hauntsreports さん プロフィール

  •  
hauntsreportsさん: ハウンツオリジナルレポート
ハンドル名hauntsreports さん
ブログタイトルハウンツオリジナルレポート
ブログURLhttp://hauntsreport.blog9.fc2.com/
サイト紹介文ハウンツはスモールボートからビッグボートまでマリンライフをサポートさせて頂いています
自由文ハウンツは横浜ベイサイドマリーナを基点とし、スモールボートからビッグボートまで幅広くお客様のマリンライフをサポートさせて頂いています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2010/06/01 10:42

hauntsreports さんのブログ記事

  • フォートローダデール3日目
  • フォートローダデール3日目今日はライボビッチのファクトリーへ顔出しにファクトリーには多くのライボビッチが里帰りしていましたそして建屋の中では73フィートと78フィートの建造が行われ、桟橋には先日進水した68が最終調整をしていました何度、訪れても刺激的で参考にすることばかりです [続きを読む]
  • こちらも塗っています
  • こちらも塗っていますどうこがどうだと言う訳ではありませんが、オーナーの愛情により塗っていますハルが終わればハウスもいきます [続きを読む]
  • 足場が取れました
  • レストア中のRybovich50高く組み上げられていた足場と養生が外れ全容が現れましたネイビーブルーだったハルはハウス同様のスノーホワイト、ブーツストライプもトレーダーレッドに変わりました船名はスギサックデザインによるハンドレイネームほぼ直線のない船体のラインから誰も魅了するオーラが感じられますね [続きを読む]
  • TEAM HAUNTS
  • 今年もボートショーに合わせ恒例のTEAM HAUNTS寄り合いを開催そして2016年4月〜11月ハウンツカジキダービー表彰1位は50本を超える本数でレジェンド化しているバートラム64のフォワードさん2位は14本でアルベマーレ41を駆るスタチューオブリバティーさん3位は10本で黒船Y38のバグースさんとなりましたそして、バーショウカジキの日本記録を取った三枝さんに特別賞その他、最大魚、シーズンファー [続きを読む]
  • 造水器
  • あると便利な造水器海水を濾過して清水を造るシステムです造水器で清水を造れば清水の無くなる心配をしなくてよいので心置きなく清水が使えます出先で船を清水で存分に流しても何の心配ありませんそれに、清水を最低限積めばよいので船を軽く出来、船への負担も軽減出来ますただ、フィルターは細目に交換をいなくていけません通常、一次フィルターの5ミクロン、25ミクロンのフィルターを交換しますこの交換を怠ったりすると、実 [続きを読む]
  • 見方変われば
  • 以前、インプレッションを行ったときにあるカメラマンの方からこんな話しを聞きましたカメラマンさん曰く「私は船を乗らないなので、皆さんの言う良いか悪い船かは分かりませんですが、写真の撮りやす船、撮りにくい船はあります恐らく、皆さんが良い船は走っている最中、挙動があまり変わりません波を乗り越え、船が上下してもスプレーの上がる位置があまり変わらないし、船のいつまでも上下していません良くないと言われる船はい [続きを読む]
  • インテリア
  • レストア中の1981年 Rybovich50 #83のインテアの材料を検討していますアメリカの宝石と言われるライボビッチ、妥協は出来ませんウッド調シールを使うのではなく、ウッドボートなので天然木をスライスしたシートを使い家具や壁を直していく予定ですギャレーやカウンターも人工大理石から天然石に変更をする予定です天然石をダイレクトに使うと重量が極端に増してしまうので天然石とコア材のコンポジッドを使う予 [続きを読む]
  • 進んでいます
  • 1981年#83 ライボビッチ50のレストア作業が進んでいますハルはネイビーブルーからスノーホワイトに変わり、ブーツストライプもトレーダーレッドへトランサムもバーニッシュを全剥離してボートネームを入れていく予定です [続きを読む]
  • Whisper Wall
  • このヘッドライナーはウィスパーウォールと言うもので、生地を引きながらレールに挟み込んでいきます通常のレザー生地は二方向にしか伸縮性がありませんが、ウィスパーウォールの生地は通常にレザーと違い四方向に対し伸縮性がありますこの伸縮性により荒天時などに船が歪んだ時にでもチリが狂うことがありません天井の他、壁にも採用されています壁に使用する場合は、躯体とウィスパーウォールの間にウレタンを入れることで質感を [続きを読む]
  • 始まりました
  • 先日へやって来た1981年#83Rybovich50化粧直しが始まりましたまずは外装からこのころの年代のライボビッチはコールドモールド製法と言われていますコールドモールドは基本ウッドに表裏に1枚だけFRPを施しウッドの動きを止め強度増していますアメリカではハルの材料によってジャンル分けされています ウッド→全て木、もしくは表裏にFRP1枚 コンポジッド→木の上に複数枚のFRPを施してある、もしくは [続きを読む]
  • エアダクト
  • 輸入艇に多く使われているフィンタイプのエアダクト DELTA”T”システム複雑なフィン形状で水の浸入を極力抑えますフィンが破損してしまったので本体を外し分解してフィンを交換します [続きを読む]
  • BERTRAM&Rybovich
  • 2艇の船が日本にやって来ましたBERTRAM390とRybovich50バートラム390は日本で扱いやすいサイズでありながら必要な物が全てが揃っていますそ何よりもディープVハルは日本の荒れた海もものともしない走破性を備えていますライボビッチ50は1981年のハルナンバー83日本で3艇目となるライボビッチですアメリカの宝石と言われるカスタムフィッシャーライボビッチこれから全面リニューアルを行う予定で [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます
  • 明けましておめでとうございます今年も昨年に引き続き皆様のご要望にお応えできるよう迅速かつ的確な対応を心がけて参りますより一層のご指導ご鞭撻をいただければ幸いです本年もどうぞよろしくお願いいたします [続きを読む]
  • 本年もお世話になりました
  • いつも大変お世話になっております。早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます本年は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます来年も、少しでも皆様のお役に立てるよう誠心誠意努力する所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう従業員一同心よりお願い申し上げます [続きを読む]