22日(土) マンツーマンセミナー(8名限定)13:00〜15:30 埼玉県上尾市の事務所(JR高崎線上尾駅)もしくはスカイプ締め [続きを読む]
  • お花見オフ会ご参加ありがとうございました
  • 先週末はお花見オフ会。お花見オフ会といっても、桜の下でゴザを敷いて宴会するわけではなく、居酒屋でお酒を飲んで騒いでいるだけであるが、トレーダーとお酒を飲みながら、「あーだ、こーだ」と語ることはとても楽しい。僕のオフ会のメンバーの年齢層はだいたい35〜50歳くらいの人達が多い。人生も30代半ばに差し掛かると、やはり将来のことを真剣に考えるようになる。仕事や家庭を持ち、多大なストレスを抱えて生きている人は多 [続きを読む]
  • トレード本をいくら読んでもあなたの財布は膨らまない
  • 相変わらず本屋の資産運用のコーナーには、トレードに関する書籍がずらりと並ぶ。写真と同じタイトルの本があなたの本棚にも沢山並んでいるだろう。もちろん僕の本棚にも数えきれないくらいのトレード本が並んでいる。しかし今、毎日トレードして思うのだが、本棚にあるトレード本があってもなくても、あまり今のトレードには関係ないように思う。僕の場合は、多くの本を読めば読むほどどうでもよい知識ばかりが蓄積され、肝心な事 [続きを読む]
  • 教育費という子供への投資が身を亡ぼす?
  • 今の日本では大卒と高卒を比べると生涯賃金はおそよ1億円近くもの差が出ると言われている。だから子供の将来を考え、塾に通わせ大学まで卒業させたいと思うのは親として当然のことだろう。ざっと試算して幼稚園から大学まで私立に通わせる費用は2400万、中学から私立に通わせても1500万円の教育費がかかる。これは子供一人当たりだから、2人いると中学から私立に通わせた場合でも3,000万円の教育費となる。さらに子供が小学生の頃 [続きを読む]
  • プラチナを買うと儲かるのか?
  • 価格が大幅に下がり、割安感が出て、2016年に入ってからプラチナが多く買われたという記事があった。「金よりも安い「プラチナ」投資はお得か?」PRESIDENT 2016年7月18日号プラチナは自動車の排気ガス浄化の触媒として使われる希少性の高い金属だが、この時点でどのくらい上がったのだろうか。2016年1月〜記事が出た7月までの価格の推移を見てみると↓激しく上下しているが、年初よりは確かに価格は上昇しているようである。そし [続きを読む]
  • スリッパの法則
  • 会社を数多く訪問するファンドマネージャーは、外見は派手でも危ない会社、儲かっていない会社というのは中に入ってみると見分けがつくのだという。例えば社内でスリッパに履き替える企業への投資は失敗するという。なるほどそう言われてみると、例外はあるがかなり当たっているようにも思える。昔、車の中を「土足禁止」にして、車に乗る度にわざわざスリッパに履き替えないといけないという、非常に面倒くさい友人がいたが、今か [続きを読む]
  • イタリア・ローマ日記
  • いよいよ最後の都市ローマへ↓25年前に来たときは、トレビの泉があるこの辺りはスリが異常に多かった記憶があるが、テロ対策の影響で今度はお巡りさんが異常に多い↓ローマの宿もエアビーアンドビー。ここも1000年以上も昔に建てられた王宮だったそうだ。↓朝の朝食はなんとルームサービス↓後ろ向きにコインを池の中に投げたら、願いが叶うと言われているトレビの泉。早朝に行ってみるとなんと清掃員のおじさんたちが池のなかのコ [続きを読む]
  • イタリア・フィレンツェ日記
  • トスカーナの丘に囲まれた芸術の都、「フィレンツェ」は、街全体が「屋根のない美術館」といわれている。大金持ちメディチ家が多くの芸術家のタニマチとなり、もっとも華やかと言われたルネサンス文化を育んだこの街は、まさに芸術一色である。歩いているとそこら中からバイオリンやサックスの音色が聞こえ、道には芸術家がモナリザの肖像画を描いている。この芸術の街には数えきれないほどの美術館があり、とてもじゃないがわずか [続きを読む]
  • イタリア・ヴェネツィア日記
  • ミラノに2泊した後はヴェネツィアへ移動アドリア海の最深部、ヴェネツィア湾のラグーナの上に築かれた運河の走る水の都ヴェネツィア、英語名はヴェニス。言わずと知れた世界一美しい街と言われている世界的な観光地だ。ヴェネツィアの土地は、大陸からの川の流れに乗ってくる土砂、そしてアドリア海の波と風の力によって作られた湿地帯である。北イタリアの都市の住民が、5世紀のゲルマン人のイタリア侵略からこの湿地帯へと避難し [続きを読む]
