ハッピーライフコンサルタント さん プロフィール

  •  
ハッピーライフコンサルタントさん: オーストラリアdeハッピーライフ、ビザと留学相談
ハンドル名ハッピーライフコンサルタント さん
ブログタイトルオーストラリアdeハッピーライフ、ビザと留学相談
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ave_happylife/
サイト紹介文オーストラリアに永住する、留学する、働くなどの夢の実現のためのハッピーライフコンサルタント。
自由文オーストラリアに永住する、留学する、働くなどの夢の実現のため、 皆さんが幸せになることを願いハッピーライフ・コンサルタントと名付けました。

これを見た方は、ハッピーライフへの入り口に立った人、クリックした人はハッピーライフに一歩踏み出した人。

在業20年のハッピーライフコンサルタント第1号のわたくしが、オーストラリアでのハッピーライフのお手伝いをさせていただきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2010/06/02 21:51

ハッピーライフコンサルタント さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • コピーのサーティファイ(認証)は、どうすれば、もらえるのですか?
  • 『コピーのサーティファイ(認証)は、どうすれば、もらえるのですか?』このような質問をよく受けます。移民省に書類を提出する際に、オリジナルの書類ではなく、サーティファイド・コピー (Certified Copy) を提出するように、とよく書いてあります。サーティファイド・コピーとは、オリジナルとそのコピーをサーティファイしてくれる人のところに持っていって、このコピーは、オリジナルと同じものである、という認証を受けたも [続きを読む]
  • サブクラス457、最低賃金について
  • 2015/16 にかけて、SC457, ワークビザの最低賃金が値上がる可能性があるようです。この数ヶ月で現在の$53,900が適切金額であるかどうか、また上げるべきか審議されるようです。昨年度は据え置きだったので、上がるとすれば、$56,000以上と予想されています。まだ、決まっていませんが、なんだか、年々規則が厳しくなってきますね。 [続きを読む]
  • もう、仕事初め・・・
  • 今日は、もう1月2日です。初夢は、見たような見なかったような、よく憶えていません・・・オーストラリアでは、祝日は昨日のみで、2日からは、通常に戻ります。今日は、土曜日なのでまだお休みの人がほとんどですが。今日はやることがあったので、朝から出勤です。つまり、仕事初め!です。午後、ちょっと散歩したので、どうぞご一緒に。ハイドパークの東にあるセント・メリー大聖堂です。いつもは、中に入らないのですが、今日 [続きを読む]
  • ワークビザ、最低賃金、$53900据え置きか?
  • 野党の労働党が、中国との間に、自由貿易協定を結んだことを認める代わりに、ワークビザの最低賃金を$53,900から$57,000に引き上げる条件を挙げていたようですが、引き上げによって、特に地方の事業主にとってかなりの重荷になるとの声が多いため、引き上げ案を一旦、撤回したようです。しかしながら、現政府は、とりあえず最低賃金額を据え置くが、値上げについては、検討してゆく、とのことです。 [続きを読む]
  • 移民省と税務署、データマッチングプログラムの導入
  • オーストラリア政府は、11月21日付けで以下の公報を発表しました。移民省は、税務署にビザ取得者名も含めた、情報を提供するとのことです。提供情報の期間は、以下の4年間です。2013~14年度、2014~15年度、2015~16年度、2016~17年度提供情報の詳細は、ビザ申請者とスポンサーの住所、連絡先全てのビザ発給ビザエージェントの住所、連絡先ビザ保有者の全ての出入国記録学生ビザ発給される教育機関の情報等々です。移民省は、百万人 [続きを読む]
  • 集団訴訟
  • 技術独立移住ビザの申請中で、何年も待たされていたのに、申請自体が取り消されてしまう法律が移民省より発表されましたが、それに対して、集団訴訟を起こそうとする動きがあります。シドニー在住の移民法弁護士のChirstopher Levingston 氏が中心となって、集団訴訟を計画しているそうです。ビザ申請中で、この法律によって、申請が取り消されてしまった人で、興味がある人は、直接メールして、お問い合わせください。Any enquiri [続きを読む]
  • ちゃんと申請して、何年も待っていたのに、それが取り消される恐ろしい法律
  • 前回、技術独立移住ビザカテゴリーのプライオリティー5の審査が始まった、とアップしました。今エンドのビザ発給数が発表になりましたが、なんと、ビザが下りるのは、その発給数の申請のみで、その他の何千とも待っていた申請中のものに対しては、申請はなかったものとして、受け付けを無効とする法律を通したのです。てっきり発給数にもれた申請については、来年度にまわされると思った人は多かったと思います。移民局は、漏れた [続きを読む]
  • 過去の記事 …