  • イタリア・ミラノ日記
  • 5日から家族でイタリアへ旅行。今回の旅のルートは、東京→ミラノ→ベネチア→フィレンツェ→ローマ、とまあイタリア旅行のガイドブックの定番コースである。イタリアは新婚旅行に行って以来で、あの時はまだEUの通貨統合前だったのでイタリアはユーロではなく「リラ」という通貨を使っていた時代だ。う〜ん、自分の人生の長さを感じてしまう...若い女性にとってはフランスに並ぶ人気の国イタリアだが、なるほど行ってみて何故 [続きを読む]
  • お花見オフ会のご案内
  • 3月に入り少しずつ暖かくなってきた。来月にはもう桜が咲く季節になり、つくづく1年が過ぎるのが速く感じる。そして今年も恒例のお花見オフ会のご案内。初めての方も、是非この機会にお越しください。熱烈歓迎です!過去のオフ会の様子--------------------------日時 4月1日(土) 18時〜場所 東京・秋葉原参加 このブログをご覧の方ならどなたでも熱烈歓迎!会費 5,500円締め切り 3月16日(木)まで参加ご希望の方は、フル [続きを読む]
  • 先物のデイトレード発注方法の動画説明
  • 先物のデイトレの発注はどんな感じで行っているのかというご質問が多いので、発注までの一連の操作説明の動画を作成。※全画面表示にして、高画質で見てくださいおおまかな流れは、こんな感じである。エクセルのサインファイルに前日の日中の4本値(始値ー高値ー安値ー終値)を入力↓当日の売買サインを確認(1は買い、−1は売り、0はノートレ)↓証券.会社へ発注一連の操作は慣れれば1分もあれば終わり、あとはほったらかしで [続きを読む]
  • スマホという時間泥棒
  • 朝はスマホでニュースや天気予報のチェックで忙しいあなた。通勤や休み時間はもちろん、帰宅後も家族とテレビを見ながら、気になったことを検索しているあなた。テレビであるタレントについて調べていたら、ついつい脱線してそのタレントが出演しているドラマをそのまま動画で見てしまう...職場のランチ中には、同僚が全員、無言でメルカリを見ている。「ポイントタウン」ほか、いくつものポイントサイトやアンケートサイトに登 [続きを読む]
  • ポーカーはとても知的なゲーム
  • ポーカーは世界中のいろんなところでテーブルを囲んでプレーされているゲームだ。日本の麻雀みたいなものだが、パイも人数も必要なく、カードがあれば気軽にどこでも始められる。ポーカーは、ビジネスの人脈を広げるための重要な手段であり、性格やセンス、戦略的能力、リスクに対する態度などについて洞察を与えてくれる優れたゲームで、ポーカーを愛している経営者も多い。 ビルゲイツはハーバード大で過ごした学生時代はコンピ [続きを読む]
  • 2万円で銀行金利の2,000倍以上の資産運用・個人セミナー(限定)
  • 【特徴】面倒くさい個別銘柄の選択をする必要がなく、日経平均株価に連動するETFと呼ばれる投資信託を売買する方法で、わずか2万円の資金から資産運用が可能。詳しくはこちら↓2万円からできる金融商品株やFXや先物を売買する場合は、当然手数料を証券会社に払わなければならないが、このETFを使ってデイトレードすると、手数料が無料になるという最大のメリットがある。(松井証券の1日信用口座を使用)更に1回の約定金額が300万 [続きを読む]
  • トランプ大統領の娘のブランドが叩き売り
  • 安倍総理をゴルフ接待したのは、トランプ大統領の会社が所有する豪華なリゾート地。自身もゴルフはシングルの腕前だし、プロゴルフプレイヤーの友達も多くいるこのビジネスマンにとって、ゴルフ接待はお手の物だ。相変わらず言いたい放題のトランプ大統領に対してのバッシングは絶えないが、娘のイバンカが経営するファッションブランドにも飛び火しているようだ。多くの不買運動の影響を受けて、全米の有名デパートやネットショッ [続きを読む]
  • いつも損をしているような気がする
  • 毎日トレードしていると当然だが毎日勝つことはない。勝ったり負けたり、負けたり勝ったり、勝ち続けてたまに負けたり、負け続けてたまに勝ったり、気ままなマーケットを相手にしていると、概ね上記のようなパターンで損益が増えたり減ったりする。人間とは不思議なもので、毎日トレードをしていると、損をしたことばかりが頭に残るため、精神的にはいつも損をしているような気がする。しかし資産の推移だけをみると、今月もそれな [続きを読む]